エンディングノート、なぜ書く?どう書く?いつ書く? | 葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
ここ数年で「終活」が一般化して来ましたね。
よく生きることにつながる、と取り組まれる方が増えていることは
よいことだなぁと思います。

セミナーでお話することも格段に多くなりました。
その中で、
僕はエンディングノートをお勧めしています。

エンディングノートをなぜ書くのか?
僕自身は
自分の思う通りのお葬式をしてほしい
ということもあるのですが

何より、遺された人たちに
できるだけ余計な負担をかけたくない
ことが
大きな理由です。

というのも、
お葬儀だけでも決めなくてはいけないことはたくさんあります。
亡くなる当の本人は「みんなの好きなように」
といいますが、そうはいかない量です。
加えて相続に、お墓に・・・・

それが大切な人を失って
悲しみのさなかにいる時に
タイムリミットを持って迫ってきます。

こんな大変なことを
自分の家族にさせたくないなぁと
思うわけです。


家族への愛情表現の一つとして
まずは書きはじめてみませんか。



エンディングノートの大項目

エンディングノート ①私の履歴書の章

エンディングノート ②家族と親戚の記録の章

エンディングノート③家と個人の財産の章

エンディングノート④いざという時の章

エンディングノート⑤葬儀の章(上)

エンディングノート⑥葬儀の章(下)

エンディングノート⑦法事・供養の章 

エンディングノート⑧ラストの章は?

エンディングノートをいつ書くか




株式会社A’ZUMAのHPはこちら
株式会社A’ZUMAのフェイスブックはこちら









荒井昭博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります