■アンティーク・エデュケーション■

 

憧れのヨーロッパ・アンティーク~

アンティーク誕生の舞台裏 時代の芸術スタイルを深く理解する

TV番組『ダウントン・アビー』で解き明かす古き良き英国文化―ヴィクトリア朝~エドワード朝~第一次大戦まで
講師:木本玲子

 

 

英国の黄金期を築き上げたヴィクトリア女王の陰に隠れ、語られることの少ないエドワード朝。しかし、意外にも多くの英国人はこの「古き良き時代」をノスタルジックに懐かしがるのだといいます。英国きってのダンディーとしても知られたエドワード王とデンマーク王室からお輿入れしたお洒落なアレキサンドラ女王。 人々の暮らしがクラシックから新しい時代に大きく変化するエドワード朝をテレビ番組『ダウントン・アビー』を通して探ります。

 
【contents】
  • クラシックなヴィクトリア時代から受け継がれた暮らしとそこで用いられたアンティークの数々 インテリアからテーブルウエアまで
  • モダンへの変革 新しい暮らしのなかで誕生したアンティークの数々
  • アーツ・アンド・クラフト VS アール・ヌーヴォー
  • ファッションリーダーだった王とお妃
  • 英国の伝統と独自性&外国からもたらされたもの

 

■日時 全3回 各回(水) 19時~21時10/31 ②11/14 ③11/28

■会場 経堂教室

■受講料 全3回 15,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。


■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html

 

木本玲子(きもと れいこ)

明治学院卒業後、ロンドンのインチボード・スクール・オブ・デザインにてインテリア史を学ぶ。帰国後アンティーク家具店に勤務し、主に販売を担当。2000年、成城にアンティーク雑貨店「attic(アティック)」をオープン。買い付け、販売のエキスパート。http://www.facebook.com/attic.antiques.seijo



■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

--------------------------------------------------

 

 

■アンティーク・エデュケーション 2018年度■

 

【プティ・セナクルの鑑定とは】

  • 粗悪な大量生産品でないアンティークを見定める
  • きちんとした修復がされている
  • 時代の様式美を備えたアンティークを選別する審美眼
  • アンティークと現行品の違い 真贋鑑定
  • 知識として頭に詰め込むというよりは、自ら目を養い、いいものを見極めるようになる

を全講座共通のコンセプトとして、 スピード感溢れる世の中の流れを反映し短時間で深く学べるのが 「アンティーク・エデュケーション」です。 入会不要でどなたでも受講いただける講座です。

 

 

モダンに活かすアンティーク~インテリア上級者のテクニック
講師:福西弘美

■日時 【都合によりキャンセル】    9/29(土) 15時~17時

■会場 経堂教室

■受講料 5,000円

 

 

憧れのヨーロッパ・アンティーク~

アンティーク誕生の舞台裏 時代の芸術スタイルを深く理解する

TV番組『ダウントン・アビー』で解き明かす古き良き英国文化―ヴィクトリア朝~エドワード朝~第一次大戦まで
講師:木本玲子

■日時 全3回 各回(水) 19時~21時10/31 ②11/14 ③11/28

■会場 経堂教室

■受講料 全3回 15,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 
 
 

装飾で見極めるアンティーク家具鑑定
講師:黒瀧道信

■日時 全2回 各回(水) 19時~21時11/21 ②12/5

■会場 ジェオグラフィカ3F ライブラリー

■受講料 全2回 10,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 

憧れのヨーロッパ・アンティーク~

アンティーク誕生の舞台裏 時代の芸術スタイルを深く理解する

教養の源~イタリア・ルネサンス時代のメディチ家の暮らし
講師:中川真貴

■日時 全3回 各回(水) 19時~21時1/9 ②1/23 ③2/6

■会場 経堂教室

■受講料 全3回 15,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 

王妃たちの陶磁器
講師:大平雅巳

■日時 1/19(土) 15時~17時
■会場 経堂教室

■受講料 5,000円

 

 

憧れのヨーロッパ・アンティーク~

アンティーク誕生の舞台裏 時代の芸術スタイルを深く理解する

フレンチ・エレガンスの代名詞~現代パリに息づく、マリー・アントワネット趣味
講師:石澤季里

■日時 全3回 各回(水) 19時~21時2/20 ②3/6 ③3/20

■会場 経堂教室

■受講料 全3回 15,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 

アンティーク・シルバーの世界 舐めるように学ぶ銀器入門
講師:大原千晴

■日時 全2回 各回(土) 15時~17時3/2 ②3/16

■会場 経堂教室

■受講料 全2回 10,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

モナコのオテル・ド・パリのメインダイニング「ルイ・キャンズ」。

ロココ時代の王様の名前を掲げたこの店では、

イケメンサーバーたちが、自分の目の色と同じ色のネクタイを締め、

カトラリーはシルバーに厚い金メッキを施したヴェルメイユ製、

宴が盛り上がる頃には、広場で打ち上げられる花火が楽しめる。

 

この店のシェフを、

わずか3年でミシュランの3つ星レストランの名店にしたのが、他でもない

料理人アラン・デュカスだ。

 

デュカス氏の舌は、たとえるなら音楽家の絶対音感に等しい完璧な舌だ。

そして、彼は世界中で唯一無二の味を探求し続け

一度食べたらその味を決して忘れない、記憶力の持ち主なのだという。

 

フランス、イギリス、アメリカ、日本、香港、マカオ、そしてドーハ。

世界に点在する自らのレストランをわずか3日の滞在で飛び回りながらチェックし、

一方で東は京都、南はブラジルと、世界を股にかけて

素材発見の旅を続けるシェフ。

 

映画を見ながらお腹がグ〜となっただけでなく、一緒に旅してちょっと疲れてしまった。それくらい、デュカス氏は動く、動く。

そして食べる食べる。そして、フランスに戻って美味しい料理を創り上げるのだ。

ぐっすり眠るのは移動の飛行機のなか。時として飛行機のなかでも仕事している。

 

まさにあっぱれだ。

 

ミシュランの18つ星の天才シェフの最新店は、ヴェルサイユの「オーレ」。王の舌という意味のレストランでは、マリー・アントワネット風のテーブルウエアでかつて王が食べたとされるディナーメニューが楽しめる。朝食、昼食、ティータイムは通しでオープンだが、夜だけは特別予約制。だれか貸し切って招待してくれないかしら?

 

食材を主役に、ストーリー性のある伝統と現代的感覚が一皿に凝縮しているのがデュカス氏の料理哲学。ピーク(鋭敏)であることをモットーに、舌の肥えたお客に発見の旅に誘う、そんなデュカス氏の料理を食べにレストランに足を運びたくなる、

そんな美味しい映画だった。

 

 

 

 

 

 

今年の修学旅行では、500年続くエリニャック家の城の庭「シャトー・エリニャック」で毎年夏に開催される「ニィイブランシュ」のピクニックに生徒さんと一緒に参加しました。

「ニュイブランシュ」とは、直訳すると白夜、フランスでは俗に徹夜を意味し、

夜通し、仲間と一緒に楽しく集うことを指します。

 

思いを巡らして衣装を準備し、当日それに着替えて出かける楽しさ。

この一手間がイベントを盛り上げるのですね。

真っ白の衣装に身を包み、

白い花が咲き乱れる庭でのピクニックは、

修学旅行最終日の夜を彩るにぴったりの華やいだ雰囲気に包まれていました。

 

2歳くらいの子供からおじちゃん、おばあちゃんまで、家族でディスコミュージックに合わせるステップを作って楽しむ一家。

70歳くらいの男女が集まり、テーブルやシルバーカトラリーを持ち込んでのディナーパーティを楽しくグループ、などなど。

フランスは大人の遊びが豊富です。

 

 

10月の3日から16日は、日仏交流160周年を記念して、

京都でこのニュイブランシュのイベントが開催されます。

わたしも、昨年、ロンドンのヴィクトリアン・アルバートミュージアムに作品が収められた

草木染めと平安の色の専門家、吉岡幸雄先生と「日仏の白」の対談をします。

ヨーロッパ人が憧れたアジアの白。プレシャスカラー白について

先生とたっぷりお話ししようと思っています。

 

詳しくは以下、ホームページで。

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/tebaco/gion/

 

こちらからもご覧いただけます。

http://www.antiqueeducation.com/index.html

http://www.antiqueeducation.com/news.html

http://www.antiqueeducation.com/produce.html

 

なお、イベントはすべて19日までの予約制です。この時期京都にいらっしゃる、または、いらっしゃれる方、ぜひ、ご参加くださいね!

 

 

 

 

 

17~18世紀にかけてが科学を解明して未知なる世界を暴こうとした啓蒙の時代なら、

19世紀後半は最新の交通手段を用いて、見たことのない、行ったことない世界に足を踏み入れようとする冒険の時代。

この時代に発見されたのが先史時代の名残を感じさせるプレスク洞窟。

しかしながら、この深く暗い洞窟に足場を作り、船を渡し、

今ではエレベーターを3つ乗り継いで地下150mの世界と地上を行ったり来たりできるようにした人間たちの情熱には恐れ入ります。

 

15分おきにツアーグループとともに下ること約30分。最初からこの階段を上り下りするといわれていたらちょっとひるみますが、

入ってしまったら行くしかない。

ひんやり水滴の落ちる空間をどんどん突き進む。

 

地下にたどり着くと、そこには船頭さんが待っていて、約8名乗りの船で鍾乳洞のもっと奥へと進んでいくのです。

ライトで照らされた空間は、まるで怪獣のお腹のなかのよう。

歯があったり、内臓の壁が見えたり。

摩訶不思議な空間は、ちょっと怖くて綺麗で別世界です。

 

帰りは反対に登る登る。体は冷えきり、早く地上に上がりたい一心で

みんな黙々と登っていく。

 

地上なんだけど、下界はまだまだ夏の太陽が高いぞ。

たった1時間ですが、なんだか宇宙旅行をしたようなそんな未

知路の遭遇の旅でした。

 

■アンティーク・エデュケーション■


<モダンに活かすアンティーク~インテリア上級者のテクニック>

講師:福西弘美

 

 

ミニマルでもなくクラシックでもないミックスモダン。最近の海外のインテリアは、快適なソファなどすっきりとした現代的な家具と壁面一杯の棚にあえてリュスティックなオブジェや印象的なアンティークを数点アクセントに使うミックススタイルが人気です。ヨーロッパだけでなくニューヨークでも古い物件を何度もフルリノベーションした経験を持つ講師が、日本のインテリアにも活かせるアンティークの飾り方の事例をご紹介。くつろぎを追求した知的で大人なインテリアを提案します。

 

■日時 9/29(土) 15時~17時

■会場 経堂教室

■受講料 5,000円


■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


福西弘美(ふくにし ひろみ)
米国駐在(LA)を経て、30代前半、NYの不動産管理会社に転職し、NYマンハッタンで自身のマンションを購入。それをきっかけに欧米スタイルのインテリアに強い関心を抱く。その後パリ留学、オークションハウス、クリスティーズでフランス美術史を学んだ後、東京目黒区碑文谷でアンティーク家具の輸入、インテリアサービス業を起業。一時期ベルギーに移住するなど長い海外生活を経て2012年に帰国。現在は大阪中之島にてライフスタイルショップ、「エルス」を運営する傍らインテリアデザインに従事。輸入ファブリックを用いたカーテンの製作、インテリアのオブジェ買付を通じて、法人・個人顧客に広くインテリアアドバイスを行う。http://www.eurolifestyle.net (オンラインショップ) http:// www. elsdesign.net (インテリアサービスサイト)


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

--------------------------------------------------

 

 

■アンティーク・エデュケーション 2018年度■

 

【プティ・セナクルの鑑定とは】

  • 粗悪な大量生産品でないアンティークを見定める
  • きちんとした修復がされている
  • 時代の様式美を備えたアンティークを選別する審美眼
  • アンティークと現行品の違い 真贋鑑定
  • 知識として頭に詰め込むというよりは、自ら目を養い、いいものを見極めるようになる

を全講座共通のコンセプトとして、 スピード感溢れる世の中の流れを反映し短時間で深く学べるのが 「アンティーク・エデュケーション」です。 入会不要でどなたでも受講いただける講座です。

 

 

モダンに活かすアンティーク~インテリア上級者のテクニック
講師:福西弘美

■日時 【都合によりキャンセル】    9/29(土) 15時~17時

■会場 経堂教室

■受講料 5,000円

 

 

憧れのヨーロッパ・アンティーク~

アンティーク誕生の舞台裏 時代の芸術スタイルを深く理解する

TV番組『ダウントン・アビー』で解き明かす古き良き英国文化―ヴィクトリア朝~エドワード朝~第一次大戦まで
講師:木本玲子

■日時 全3回 各回(水) 19時~21時10/31 ②11/14 ③11/28

■会場 経堂教室

■受講料 全3回 15,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 
 
 

装飾で見極めるアンティーク家具鑑定
講師:黒瀧道信

■日時 全2回 各回(水) 19時~21時11/21 ②12/5

■会場 ジェオグラフィカ3F ライブラリー

■受講料 全2回 10,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 

憧れのヨーロッパ・アンティーク~

アンティーク誕生の舞台裏 時代の芸術スタイルを深く理解する

教養の源~イタリア・ルネサンス時代のメディチ家の暮らし
講師:中川真貴

■日時 全3回 各回(水) 19時~21時1/9 ②1/23 ③2/6

■会場 経堂教室

■受講料 全3回 15,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 

王妃たちの陶磁器
講師:大平雅巳

■日時 1/19(土) 15時~17時
■会場 経堂教室

■受講料 5,000円

 

 

憧れのヨーロッパ・アンティーク~

アンティーク誕生の舞台裏 時代の芸術スタイルを深く理解する

フレンチ・エレガンスの代名詞~現代パリに息づく、マリー・アントワネット趣味
講師:石澤季里

■日時 全3回 各回(水) 19時~21時2/20 ②3/6 ③3/20

■会場 経堂教室

■受講料 全3回 15,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 

アンティーク・シルバーの世界 舐めるように学ぶ銀器入門
講師:大原千晴

■日時 全2回 各回(土) 15時~17時3/2 ②3/16

■会場 経堂教室

■受講料 全2回 10,000円

※欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。(1000円/1回) 単発の受講料 6,000円

※連続受講前提の講座のため、各回の内容は講師の判断で前後します。連続受講への切替可。

 

 


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/