青山省三のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

1月臨時議会

  1か月で2回目となる 愛知県議会臨時会が18日(月)開かれ、国の緊急事態宣言に伴う時短要請に応じた飲食店に支払う協力金として、約250億円の一般会計補正が可決されました。

 

 対象の飲食店はこれまでの要請より約1万店舗多い県内の全飲食店約4万店舗で、午後8時(酒類の提供は午後7時)までの営業時間短縮を要請しています。 期間は1月18日から2月7日まです。

 

 協力金は店舗ごとに1日あたり6万円で、2万円の増額になります。

 新型コロナウィルス感染症対策の補正予算の合計は、第1回1月臨時議会の補正予算328億円と今回臨時議会の補正予算250億円を含めて3、696億円になります。

 

 

警察署設置を求める陳情

 12月23日(金)に尾張旭市長及び市民生活部の関係者と共に、愛知県警察本部と愛知県に「尾張旭市に警察署設置を求める陳情書」を提出してきました。

 

 

 尾張旭市の警察署設置の要望活動は平成5年から継続して行われています。叉平成25年には「尾張旭市に警察署を誘致する会」が設立して、翌平成26年7月には愛知県知事に

18,767名の署名を提出など市民の警察署誘致に対する思いが伝わってきます。

 

 

 警察署の誘致と並行して幹部交番の機能充実を要望していましたが、尾張旭市幹部交番の出入り口のバリアフリ-化や、運転免許証の自主返納手続きが可能となるなど、少しだけ利便性が向上しました。

 

 

 市民が安全で安心な生活を送るうえで、その生命、身体及び財産を守る警察は極めて重要な役割をになっており、その拠点警察署設置は全ての市民の望みです。

 

 

 愛知県や警察本部の現状、そして各自治体の状況など多くの難問があると思いますが、今後も要望してまいります。

 

 

 

      

         愛知県警察本部警部部長陳情書提出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライオンズデッキ

 尾張旭駅前広場にライオンズデッキが誕生しました。

 

 尾張旭ライオンズクラブが結成50周年を記念して、姉妹提携をしている台湾樹林獅子会との合同アクティビティとして、尾張旭駅前広場に

作成されたイベント用のステ-ジが、令和2年12月12日 尾張旭市に寄贈されました。

 

 尾張旭駅前広場では、あさぴ-ガーデンやキャンドルナイトなど多くのイベントが毎年開催されていますが、その度に仮設のイベントステ-ジを作成していましたが、これからは この常設のステ-ジの完成によりその手間がなくなりました。 今後はさらに多くのイベントなどが開催されて、尾張旭駅前広場が よりいっそう活性化することをご祈念申し上げます。

 

       

       

               ライオンズデッキの除幕式

             

                  無二流棒の手保存会

 

             

                 井田打ちはやし保存会

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>