青山ヒフ科クリニック院長Dr.亀山のオフィシャルブログ

青山ヒフ科クリニック院長Dr.亀山のオフィシャルブログ

表参道にある青山ヒフ科クリニック 院長 亀山孝一郎のブログです。

赤ら顔の発症機序について解説してきました。

要約すると、赤ら顔特に酒さの発症には肥満細胞という免疫細胞が関与している。

ストレス、イライラで、交感神経からサブスタンスP(SP)をはじめとする痛みや不安を伝える

神経ペプチド(イライラホルモン)が分泌される。

SPは肥満細胞を活性化して、炎症を起こすと同時に皮脂分泌を増加させる。

SPで刺激された皮脂腺は神経成長因子を分泌させ神経を皮脂腺のすぐ近くに引き寄せる。

その結果大きくなったあるいは敏感になった神経が肥大活性化した皮脂腺のすぐそばに接近する。

その結果、少しの不安、イライラでも大量のSPが皮脂腺のすぐそばから分泌され、皮脂腺はそれに反応して皮脂分泌を増やす。

SPは肥満細胞を血液中から皮脂腺のすぐそばに動員して、皮脂腺周囲の肥満細胞が増加して

SPを分泌したり炎症を起こして血管がさらに拡張して皮膚は赤くなる。

というような現象が起こります。

 

ヒトはストレスを炎症として感知して、炎症反応を起こすことで、細菌やウィルスなどの異物を排除します。

対象が排除できる異物ならいいのですが、皮脂腺や毛穴の中のアクネ菌はなかなか排除できずに

赤ら顔がますますひどくなるという悪循環が起こるのです。

この反応を抑えるためにビタミンABCやグルタチオンそしてトラネキサム酸や蛋白分解酵素阻害剤であるナファモスタットが

効果を発揮するのです。

トラネキサム酸もプラスミンという蛋白分解酵素を抑制する薬剤です。

 

赤ら顔を抑えるには神経や肥満細胞から分泌されるSPなどを抑制すればいいのです。

もう一つのアプローチとして炎症をひどくしたり、アクネ菌を増加させる皮脂の分泌を抑制すればいいのです。

残念ながらSPの分泌を抑える内服などをすると誤飲性肺炎を引き起こしてしまいます。

 

それではどうしたらいいのでしょうか?

皮膚レベルでSPの分泌や肥満細胞の活性化を抑えればいいのです。

僕がボトックスなどのボツリヌス毒素製剤が皮脂分泌を抑える作用に気が付いたのは開業してすぐの時です。

開業した当時はdysportというボツリヌス毒素製剤を使用していました。 

上の方は眉を持ち上げる癖がある方で額にしわが入っています。

コラーゲンを使用してもシワが残ったので、dysportを皮膚に浅く注射してコラーゲンを増加させると同時に

眉の上には筋肉に注射して、眉が動かないようにしました。

その結果上の図の下段に示すように、シワはほとんどなくなりました。

注目していただきたいのは、毛穴が注射後は非常に小さくなっています。

それを応用して鼻の毛穴が目立つ方に注射すると鼻の毛穴が閉じるだけでなく、

赤みも大幅に低下してコラーゲン増加の結果鼻も高くなっています。

鼻は笑うときに使用する骨格筋から離れているので注射により笑いにくくなることもありません。

上の方はdysport注射後は毛穴は大幅に縮小して赤みが低下しています。

酒さの原因は皮脂分泌の過剰と、炎症です。

ですからdysportにて酒さなどの赤ら顔が治る可能性があると考えました。

上の方は酒さの方です。痛みに強い方なので麻酔はしていません。

ボツリヌス毒素製剤の注射液には血管を収縮させるさせるアドレナリンが配合されているので

注射部位に一致して皮膚が白くなっています。

アドレナリンによる血管収縮は数時間で消退します。

14日後には、頬の毛穴は収縮して赤みも低下して、火照りやひりつきもなくなっています。

この効果は数か月から半年継続します。

上が酒さの発症機序です。

ボツリヌス毒素製剤が骨格筋を収縮させるアセチルコリンの分泌を抑制して表情しわを抑制することはよく知られています。

アセチルコリンは骨格筋の収縮以外に、血管を拡張させて、内皮細胞の隙間を大きくして皮膚を赤くする作用があります。

その後の実験でボツリヌス毒素製剤は神経からのサブスタンスPなどのイライラホルモンの分泌を抑制することが判明しました。

さらに肥満細胞はボツリヌス毒素製剤受容体を持っており、

ボツリヌス毒素製剤にて、肥満細胞を活性化する脱顆粒を抑制することが判明しました。

 

上にボツリヌス毒素製剤の作用部位を示しました。

青山ヒフ科クリニックでは酒さだけでなく、脂漏性皮膚炎や難治性のニキビにもボツリヌス毒素製剤を使用しおります。

難治性のニキビには、アンチアクネメソセラピー、抗菌メソセラピー、そしてボツリヌス毒素製剤の

3種の薬剤を注射して加療しております。

ボツリヌス毒素製剤は痛み、ひりつきを起こすSPの分泌を抑えるので

痛み、かゆみなどはすぐなくなる効果を発揮します。

 

ボツリヌス毒素製剤をビタミンABCやグルタチオンあるいはトラネキサム酸による治療を組み合わせることも可能です。

 

 

 

赤ら顔と認識される病気に脂漏性皮膚炎と酒さがあります。

赤ら顔を伴い皮脂分泌が増加するものとしてニキビがあります。

症状は皮脂の分泌が少ない眼の周囲以外の場所が、赤くなります。

赤みが強い部位はTゾーンです。

症状としてかゆみがあります。

酒さだけに認められる症状として、常に顔がひりひりする、火照る、冷たい水で洗顔しても痛くなるなどがあります。

これは皮膚の温度や浸透圧や機械的刺激のセンサーであるTRPV4の活動が過剰になっただけでなく、

神経、血管、免疫の過剰活性化が存在するといわれてます。

酒さの発症機序はよくわかっていないのですが、免疫担当細胞である肥満細胞が

発症に深く関与していることが明らかになりました。

ニキビダニが発症に関与していることも報告されています。

 

僕は、酒さも脂漏性皮膚炎も皮脂分泌が少ない眼の周囲には出現しないことより

皮脂分泌の過剰が発症に大きく関与していると考えています。

仕事をしながらチョコレートを食べたり、体重が増加して発症した人はたくさんいますが、

これらは皮脂分泌を増加させニキビや赤ら顔を生じます。

肥満細胞は、免疫反応を開始する役割りを持っています。

ストレスや高糖質食や過食により皮脂分泌が増加すると、それを餌とするアクネ菌やニキビが増加します。

アクネ菌の分泌する蛋白分解酵素や毒素あるいはアクネ菌の成分をTLR2などのセンサーで感知した

肥満細胞は活性化して、免疫反応開始指令を出します。

具体的には、肥満細胞はヒスタミンやトリプターゼという蛋白分解酵素やサイトカインあるいは

血管内皮細胞成長因子を放出します。

 

これらの因子は血管に作用して拡張させ血流を増加させます。

 

内皮細胞同士の隙間も大きくなります。

アクネ菌などの異物を一掃するためには血管内を流れている好中球や単球などの炎症性細胞が

血管の外に飛び出して、アクネ菌のそばに移動する必要があります。

そのためには上の図に示すように血管の内側に存在する内皮細胞同士の隙間を炎症性細胞が通過する必要があります。

肥満細胞は血管を拡張して血流を増加させて炎症性細胞が大量に皮膚に到達しやすくすると同時に

内皮細胞の隙間を拡大する作用を持っているのです。

その結果皮膚の外から血管内の赤血球が透けて見えるようになり皮膚は赤くなるのです。

残念ながらこの状態に、赤血球を破壊するレーザーやIPLを照射しても効果は生じません。

仮に光により血管が破壊されても、炎症性細胞が放出する血管内皮細胞成長因子(EDGF)やサイトカインあるいは

蛋白分解酵素は血管を新しくつくる血管新生作用と血管拡張作用があるので、顔の赤みは低下しないのです。

 

肥満細胞とストレスとの関係についても説明します。

ストレスがかかると交感神経からイライラホルモンであるサブスタンスPなどのいらいらホルモン

であるニューロペプチド(NP)が分泌されます。

NPは皮脂腺を刺激して皮脂分泌を増加させます。

その結果皮脂を餌とするアクネ菌、ニキビダニ、マラセチアというカビが増加します。

これらは皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生します。

遊離脂肪酸は炎症を起こすことが報告されています。、

また増加したアクネ菌などに対しても免疫反応が起こります。

 

NPはさらに肥満細胞を刺激してこれを活性化して炎症を激しくします。

活性化した肥満細胞は血管を拡張させるトリプターゼ、サイトカイン、ヒスタミンなどを放出して

血管を拡張させると共に周囲の炎症性細胞を刺激してさらに炎症を激しくします。

 

イライラなどで放出されたNPは感覚神経のNP受容体を刺激して痛みやかゆみを引き起こすだけでなく、

刺激を受けた感覚神経はさらにNPを放出して炎症を激しくします。

これがニキビや赤ら顔の方がイライラしてかゆみや痛みを生じる原因です。

NPは表皮角化細胞に作用してIL1βなどのサイトカインやカリクレイン5(KLK5)などの

蛋白分解酵素を放出させます。

IL1βは表皮細胞の過剰増殖を起こし毛穴の出口を狭くしてニキビの発症を促進します。

これがしばしば赤ら顔とニキビが合併する原因です。

KLK5などの蛋白分解酵素は皮膚のバリア機能を低下させ、敏感肌、乾燥肌を助長します。

そうすると乾燥肌を改善するために皮脂分泌が増加します。

そうするとアクネ菌や遊離脂肪酸が増加してますます炎症が激しくなります。

そうすると炎症により生じた蛋白分解酵素、NP、サイトカインなどが肥満細胞を刺激して

さらに炎症が激しくなります。

 

ということで炎症の悪循環が起こってしまい、なかなか治らないということになってしまうのです。

 

酒さの病変部では肥満細胞が増加していること、

罹患期間が長いと肥満細胞が増加すること、

酒さモデルのマウスに血管拡張作用のある人のLL37という抗菌ペプチドを注射すると

皮膚は赤くなりますが、肥満細胞のないマウスでは赤くならないことも報告されています。

肥満細胞の活性化を抑制するインタールという抗アレルギー剤を外用すると酒さが軽快することも報告されています。

 

肥満細胞を活性化する蛋白分解酵素であるtryptaseという酵素を抑制するナファモスタットという慢性膵炎用の

薬剤はイオン導入すると赤味を抑制します。

この薬剤は新型コロナに対して効果を発揮するとして有名になりました。

皮膚の炎症も膵炎同様に蛋白分解酵素が重要な役割を果たしているということですね。

外用では効果を発揮せずイオン導入で劇的に肌の炎症を抑えますが、

残念ながら効果の持続時間が短いという欠点があります。

ナファモスタットはtryptase以外にプラスミン、カリクレイン、トロンビンなどの蛋白分解酵素に効果を発揮します。

ビタミンABCは免疫抑制作用、サイトカインの産生抑制作用を持っており、

肥満細胞を活性化するtryptaseの産生を抑制したり、tryptaseが結合するPAR2という蛋白分解酵素受容体のシグナル伝達を

抑制する作用を持っています。

 

僕が個人的に注目している薬剤としてトラネキサム酸があります。

トラネキサム酸は止血剤や抗炎症作用を持っていることあるいは美白作用を持っていることが報告されています。

トラネキサム酸は外用すると酒さに効果を発揮する機序のひとつとして

tryptaseと同じ種類の蛋白分解酵素であるtrypsinを表皮角化細胞に作用させたときカルシウムイオンの細胞内への

流入が低下したと報告されています。

これはtrypsin のシグナル伝達受容体であるPAR2のシグナル伝達を抑制したことになります。

trypsinは表皮角化細胞に作用して皮膚のバリア機能を低下させる作用もあるので、トラネキサム酸は

皮膚のバリア機能も増加させることになります。

ビタミンABCとトラネキサム酸およびアドナをイオン導入するABC赤ら顔コースが青山ヒフ科クリニックにはあります。

上の方は仕事の際中にチョコレートを食べたら顔が赤くなり、常に顔がほてるようになった第一度の酒さの方です。

ABC赤ら顔コースを2回行うと同時に、高糖質、高脂質の食事をさけてもらうようにしたら

2か月でひりつきは全く消退して赤みの程度もほぼ正常範囲内になりました。

この方は青山ヒフ科クリニックに来院される前に、光線療法を何百万もかけて行ったが全く効果がなかった方です。

こちらの方はニキビを合併した第2度酒さの方です。

常に顔がほてり、冷たい水で洗顔すると痛くなる方です。

ビタミンCのイオン導入は全く効果がなく、ABC赤ら顔コースを行い自覚症状と赤みはなくなりました。

現在はアンチエイジングで通院されています。

これらの治療を行っても全く効果がない方の皮膚を調べるとニキビダニが検出された方がいました。

その方にはニキビダニに対する抗菌剤を投与して軽快治癒されました。

 

上の方は自覚症状がなく赤ら顔を呈している脂漏性皮膚炎の方です。

ビタミン剤の内服とビタミンCの外用をイオン導入をしたら赤みは大幅に低下して毛穴も閉じています。

酒さに対してほてりや痛みのない脂漏性皮膚炎のほうがビタミンABCやトラネキサム酸の治療に対して良い反応を示す傾向があります。

上の方は脂漏性皮膚炎の方です。毛穴引き締めホワイトエッセンスを外用して著効しました。

たった14日で赤みがなくなり毛穴が閉じています。

毛穴引き締めホワイトエッセンスの成分はトラネキサム酸、カフェイン、生コーヒーエキス、シトルリンというアミノ酸です。

トラネキサム酸が効果を発揮してるのは間違いないと思いますが、それ以外の成分が効果を発揮している可能性があります。

これらの成分はすべて皮脂分泌を抑制して、毛穴を閉じて、赤みを低下させる作用があることは

外用やイオン導入ですでに確認しております。

生コーヒーエキスにはカフェイン以外にポリフェノールであるクロロゲン酸が含まれています。

クロロゲン酸も非常に強力な抗炎症作用を持っていることが報告されています。

 

ビタミンABCを配合した毛穴レス美白ローション、リフティングエッセンスと毛穴引き締めホワイトエッセンスの併用は

非常に効果を発揮することが最近判明しました。

これらの成分を導入するソニックウオッシュピーリング、ハイパーエナジーコースとビタミンABCGコースの併用も

非常に高い毛穴縮小、赤ら顔抑制作用を持つことも判明しており患者様より高い効果をいただいております。

上の方にはソニックウオッシュピーリング+ビタミンABC+グルタチオンのイオン導入+ハイパーエナジー導入を2回行いました。21日で肌の質感が大きく向上して赤みが低下して毛穴が閉じています。

 

頬の拡大像です。ほうれい線も浅くなっています。

 

鼻の毛穴に一致して生じていいた毛と酸化して黒くなった皮脂は全く生じています。

この方は肌の赤みは少なく、赤ら顔とは診断できたのですが、軽度の赤みや毛穴の開き、

そして顎のニキビは劇的に改善しております。顔が赤い傾向があり、毛穴の開いた方には

このコースは最適です。ジェネシスをオプションで付けることも可能です。

 

青山ヒフ科クリニックをすでに受診された方にはご来院いただければ毛穴引き締めホワイトエッセンスのサンプルを

差し上げることも行っています。

遠方の方ですでに青山ヒフ科クリニックを受診された方は新しい外用剤を購入することが可能です。

 

ぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニキビは単独でも生じますが、通常赤ら顔をともなっています。

ニキビ、脂漏性皮膚炎、酒さ、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎でも赤くなります。

入浴後、運動後、アルコール摂取でも顔は赤くなるます。

なぜ顔が赤くなるのか?

対策はどうしたらいいのかについて解説します。

 

皮膚トラブルの場合だけでなく、入浴後、運動後、アルコール摂取後に顔が赤くなるのは誰でも経験します。

皮膚トラブルがない場合しばらくすると赤みはなくなります。

これらの現象は、全身あるいは局所の血流が増加してそれに対応して血管が拡張したためにおこる現象です。

 

左は通常状態の血管です。血管の拡張はありません。

血管を取り囲む内皮細胞同士のすきまが少ないので

赤い赤血球がほとんど見えないので、赤い反射光も少なくなく、皮膚はやや赤みを帯びた通常の色を呈します。

これに対して、ニキビや赤ら顔など皮膚に炎症がある状態では

血流増加に対応して血管が拡張します。

その結果内皮細胞の隙間が大きくなり、赤血球が外から見える状態となり、赤血球からの反射光が

皮膚の内部を埋め尽くすようになり、皮膚は赤くなるのです。

 

なぜ炎症部位の血管の内皮細胞の隙間は大きくなるのでしょうか?

ひとつは血管拡張に対応するためです。

この時内皮細胞が大きくなれば血管が拡張しても内皮細胞の隙間は増加しないので、皮膚は赤くなりません。

炎症部位で内皮細胞の隙間が大きくなるもう一つの理由が、血管の外に白血球を飛びださせるためです。

血管外の毛穴や真皮に存在するアクネ菌などのそばに白血球は移動して、アクネ菌を退治するために

蛋白分解酵素や活性酸素あるいはヒスタミンやサイトカインなどを放出します。

これらの物質は内皮細胞に働きかけて、 内皮細胞の隙間を大きくしてより白血球を血管の外に出すようにして

一刻も早くアクネ菌を一掃しようとします。

一方、アクネ菌は活性酸素や蛋白分解酵素を無毒化する手段を持っていて、なかなか一掃できません。

 

ストレスで皮脂の分泌が増加すると、皮脂を餌とするアクネ菌はますます増加して

ヒトを攻撃する蛋白分解酵素やキャンプファクターと呼ばれる毒素を放出してますます

炎症を激しくします。

アクネ菌による刺激は内皮砂防を刺激して、血管新生反応を起こして大量の内皮細胞の隙間が空いた血管を誕生させます。

その結果ますます皮膚の赤みが増加してしまうのです。

 


このような状態で赤血球をターゲットとするレーザーやIPLを照射しても、

赤ら顔を引き起こす眼に見えない細い血管ではターゲットになる

赤血球が少ないので血管を破壊して赤みを低下させるのは困難なのです。

目に見える太い血管がたくさんある方はレーザーやIPLで赤く見えたり、青く見える血管を消すことは可能です。

でもほとんどの赤ら顔の方は眼に見えない細い血管しかないのです。

いったん消えたとしても、皮脂分泌が増加したままだと、アクネ菌や炎症が増加して血管は再び出現してしまうのです。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

前回毛穴引き締めホワイトニングエッセンスの外用やイオン導入で赤みが低下して毛穴が閉じることを説明しました。

次回はそれ以外の方法について解説します。