☆Evelynの安全生活習慣と安全なお店情報☆

愛する地球を守るため、愛する人を守るために知識の範囲での真実の情報をお届けしています。
お店記事は食べログとリンクしています。
http://tabelog.com/rvwr/lilyangel/

安全&おいしい&綺麗に&健康的にそして環境にもやさしく共存して生きて行きたい人たちのために。


無断転載、コピーなど禁止いたします。


販売・勧誘等の営利目的利用はお断りいたします。


食べログとリンクしている記事もあります。


http://tabelog.com/rvwr/lilyangel/


テーマ:

最も美しい日はいつでしょう?・・・今日

諸悪の値は?・・・自己中心

一番必要なものは?・・・コミュニケーション

一番大きい誤りは?・・・自分を大切にしないこと

最も良い教師は?・・・こどもたち

一番危険な人は?・・・嘘をつく人

最も美しい贈り物は?・・・赦し

すべての者で一番美しいものは?・・・愛

この世で一番大切なものは?・・・信仰

マザーテレサ

今日一日、

出会う人、

触れる人に

キリストさまの目と耳とハートで

接して行くことが出来ますように。

いるところ、

いくところすべてに

神の愛と平和を

祝福を祈るものとさせて下さい。

 

こころにも

身体にも

霊にも

神さまの平安が満ちますように。

Name Jesus,Amen.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

悲しい時もおいしい喜びを与えてくれるパン 

安全安心おいしさのバランス

 

礼拝する猫Rubyが危険な状態になっていた日曜日。
娘にも帰ってくるようにと獣医師に告げられました。
母親からもらっていた先天性の病気のことを知らされてショックでした。
でも、いのちは神さまの御手の中にある。
わたしたちは祈り続けました。

日曜日、娘はわたしと一緒に芦屋の教会へ行きました。
第一日曜日は聖餐式があります。
イエス様が十字架に渡される前の夜に弟子たちを集めてなさった儀式です。
BC(紀元前)からADになってから

ずっと、教会では主の身体と血を覚えて行っています。

娘のダーリンがRubyと一緒に同時配信で礼拝を守ってくれました。
聖餐式のパンもいただいてきました。
Rubyと娘のダーリンも聖餐にあずかることができました。

わたしと娘は礼拝が終わってからお店に行きました。
予約した時点でRubyも大好きなトーストブロートの食パンは売り切れでしたが、小さな丸い方のパンはありました。
感謝です。

このパンが一番好きだから。

 

Rubyは10月3日の深夜に天に帰りました。
天から飛行機に乗ってきて、

PCで自分の名前を打ってでRubyと教えてくれたました。

ペットロスで泣いていたわたしの所に来てくれた天使は、
神さまの愛の中に帰っていきました。
 

永遠のいのちを戴いている猫さん。
多くの人の救いのために働いた猫さんでした。
我が家に来た時以来、

ずっと、わたしと一緒に礼拝する猫がいたこと、
これも奇跡でした。

悲しみの中で、パンを食べながら娘が言いました。
「悲しい時にもおいしいを与えてくれるパンってすごいよね。」

本当にわたしもそう思いました。
感謝しながらいただきました。

沢山の種類のあるパン屋さんもありますが、
労働のこと、原料のこと等を思うと、どこかに無理を感じます。
ビオブロートは対面式販売で、売り場の安全も配慮されています。
パンの種類もほどよく、混ざり物を入れなくても、様々な面で無理なくできる範囲を感じます。

我が家の礼拝には、聖餐式のパン餐として使ってきました。
主のお身体にもふさわしい特別な恵みのパンです。

すべての食品メーカーさん、

製造者のかたがたに、
いのちを造る食べ物に妥協は一切して欲しくないと願っています。

これからもずっと、

わたしたち親子の一番好きなパンとして応援していきます。

今日一日を感謝で生きるために。
心からの感謝を込めて。

 

~食べログ記事より~

 

石油合成化学物質は細胞を破壊(遺伝子破壊)します。

食品、化粧品、洗剤、日用品など

人体には一億年かかっても適合しません。

環境も破壊しています。

地球は神さまが心を込めて造られた星です。

人間に託された地球を

人間の手で破壊することは、

神さまが悲しまれます。

 

未来の子どもたちに安心して暮らせる

安全な生活環境が与えられますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イエスの愛は無条件で、やさしく、ゆるしに満ちていて、完全。
損得を計算せず、限度を置かず、見返りを求めない。
イエスは傷ついてまでもお与えになるのです。
マザーテレサ

Rubyが天に帰った最初の朝、
一緒に賛美する手は、天使のつばさ(ペットの真空棺)の中です。
ぽっかりと空いた大きなこころの穴に
主の愛が満ちてきました。
娘と手を取って。主の祈りをしてから、永遠の朝の賛美をして祈りました。
Rubyの肉体はお花に包まれて静かに眠っています。

霊はもう会話をしてくれていますから、不思議です。

Rubyと会話できるようにしてください。
祈ってきたこと

祈りを、神さまは人の会話でできるようにしてくださいました。

特に娘と沢山の会話をしています。

悲しい時は、
ボクと過ごしたしあわせだったことを想い出してね。

娘は、Rubyが与えてくれたしあわせをRubyノートに書き始めました。
泣きながら感謝を言いながら、書いています。
もう100超えたよと娘。

昨日の朝、
見上げた空に十字架の雲が浮かんでいました。
神さまからの憐れみを思い、感謝しました。

イメージ 2


数秒で消えていく雲のなかにも見せて下さる神の愛がある。

憐れみに感謝でいっぱいになりました。

娘がお昼過ぎに見た空には、天に昇る雲と猫。
イメージ 1

夜は中秋の名月でした。

イメージ 3


主の愛は完全です。

イエス様は貧しいものとともにおられ、
共に泣き、
共に傷つき、
十字架ですべての罪を購い、
今も働いて下さっています。

過去も未来も現在も永遠の愛の中に完全なものとして下さっています。
天にあるものも
地にあるものも
地下のものも
神さまの御手にある世界です。

泣きたい時には思い切り泣こうね。
そして
神さまが願われている光の方を見て歩こうね。

死んでよみがえられた唯一の神、
神ご自身が人となって地上に来て下さったすべてが聖書に書かれています。
罪なきかたが、すべての人の罪のために十字架につけられ、
十字架の上で苦しみ、人としての叫びもされました。
そして、
最期の最期に、

父なる神のご計画を全うするために、すべてを委ねて死んで下さいました。
3日目に神さまのご計画のとおりによみがえられました。

すべてが終わって
すべてが新しくされました。
歴史はBCからADに変わったのです。
過去の歴史で終わったのではありません。
イエス様が、自らの死を持って、
死をも喜びに変えて下さる永遠の世界をお与えになっています。

この世界は人が造った宗教ではなく、

現実に神さまが天地創造されたことを
すべてのいのちに教えて下さっています。

自然界を見れば

そのことがわかるように。

 

木や草や

動物や鳥や魚や・・・

あらゆるものが神さまを賛美しています。


宗教は人を縛ります。
神さまは愛ですから、

人間の意思を尊重されます。

すべてのことを感謝して賛美に生きなさい。
賛美はうたうことだけではなく、
感謝することもいやしも祈りも礼拝も・・・
すべて含まれます。

永遠のいのちに生きよ。
よみがえりのいのちに生きよ。
永遠の朝です。

”神はそのひとり子を賜わったほどに、

この世を愛して下さった。
それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、

永遠の命を得るためである。
(ヨハネ17:3)”


Rubyと一緒に、
毎朝、大阪のために、
日本のために、
地球の平和のために祈り続けてきました。

今日も地球が平和でありますように。
愛と平和の神、主イエスキリスト様のお名前で祈ります。
Amen.

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛は、今日始まります。
今日、だれかが苦しんでいます。
今日、だれかが路上にいます。
今日、だれかが飢えています。
私たちの働きは、今日という日のためにあるのです。
昨日は過ぎてしまいました。
明日はまだ来ていないのです。
マザーテレサ

愛するRubyが10月3日の夜、
天に帰りました。

神さまが送ってくださった天使は、
神さまのご計画のままに
神さまの愛を放ち、
小さな猫の姿で
神さまのご臨在を
地上にいる人たちに示し、
地上での働きを終えて天に帰りました。

 

お祈りいただいた方々に

心から感謝いたします。

天の下では、何事にも定まった時期があり、

すべての営みには時がある。
生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。

植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。
 殺すのに時があり、いやすのに時がある。

くずすのに時があり、建てるのに時がある。
 泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。

嘆くのに時があり、踊るのに時がある。
石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。

抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。
 捜すのに時があり、失うのに時がある。

保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。
 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。

黙っているのに時があり、話をするのに時がある。
 愛するのに時があり、憎むのに時がある。

戦うのに時があり、和睦するのに時がある。
働く者は労苦して何の益を得よう。
私は神が人の子らに与えて労苦させる仕事を見た。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。
しかし、人は、神が行なわれるみわざを、

初めから終わりまで見きわめることができない。

伝道者の書3章~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

忘れないでください、あなたは神の手の中にいるということを。

そして、あなたが苦悩の中でもっとも苦しんでいるまさにそのとき、

神のまなざしがあなたに注がれているということを。

あなたは、神にとってかけがえのない者だということを。

マザーテレサ

 

Rubyが入院して今日で6日目です。

 

動物病院は木曜日が休診。

10月の第一日曜日は臨時休診。

火曜日に面会に行ったら、診療時間が午前も夜も30分短縮になっていました。先生は休む間もなく動物たちを診ておられます。

 

水曜日に面会に行ったとき、わたしが一番恐れていたことを告げられました。

 

「猫エイズにかかっています。

エイズは治りません。」

 

見せられた検査結果は陽性でした。

 

「このまま入院させますか?連れて帰りますか?」

 

わたしはどう返事をすれば良いかわからずにいました。

先生は、

「明日はお休みですが、わたしはいますから。

呼吸は戻っていますし、肺も陰が映っているから、金曜日に一度仮退院も可能です。」

 

そう言ってRubyを預かってくださいました。

 

Rubyは1ヶ月にもなっていない時に、

飛行機に乗って来た迷子猫として我が家で預かった猫です。

自分でPCに名前を打っていた不思議な猫さん。

 

「家の中だけですし、感染経路はありませんが・・・。」

 

先生は、性別もわからない時期に無料で診察してくださったことを想い出されて、

「もう10年近く経ったのですね。

エイズはお母さんからです。」

と言われました。

 

Rubyが生後1ヶ月も経たない間に?

お母さんの胎内?

罪なき所から、9年以上も経って現れた?

 

いいえ、Rubyが検査をしたのは初めてでした。

 

Rubyにはわかっていたことがあったのかも?

これまでの9年間に不思議なことがあまりにも多くありました。

 

「とにかく、最善を尽くします。少しでも元気になって欲しいですから」

 

先生に委ねて帰りました。

 

昨夜、診療が終わる頃が一番早くRubyに会えるので、

19時半過ぎに病院に行きました。

わたしが最後でした。

 

ドアを開けると、先生が、

「よくないです。」

と言って、レントゲンに映ったRubyの肺の写真を見せてくださいました。

入院した時のものとほぼ同じ。

 

診察台に乗せられていたRubyの呼吸がまた早くなっていました。

そっとなでながら祈りました。

わたしの手に頭を乗せて悲しげにしているRuby.

 

「どうしますか?連れて帰っても良いですけど・・・。」

 

わたしは、娘も心配していることを伝えました。

すると、先生は、

「お嬢さんにも、後悔するよりは、帰っていただく方が良いでしょう。帰ってきて良くなっていけば、それは一番良いことですからね」と。

 

連れて帰るべきなのか

預けて診て戴くべきなのか

判断がつきませんでした。

素人ではなにもできませんので、預けるしかありません。

 

礼拝が一番好きなRuby.

頑張ろうね!!

帰ってきたらいっぱいいっぱい賛美をしましょうね。

 

いま、Rubyを通して救われた多くの人たちが祈ってくれています。

教会にも祈りのリクエストを出しました。

祈りの柱は大きく天に伸びています。

 

娘夫婦も今日帰って来ると連絡が入りました。

妹も来てくれます。

祈り手がいっぱい。

 

2人3人がわたしの名によって集まるところにわたしもいる。

イエス様の言葉が響いてきます。

 

毎朝、永遠の朝♪を手を取って一緒に賛美してきたRuby

永遠の世界から、

主のいやしが成りますように。

 

♪おはよう

 おはよう

 朝だ 朝だ

 永遠の朝

 主をほめよ

 ほめよ

 主をほめよ

 

アレル アレル アレルヤ

アレルヤ アレルヤ アレルヤ

 

Name Jesus,Amen.

 

 

礼拝するときは礼服にゃん

大阪のために

地球の平和のために

毎朝祈っています。

賛美が地球を覆いますように。ニャーメン

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ただいま~

家に帰ってくると、

いつも迎えに出てくるRubyの姿がありません。

 

天と地の差。

光と影。

家族って本当に大切な存在です。

 

昨夜、Rubyがはじめて入院しました。

夏の熱中症以来、ずっと頑張って9歳の夏を乗り越えてきました。

娘夫婦が大きなエアコンに買い換えてくれて

温度も最適に過ごせて感謝していました。

この数日、いつものような食欲がなく、

呼吸が苦しくなっているようで、気になって病院に連れて行きました。

Rubyのおなかに耳をあてると、

何かがおなかに住んでるかのように、

ヒューヒューと聞こえていました。

 

第4日曜日は自宅で礼拝。

礼拝ではとても元気にしていました。

聖餐式のパンも食べてジュースも飲みました。

主のお身体と血潮をいただき喜んでいました。

いやされたんだよね。

そう思いながら感謝していました。

けれど・・・

呼吸をする時、

肩で息をしているように見えました。

Rubyが我が家に来たときからずっとお世話になっている動物病院では、先生が心配してくださり、

すぐにレントゲンと血液検査をしていただきました。

診察して戴くと、

「レントゲンに心臓が映っていません」と。

映像に映るはずの心臓を何かが覆っているとのこと。

胸水がたまっていて危険な状態と言われました。

先生はすぐに処置をしてくださいました。

原因追及より、まず助けましょう。

先生はいつも優しくて、愛のあるかた。

Rubyも安心して委ねています。

 

留守番をしているひとりの時間、

なにが起きているのかわかりません。

いつも、何かわからないことが起きるRuby.

入院した方が安心だと思って、

先生に委ねて帰ってきました。

 

Rubyはいつも、私と距離を置く猫さんです。

何かあったときのため?

 

わたしは東京に行く予定でしたが、

当然ながらキャンセル。

 

愛する主よ、

小さな小さなRubyのいのちをお守りください。

永遠のいのちを与えられていることを信じています。

天に帰ったチャラやノンタンたちも、

みんなが助けに来ていると信じて祈ります。

今のことの時も感謝します。

 

苦しみの時、辛い時にも、

一緒にいてくださる主に祈ります。

NameJesus,Amen.

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数年、驚くほどの健康食品ブーム。

化粧品会社、フィルム会社、ビール会社、

九州ではこの会社も?と、驚くほどの企業参入が増えています。

化粧品と同じ?いいえ、価格が高いのでそれ以上に儲かるからですが、その中身の実態は?

よく摘発されていますが、中途半端な知識で造られたものの裏には?健康被害が急増しています。

 

不健康になる健康食品が蔓延の時代。

 

健康は自分の生活全体で造るものです。

 

生活習慣の結果はすぐにではなく、数年かかってから出てきます。

裏の法律表示を見る習慣も大事ですが、

原料のもとを調べることも大事です。

栄養バランスよく、感謝して食べると、素材も喜びます。

快眠=健康の元。

軽い運動(激しい運動はマイナス)

ストレス対策、(良い人間関係)

笑顔で生きる(すべての人にある宝物)

薬物依存症にならない(日本は世界一の薬大国=くすりは逆さまに読むとリスク。)、

すべての人に神さまがお与えになられている御霊の実(みたまのみ)ですべてのことに感謝して生きる。

とらわれのない生き方。

社会貢献。(どんな人も、存在そのものが社会貢献。)

 

化学物質過敏症の人は有害な物がわかる正常な人です。


週刊金曜日の特集記事は、健康食品で体をこわしていませんか?

ご参考までに・・・。

 

週刊金曜日の9/15号より

■健康食品で体こわしていませんか?

「医薬品のように効いて食品のように安全」──多くの人が健康食品に抱くイメージはこんな感じではなかろうか。しかし今、健康食品による健康被害がじわじわと増えつつある。健康食品の実態は、「医薬品のようには効かず食品より危険」なのである。


●秘かに起きる健康被害
植田武智

健康食品による健康被害の中でもっとも深刻なのが、肝臓への影響だ。深刻化する例もあり、医師も警鐘を鳴らす。健康食品とは、消費者が考える以上に危険な代物なのだ。


◆ファンケル「えんきん」でわかった消費者庁の忖度

消費者が問題のある商品を知りたいと思っても、国の事故情報の公表制度が邪魔をする。それが実証されたのがファンケル「えんきん」のケースだ。


●広島赤十字・原爆病院 辻恵二医師に聞く
薬物性肝障害はどんな健康食品でも起こり得ます

早くから健康食品による肝障害について指摘している辻医師。消費者はどんなことに気をつけなければいけないのか聞いた。

 

台風一過の朝

まぶちい~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フレンチを気軽に楽しめるラヴィルリエのシェフ念願かなったお店

ローキデ

オ・コントワール・ド・ローキデ
長いネーミングです。
ローキデと呼ぶようにしています。
パティスリーラヴィルリエのシェフ、服部氏の念願だったフレンチとワインのお店。
元のお店があった場所に2016年5/11にオープンしています。

一度は行ってみたい。
梅田からバスで帰るたびにお店の場所を見ながら思いを募らせていました。

9月に入って、娘夫婦と一緒に行くことができました。
予約をした際に、「コースはないのでアラカルトで」とのことでした。
お店に行ってみると、テリーヌとラヴィルリエのケーキもあいにくないとのこと。
一番の目的でしたので残念でした。
でも、きっと色んなおいしいに出会えると期待してオーダーしてみました。

金曜日の夜、お客はわたしたち3人だけで貸し切りのような雰囲気でした。
ここにショーケースがあったよね?というような席に座っている感じ。

先に着いていた娘夫婦がわたしの大好きな生ハムやキッシュのプレートを残していました。
シードルとワインで乾杯。
パンは中津のパン屋さんのバゲットとのこと。
ラヴィルリエ・・・ではなかったのでした。

お料理は中におられる女性シェフがメインで造られているようでした。
マスターさんは静かなかたで、丁寧な応対をされていました。

立ち飲みフレンチらしく、スタンドもありました。
椅子席が2テーブルで8席。
やはり、一人で行くよりは、誰かと一緒に行くのが無難な感じでした。

お料理はどれも安全そうで、しっかりと煮込んだり、手を加えたりしたものが提供されました。
ワインに合うお料理ばかり。
(調子に乗った娘は翌日二日酔い。
ワインには亜硫酸塩が入っているとこうなる、を実証する娘です。
対策をしてあげて復活できましたが、ワインはグラス1杯のみにすべきでしょう。)

オードブル風にオーダーしたお料理、
自家製生ハムがとっても美味。
自家製ベーコンの炙り、


トウモロコシピューレ、
クルミ入りのポテトサラダ等が楽しめました。

ほほ肉のカルボナール、

 

タマネギとりんご、お野菜たっぷり
タルトフランベ、

ポテトサラダ


なども、手間暇かけたお料理で、全部美味しくいただけました。
普段の家庭では作れないような手の込んだおいしいお料理を楽しめました。

 

帰りは、お店を出た所からずっと見えなくなるまで、お二人で見送ってくださっていました。
丁寧な対応をしていただき、気持ちよく感じました。

また機会あれば、今度はスイーツやテリーヌなどを食べに行ってみたいお店です。

願ったことは叶えられる。
本当にそう思います。
スイーツで成功された服部氏の願いが叶い、
気軽なフレンチとワインのお店もオープンできて、
ファン層も広がっていくことでしょう。
フランス食べ歩きを続けて、得てこられた体験がますます生かされていきますように。
そして、何よりも安全な素材で健康も一緒に実現するお店でありますように願っております。
 

 

食べログ記事より~

 

大阪市北区神山町2-6

TEL:06-7492-6288

18:00~24:00

夜10時以降入店可

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

資生堂、アイライナー2度目の自主回収 販売中止に:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK9F5QFMK9FULFA028.html … 

 

ボディーソープ136万個自主回収 香りに異常2017年7月21日 

 

日焼け止め41万個を自主回収 成分にざらつき2017年7月27日も!!

クローバークローバークローバー

簡単に作れる化粧品だそうですが、

国内大手化粧品会社で続いている自主回収。

 

長年、化学物質の入っている化粧品とは無関係になっていますが、

何かあったときにどうなるの?

一生安心して使えて、子孫にも受け継ぐことができるの?

 

やはり気をつけたいものです。

 

アイメイクって、ボクたち、ネコの目にヒントがあるのかにゃ?

粘膜に近いんだよ!原料の影響も出やすいから安全なものでないと危険にゃ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夢が叶ったバースデー旅行 

シェフの演出も最高でした♪

今年のわたしの誕生日7/5に、

愛娘夫婦から弘前旅行を贈ってもらいました。


1月の大阪ルクア伊勢丹地下での催事イベントでお会いした「レストラン山﨑」のシェフとの出会い以来の夢でした。
シェフからたくさんのお話を聞かせていただいているうちに、青森のお店に行きたいと思いが沸いてきました。
お別れする際に、「必ず行きます」と約束したレストラン訪問がバースデー旅行でかなえられました。
こんなにも早く夢が実現しました。
愛娘にシェフとの出会いを話した際、彼女も行きたいレストランだったと言いました。
いつか一緒に行きたいねと語り合いました。

誕生日に行けたら良いね、
娘がその言葉を心に留めてくれました。
愛娘の計画は旅行会社もまねのできない?愛がこもった素敵な内容です。
娘の思いをご存じの神さまが毎回サプライズをプラスされる特別な旅行になるので、
毎回ミラクルバースデー、しあわせな年齢の始まりになります。
いつも今が一番しあわせと言える感謝でいっぱいになります。

5日の弘前は1週間前の天気予報では雨予報でした。
娘と二人で祈り合い、天気予報が変わるのを見ながら、神さまのご計画と一つになるように祈っていました。
4日に台風の中を大阪に帰省した娘と一緒に、5日の朝、伊丹から青森空港へプロペラ機で向かいました。
はじめての青森のお天気は晴れ。
過ごしやすい気温でした。
空港内にあるレンタカーステーションで予約していた車を見ると、はやランクアップされていました。スタートから感謝でした。
レンタカーを借りて1時間ほどの弘前へ向かいました。
弘前では、あちこちにアップルパイのあるスイーツのお店やパンやさんが目立ちました。
さすが、りんごの街。
アップルパイマップまで作られていました。
洋館とフランス料理の街をシェフが中心になってPRされているようです。
素敵な街に到着。

さらに愛娘は大のりんご好き。
興奮冷めやらずでした。

お店に着いて駐車場に入れようとしましたが、入り口の幅がなんとも狭い。
レンタカーを大きめにランクアップしてくださったお陰で入りきれず、すぐ近くの駐車場に置いて歩いて行きました。

お店は古くからのフランス料理のお店の素敵な雰囲気でした。
ホテルレストランの落ち着いた雰囲気でした。
案内された席は、窓際の特等席?でした。
壁に掛かった岩木山、奥入瀬川の絵が落ち着いて感じられ、やさしく迎えてくれました。
待ち遠しかったこの日。

旅行計画の際、ランチにするか、ディナーにするか・・・まず悩みました。
夜におなかいっぱいになるより、昼間に楽しみたい。
そのあと、運が良ければシェフにお会いして約束を果たせたことを告げて、さらに、木村秋則さんの畑の地図を書いていただいて奇跡のリンゴのりんごの木を見に行けたら嬉しい。
ささやかな計画を立てました。

オーダーはもちろん、奇跡のりんごコース。
すべてのお料理に木村秋則さんの奇跡のりんごが使われている奇跡のりんごフルコースに決めました。

コース5400円の内容は、
アミューズ・ブーシュ
パン

産魚介いろいろ りんごドレッシング

木村秋則さんの自然栽培りんごの冷製スープ

長谷川自然牧場産熟成豚肩ロース肉の木村秋則さんのりんご果汁煮込み
木村秋則さんのりんごのデザート
紅茶

娘は初めての奇跡のりんごのスープをとても楽しみにしていました。
わたしも、物産展で買って戴いたりんごのスープがどんな形で登場するのか、とても楽しみでした。

お料理は一皿ずつ、シェフのこだわりと愛情が込められて提供されました。
どのお皿も完成度が高いものばかりでした。

奇跡のりんごのスープは貴重な特別メニュー。
スープの量は、
とても貴重なんですよと言わんばかりの少量。
大切にグラスに注がれてテーブルに届けられました。
りんごフレーバーがちりばめられていて芸術作品のようでした。
そのおいしさに、親子で感動&感謝。
まろやかにクリームと溶け合って爽やかさが優しくとろけていくようでした。
なくならないで・・・
娘はそう言いながらいただいておりました。

木村さんは、レストランにいらした際、このスープを遠慮されることがあるそうです。
理由は、お客様の分にまわして欲しいからとのこと。
(シェフのブログより)
いつも思いやりにあふれるお人柄。
りんごたちが愛情を受けて実を結んでくれる理由がわかります。

素材をすべて安全なものにすることは、簡単なことではありません。
山﨑シェフの決断力と知識とお料理の技術と安全な食の提供を徹しておられる姿勢に感謝しながら味わいました。

*アミューズ・ブーシュ
ソーセージを串に刺してある小さなアミューズ。
食べやすくて美味しいソーセージ。
次のお料理への期待を運びます。

*パン

 

*地場野菜とアワビとサーモン
おいしいね!!と言いつつ、これなにかしら?
スタッフのかたのお声が小さかったためか、アワビがわからず?質問して納得。
さりげなく盛ってあってさすがでした。
サーモンも負けずにおいしさを提供してくれていました。

*魚介いろいろ りんごドレッシング
大きなホタテがお皿のなかで喜んでいました。
小さく刻んだりんごとの味のコラボ。
爽やかさも増していました。

*長谷川自然牧場産熟成豚肩ロース肉の木村秋則さんのりんご果汁煮込み
りんご添えが嬉しいメインディッシュ。
お肉のジューシーさと歯切れの良さ。
ソースも優しくて食べやすい一品でした。


*木村秋則さんのりんごのデザート
そのタイミングで、ホールケーキがテーブルに届けられました。
娘もびっくり!!
バースデーケーキでした。
プレートサービスを超えていたお店からの贈り物に感動してしまいました。
夜に夕食の量を減らして食べる楽しみにしました。

デザートのアイスクリームとりんごも、爽やかさと甘みがバランスよいものでした。
りんごづくしってこんなに嬉くしあわせな気分になれるのねと、
すべてに感謝しながらいただきました。

*紅茶はアールグレイ。
アップルティーもあると良かったです。

窓側の席でしたので、お店の窓のプランターのお花たちを見ながらのお食事も楽しめました。

 

お客様はアジアのグループ旅行のかたも多いようで、

シェフと一緒に写真撮影を楽しまれていました。


 


お店のお隣りに、カフェ山崎、パティスリー山崎が隣接してありました。
離れているところにあるのかしらと思っていましたので、嬉しくて、パティスリー山﨑にも寄ってお土産を購入しました。
(時間がなかったので無理でしたが、カフェ山崎にも行きたかったです。)


さらに、この旅行には神さまが働いてくださったサプライズが沢山ありました。
食後に、まさか、シェフが木村さんの畑に案内してくださる等とは!!
超ご多忙なシェフ自ら運転して愛車でホテルまでお迎えに来てくださいました。
目的地はもちろん、木村さんの畑に案内してくださったのです。
森のイスキアや岩木山神社などにも案内してくださいました。
シェフの温かなお人柄、
木村さんとのソウルフレンドの意味もよく理解できるHappyな時間でした。

木村秋則さんのりんご畑でシェフからお話を聞いていた時、軽トラックがやってきました。
車から降りてこられたのは木村さんでした。
りんごの木に酢を塗りにいらした木村さんにお会いできたことは、本当に奇跡でした。
シェフもびっくり!!
すべてに感謝感謝感謝♪となった旅行でした。
木村さんはお別れする際に、「りんごがなる頃にまたいらっしゃい」と言って下さいました。

 

お天気のことも神さまがしてくださったことをお話ししながら、
満面の笑顔でミニ講演をしてくださった木村さん、
そばであたたかなまなざしで写真を撮ってくださったシェフ。
天から降り注ぐ光。

 

神さまのなさることは、すべて、時にかなって美しい。
また、人はうわべを見るが、神はその人の内側を見る
聖書にある御言葉を思いました。

天と地を造られた神さまはすべてをご存知で、想像を遙かに超えて最善としてくださいました。
お二人の青森への思い、
未来計画が多くの人に理解されて祝福されますように。

娘とわたしは、シェフとの貴重なお時間を過ごさせていただいたあと、
教会とアップルパイのお店を中心に弘前の街を散策しました。
夜は、ホテル近くのお店で軽く郷土料理の夕食をいただきました。
ホテルに帰ってから、いただいたケーキで再度バースデーパーティをしました。
そのケーキの美味しかったこと!!
メロンがたっぷりでした。
クリームも優しくて、甘さもほどほど、くどさがなくまろやか。
スポンジもふんわりとやさしくて。
シェフの愛情たっぷりで、心から感謝しながらいただきました。

山﨑シェフ様、スタッフの皆様、
温かなおもてなしをしてくださって、本当にありがとうございました。
遠い青森ですが、また機会あればお店に行きます。
次回は、カフェにも行きたいです。

阪急物産展にも年に数回お会いできるようになったことも、大阪にいるわたしにとっては、楽しみが増えました。9月中旬のイベントを楽しみにしています。

本物の世界が、全国、世界に浸透して平和になっていくことを願い祈り続けます。

(食べログ記事より~)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。