葬儀に行くとき香典を入れて持って行くと思いますが、
群馬県では即日返し、都内のように49日等の忌明けに
返礼したり送ったりする地域もあります。

更に群馬には『新生活香典』があります
2千円か3千円を包んで返礼無しでしたが、最近では
新生活でも1千円程度の物を返します。

どんな形にせよ、頂いた香典から半額程度返礼します。
これ無駄じゃねぇ・・・ってずっと思ってます。

1万円包んで5千円の物を返して貰うなら、初めから
5千円包んで返礼無しのほうが、家族は面倒が減るし
会葬者も要らない物を貰うより、5千円の現金が残る
ほうが間違いなく助かります。



葬儀を決める時、葬儀屋さんの常套手段があります。

「家族葬は香典収入が少ないけど、一般葬儀なら香典
収入も増えるから実質持ち出しは減りますよ」

この言葉を聞く度に思う。。。
おぃおぃ、香典を当てにせず自分達でできる事をする
のが本来あるべき姿じゃねぇの? 
一般葬で会葬者が少なくて、香典が集まらなかったら
責任とれるのか? 適当な事を言うなよ・・・

この先は僕の個人的な感覚です。

僕が葬儀はに行くのは義理だけです。
本当にお別れしたい人なら、生前に行くし、生前逢え
無かったら人なら、葬儀の前に行って逢います。
生前に逢えた人なら葬儀には行きません。
行くなら葬儀後に家族が落ち着いてから行きます。

形式的に香典は持って行きますが、
返礼品が欲しいと思ったことは一度もありません。
要らねぇと邪魔に感じたことは何度もありますが・・・

また火葬中の清めと称した食事会と言うか飲み会など
必要でしょうか・・・
家族の感謝の気持ちは理解できますが、それを受ける
必要はなく「そんな事しなくていいよ」と言う親戚や
友人知人がいて実現すれば、費用は抑えられて家族は
助かるでしょう。

更にもうひとつ・・・
まぁ、読む人のほうが少ない、会社も含め廃止すれば
良いと思う。 僕は塩も要りませんが人によりは塩は
欲しい人の為に用意しておけば良いと思う。

ついでに言うと、勤務先に提出する忌引きには、礼状
では通用しなくなった法人も多いです。
絶対に通用するのは『死亡診断書コピー』です。

そうそう、香典袋には二種類あるでしょ?
『御霊前』と『御仏前』
35日~49日の間に行う事の多い、忌明け法要前に使う
のは『御霊前』忌明け法要からは『御仏前』です。
忌明け法要とは仏様の仲間入りをする時だからです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 葬儀・法事(個人)へ
にほんブログ村
誰もが終幕後の費用を心配する事なく、自分の人生を精一杯楽しめる世の中にしたい
創業者の思いを後世に伝え、当時何を考えてたか嘘のつけない自分日誌でもあります