青山ヒフ科クリニック院長Dr.亀山のオフィシャルブログ

青山ヒフ科クリニック院長Dr.亀山のオフィシャルブログ

表参道にある青山ヒフ科クリニック 院長 亀山孝一郎のブログです。

ビタミンAは皮脂分泌を抑えてニキビや毛穴の開きに効果を発揮します。

しかしながら効果が出るまでに肌の赤みやひりつきを生じることがよく見られます。

ビタミンAは脂肪酸であるパルミチン酸と結合したパルミチン酸レチノールという形で

表皮角化細胞内に保存されています。

 

パルミチン酸レチノールからパルミチン酸が遊離するとレチノールになります。

レチノールはレチノールデヒドロゲナーゼ(レチノール脱水素酵素)の働きで

レチナールを経てレチノイン酸になり細胞内の受容体に結合して皮脂分泌抑制やアンチエイジング効果を発揮します。

 

 

活性の大きさはレチノールに比してレチノイン酸のほうが約100倍強いといわれています。

しかしながら皮膚に対する刺激性も大きく増加してしまいます。

これを克服するために当初は薄い濃度のピュアレチノールを使用して少しずつ濃度を上げる方法が取られています。

 

レチノールの刺激性を回避しながら、速やかにアンチエイジングなどの効果を発揮するにはどうしたらいいのか?

ピュアレチノールよりさらに刺激性が少なく、表皮角化細胞内に保存されている安定した

パルミチン酸レチノールを使用することにしました。

パルミチン酸レチノールはピュアレチノールよりさらに効果が落ちるといわれています。

これを克服するために極めて高濃度のパルミチン酸レチノールを使用することにしました。

パルミチン酸レチノールはもともと表皮角化細胞内に大量に保存されているビタミンAです。

これを外用しても、皮膚に対しては極めて刺激性が少ないという特徴を持っています。

パルミチン酸レチノールが皮膚に浸透したのちに、レチノールデヒドロゲナーゼという酵素の作用でレチノイン酸に変換します。

 

ビタミンAであるレチノール以外にビタミンBであるナイアシンアミド、ビタミンC誘導体、

そしてグルタチオンを配合しました。

これらの物質はAMPKというリン酸化酵素を活性化します。

AMPKは脂肪酸合成の中心酵素であるアセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)を抑制して

皮脂合成を抑制して毛穴を閉じます。

AMPKはNAMPT(ニコチンアミドフォスフォリボシルトランスフェラーゼ)というNAD+合成の律速酵素を活性化して

NAD+(ナッドプラス)の産生を増加します。

 

 

NAD+は酸化還元反応の際の水素の供与体や授受体として補酵素としての働きを発揮します。

レチノールはレチノール脱水素酵素により水素を奪われる反応を2回繰り返してレチノイン酸になります。

この時NAD+はレチノールやレチナールから水素を受け取りNADHとなります。

NAD+はレチノール脱水素酵素の活性を増加させて、大量のレチノイン酸を産生させます。

すなわちレチノールとNAD+があるとレチノールは速やかにレチノイン酸に変換することが可能になるのです。

内服薬ではプロドラッグというものがあります。

プロドラッグは体内で代謝されて効果を発揮するように設計されています。

 

僕はレチノールを塗るプロドラッグと考え、皮膚に刺激のないパルミチン酸レチノールで皮膚を通過させてから

NAD+の力でレチノール脱水素酵素を活性化して、より大量のレチノイン酸を生じるようにしました。

 

NAD+はレチノールから水素を受け取るとNADHになります。

NADHはミトコンドリアの電子伝達系に電子を与えてミトコンドリアを活性化してアンチエイジング作用を発揮します。

ミトコンドリア内のTCA回路の目的はNADHを産生して電子伝達系に水素イオンを放出して

ATP産生を増加させることですが、NAD+,NADHはミトコンドリアの円滑な働きを増加させます。

 

NADPにリン酸が結合したNADPHは酸化したグルタチオンを還元します。

還元したグルタチオン はビタミンCを還元します。

上の図に示すようにビタミンC,グルタチオン、そしてビタミンB3はチームを作って

活性酸素を消去しているのです。

 

ビタミンABCとグルタチオンを一緒に配合するとレチノールからNAD+を介して水素が供給されNADHになります。

NADHにNADHキナーゼが作用するとNADPHになり上の図の活性酸素の消去系に参加します。 

供給された水素は、主としてミトコンドリア内で生じる大量の活性酸素を消去するために使用されます。

その結果肌の赤みは速やかに減少、もしくは消失することが可能になるのです。

 

上の図に示すようにABC-G レチノールセラムあるいはレチノールとビタミンC,B群、グルタチオン

を配合した毛穴レス美白ローションを共に外用すると

肌の刺激が全く生じることなしに、赤みが低下して、頬や鼻の毛穴が縮小することが可能になるのです。

上の方は全く内服をしていません。

速やかに毛穴が縮小したのは、

AMPKによるアセチルCoAカルボキシラーゼ抑制を介しての皮脂合成抑制と

レチノイン酸による脂肪酸の合成抑制

という全く異なる2つの機序の相加作用によるものです。

 

NAD+の細胞内や血液中の低下が加齢に伴い生じることが報告されています。

NAD+を増加させるビタミンB3(ニコチン酸、ニコチン酸アミド)はアンチエイジング作用を発揮することが

ヒトやマウスで報告されています。

ABC-G を外用することで、AMPKとSIRT1(サーチュイン)が活性化 して

ミトコンドリアの活性かと数の増加が起こり強力なアンチエイジング作用も発揮されます。

活性化したサーチュインはLKB1という酵素でAMPKを活性化します。

 

ドクターケイのABC-Gあるいは青山ヒフ科クリニックのレチノールセラムと毛穴レス美白ローション

 を外用すると、引き締まった毛穴とアンチエイジングが極めて高いレベルで発揮されます。

ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

ミトコンドリア内で生じる活性酸素を効率よく消去するために肌の赤みも著明に低下しています。

 

 

 

図1

ミトコンドリアはATPという高エネルギー物質を作る細胞のエネルギー生産工場で、赤血球以外のすべての細胞1個当たり数百個から数千個存在します。ATPのエネルギーは表皮角化細胞などの細胞の増殖やコラーゲンの合成に使用されます。上は免疫電子顕微鏡写真で細胞質のミトコンドリアの赤いヘム色素を生き生きと映しています。ちなみにATPという高エネルギー物質が減少すると、AMPKというリン酸化酵素が活性化して、エネルギー節約のために命の維持に必要なものだけを合成するようになります。表皮細胞の合成や血管を構成するコラーゲンは命の維持に必要ですが、皮脂の合成は命の維持に関係ないので抑制されます。

 

ビタミンABCやグルタチオンはAMPKを活性化して表皮角化細胞の増殖やコラーゲンの合成を促進してアンチエイジングを促進しますが、皮脂合成を抑制します。これがABC-repair serum がアンチエイジングと毛穴縮小を同時に実現する機序です。 AMPKはエイジングと毛穴の開きに悩む人々に神様が与えてくれたギフトですね。

図2

ミトコンドリアには食事から摂取した炭水化物が分解してできたピルビン酸、脂肪酸、アミノ酸が取り込まれて酸化的リン酸化が行われて、ATPが産生されます。これらの成分がミトコンドリアに取り込まれたり、クエン酸回路や電子伝達系などのミトコンドリア内の代謝を円滑に進めるためにはビタミンABCがなくてはなりません。あまり知られていないことですが、ピルビン酸からアセチルCoAへの変換にはビタミンB群だけでなくレチノールが必要です。ミトコンドリア内では電子伝達系において電子のやり取りのエラーによって活性酸素が生じます。体内に取り込まれた酸素の2から3%が活性酸素になるといわれています。これらの活性酸素を消去するのが、ミトコンドリア内にたっぷりと存在するビタミンABCやグルタチオンそしてNADPHです。すなわちビタミンABCやグルタチオンは栄養素をミトコンドリア内に取り込んで代謝を円滑に進めるだけでなく、生じた活性酸素を消去するのです。

図3

これらの結果を模式化すると上の図のようになります。左に示すようにビタミンB3はNAD+ およびNADPHを増加させ、SIRT1という長寿遺伝子を活性化してレチノールからレチノイン酸に変換を増強してアンチエイジング作用を強化するだけでなく、IGF-1-mTOR系を抑制して皮脂分泌を抑えます。IGF-1 は高糖質や高脂質の食事をたっぷりとると分泌されるインスリン様のホルモンです。 右に示すように ビタミンABCやグルタチオンはAMPKを活性化して代謝を上げて活性酸素を消去します。AMPKも皮脂分泌を抑制します。すなわちこれらの成分はIGF-1からmTORシグナルの抑制とAMPKの活性化という二つの二つの作用により皮脂分泌を抑制して毛穴を縮小します。そしてAMPKが活性化するとNAMPTというNAD+を合成する酵素が活性化してNAD+を介してSIRT1を活性化します。 SIRT1はLKB1というリン酸化酵素を活性化してAMPKを活性化します。そしてSIRTとAMPKは協調してミトコンドリアを活性化すると同時に抗酸化能も増強して、代謝を上げて活性酸素を消去するといアンチエイジングに必要な2つの現象を同時に実現します。

図4

以上述べてきた結果を下の図にまとめてみます。要はABC-G repair serum を外用すると 赤み低下  アンチエイジング  毛穴縮小が高いレベルで実現します。これらの各成分の作用をお見せします。

図5

上は僕にビタミンCを超音波導入し(中)さらにビタミンCのイオン導入(右)をしたものです。導入前(左)に比べて、明度が増加して赤みが低下しています。色彩色差計による明度指数は61.6から最終的に65.6まで増加し、赤み指数は15.8から11.7に低下しました。

図6

拡大像では導入が進行するにつれて毛穴が閉じていくのがわかります。

図7

上右はビタミンCクリームのみを外用していた僕です。ビタミンB3を含むビタミンB群を配合した毛穴レスローション外用10日で顔がリフトアップしてきています。

図8

さらに毛穴レスローションのイオン導入とエレクトロポレーションのダブル導入を1回すると明度が増加し毛穴が閉じ、目尻のシワが著明に低下しました。

図9

こちらの方にはグルタチオンのイオン導入をしました。明度が左側で62.5から64.7に増加して赤みが14.9から12.3に低下しました。   

図10

上の方にはビタミンABCをイオン導入したところ、明度指数は63.4から65.7に増加しました。グルタチオンをイオン導入したところ明度はさらに66.8に増加しました。

図11

拡大像ではビタミンABC後に毛穴が縮小しましたが、グルタチオン導入後にさらに毛穴が縮小しました。

図12

こちらの方にはビタミンABCとグルタチオンをケアシスでエレクトロポレーションしました。著明に皮膚明度は増加しています。眉の上のニキビの赤みは著明に低下しています。 このトリートメントは青山ヒフ科クリニックで非常に好評をいただいているABCGエレクトロポレーションコースです。

図13

トリートメント度は毛穴が著明に縮小しています。 トリートメント後に効果が長く継続するという人気のコースです。

 

下の方にはABC-G repair serum をエレクトロポレーションしました。エレクトロポレーション後には明度が増加し、赤みが低下していますが、5日後には赤みはまた増加しています。この結果はエレクトロポレーションによる効果は5日後にはほぼ失われていると考えられます。

図14

外用開始前に比して5日後、21日後と明度は60.7 から62.4に増加し、21日後にはさらに64.1まで増加しています。赤み指数は13.0から最終的に9.6まで低下しました。

図15

拡大像ではエレクトロポレーション直後には著明に明度が増加し、毛穴がやや縮小しています。

図16

外用5日後には、エレクトロポレーション直後に比して赤みは増加しましたが、毛穴は縮小しています。

図17 

外用21日後にはさらに明度が増加し赤みが低下して頬だけでなく、鼻の毛穴もさらに縮小しています。鼻の横のニキビの赤みも盛り上がりも低下しています。この間ビタミン剤や抗生物質の内服はしていません。

 

 

図  18

ABC-G repair serum は安定性が高く刺激性が非常に少ないパルミチン酸レチノールを使用して、レチノイン酸への変換を促進して、高い効果を発揮します。経過を見てわかるようにパルミチン酸レチノールによる刺激症状は全く出現していません。

図19

ABC-G repair serum は安心して朝も使用できます。その際にはSPF50+ PA++++と

UVA、UVBに抗紫外線効果を示す C wrinkle white UVを併用してください。

ABC-G repair serum は皮膚への刺激性なしに、高いアンチエイジング作用、毛穴縮小作用を示すように設計した新世代の

パルミチン酸レチノール美容液です。

 

 

 

 

 

 

グルタチオンはグリシン、グルタミン酸、システインという3つのアミノ酸から構成されるトリペプチドです。 グルタチオンは直接活性酸素を消去する作用や、グルタチオンペルオキシダーゼという活性酸素を消去する酵素になくてはならないものです。システインが活性酸素を消去する作用、美白作用を持っていることは有名です。実はグリシンも細胞内にカルシウムイオンが入流して炎症を起こすことを、塩素イオンを細胞内に流入させることで抑制します。炎症を起こすサイトカインの産生を抑制したり皮脂分泌を抑制することも最近報告されています。グリシンはコラーゲンの合成促進や表皮細胞の増殖を促進する作用もあります。


 

図1

上は僕にグリシンをイオン導入した前後です。導入後は皮膚の明度が増加して赤味が低下しています。目じりのしわも低下しました。

図2

拡大像では毛穴が閉じています。


 

図3

皮膚に紫外線が照射されると、Nrf2という抗酸化反応の中心となる転写因子が活性化され、グルタチオンやビタミンB3由来のNADPHという水素の供与体の合成が促進されます。グルタチオンは活性酸素による細胞のダメージを抑制、除去します。


 

図4

紫外線によるレチノールの酸化や変性を抑制するには主にビタミンCやビタミンEです。

活性酸素を消去して酸化型になったビタミンEを還元するのはビタミンCです。その結果ビタミンCが酸化して酸化型のビタミンCとなります。これを還元するのが、グルタチオンやグルタチオン依存性の酵素です。その結果グルタチオンが酸化します。酸化したグルタチオンを還元するのがNADPHという水素の供与体です。ビタミンABCやグルタチオンはAMPKというリン酸化酵素やSIRT1(サーチュイン1)という長寿遺伝子を活性化して、PGC-1αという転写補助因子を介してミトコンドリアの数を増加して活性化するというアンチエイジングの根幹をなす現象を実現します。ミトコンドリアが活性化することによりクエン酸回路でのNADPH産生が増加します。 Nrf2は解糖系の側副路であるペントースリン酸回路を活性化してグルタチオンだけでなく NADPHの産生を増加します。 NADPHの一部はビタミンB3からなっており、ビタミンB3投与でNADPHの血液中の濃度が増加します。ビタミンC、グルタチオン、NADPHはチームを組んで体内の活性酸素を消去するだけでなく、ビタミンが紫外線で酸化変性するのを抑制しています。 


 

図5

上はビタミンB3の構造を示します。ビタミンB3はナイアシンとも呼ばれます。ビタミンB3を内服して痒くなったりするのをナイアシンフラッシュといいますが、赤味を起こしやすいニコチン酸の代わりにニコチン酸アミドを内服することで、赤味が出現することをある程度抑制できます。


 

図6

ナイアシンに NAMPT(ニコチナミドホスホリボシルトランスフェラーゼ)という酵素が作用して5単糖とリン酸が結合したものをニコチンアミドヌクレオチド(NMN)といいます。アンチエイジング作用が話題の物質ですが、一番の利点はニコチン酸やニコチン酸アミドで赤味や痒みが出現する人でも安心して内服できる点です。マウスでは内服で寿命の増加や筋力、認知力の増強などが報告されています。  NMNにアデニンという塩基と5単糖とリン酸が結合すると NADPHという電子の供与体 になり強力な還元作用を発揮します。NADPHからリン酸と水素が外れるとNAD+になります。長寿遺伝子であるSIRT1はNAD+依存性の酵素で、NAD+で活性化します。当初NMN内服で血液中のNAD+が増加すると報告されましたが、ビタミンB3内服でもNAD+は増加します。ナイアシンフラッシュを起こさない方は高価なNMNを内服する必要はないと思います。 


 

図7
 

ビタミンB3はNMNをへてNAD+そしてNADPHになります。上の図に示すようにパルミチン酸レチノールはパルミチン酸がエステラーゼという酵素で外れてレチノールになります。レチノールは酸化してレチナールを経てさらに酸化してレチノイン酸になります。この酸化反応はレチノールデヒドロゲナーゼ1,2という酵素により起こりますが、この酵素はNAD+依存性の酵素でNAD+の存在下で活性が増加します。そしてABCG-repair serum には パルミチン酸レチノールだけでなく、ビタミンB3が配合されており、ビタミンB3由来の増加したNAD+がパルミチン酸レチノールを速やかにレチノイン酸に変換します。ビタミンAを外用すると皮膚に刺激が出現することがしばしば認められます。これはパルミチン酸レチノールではほとんどない現象でレチノールやレチノイン酸の外用で出現します。これらの成分が皮膚に吸収されるときに起こる反応ですが、吸収されたあと細胞外や細胞内のレチノールやレチノイン酸は刺激症状を起こしません。

 

高濃度パルミチン酸レチノールを外用して、皮膚に吸収されたのちに高活性レチノールデヒドロゲナーゼの作用で速やかにレチノイン酸に効率よく変換されて、刺激症状なしで高い効果を発揮するように設計したのが、ABC-G repair serumです。

 

図8

皮膚にABC-G repair serum を塗ると

1. 紫外線によるレチノールの酸化を抑制

2. 活性酸素の効率のいい消去

3. 毛穴縮小

4. 代謝促進

 

これらの作用が非常に高いレベルで発揮されます。

今までは皮膚とABC-G repair serumについて解説しました。ミトコンドリアにおけるこれらの成分の作用について解説します。