すっぴん | 試験に出ない!

試験に出ない!

朝礼や、会話のきっかけに詰まった時の手助けになるような話題を、雑談形式で紹介します。


テーマ:
すっぴんの女性は好き? ブログネタ:すっぴんの女性は好き? 参加中
本文はここから






試験に出ない!-2365

すっぴん(素嬪)」って、
 元々「別嬪(べっぴん)」に対照する言葉で、
  
化粧をしていなくても、
 充分美しい人という意味で、
  使われていました。

本来は、褒め言葉だったンですね!。

今では、化粧を落とした、
 素顔の状態を指しますが、
  古来、日本では、
   白粉やお歯黒など、
    化粧をする女の人は、
     美徳とされていました。
  
日本では、
 男性も化粧していましたもンね。

ところが、中世のヨーロッパでは逆で、
 化粧する女性は、男の目を惹き、
  トラブルを起こす元になると、
   町中の女性は、
    ”すっぴん”が好まれていました。

また、聖職者の神父さんが、
 テカテカ血色の良い顔をしていると、
  職業的にマズいので、
   わざと顔色悪いメイクを施していたとか・・。
    (ヒ素を服用していたとも・・)

江戸時代の頃は、 
 鉛白入りの白粉で、化粧をすると、
  美しく見えると言われていました。

当時の役者や、上流階級の女性は、
 顔全体や、首筋から胸、
  背中にかけて広範囲に、
   鉛を含んだ白粉を塗った事から、
  
 鉛中毒で思い病に冒され、
  命を落とすケースが多かったそうです。

お化粧も、命がけだったンですね。



そう言えば、”聖飢魔Ⅱ”の、
 「デーモン小暮閣下」のすっぴんは、
   歌舞伎役者の「中村獅童」に、
    そっくりだとか・・。


レビューで送料無料!新柄追加【バニティ型メイクボックス】人気11デザイン《ドット柄:ハート柄:...

¥2,650
楽天

【京都・現代の名工が監修】 乙女の必需品がたっぷり!【29色】 しっかり帆布のがま口 コスメポ...

¥1,700
楽天

【今ならお試し価格&メール便で送料無料】ポケット付き 化粧ポーチ がま口【全26色】【和雑貨】...

¥1,600
楽天

15分でできるナチュラルメイクの教科書

¥780
楽天

antonovさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス