だる〜い

テーマ:

1316


暑からず、寒からず、
 気候も良くて、お酒や食べ物も、
  美味しい筈なのに、
   最近、なぜか体がダルい・・。


この時期になると、どこか虚ろで、
 気分がすぐれず、憂鬱・・。

体が痛い、だるい、しびれる、
 ちょっと動いただけで息切れし、
  疲れ易く、覇気が無くなり。
   仕事や勉強など、やる気が起きない。



ちょっとした事にも、イライラする。

こう言った、倦怠感や、原因不明の体調不良に、
 苦しむ人の数は、年々増えているそうです。


低血圧や、貧血、更年期障害など、
 ダルさの原因は様々ですが、
  いちばん顕著なのが、
   自律神経の失調による、
    体調不良だと言われています。

夏から秋にかけて、季節の変わり目になるこの頃は、
 昼と夜の長さも入れ替わり、
  寒い冬に供え、徐々に体調を整える大切な時期。

 



時計の無かった頃は、
 お日様が昇った時に起きだして、
  体内時計をリセットしていたのに、

高層マンションなどが建ち並び、
 日当りが悪くなると、
  本来、太陽光線を浴びて、
   自然とともに活動するという、
    生活のバランスが崩れ、
    
まだ暗いうちに働いたり、
 朝食を抜いたり、不規則な生活が祟って、
  交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、
   疲れ易くなるンだそうです。

もちろん、一時的なものですが、
 そのままにしておくと、
  倦怠感の症状が、食欲不振、
   睡眠不足、鬱病を引き起こす要因になりかねません。

極端に倦怠感が強い場合は、
 肝臓が弱っている可能性もありますので、
  ビタミンB6をしっかり取るように、
   カツオやサンマなど、
    魚介類をたくさん食べて、
     
日光を浴びたり、
 朝は熱めのシャワーを浴びたり、
  メリハリをつけた生活を心がけましょう。