Appleな日々

Appleな日々

Mac歴20年。
Apple製品について徒然と…
Mac・iPhone・iPad・iPod
Apple Watchなどのレビューが主です。

時間がある時にWeb版で見て頂ければ幸いです。

とにかく4コア以上の13-inchマシンが欲しい…

 

と言うのも、

 

現在、僕の所有しているマシンで、iMac以外のノート型Macは、全てデュアルコアなのです。

 

1番古い我が家のマシンは“13-inch MacBook Pro 2012 mid”モデル。

 

次に、2017年発売の“13-inch MacBook Pro Touch Bar”モデル。

(4Thunderbolt

(映り込みして上手く撮れなかったので拾い物画像です)

 

そして、1番新しいのが“13-inch MacBook Air 2018”モデルです。

 

古いMacBook Proは

・HDDを1TBのSSDに

・メモリーを16Gに

・ロジックボード修理

・キーボード交換

 

など、色々と修理・改築した為に、7年経過した現在でもMacBook Air以上に作動します。

 

1番残念なのは“MacBook Pro 2017”モデルです。

 

当時はTouch Barが斬新的なように思え、ついつい見た目に踊らされて、第2世代のモデルを購入したのですが、

ベンチマークなどの性能をみると、2019年に発売された『4コア搭載のMacBook Pro』までは、どれも似たり寄ったりの性能に思えます…

(あくまで13-inchでは)

 

ベンチマークテストでも、多少の伸びはあっても、躍進的な性能アップとまではいきません。

 

これは、やはり『2コア(デュアル)では限界なのでは?』と僕は勝手に思っています。

 

参考までに3機種のGeekbench 4による『シングルコア』と『マルチスコア』です。

 

【MacBook Pro 13-inch 2012 mid(改造済み)】

 

【MacBook Pro 13-inch 2017 Touch Bar 4 Thunderbolt】

 

【MacBook Air 2018】

 

辛うじて、MacBook Pro 2017のマルチコアがトップではありますが、シングルコアではぶっちゃけ3機種とも大差がありません…

 

Webなどの軽いアプリでの使用感は、流石に2017 Proや2018 Airの方が体感として早いですが、

重い作業になるとどれも大差ありません。

 

おまけにAirでは動画編集中にフリーズする始末…

 

と言う事で、

可能であれば“ウェッジ型”のパワフルなマシンが欲しい今日この頃です。 

昨年(2018年)10月に購入した“MacBook Air 2018”

 

メモリーを16Gに、SSDは512GにBTOし、総額20万近くしたにも関わらず…

 

Final Cut Pro X(動画編集ソフト)では使い物になりません…

(もともと動画編集を目的で購入した訳ではありませんが…)

 

どのような点で使い物にならないかと言うと

  • エフェクト及トランジションでのレンダリンが遅すぎる
  • レンダリング中にクラッシュする可能性が高い
  • 動画の書き出し速度が究極に遅い

YシリーズのCPUなので、過度な性能は期待出来ないにしても、こんなにクラッシュ(フリーズ)しては本当に使い物にならない…

 

ましてやApple純正アプリなのに…

 

アクティビティモニターで見る限りでは、メモリーの余裕はまだまだあるのですが、CPUの処理能力が追いつかない感じです。

 

ちなみに、iMoveiでは何とか使えます。

 

おまけに、2019年モデルでは、価格が下がったもののSSDの性能も下がっているらしいので、尚更AirでのFINAL CUTは厳しいように思われます…

 

もし、動画編集を含めてMacBook Airを検討されている方がいれば、僕は絶対にお勧めしません。

 

Proを選ぶか、Airのアップグレードを待つか、のどちらかが賢明かと思います。

 

と言うことで、MacBook Air“Final Cut Pro Xには向いていない”という内容でした。

 

今回は『AirPods Pro』の総評をしていきます。

 

結論から言うと、

“買って良かった”と言うのが本音です。

 

ただ…

“満点か?”というと、そうではありません。

 

まずメリットから挙げていくと

  • 装着感が非常に良い(どんな動きをしても全く取れないのと、1日中付けていても違和感のない快適さ)
  • 音質が自分好み(高音・中音・低音共にバランスが良く癖のない音質)
  • ノイズキャンセリング機能が非常に素晴らしい(この恩恵が1番大きい)
  • 5分の充電で1時間の再生が可能
  • 耐水仕様の為ジムなどでも安心して使える
  • ヘイSiriでの音声入力変換がかなり的確

 

で、デメリット

  • 税別27,800円は高い
  • 1回での充電による再生時間が少し短い(4.5時間) 
  • AirPods側での音量操作が面倒(ヘイSiriが必要)

と、こんな所でしょうか。

 

現在他社製のBluetoothイヤホンを使っている方は、

金額も高い故に買い換える必要性は無いと思いますが、

これからBluetoothイヤホンを検討する方で、

iPhoneユーザーの方は買って損は無い製品かと思います。

 

以上

『AirPods Pro』のレビューでした。