「自分らしい健康」をデザインする

「自分らしい健康」をデザインする

「アルボル健康ラボ」主宰 下田武志 公式ブログ


テーマ:

こんにちは!

整体師の下田武志です。

 

今日もセルフ整体やってますか?

▲毎月1回開催している「セルフ整体入門」で、自分の気持ち良さに没頭してしまい、あやうく参加者を置いてけぼりにしそうになっているハゲ講師

 

 

10連休には賛否両論が飛び交っている(らしい)

ゴールデンウィーク!

 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

日本人の多くが束の間の非日常に

浮足立っているはずのこんな日に、

 

目的不明のこんなブログを

読んでしまっているあなた!

 

 

僕はあなたみたいな人が

大好きです!

 

 

ぜひ今度一緒に

お湯でも飲みながら語り合いましょう!

 

 

 

 

僕はゴールデンウィーク中も

通常通り頭を剃って

整体の仕事をやっています。

 

 

と言っても、

休み中は予約が少ないので

 

読書したり、勉強したり

今後の計画などを立てながら

(時々子供たちとも遊んで)過ごしています。

 

 

 

おかげで、

 

いつもその日暮らしの僕の中に

今後3年くらいの生き方のと計画が

できてきましたよ!

 

(3年以上先のことは分かりません)

 

 

 

ちょっと気分も良くなったので、

 

花粉症の季節に中断していた

朝のジョギングも再開!

(今年の夏は富士山に登るし!)

 

 

プチファスティングもして

体のデトックスもしています。

 

 

 

 

そして、

(話に脈絡は無いけど、、)

 

 

ゴールデンウィーク明けの日曜日

5月12日は「セルフ整体入門」です!

 

▼詳細&お申込みはこちら

 アルボル式「セルフ整体」入門

 

 

 

既にゴールデンウィークモードで

休み明けのことを考える心境では

ないかもしれませんが、

 

休み明けの心身のリセット、切り替えのために

セルフ整体入門への参加を決めておいて

思いきり休みをエンジョイするというのも

ひとつの手ではないでしょうか?

 

 

☑休みボケの解消

☑疲れやコリのリセット

☑頭と体の切り替えに

☑5月病の予防

☑仕事モードへのスイッチング

☑心身のコントロール力アップに!

 

 

 

セルフ整体入門では

 

瞑想
呼吸法
セルフ整体
ストレッチ
古武術
エクササイズ
姿勢と動作

 

などを組合せて、

 

自分の心と体を整えコントロールする方法を

実践でお伝えしています。

 

 5/12(日)10:00~12:00
後楽園駅前シビックセンターの和室でやります。

 

 

 

     ▼前回のセルフ整体入門参加者の感想です

【学べたことや気づき】
●からだの柔軟性などに左右差がある場合に、「やりやすい方をさらに深めることでやりにくい方も可動域が増す」という点。今まではどちらかというと苦手な方を長めにストレッチしたりしていたので、目からうろこでした!実際にやってみて、効果も実感しました。

●正しい姿勢(機能的な)や合気道に学ぶからだの使い方など、新しく学べて面白かったです。昔の日本人のからだはきっと今と全然違ったんだろうなぁ。

●思った以上に、普段上半身(特に腕や手)を使っていることに気づきました。

 

【実感できた変化や効果】
●ワークショップのはじめと終りに行った瞑想では、呼吸の安定度が変わりました。終わりの方が、安定していてなめらかに感じました。

●やる前と比べて、背骨が柔軟になったようです。(仰向けで膝を曲げる/伸ばすを比べた時の違和感がなくなった)

●このところ寝つきがよくなかったのですが、参加当日の夜(昨夜)は、久しぶりに早く寝つけました。

●参加者のコンディションに合わせて、臨機応変に進めてくれているかんじでよかったです!

 

 

▼詳細&お申込み

 アルボル式「セルフ整体」入門

 

 

 

 

 

▼セルフ整体を動画で学べるメール講座はこちら


テーマ:

昨日は、第2回

「下田武志の内観ライブ」

でした。

 

今回も嬉しいことに満席!

 

と言っても定員6名ですけどね。

 

でも、

こんな意味不明のライブに、

6名も(の変人が)来てくれるっていうのは

嬉しいですよ。 ほんと!

 

 

内観ライブでは、

僕が世界を放浪していた5年間の間に

作った歌を歌いながら、

 

歌にまつわる物語や背景について語り、

その時の感情や人間の心理なんかを

参加者とも対話しながら掘り下げていきます。

 

 

第1回目は4「幸福とは?」がテーマでしたが、

 

第2回目のテーマは、、

▲もう15年前ですね

 

ということで、

 

参加者の皆さんにも

人類の永遠のテーマである

「愛」につて考えていただきました。

 

 

今回も動画撮影をしたので

それを見てもってもいいんですけど、、

 

今回はテーマがテーマなだけに

なかなかディープな内容になり、

 

動画ではかなりの部分を編集して

「ピー」っていう音も

たくさん入れることになりそうなので、、

 

ライブ中に使ったスライドをご紹介して

実際のライブの中身については

各自想像を膨らませてもらうことにします。

 

 

 

あんな歌や

▲感極まればガンジス河も泳ぐ

 

 

こんな歌も

▲記憶なのか、妄想なのか

 

旅人のさだめ

出会いと別れ

 

束の間の関係に

燃え上がる下心!

永遠なんてクソくらえ!

 

明日の感動よりも

今日の快感!

 

 

 

 

ん?

 

まてよ

 

それって、、

▲愛を履き違えた日本人青年を厳しく諭すアボリジニー男性

 

 

!!!!!

 

 

ということで、

 

どうやら

愛を歌うつもりが、

 

束の間の恋に溺れる男の

煩悩暴露のライブに

なってしまったようですねニヤニヤ

 

▲写真は南米コスタリカの路上で書道(っぽいこと)をやって、生活費を稼いでいた時の様子。

 「愛」という字は1000回以上書きました。

 

 

 

まあ、

 

愛なんて実体の無いものだから

解釈は人それぞれだろうし、

 

人それぞれであって

良いんじゃないかと思います。

 

参加者皆さんの考えや体験もお聞きし、

 

ピュアな感情の陰に見え隠れする

煩悩なんかも微笑ましく思いながら

 

2時間のライブはあっという間に終了しました。

 

 

最後は恒例のあの歌です!

 

ということで、

第2回内観ライブは無事終了!

 

 

楽しかった!

 

次回は7月にやる予定。

 

7月の内観ライブは

特別版でやります!

 

乞うご期待!


テーマ:

3月末に家族で行ったベトナム旅行で

得たことと、その後の変化についての話


 ▲ベトナムのホイアンで毎日通ったカフェ
  川沿いで静か。ココナッツコーヒーがおいしい!

 

帰国後会った知人に

 

「旅行中チャンスを狙っては

 一人になって読書をしていた」
 

という話をすると

「だったらベトナムなんて
 行かなくていいんじゃない?」


と、もっともなツッコミを

入れられたりしています。



そう言うツッコミに対してはもう
「ごもっとも!」としか
言いようがないのですが、

一応、僕なりに真剣に考えて
大真面目に行動した結果
こうなったんですよね。



でも、
今回のベトナム旅行で得られたものは

大きかったですよ。

屋台でカエルも食べたし! 関係ないけど、、

 

 

 

旅行中にマインドフルネス系の本と

心理学系の本を合わせて

5冊ほど読みました。

 

 

読みながら

本の内容を腑に落とすためにも

 

瞑想をしたり、

自分の思考や感情、行動の観察と

自己分析をしていました。


その中で、

今回特に腑に落ちたことは、

 

感情などの情動的経験も含め、

すべての経験は「体」に表れる

 

ということ。

 

 

これは

Googleの社内で

マインドフルネスの研修を行っている

チャディ・メン・タンの著書の言葉です。

 

 

僕たちは

 

喜びも悲しみも

成功も失敗も

幸福も不幸も


全て「体」で体験しています。




つまり、

 

自分を知るためには、

体に起こっている感覚や変化を

感じ取ることが必要

 

だということです。



ただ、

これは頭で分かっていても

実践は簡単じゃありません。



感覚が鈍いと

「感じているつもり」になってしまいます。


また、


感覚の繊細さや持続力は

鍛えれば鍛えるほど高まるものなので、

 

意識的に実践すればするほど

「感じ方」はどんどん変化していきます。


だから、

同じように感じているつもりでも、

感覚が深まれば深まるほど、

見える世界が変わってくるのです。



特に今回、

ベトナムのホテルでの1泊目、

 

トイレの便座に座ってセルフ整体をしながら

徹夜で漫画を17巻読み終えて迎えた朝、

 

また新しい感覚が開けた実感がありました。




帰国後は以前よりも

日常生活や仕事の場でも

自分に合った快適なペースが掴めています。

 

 

久々に合気道の稽古に参加したら、

今まで先生に教えてもらってもできなかったことが

なぜか自然とできて褒められました。



最近習い始めたストリートダンスでは、

相変わらず自分のセンスの無さを

実感するばかりですが、

 

今週のレッスンで

踊っている最中に一瞬

ダパンプのKENZOっぽいステップを

踏んでいる自分を感じました。

(これはただの錯覚かもしれない)


全てベトナムのおかげです!

ベトナムではカエルも人生を謳歌してたよ!

関係ないけど、、


もしあなたも

 

「もっと感覚を高めたい」

「マインドフルネスを深めたい」

「自分らしく生きたい!」

と思ったら、

 

ベトナムに行ってください。


ベトナムの川沿いのカフェで

読書にふけったり、

 

ホテルのトイレで

漫画を読み漁ってみてください。

できたらカエルも食べてみてください!


きっと新しい感覚が開けます!




ベトナムに行くのが

難しい場合は、、、

 

東京の後楽園駅前で毎月開催している

「セルフ整体入門」に参加してください。

 

瞑想や合気道やダンス等のワークも取り入れつつ、

「体との対話」と

自分で身体や心を整えるスキルをお伝えします。

 

セルフ整体入門(次回は4/14)

 

 

 

 

メール講座ではセルフ整体を動画で学べます。


テーマ:

 

気持ち良い身体作りのためのダンスレッスン

 

去年の末から、ストリートダンスを習っています。

 

スクールとかに通っているわけではなく、

知り合いに頼んでプライベートレッスンを受けています。

 

僕がダンスを始めた目的は

カッコよく踊れるようになることよりも

ダンスを通して身体の機能を高めることです。

 

 

なので、

よくあるダンススクールのクラスのように

大勢と一緒に見よう見まねで踊りながら覚える

というスタイルよりも

 

動きや姿勢の一つ一つを分解、分析しながら

体に染み込ませていく

というスタイルで練習したかったのです。

 

 

 

そのために

先生にあれこれ注文を付けながら

レッスン内容もカスタマイズしてもらっています。

 

 

もちろん、

 

最終的にはカッコよく踊れるようになって

創作ダンスでもやろうかな

という密かな野望はあるのですが、

 

それは最重要課題ではありません。

 

 

 

カッコよく踊るためには

自分の身体のパーツの一つ一つを

うまくコントロールできなければなりません。

 

 

筋力や瞬発力も必要ですが、

全身を思うように動かすためには

頭の先から指先の感覚まで

意識が行き届いている必要もあります。

 

 

そして、

音楽やリズムに合わせて踊れる

リズム感も必要。

 

 

こういうのは

生まれ持ったセンスもあるようですが、

意識と練習である程度高めることができます。

 

 

ちなみに僕自身は

昔からダンスには苦手意識がありました。

 

 

何年も前に

ダンスにチャレンジしたことがあるのですが、

 

あまりにも踊れない自分に嫌気がさして

その時はすぐにやめてしまいました。

 

今でも踊っている自分を鏡で見ると

その残念な姿にため息がもれます(笑)

 

 

どうやら、僕には基本的に

ダンスのセンスは無さそうですえーん

 

 

しかし、

 

今回改めて

「身体の感覚と機能を高める」

という目的を意識してダンスを始めると

 

「うまく踊れないこと」ということが

「身体の感覚と機能を高める」ための

材料になるということが分かりました。

 

 

「カッコ良さ」よりも「気持ち良さ」を追求

 

ダンスレッスンは

セルフ整体の精度を上げるためにも

役立ちそうです。

 

 

アルボル式のセルフ整体と言えば

「気持ち良いことをする」が基本ですね。

 

 

なので、

僕としてはカッコ良さよりも

身体を思い通りに動かせたときの

「気持ち良さ」を重視してしまいます。

 

 

 

気持ち良ければカッコ悪くていい

とも思っています。

 

 

ひょっとしたら数か月後には

カッコ悪くて超気持ち良い

下田オリジナルのダンスが

出来上がっているかもしれません笑い泣き

 

 

もちろん、

気持ち良さとカッコ良さが両立したほうが

色んな人に受け入れられやすいだろうから、

できればカッコ良さも失わないようにしよう笑い泣き

 

 

一緒にダンスしたい人募集!

 

ストリートダンスと言っても

色々な種類があるのですが、

 

とりあえずは

何かの形を完成させることが

目的ではないので、

 

毎回いろんな種類のダンスの

要素を取り入れつつ

 

自分の身体や脳が新しい動きやリズムを

学習していくのを楽しんでいます。

 

 

 

毎回、意見交換しながら

レッスン内容も改善、進化させています。

 

 

 

今のところ

プライベートレッスンという形式ですが、

 

知り合いに声をかけて

4~5人でレッスンすることもあります。

 

 

ダンスレッスンに参加してみたいという方は

数人は参加可能ですので連絡をください。

 

 

レッスンの日時をお知らせしますので

タイミングが合う時に参加してみてください。

 

今のところはカッコ良い動きが中心です(笑)

 

 

 

だいたい月2回のペースでやっています。

 

 

超初心者向けの内容ですので

気軽に参加していただいてOKです。

 

(参加される場合は、

 場所代として500円ほどいただきます)

 

連絡先

→ arbolseitai@gmail.com (シモダ)

 

 

 

アイソレーションという

体の各部分を単独で動かす技術があるのですが

この練習がセルフ整体にもすごく役に立ちます。

 

 

今度のセルフ整体入門でも

少し取り入れてみようと思っています。

 

 

ダンス、合気道、瞑想、気功など、、

 

色んな要素をワークとして取り入れつつ

心身のバランスと身体操作、

セルフケアのスキルを高めます。

 

▼今月は4/14日曜日(毎月1回開催)

 

 

 

 ▼セルフ整体を動画で学べるメール講座はこちら


テーマ:

 

昨日の「セルフ整体入門」の参加者から頂いた感想です。

 

メール講座の読者さんで、セルフ整体入門に参加されるのは初めて。

(昨日の他の参加者は全てリピーターさんでした)

 

体がスッキリして、満足です。
病院に行くほどではないけれど、あちこち調子が悪く、きっと体の使い方が悪いんだろうなぁと、思い、それを整えてくれるようなものに行きたい、と思っていたところに、案内のメールが届いて、行ってみようと思いました。

単にストレッチしたり、マニュアル通りの運動をするのではなく、体の状態に合わせて緩める、というのが、なるほどなぁと思いました。

自分の体に良い方法を聞けるようになること、上手な体の使い方、それもパーツパーツに分断されたものではなく体の様々な部分や呼吸を効果的に連動させるを学ぶこと、が必要なのですね。

なんか、体の知性を高める、と言う感じで短い時間でしたが面白かったし、効果も実感しました。

ありがとうございます。

ジムに行くよりすっきりしたのでまたそのうちお邪魔したいと思います。

 

※途中省略しています

 

「やり方」よりも「在り方」
 

アルボル式のセルフ整体の肝は、

「やり方」ではなく「在り方」にあります。

それを実感してもらうために、

昨日のクラスでは、あえて色々な「やり方」を混ぜ込んでみたました。

セルフ整体

呼吸法

瞑想

ラジオ体操

筋トレ

合気道

ストレッチ

もみほぐし

 

など


それらを

「体との対話」をベースにして実践していくきます。

身体に意識を向けることで

「今ここ」に留まり続けるという「在り方」が

変化、効果を生みます。



そこがズレていなければ、

どんな「やり方」であっても

より良い結果を得やすい。



昨日のクラスは

ちょっと実験的ではあったけど、

 

自分的には

なかなかうまく機能したと感じています。

 

 

「セルフ整体入門」と言いながら、

セルフ整体はもう

一部でしか無くなっています(笑)



意図的に説明は少なめにしたので、

参加者には僕が伝えたい意図の全ては

伝わっていないと思っています。

でも、

 

今日紹介した方以外にも

感想をいただいているのですが、

 

それぞれ体や心の変化は

実感してもらえたみたいです。

 

 

巷にあふれる色んな「やり方」に

振り回されている気がしている人は

 

自分の「在り方」を変えてみたら

良いかもしれませんよ。




今年は自分自身も

新しいことを学びながら、

クラスの内容も進化させていく予定。


次回は4月14日です。
「セルフ整体入門」詳細&お申し込み

 


テーマ:

自分の花粉症の原因が

だいぶわかってきたので、

改善方法も見えてきたけど、

 

まだあんまり実践できていないので、

今年もかゆみにやられている

アルボル健康ラボ主宰の下田です。

 

================

▼明日です!まだ数名は入れます

アルボル式セルフ整体入門

================

 

 

 

僕は花粉症があるせいで

この時期は部屋で過ごす時間が増えます。

 

部屋にいるとどうしても

イスに座っている時間が

多くなってしまうのですが

 

PC作業なんかを始めると

つい集中して長時間座りっぱなしになってしまうので

体のあちこちにこわばりや滞りを感じ始めます。

 

 

なので、

対策として以前もやっていた

「スタンディングデスク」を再開しました。

 

 

立っていた方が頭も働きやすく

身体も滞りにくいので、

僕はこれ結構好きです。

 

 

 

▼立って働くことのメリットはこのような記事でも紹介されています

グーグルもフェイスブックも導入、

立って働くほうが疲れず生産性も上がる理由

 

  ▼記事より抜粋

「座りすぎ」が健康に悪く、病気や死を招くことです。

加えて立って仕事をすることで精神状態も良好になり、さらに生産性も上がることがわかってきていることがあります。

 

「座りすぎ」が糖尿病や高血圧、ガンまで誘発することが証明され、さらに日本人は「世界一座りすぎる国民」だと判明した

 

この「立ってデスクワーク」については

一時期、話題になっていたので

ネット上に色々と情報があると思います。

 

 

でも、

こういうのを自分の生活に取り入れる時は

ちょっと注意が必要です。

 

 

どんなノウハウにも

メリットとデメリットがあります。

 

 

立ってデスクワークのメリットは

上記のような記事を読んでもらえれば

書いてありますので、

ここでは割愛します。

 

 

 

主なデメリットは2つ

 

 

ひとつは「姿勢の悪さ」です。

 

立ってデスクワークをして

健康や生産性を向上させるためには

「正しい姿勢で立つこと」が必要です。

 

 

しかし、

正しい姿勢で立てる現代人は

そう多くありません。

 

 

特にデスクワークが多い人は

立った時の姿勢も崩れています。

 

悪い姿勢で立って仕事をすると、

逆に疲れて生産性を下げるだけでなく、

身体を痛める原因にもなります。

 

 

もう一つのデメリットは

 

立って作業するのに

ちょうどいい高さの机がなかなか無い

 

ということ。

 

 

立った状態でPC作業などをするのに

ちょうどいい高さのデスクはなかなかありません。

 

スタンディング用の

高さを調整できるデスクも売っているようですが

 

 

そういうのをわざわざ買って使わない限りは

中途半端な高さの机に合わせて

崩れた姿勢で作業をすることになりがちです。

 

 

「立ってデスクワーク」を採用する時は

 

「自分が正しい姿勢で立てているか」

「自分の身長にあったデスクが用意できるか」

 

ということを確認してからにしましょう。

 

 

とはいえ、

 

頭を使う時、

特にクリエイティブな発想が必要な時は

座っているよりも

 

立ったり歩いたりしている方が

断然頭が働く気がする。

 

 

歩きながら考え事

とかもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
 
 
アルボル子育てサロンで
月一で開催している「ダンボール遊びの会」。
 
 
子どもを自由に遊ばせて
創造性を伸ばせる時間
 
という目的を掲げて
開催している会なんだけど
 
今日は、
その場を作っていく過程で得た
僕自身の気づきや感覚について
書いてみようと思う。
 
 
 
 
今月は、子供たちからリクエストのあった
滑り台作りにチャレンジした。
 
会が始まるのは14:30だけど、
昼前から一人で準備を始めた。
 
 
 
僕は元々もの作りが好きだから、
一人で黙々と作る時間は
ある意味至福の時間である。
 
 
子供に邪魔されたくない(笑)
 
 
滑り台作りで最大の課題は「強度」だ。
 
3〜5歳の元気な子供たちが
乱暴に上り下りしても耐えられるだけの
強度を持たせなければならない。
 
 
しかも、
滑り台以外の会場準備を考えると、
滑り台自体にかけられる時間は
1時間半くらいしか無い。
 
 
 
実は、、
 
ダンボールの滑り台作りは初体験。
 
 
果たして、時間内に
実際に子供たちが滑れるような
滑り台を完成させられるのか!?
 
 
できる!真顔
 
 
 
 
きっとできる、、滝汗
 
 
 
 
できるはず、、ゲロー
 
 
 
 
 
できた!笑い泣き
 
▼全体像はこんな感じ
 
 
強度もバッチリ!大人が乗っても大丈夫だった。
 
 
 
手前のトンネルは
開始後15分も経たないうちに
男子たちによって破壊されるチーン
 
 
▼子どもたちはそんな大人の苦労も気持ちも知らない(笑)
 
 
そして、
 
開始から2時間後には、、、
 
 
 
 
全部壊す!
 
作って
 
遊んで
 
壊す
 
までがイベント。
 
 
 
 
こういうことをやっていると、
ふと我に帰った時に、
 
「今を生きてるな」
 
って思ったりする。
 
 
ほんの数時間後には
跡形も無くなってしまうもののために
全力を傾ける。
 
 
「今」に没頭してる時って
過去も未来も関係なくて、
楽しいとか幸せだとかも考えていない。
 
 
結局、人生の充実度とか幸福度とかって、
そうやって今に没頭できている瞬間が
どれくらいあるかなんじゃないかなあ。
 
 
情報過多で変化の激しい時代だからこそ
「今ここ」を忘れないようにしなければいけない。
 
 
 
▼こちらは大人向けのワークショップ
 
身体を整え健康になるための方法も
「今ここ」に意識を向けることで見えてくる
 
そんなことを実感できるクラスです。
 
▼開催日
3月17日(日)10:00~11:45
4月14日(日)10:00~11:45
5月12日(日)10:00~11:45
 
場所は後楽園駅前の
文京シビックセンター内の和室です。
 
▼下記リンクから詳細をご確認の上
参加希望の日時を選択してお申し込みください

アルボル式セルフ整体入門


テーマ:

心身バランス整体アルボルの下田武志です。

 

 

お知らせ

 

▼今週末(3/17)です!

セルフ整体入門

 

日曜日の午前中、広い和室でゆったりと開催します!

 

操体法、野口整体、古武術、マインドフルネス、フェルデンクライスメソッド、等に興味がある人にもおススメ!

 

 

 

 

理屈じゃなく感覚で身に着けるしかないもの

 

 

 

去年の8月頃から合気道を習っています。

週に2回は稽古に通っています。

 

 

僕は

見た目的には武道の達人に

見られがちですが、

 

 

まだ一番初歩の5級試験に受かっただけの

超白帯です(笑)。

 

 

 

稽古で指導してくれる先生は

いつも同じではなく

何人かが交代で教えてくれます。

 

 

 

 

黒帯の先輩もたくさんいて

指導してくれます。

 

 

 

 

そうやっていろんな方から

教えてもらいながら

僕が学び取ろうとしているのは

 

技とか動きの順番ではなく

人と関わるときの意識や

体の反応、身体操作についてです。

 

 

 

 

まだまだ何かわかったようなことが

言える段階ではありませんが、

いくつか気付いたことはあります。

 

 

 

ひとつは「教え方」について。

 

 

すごく上手な先生や先輩を相手に

投げたり投げられたりしていると

 

自分がうまく投げられているように感じるし

投げられた時も気持ち良く倒れられます。

 

 

 

 

色々と理論やテクニックについて

口で説明しようとする先輩もいます。

 

 

 

そういう人に限って、

投げられると痛かったり

 

投げようとしても

うまく投げられなかったりします。

 

 

 

そして、それは

僕の未熟さのせい

ということにされます。

 

 

 

それからまた、

 

あれやこれやとテクニックの説明が

始まったりします。

 

 

 

確かに

 

僕が未熟だということには

間違いはありません。

 

 

 

テクニックも大事かもしれません。

 

 

 

でも、

 

僕が合気道を通して

身に着けたいと思っているのは

人を投げるテクニックではなく

 

他人や自分自身の

身体や心との関わり方や

在り方の部分です。

 

 

 

 

あれやこれやと

理屈を並べられるよりも 

上手な人に黙って何回も

投げられた時の方が

 

 

その後

自分の意識や身体の動きのキレが

自然と良くなる感じがします。 

 

 

 

そして、

 

 

なぜか身体も気分も

爽快になります。

 

 

 

 

合気道をやっていると

「筋力」ではなく「呼吸力」を使う

という指導をされます。

 

 

 

呼吸力はいわゆる「氣」みたいなもの

と言う人もいますが、

 

結局目には見えないものなので

誰も正確には説明できません。

 

 

 

上手な先生に

全然力を使っている感じは無いのに

気持ち良く転がされたときに

 

「これが呼吸力かな?」

と感じることができるくらい。

 

 

 

本質的な部分は

言葉や理論よりも「感覚」で

理解するしかないようです。

 

 

 

 

 

僕がお伝えしているセルフ整体では

 

「身体を整える」

ということをテーマに

 

 

そういった「感覚」の部分を

もうちょっとわかりやすい形で

お伝えしていきます。

 

 

 

合気道よりは

かなりハードルは低めです。

 

 

 

かつ実践的なので

その日から日常生活の中に

取り入れることができます。

 

 

 

緊張やストレスを緩め

歪みを整え

全身の連動を取り戻し

体の軸を定める

 

これらのことを

「感覚」を頼りに行います。

 

 

 

 

入門編では

初心者でもわりと簡単に

効果が出るような方法からやります。

 

 

 

まずは、

 

 

目に見えない「感覚」の捉え方が

なんとなくわかるようになります。

 

 

 

多少の歪みやコリや痛みなら

短時間で解消できるようになります。

 

 

 

 

セルフ整体をいつも実践している人や

施術や講座で体験したことがある人でも

 

改めて講座に参加してレクチャーを受けると

「あ~この感じね!」ってなるようです(笑)

 

 

 

 

何度も体感しているうちに

段々と感覚を掴めるようになり

自然と感じて動けるようになります。

 

 

 

 

そういった体感の場として毎月

「セルフ整体入門」を開催しています。

 

 

 

 

今後は、

呼吸力のワークなんかも

取り入れてみようと思っています。

 

今月は17日(日)にやります。

 

▼参加者募集中!(初心者歓迎)

セルフ整体入門

 

 

 

 

 

 

▼こちらも参加者募集中!

【4/21】下田武志の内観ライブ

 

下田の放浪時代のオリジナルソングを歌い、歌にまつわる物語を語り、参加者と対話するライブ。

 

3月17日までにお申し込みの方にオリジナルCDをプレゼント中!


テーマ:

子育てママの美と健康と「やりたい!」を応援する

アルボル子育てサロンのイベントレポートです。

3月1日の「子連れでエクササイズ」では、

子育てサロンメンバーの盛田泉さんが

ママヨガをやってくれました!

 

▼前半は下田のセルフ整体&エクササイズ

 

▼後半は盛田さんが初講師を努めてくれました。

 

▼子どもがいる中でママたちが少しでもくつろいでもらえるように、サポートしながら進めます。

 

盛田さんは本場インドでヨガを学ばれ、

現在、産後ママのためのヨガクラスを

定期的に開催するための準備中です。

 

 

盛田さんは

産後10カ月のお子さんをお持ちのママ。

 

 

ご自身も産後の辛い時期に

ヨガに救われたということで

 

産後ママのためのヨガクラスを

開催したいと思い立ち、

さっそく行動し始めています。

 

まだ10カ月のお子さんがいる状況では

思い通りに行かないことも

多いかもしれませんが

 

その思いと行動力を実らせるために

アルボル子育てサロンでも

何か協力できればと思っています。

 

 

盛田さんのヨガクラス(子連れOK)については

子育てサロンのLINEでもお知らせします。

 

▼LINE‘アルボル子育てサロン友達追加

友だち追加

 

 

次回の子連れでエクササイズ(3/15)は

前回も好評だった斉藤亜矢さんによる

「親子のふれあいダンス」です。

※前半は下田のセルフ整体&エクササイズです

 

【3/15】子連れでエクササイズ

 

 

 

 

 

アルボル子育てサロンでは、

 

子育て中のママの美と健康と

「やりたい!」を応援する!

 

をコンセプトに

 

イベントの企画、開催、

情報のシェア等を行っています。

 

▼アルボル子育てサロンHP(イベントカレンダー)

 

 


テーマ:

第2回「内観ライブ」(4/21)の参加者募集を開始します。

 

3月17日までのお申し込みの方(先着6名様)には、オリジナルCD(7曲入り)をプレゼントします。

 

放浪中に作って販売していたCDです。(当時、手作りして販売していたままの形です)

 

   ▼収録曲

1.糧
2.流浪の民が呼んでいる
3.川面に落ちた花びら
4.君と
5.風の軌跡
6.ちっぽけな男
7.僕らの幸せ

 

ライブ当日は、このCDの中からも数曲歌います。

 

歌ができたストーリーや裏話もお話しする予定です。

 

あらかじめ曲を聴いておいてもらうことで、ライブと対話をより楽しんでもらえると思います。

 

内観ライブでは毎回テーマを決め、それに沿った歌トストーリーをもとに対話を繰り広げていきます。

 

テーマは当日発表しますが、CDを受け取った方は歌を聞きながら想像を膨らませておいてください。

 

 

▼ライブの詳細とお申し込みはこちらから

image