338号目 常に顧客視点を忘れない | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

本日は、京都へ来て、神社周りです。

 

まずは、私のルーツとなる、

下鴨神社です。

 

 

 

私は、昭和49年8月2日生まれ。

この数字を全て足すと、59です。

59を表す神社が、下鴨神社です。

 

 

 

 

 

 

 

ここに来ると、何とも言えない空気を感じます。

時間の流れを感じなくなります。

 

 

祈祷をお願いしますが、私一人です。

贅沢なことに、祝詞を一人で浴びることになります。

 

 

 

 

 

 

命の源となる下鴨神社には、

商売繁盛なんて祈願しません。

仕事は一切関係ない。

 

落とし穴がなければ、

勝手に幸せに向かうので、

厄難消滅のみ祈願します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、伏見稲荷大社に移動します。

電車で1本です。

 

 

 

海外からの観光客が沢山来ていますが、

この時期は、いつもより少ないようです。

 

 

 

 

 

こちらは、活気にお溢れており、

商売っ気をありありと感じます。

同じ神社でも、空気が全く違います。

 

 

鳥居をくぐると、

三が日は、大変賑わったことが分かります。

『祈祷受付』や『おみくじ』の特設窓口の残骸を残し、

窓口へ減らして、営業しています。

 

 

参列者の中には、どこへ行けばいいのか分からず、

迷っている人が沢山見受けられます。

 

 

窓口を減らしたのはいいけど、

案内がないので、並ぶ場所が分からない。

 

 

 

窓口は3種類

『祈祷受付』、『おみくじ受付』、『お守り受付』

巫女さんの動きを、よーく見ると分かるが、

ぱっと見、違いが分からない。

 

 

聞こうにも、てんやわんやで、

そんな人もいない。

 

 

並んだあげくに、違うと言われ、

神社だから、文句を言わず並び直し。

そんな方が少なくない。

 

 

普段とも違う。三が日とも違う。

中途半端な1月に来る人のための案内が

あると、よいかもしれません。

 

 

聞かれる前に見せる。 

 

 

不満は言ってもらえばラッキーです。

思っても言わないのが普通。

 

言われてないからといって、

不満がないとは限らない。

 

 

知らず知らずのうちに、

不満を抱かせいないか、

注意が必要です。

 

 

状況はどんどん変わっているものです。

 

常に顧客からどう見えているのか?

顧客の視点を持つことです。

 

 

 

 

 

思った以上に、

京都はスムーズに周れました。 

これから、ようやくこれから

大阪に向かいます。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを軽減させ、

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23 奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL:  076-223-2229   FAX:  076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス