{A23D87C1-3E93-4701-90D9-AE9188D4AA60}

おはよう!最近アメリカでは、日本のものはバリバリ流行っているバイ。日本に憧れている人が多い。元々、マンガ、アニメ、寿司などはよく知られているけど、最近他の色々が知られてきた。だから今日は、「英語になった日本語」について話したい。さて、始めよう!

 

1. Karoshi (過労死)日本の独特な用語、「過労死」は、2002年のオックスフォード英語辞典に最初に掲載された。英語では、Karoshi は二つの意味があると言われている。一つは、日本だけの働くライフスタイルのことだ。もう一つは、世界中の働き過ぎの傾向を表す言葉になる。辞書に載っているけど、多くの外国人はまだ知らないかもしれん。この単語の使用が、これから広まるかな。まぁ、意味はバリバリ暗くて、イヤだから広がらんで欲しいけど。この単語は英語になったことってあまり誇りにはならないやろう?もうちょっと明るい単語がいいなぁ。「過労死」という概念がないから(アメリカ人は死ぬまで、仕事に忠実じゃない)、今まで当てはまる英単語もなかった。ということで、日本語からいただいたのです。work oneself to death は時々言うけど、それは注意みたいな慣用句だ。「過労死」のもう一つの言い方は、death from overwork けど、あまり聞かない。

 

I heard something really cool the other day. The Japanese word "karoshi" is being imported into English as is. Because it is such a new word, I doubt that many in English-speaking countries know it yet, nor is it in the dictionary, but it seems on its way to becoming an official English word. The word "karoshi" will probably eventually be understood by most, although I am not sure that is something Japan will be proud of, considering it is a pretty awful word. I mean, "to die from working yourself to death?" We have no word that even comes close to this meaning in English, so we usually just translate karoshi as "death from overwork." Americans will rarely be so committed to their work that it will kill them. Sometimes people will talk about "working oneself to death," but it is usually either used to tell someone to be careful not to work to hard, or to joke about working way too hard.

 

"Don't work yourself to death."

過労死になるまで働かんでよ!」

 

"I'm working myself to death."

「過労死になりそう!ヤバイ。」

 

一応、慣用句はあるけど、冗談っぽく言う時が多い。本当に働きすぎて、死ぬと思っていない。

 

So, English has an idiom similar to the word karoshi, but we only really use it when we are joking or telling someone to be careful. Not many people really think they or someone they love are going to die from working too hard.

 

過労死と関係している、よく使われている慣用句がある。それは、

There is a really good English phrase related to work that native speakers use all the time.

 

 I'm so stressed outです。 意味は、バリバリストレスが溜まっていることだ。この表現は、言葉に表すことができないくらい使われている。色んなバリエーションがあるから、見てみよう。

 

This is a really useful term to know, and I cannot underestimate how much we use it in English. There are many different ways to use it.

 

"I have so much homework and not enough time to do it. I am so stressed out."

「私は、相当宿題が多くて、する時間がない。ストレスは半端ない。」

 

"She stresses me out."

「彼女と一緒いることでストレスがたまる。」

 

"I"m stressed." 

「超ストレスがたまりよる。」

 

何、このロゴ?日の丸を辞めて欲しい。気持ち悪い。日本の誇りじゃないし。

 

 

2. Skosh(少し)10年くらい前に、私はアメリカのコメディー番組を見ていた。で、主役は隣の人に、"Hey, could you move a skosh?" って言った。ちょっと待って。もしかしたら、その単語は、日本語の「少し」からきたと?と思った。うん。そうみたい。英語の Merriam-Webster Dictionary によると、skosh の意味は、"a little bit, a smidgen” という意味がある。それは、全く日本語の「少し」の意味と同じだ。戦後、日本で派遣された兵士達は、帰国したら、「少し」と言う単語をお土産として持って帰ったのだそうだ。アメリカのどこまで使われているかわからんけど、知られていないわけじゃない。例文を見てみよう。

 

Ten years or so ago, I was watching a TV comedy show. The main character said to the guy next to him, "Hey, could you move a skosh?" Hold on. Could it be that this work originated from the Japanese word sukoshi? No way! According to the Merriam-Webster Dictionary, the word "skosh" means "a little bit, a smidgen." In other words, it means exactly the same thing as its Japanese parent word. Apparently, after World War II, America soliders brought back this awesome word as a souvenir. I am not sure how well-known it is, but it is well-known enough to be used on a Hollywood TV show and in major dictionaries. The word "skosh" is used in English is like this:

 

"My mom is a skosh tired. She worked all day."

「お母さんは、少し疲れている。一日中働いていたからさ。」

 

"Could you move a skosh?"

ちょっと、どいてくれる?

 

"skosh" の前に "a" が必要です。

 

3. Emoji (絵文字)。もしかしたら、多くのアメリカ人は無意識で「emoji」を使っている。日本語もよく同じようなことをする。和製英語を使う時に、意味と由来を考えないで使う。この単語は、英語圏では、バリバリ使われている。私は、3年前、アメリカにいた時に、「emoji」をよく耳にした。その時、「あれ?日本語の絵文字何だ?」と思った。うん、そう。Emoji という単語を知らないアメリカ人は殆どいないと思う。

 

絵文字枕もあるらしい。。。

 

Most Americans probably use this word like most Japanese use Japanese English--unconsciously. This word is used like crazy all over the country, espcially by young people. When I was in the States three years ago, I heard this word all the time. I thought, "Hey, wait a minute! Is this the Japanese emoji? Yeah, that is right. I doubt there are many in America who have not heard this word.

 

4. Karaoke. (カラオケ)。アメリカ人はカラオケが好きなんやけど、日本人ほどは好きじゃない。だって、飲み会で友達や上司を関心させるために、一人で練習しに行くやろう?「カラオケ」は、完全に英語になっている。知らない人はいない。ただ、日本語の発音にすると、絶対に通じないバイ。英語っぽく言わないといけん。Carry-oki 『ケリーオキ」みたいな感じかな。そもそも、アメリカ人は日本語の単語の最後にくる「で」「け」「て」「で」などは言えない。だから、「酒」はアメリカで「サキ」になったいる。同じように、「空手」は「カラーディー」で知られている。いつも授業で、学生に日本語の単語を英語っぽくを言わせる。バリバリウケる。頑張っても、英語っぽい発音ができない。

 

Americans like karaoke, but they are not crazy, karaoke-maniacs like the Japanese. I mean, Japanese people go to karaoke by themselves to practice just so they can impress their friends and bosses at drinking parties. This word is entirely assimilated into the English langauge, and you will be hard-pressed to find an American who doesn't know it. That being said, if you pronounce it like it is pronounced in Japanese, there is no way anyone will understand you. You gotta say it like an American-- carry-oki!! Americans have always had trouble saying the word-final sounds de, ke, te, and de so often found in Japanese words. That is why sake becomes saki, and karate becomes karadi. I have a blast every year trying to make my Japanese students pronounce these native Japnese words like Americans do. No matter how hard they try, they just can't do it. But it sure is cute.

 

ケーリオキはアメリカ全国知られているけど、日本語からきたって知らない人がいる。私はカフェでバイトをしていた時に、近くのバーで「ケリーオキナイト」があった。友達に、アンちゃんは、どんだけカラオケが好きで、どんだけ日本にいた時に行ったかを話した。彼女は、「ええ? 日本にもカラオケがあると?すごい!」と答えた。わからない日本人もいるかもしれんけど、カラオケは「空」の「オーケストラ」の略だ。何回もブログで言ったけど、日本人はバリバリクリエイティブな民族だ!カラオケ自体は最高に良い発明なんやけど、単語もなかなか良いやん!アメリカでは、日本みたいに、あまり「カラオケボックス」がない。アジア人が多い都会にしかない。殆どのアメリカ人が知っているカラオケは、バーで酔っぱらった後、知らない人の前で歌うバージョンだ。

 

カラオケナイト!!

 

Karaoke is known all over the U.S., but not everyone knows that it came from Japan. I worked in an Italian cafe many years ago, and there was a nearby bar with a "Karaoke Night." I was telling my friend about how much I love karaoke, and how much I went to karaoke when I was in Japan, and she said, "Seriously? They have karaoke in Japan, too? Wow!" There are probably a few Japanese who don't know that the word karaoke originated from the Japanese terms, kara (empty) and oke (short from orchestra). I know I have talked your head off in my blog about how creative the Japnese are, but karaoke is not only a great invention, the word karaoke is also a great word. In America, karaoke nights at bars, where you sing in front of strangers after you get drunk, are common. However, karaoke boxes like in Japan are only found in big cities with lots of Asians who love karaoke.

 

5。Head Honcho (班長)この単語は、日本で捕虜になったアメリカの兵士達が、アメリカに持って帰った単語だ。辞書で調べると、意味は、"a person who is in charge of other people" が出て来る。だから、日本語の意味に近い。簡単に言うと、つまり一番偉い人。ボス。面白い事、二つある。まず、綴りは、hancho じゃなくて、honcho になっている。日本語は、英語の発音をめちゃくちゃにするのと同じように、アメリカも日本語の発音を変に変える。一番大きな理由は、やっぱり、発音が出来ないからだ。けど、このケースは違う。だって、聞いて。日本語の「ハンチョウ」は、英語で「ホンチョウ」になった。けど、Honda自動車が好きなアメリカ人は、日本語の「ホンダ」じゃなくて、「ハンダ」という発音をする。意味わからん。。。でも、考えたら、日本人も同じことをする。何で、英語の Helloは 日本語で「ハロー」になったと?「へ」の発音ができないわけなかろう? 「へロー」のほうが、英語の発音に近いバイ。

 

This word was brought back to America by former POWs after World War II. If you look up the meaning in the dictionary, it says, "a person who is in charge of other people." So, the meaning is very close to the original Japanese word hancho. To put it simply, head honcho means the boss. One thing that cracks me up about langauge borrowing is pronunciation. For example, the romanji is hancho, so you would think that is how Americans would pronounce it. But it isn't; they say "honcho." But it is not that they can't say the sounds of hancho, as I mentioned for sake or karate. To illustrate this, they pronounce the Japanese car maker Honda as /Handa/. So in other words, they have mixed up the pronunciation of hancho and Honda. Isn't that hilarious? But if you think about it, the Japanese do the same thing. I mean, why is "hello" pronounced haroo? It isn't that Japanese can't say the word heroo, which is closer to the English pronunciation.

 

Honcho T-shirt

 

 

二つめに気になったのは、「班長」はすでに「トップ」の意味が入っているけど、英語で「head honcho」の直訳は「班長ボス」みたいなもんだ。このトレンドを、日本語の地名が、英語に訳されている時はよく見られます。例えば、近くにある「遠賀川」は英語でOngagawa Riverになっている。つまり、遠賀川川。ウケる。

 

This other thing that grabbed my attention was the fact that, although the term hancho already included the fact that the guy is the boss, the English added the term "head" to "honcho." So, if you translate that into Japanese, in would be soemthing like, hancho no bosu. You often seem this trend when Japanese place names are translated into English. For example there is a river near my house called the Ongagawa. But the signs around the river call it the Ongagawa River. So in other words, the Onga River River. Haha.

 

6. Matcha. (抹茶)アメリカは今,、抹茶ブーム中だ。ちなみに、「ブーム」は英語で使うけど、日本語の使い方は、微妙に違う。和製英語っぽい。一番自然な言い方は何やろう?例文を見てみよう。

 

America is in the middle of a matcha boom right now. Actually, we say the word "boom" in English, but the way it's used in Japanese is a little different. It's borderline Japanese English. So here is a better way to say it.

 

"America is in the middle of a matcha craze."

「アメリカは、今抹茶ブーム中だ。」


どう見ても、[マイブーム] は和製英語だ。

But the phrase "my boom" is Japanese English for sure. 


"I'm really into green tea these days."

最近のマイブームは、抹茶だ。

 

とにかく、抹茶味の何でもが流行っている。友達は、スタバの抹茶ラテーとフラペチーノがバリバリ好きだ。ちなみに、アメリカのGreen Tea はバリウケる。"Green Tea" の飲料の味は半端ない。まず、あまり green tea が入っていないような気がする。で、イチゴ、ピーチ、レモンなど、様々な味がある。でも,この green tea は半分以上砂糖だから、太るバイ。だから、今ダイエットgreen teaが流行っている。ウケるやろう?元々カロリーがないもののダイエット版がある。Diet Green Tea は矛盾語法だ。英語の矛盾語法は Jumbo Shrimp とか terribly good だ。日本語でterribly goodで言うと、ヤバイ美味しいみたいな感じ。

 

Anyway, Americans are crazy about anything matcha. My friend is particularly into the Green Tea Latte and Frappiccino at Starbucks. By the way, the drink that Americans called "Green Tea" is hilarious. First of all, I doubt there is actually much green tea in it. Next, there are so many flavors that even if there were green tea, you couldn't taste it--strawberry, peach, lemon. But most of this "green tea" is sugar. The problem is, Americans don't want to get any fatter, so they decided to make a diet green tea, which is naturally a calorie-free drink. Now you can find all sorts of Diet Green Tea in America. By the way, we call terms like "Diet Green Tea"  oxymorons in English. Examples of oxymorons in English are "jumbo shrimp" and "terribly good." A Japanese one would be yabai oishii

 

Diet Watermelon Green Tea. 名前が長過ぎ。

 

 

そういうわけで、英語になった日本語の講座が終了しました。Manga, anime, sumo, sushi, sashimi, teriyaki, edamame, yakisoba, sukiyaki 以上の日本語語彙力がある。ちなみに、昔、流行っていた曲、「上を向いて歩こう」は覚えている?あの曲は英語バーションがある。題名は「Sukiyaki」だ。不思議ね。。。

 

また今度!

 

So, there you have it. Many Japanese think that only food-related words have made their way into English, but most Americans know are few more Japanese words than just sushi, sashimi, teriyaki, edamame, yakisoba, and sukiyaki. By the way, do you remember that famous song of long ago, "Ue wo mite arukou?" Well, that song was translated into English, and the title was Sukiyaki. What the heck?

 

Later...