ねっちゃ記憶も薄らいでいるのでここから足早になります 笑

この日はそんなにドラマチックな事件もなかった気もするw

 

はい。

もう食べ慣れた朝ごはん。笑

さすがに飽きてきますねw

 

 

食べ終えてさぁ出発!

 

っていつもはなるんだけど、土屋さんがアワアワしてる。

「ちょっとまってくださいね」

 

一同で、どうしたんだろーって待機してると

 

土屋さん「あのですね」

一同「はい」

土屋さん「昨日までいたジジイの運転手いるじゃないですか」

一同「あーいましたね!」

土屋さん「あいつが飛んだようです」

「飛んだというと?」

 

土屋さん「バックレました」

(゚д゚)!笑

 

昨日大変でしたもんねーとかみんなで笑ってると

 

「この運転手たちの仕切りはエルビスなので、あいつに責任取らせます」

 

?!

 

「すぐに変わりの運転手捕まえてこいって向かわせてます」

 

南米っぽーい!!!w

 

待ってる間に色々話しましたが、運転手として一日稼げる数倍以上の額を払ってるとの事。

その金額ですら行きたくなくなるほど過酷だったんですね、昨日 とw

(道中の砂埃半端ない場所だったから余計にw)

 

30分ほど待っていると、緊張した白人の青年が登場。

結構ムキムキでしかもめっちゃ若い。

これから得体の知れぬ体験をするんだろうなーと恐れている感じでした 笑

 

 

 

まぁ、そんなハプニングもありつつこの日はちょっと遠出するという事で目的地に向かいながら市場でお弁当を買う事になりました。

 

 

いち・・・ば?

 

 

(゚д゚)!

 

地面に見えてるもの何だと思います?

ぱっと見瓦礫?っぽいじゃないですか。

 

これ、ぜーんぶ!!!!

ペットボトルのゴミ!笑

 

まぁペルーでは割りとデフォルトな光景ですが、エグいw

 

フリマみたいなのもあったり 笑

 

 

はい、お弁当。

 

まぁペルーのお弁当は毎回これなので流石に慣れました 笑

この種類の少なさは日本では中々体験出来ないかと思います。

どこで売ってるのみても基本的に同じメニューです。笑

 

 

この日はこんな場所でガサガサ。

 

が!

何故かほとんど魚は取れず。

どこにでもいるこやつらは採れる 笑

 

雰囲気最高なのになぁ(´・ω・`)

 

 

 

まぁ水が綺麗な場所で気持ち良かったです(・∀・)

 

今日から混ざった白人の青年も最初は水に入るのを嫌がっていたけど、暑さも半端ないからか、後半はみんなと一緒に泳いでました。

 

どうやらこの青年は日本のアニメが好きなようでドラゴンボールとかNARUTOなどの話をしていました。

 

 

 

 

 

で、ナナイと言ったら~?

そう、ビタエニ!

 

待ちに待ったビタエニさんだー!と意気揚々と次の場所へ移動。

 

 

 

バイクで行けるところまで行って、歩いて川べりまで行くという事で歩き始めました。

 

 

どのくらい歩いただろ。

 

店長「土屋さん、あとどれくらい先ですか?」

土屋さん「あーもうちょっと先です」

店長「(ヤバい、絶対遠い・・・)5分位?」

土屋さん「んー10分くらいですかね」

 

テクテクテクテク

 

30分近く歩いたと思います。笑

 

 

おお!家だ!!!

やったー!!

 

土屋さん「あそこに家見えるじゃないですか?」

店長「はい」

土屋さん「あそこからちょっと行ったところです」

店長「嘘・・・まだゴールじゃないのか(´;ω;`)ブワッ」

 

そんなこんなでやっと現地の漁師さん宅に着く。

もう店長のライフは0でした。笑

あと初日の白人青年のライフも0でした。笑

 

土屋さんが数日前に頼んでいたという漁師さんをその家の奥さんに呼んでもらってる。

が・・・。

 

土屋さん「マジかよ💢ふざけんなよ💢」

 

店長「どうしたんすか?」

 

土屋さん「頼んでた漁師が居ないっつーんですよ!何時に帰ってくるかもわからないって。これだからペルー人は💢」

店長「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

 

土屋さんが奥さんと思われる方とヤイヤイ話してる。

すると10歳くらいの男の子が家から出てきた。

 

土屋さん「もうこいつで良いから案内させることにしました」

店長「え?!このちびっこですか!?w」

土屋さん「こいつも父親と一緒に川に行って魚取ってるんで大丈夫でしょ」

店長「マジっすかw」

土屋さん「まぁ今日は船に乗るわけじゃなくて網で採るんで。漁師入れるのはこの集落の人に怒られたり金取られたりしないように、誰でもいいから集落の人間がいればいいだけなので」

 

なるほどー。

 

川と言っても好き放題採って良い訳じゃなくて、その付近の人に少しでもお金落とさないと大変なんだなぁ。

 

 

なんと思っていると

 

「行くよ」

 

 

 

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

 

これ発泡スチロール。

軽そうじゃん発泡スチロール。

 

中に何入ってると思う?

中身入のペットボトル30本くらいとビール15本くらい。(もっとか?)

 

多分20キロ近いんじゃないかな?

 

それをこんなちびっこがヒョイッと持ってスタスタと・・・。

私も頑張らねば!と頑張って歩く。

 

(けんごさんは頑張り屋さんなので網持ってるw)

 

 

歩く・・・歩く・・・・・

 

 

ってどこまで行くんwwww

 

少年の家から20分近く歩いてる気がするw

 

 

 

おおー!(アピストいなそーw)

 

土屋さん「ここじゃないです」

 

 

うはーw

 

 

 

結局森の中で枝にバチバチあたり、しゃがみ、飛び越え、あちこち傷を作りながらなんとか目的の場所に。

 

 

 

 

よーし採取だー!!!!!

 

 

 

が、全然アピスト居ない。

というか水が熱湯(またw)

 

こんなに歩いてきたのに・・・・

 

 

すると少年が更に奥を指差す。

「行くぜ・・アピストいるんだろ・・・」

 

 

という私の気力とは裏腹に、もう身体動かないw

 

Kさん、めぐ、そしてけんごさんと安定の三人がグイグイ奥へ。

 

めぐ「アピストいるよー!!!」

店長「がんばれー(小声)」

けんごさん「結構採れますよ!!!」

店長「たくさんお願いします(小声)」

Kさん「店長!ビタエニ居ますよ!」

店長「いっぱいおねがいしまーす(小声)」

 

疲れたよねーぐっぴーさん

って言おうとしたらめっちゃ泥水の中泳いでるw

元気だなぁw

 

最年長のFさんは流石に私よりぐったr・・・・

網入れてるー!w

 

 

そう、私だけポンコツだったようだ。笑

 

 

ここではビタエニのいい感じのサイズのが結構採れた。

和にしたら200くらい採ったのかな。

 

でも熱湯。

予想通り、極端な寸詰まりのメタボ体型でした。

 

 

(私も後半は頑張って結構採ったんだよ!写真ないけどw)

 

 

そろそろ帰りますかーという時間に漁師登場。

親子でビタエニ採ってくれました。

 

で、帰り・・・

 

行きにめちゃくちゃ苦労して通った場所じゃない道があったようで帰りは快適でした。

(なんだっつーんだよw)

 

けんごさんとぐっぴーさん達は川泳いだほうが早いかもつって泳いで別のルートから。

これはかなり失敗だったらしく、小枝が多くまともに泳げずかなり大変だったらしいですw)

 

 

そんなこんなでこの日は終了。

いやぁ疲れたw

 

 

 

 

 

輸入大量死を2度も経験した一年・・・

悲しい事が一番大きな思い出になってしまった2023年。

 

でも全然折れてなーい(・∀・)

 

ということで、新年は下記ラインナップでぶっこんでみます。笑

 

なお、設定は1月1日0時なんですが、この0時が1日なのか2日なのかわからないw

 

発送に関しましては、いつでも大丈夫ですが(元日発送は避けたいw)

今回のラインナップに限り、全て死着補償無しとなります。

まぁ翌日午前着とかこちらの落ち度でのことは補償させていただきます。

 

ヤマトの遅延、ご自身での受け取りの遅れ等、天候による遅延などは補償出来ませんので、渋滞情報などと照らし合わせて日時をご指定ください。

 

また日付変更、日時変更、商品の変更に関しても承れない事がございますので、しっかりと確認してご注文くださいませー!

 

ラインナップは下記です。

 

結構な数出してますが、少ないのもあります。(照

 

 

・インカ50 4048円

かなり小さめ、ひれ欠けなどのB品

・インカ50 メス単品 2024円

・ロカフェルテ 10101円 

・ロカフェルテ オス単品

・パヤミノニス 10101円

・cf.パウルムエルレリ 2024円

・エレムノピゲ 4048円

・ウィンケルフレック メス単品 2024円

・カカトゥオイデス イタヤ 4048円

・cf.アルパフアヨ 4048円

・アガシジィ テフェ(小さめ) ペア 10101円

・アガシジィ テフェ レッドバック(めっちゃ良い!極美)11111円

・sp.solis 11111円(どやっ!

・アルパフアヨ メス単品 2024円

・メガストマ ペア 7777円

 

・ホタルファラガテトラ 2024円

・アズールホタルファラガテトラ 2024円

・コリドラス コリドラス アトロペルソナータス1(?)1111円

・アスティアナックス系のなにかw 1111円

・コリドラス エヴェリナエ(?)12345円

・ペルビアングリーンディスカス 12345円

特にタイトルに深い意味はないですが、新年になったと同時?(2024/01/01 0:00設定にしてみます)

に、店長気まぐれピックアップを行おうと思います。

 

特に真新しい物はないですがw

 

これ送るにはちょっとなぁという、ヒレかけがあったり、雌雄サイズ差があったりの

所謂、当店でいうB品をメインに新年一発目という事でお祝い的に在庫(カートにないやつとかも)から数種出す予定です。

 

かなりふざけた価格設定になるかと思います。

 

通常価格でご購入頂いた皆様に怒られないようにB品だったり数量は限定します。

あくまでも「新年のおふざけ」程度に思って楽しんでいただけますと幸いです(・´з`・)

 

まぁあり得ない値段にするつもりなので、もう1ペア購入という手もあるかもしれない・・・笑

 

 

福袋的なやつにしようかとも思ったんですが、今そんなに種類もいないので微妙だなとw

 

 

 

 

 

今回の輸入。


めっちゃ良さそうだったのに思ったより売れなかったねーなんてセブンちゃんに言われた。


発送初日が土曜日という時点で「発送しきれるのか?」なんてドキドキしてた頃からセブンちゃんには手伝ってもらってた。


確かにあの頃、初日の発送が100件250ペアとかあった。笑

一週間で1000ペアとか発送してたもんなぁ。


今回私がテンション上がりまくりだったから、セブンちゃん的には「やばい!またあの数だ!」と不安だったんだろう。笑


昨日、お疲れ様ーてした時に「明日は早起きして伝票作らなきゃ!」とか気合い入れてたしw

でも今の所トータルで150ペアくらいかな?

いうて今日30件60ペアくらい発送してるw


セブンちゃんに流石に言ったよね。

「いや、少なくねえぞw販売開始時点でこんな数のアピスト受注してるの相当おかしいからなw」って 笑


ずっとペルーアピストをメインで(意図的にだけど)やって来てるから、そんなに驚くような珍しい種類はそうそう来ないんだよ。

いつも輸入してる物をまた買って貰えるのが凄く嬉しいじゃん。


て。


スタッフを雇ってから私は伝票作成をしていないけど、セブンちゃんはいつも嬉しそうに「今回⚪︎⚪︎人くらい初めましての人いるんですよー!」て言ってくる。


いつもありがとうの人もちゃんと覚えなさいと私は言いつつ、嬉しいなぁってなる。


うちのスタッフは記憶力がちょっと残念なんですが、初めましての人にはとにかく何故か反応するw

あと備考欄にほんと反応するw

「この人アピスト飼うの初めてらしいのですが、これは慣れてなくても飼える種類なんですか?」ってよく聞いてくる。


「送る側なんだから、いい加減飼育しやすい種類とか気が荒い種類覚えろよ」って私は言うんだけど、よく考えたら、何にも教えてない。笑


そんな私の元でも、「今回のカカトはすごくカッコいい!」とか、「これとこれがいつもと違うのがすごく分かる!」とか「これ初めて見た気がするけどめっちゃ可愛い!」とか言ってる。


少しずつ違いも分かってきてる。



アピスト専門店のスタッフがいつまでも素人じゃ困るよって人も居るだろうけど、私はスタッフにアピストの違いなんて教えない。

だってその方が、全くアピストを知らない人のリアルな意見常に聞けるからね。


動画を毎回撮っているけど、台本なんてそもそもないし、いつも行き当たりばったり 笑

撮り直ししないからね?と常に言ってはある。


なのでちょっと残念なアピスト映っても気にしないし、これ残念て私は言う。

録画停止した後に「今のマズいんじゃないんですか?」とか「店長これ納得いってない感出し過ぎですよ」ってダメだしされる。笑


でもそれでうちは良いんだよって毎回説明する。

「まあいつもそんな感じですもんね!ストレートというか」て言われるけど、そんな感じなんですよってw


一匹でも死んでしまうとアホみたいに凹むうちのスタッフ。

輸入時に死んでいる袋なんか、ほんと涙ぐみながら処理してる。


「そんなにアピスト好きな訳じゃねえだろw」

と言えば

「折角ペルーから何日もかけて来てくれたのに、元気な姿でお迎え出来なくて残念なんです」って返ってくる。


だからこの子には色々教えない。

これで完成なんだもん。


たまに悩んでる姿を見る事がある。

私アピストの事詳しくないから、メールの返事も上手く出来ないって。

詳しい事教えてくれないしって。笑


例えば色々教え込んでスタッフが一人で発送出来る様になってたとしたらどうなるんだろうと私はたまに考える。


当然ブリードアピストの雌雄の見分け方とか教えるのは簡単だ。

そしてスタッフはクソ真面目だから、メモを取りながら色々覚えるだろうし、多分卒なくこなすだろう。


そうなると私の性格的に多分丸投げしてしまう。

「やっといて!」って。笑


これ?専門店なの?

私の中では違う。


私が選別して、私が飼いたいと思った個体から出荷していく。

これがAP FARMであって、私以外が選んだ個体を発送するのは私の中ではAP FARMじゃない。笑


でもスタッフの中では悔しいっぽい。


だから結構「どうせ教えても本当にアピスト好きな人にしか分からないんだから良いよ、自分でやるしw」て言う。

ある意味パワハラなのか?!w


そんなこんなでやってますが、うちのスタッフ優秀なんすよ。


生き物大好きの永遠な素人って強くない?

リアルな意見しかないもんね。笑


全然売れなかった種類もいる。

「残った子達を大事に飼わなきゃね!」て真面目な顔して言ってくるスタッフがいる当店は多分無敵だ。


売れない=飼育する


って思うおバカさん、中々世の中にいないでしょ?w 



だからうちはこれで行く。


店長はアホみたいにアピスト好きで、スタッフはアホみたいに生き物を大事にするド素人。


メールの返事は遅いけど(´・ω・`)



AP FARMはずっとこのスタイルでいくよ。

届けた魚でビックリさせたい。



最近ちょっと勘違いしてる人も見かけるけど・・・

細かい部分に詳しければ凄い訳じゃなくて、誰よりもその魚を好きなのが凄いんだよ、趣味って。




学者じゃねえんだから。



カッコいいかどうか以外は全部オマケよ。