外国人の私は、日本人の友達と買い物に行ったり外食をしたりする際、どんなに完璧な日本語で店員さんに質問していても、店員さんは、日本人の友達の顔を見て答えることが多い。

Whenever I go shopping or go out to eat with a Japanese friend, when I ask a question to the cashier or waiter, he usually looks at my Japanese friend when he answers. Doesn’t matter how perfect my Japanese may be.

「ちょっと待って!私が質問を聞いたんだけど。。何で一言も話していない友達に答えると?]と、いつも聞きたくて仕方がない。

I dying to ask why he answers my friend who has said a word, let alone ask a question. 

もしかしたら、日本語が難しすぎて、外国人が当然話せないと思っているかも。
Perhaps he thinks Japanese is so hard there is no way foreigners can speak it.

もしかしたら、英語への恐怖感が半端ないけん、私の完璧な日本語を聞き取れないのかも。
Or perhaps he’s so freaked out by English that he can’t understand my perfect Japanese. 

いずれにせよ、店員さんには悪気がないけん、怒らない。
At any rate, he doesn’t mean any harm to me at all, so I’m not mad. 

むしろ、ブログのネタにする!
I just turn it into great blog material. 

でもさ、21世紀やけん、いつまでも外国人が日本語を話せないという思い込みを続けないで欲しいなあ。
But it is the 21st Century, and there’s a ton of foreigners here working their tails off to master Japanese. 

昨日、東京で最高にいい経験があった!
Anyway, I had a great experience in Tokyo yesterday.

マネージャーのマキコさんと一緒にスタバに行った。
I went to Starbucks with my manager, Makiko.

私は、トールのバニララテを先に注文した。
I ordered first—a tall vanilla latte. 

店員さんに聞かれる前に、自信満々で、
Before the cashier had a chance to ask, I confidently declared,

バニララテ
トール
ホット
お持ち帰りだけど、手渡しでいい
“I’ll take a tall vanilla hot vanilla latte. It’s to go but I don’t need a bag or anything.”

と言った。

そして、マキコは、小さい声で、[私は、同じでいいです。けど、ショット] 、と注文した。
And then Makiko said in a quiet voice “Yeah I’ll have the same thing, but a short.”

店員さんは、マキコが言ったことを聞き取れなかったけん、私の顔を見て、[えーと。。あなたと同じだよね?けど、ショット?] と聞いた。
The cashier couldn’t hear Makiko well, so she looked right at me and said, “She wants the same hot vanilla latte, right? But in a short?” 

興奮で、気絶しそうになった。
I was so happy I thought I would faint.

やっと、一生懸命習得した日本語が認められた!
All my hard work to learn Japanese has finally been acknowledged! 

そして、笑った。
And I also laughed.

自慢げにマキコに、「あなたの日本語を聞き取れなかったけん、私に確認したバイ!」と、笑いながら言った。
I jokingly said to Makiko, “Hey she couldn’t understand your Japanese so she asked ME what you said. Haha!”

確かに、外人まみれの東京にいるから、こういうエピソードに遭遇したのかもしれない。きっと、私みたいに、日本語が話せる外国人は多い。
To be sure, I am in Tokyo. I’m sure there are tons of foreigners who speak Japanese like a pro. 

田舎で同じ経験があったらいいのになぁ。
It would be great to have the same experience in rural Japanese. 

そうなるように、自信満々アンちゃんは、完璧な日本語でホットバニララテを注文し続けるばい!
In order for that to happen, I’m gonna keep confidently ordering my hot vanilla latte in perfect Japanese! 

_______________________________________

ツイッターも始めた!フォローしてね。

@annecrescini

 

インスタは、こちら

www.instagram.com/annechan521

 

ホームページもあるバイ!

annecrescini.jimdofree.com

 

新しい動画がアップされた。テーマは、アメリカの子供が好きなお菓子だ!