小3コース2月のテーマは、「とける①」 | あおば理科のブログ

あおば理科のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

あおば理科です。

 

引き続き、授業テーマの紹介です。

小3コースの2月は「とける①」と題して、溶解の実験です。

 

まずは、砂糖が溶ける様子を見てみます。

 

もやもやとした「シュリーレン」が観察されます。

 

次は溶けているのか、それとも溶けていないのかの違いを調べる実験です。

  

右の集気びんには、片栗粉を混ぜてあります。

光を当てると、光の通り道が見えるので溶けていないことがわかります。

これをチンダル現象といいます。

 

 

ここで、これからの実験に関係する問題提起です。

2つの水溶液がありますが、片方は食塩を入れると溶けますが、もう一つは全く溶けません。

いったいどういうことでしょうか?みんなに考えてもらいます。

水じゃなくて、油では?アルコールでは?などいろいろな意見がでました。

 

次は、上皿天びんの使い方の学習の後、食塩のはかりとりをします。

   

ひたすらやります。最初は手間取っていましたが、すぐに慣れていきます。

一人10包ずつ用意してもらいました。

 

できたらこれを一つずつ精製水100mLに溶かしてゆきます。

 

今度はひたすら溶かします。どの生徒も9包あたりで溶けなくなります。

これを飽和しているという説明の後、先ほど提起された問題の答えの発表です。

 

片方のびんには飽和食塩水が入っていたわけです。ちゃんちゃん!

 

最後は、塩化アンモニウムの結晶の観察です。

試験管の中に、溶液を冷ますと、きれいな雪のような結晶が降り積もります。

  

やり方を説明して持ち帰ってもらいました。

溶ける実験は、4年生でも続きの実験があります。

 

**********************************************

あおば理科では、体験授業を随時受け付けております。

2,3月は、春の体験授業を実施しております。

aobarika.jp/

ホームページをご覧ください。

**********************************************

 

あおば理科さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス