春の彼岸に開花したシダレザクラ(推定樹齢380年、福島市指定保存樹)が満開を迎えています。昨年よりも少しだけ枝を伸ばして、がんばっています。寒暖の差も激しいのですが、今年は3月末には雪が降りました。




以前の記事にも書きましたが、震災の除染から花の数が減ってしまった老木です。

なんとか枝を守り、少しずつですが元の姿に戻してあげたいものです。

▼3/23桜が開花しました

https://antouin.localinfo.jp/posts/7955795



今回は桜の姿を記録すべく、ホームページの動画やyoutubeチャンネルに桜の動画をライブラリーとして保存しています。今年は新型コロナウイルスの影響により、お彼岸に帰省できなかった方も多かった印象です。雨の桜、夕刻、朝日…ぜひご自宅やスマホからゆっくりご覧ください。



URL: youtu.be

URL: youtu.be

URL: youtu.be

URL: youtu.be


最後の動画は、本日4/3の山門付近の光景です。ここがソメイヨシノがもっとも美しい桜並木が広がっています。ただいまのところ5分咲き、これから週末以降に見頃を迎える予定です。


via antouin's Ownd
Your own website,
Ameba Ownd

<写真:文具を届けるSopy師>

2020年1月よりカンボジアの子供達に送る文房具の募集を当院にて行ってきました。おかげさまで檀信徒、寺ヨガ、文化講座ご参加の方々からたくさんの御心をお寄せいただいております。心より感謝申し上げます。3/20に寄付先やその経緯についてのブログ記事を投稿いたしました。


▼3/20記事「カンボジアヘ文具を送ります(3/27必着)」

https://antouin.localinfo.jp/posts/7944835


新型コロナウイルスの影響を受け、各地の国境や空港が閉鎖され、都市がロックダウンされている状況を受け、僧侶のSopy師が3/24に帰国することになりました。その報告を受け、急遽集まっている文具を現時点での寄付ということで伊勢原市のお寺へ発送しました。


現在、その後も多数の文具が届いていることから、文具ドネーションの期日を延長します。今後も継続的に支援ができるよう、第二弾、第三弾の寄付をお送りしたいと考えております。3/27締め切りに限らず、また夏頃を目安に寄付を募りたいと思いますので、いつでも文房具をお届け、またはお送りください。


<写真:高橋様からの寄付>

3/24には寺ヨガに参加されている高橋貴恵子さんより鉛筆、色鉛筆、アートのセットをいただきました。これは子どもでなくとも胸が踊りますね。心より感謝申し上げます!!


<画像:2018年安洞院主催のカンボジア仏教学校での交流会>

同じ仏教徒として、共に学び合う関係からたくさんのご縁をいただいてきたカンボジア。ポル・ポト政権時代のクメールルージュによる大虐殺から立ち上がっていくカンボジア復興の道のりからは、宗教や民間の力が一つになり、震災後の心の復興というテーマが如何にあるべきかについてたくさんの示唆をいただきました。その恩返しと思いつつ、こういった活動を続けています。

小さな支援ですが、お互いの顔が見えるつながりが続きますように。


合掌



via antouin's Ownd
Your own website,
Ameba Ownd

彼岸も明け、日に日に野山に新芽が見られる季節になってきました。

霊園内では墓地に供えられた生花の回収が行われています。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため各地でイベントの開催が中止され、学校も休校になるなど、経験したことのない対応に追われる中、墓参にはいつも以上の多数の方々がお参りに来られたようです。


こんな時期だからこそ、先祖や大切な人に向き合いたい。そのような気持ちのあらわれでしょうか。広々とした境内では、マスクを外して手を合わせる方々の姿がありました。1日も早いウイルスの終息を願うばかりです。

生花の回収は、安洞院の墓地、しのぶ霊園内のすべての区画で年に3回(お盆と春秋彼岸)行われています。生花が腐ってにおいを発したり、乾燥したものが風で飛んでいったりすることの事前の予防策です。少しでも気持ちよく皆様にお参りいただけるよう、職員、業者の皆さんが境内を守っています。

3月22日に開花した本堂前のしだれ桜も、さらに多くの花を開いてきました。推定樹齢約380年。今日も支えられながら一生懸命生きています。境内のソメイヨシノはまだもう少し先になりそうですね。追ってブログや各種SNSでアップします。


▼しのぶ霊園の空き状況を更新中です。最新区画の2㎡墓地が残りわずかとなっています。

https://antouin.com/garan/reien.html


via antouin's Ownd
Your own website,
Ameba Ownd