結婚記念日爆笑

そんな訳で、前日の土曜日の夜にツレとディナーに行ってきました。
青梅の井中居を候補にしてたのだけれど、やっぱりもう少し近場がいいってことで
まだ行ったことのないCHEZ・NAKAへ。
 
シェフお任せのフルコースを頂いて来ました〜。
 
 
 
 
 
 
 
 
アミューズはブランド鶏でゴルゴンゾーラとゴボウを巻いてソテーしたもの?!だったかな
美味しかったんだけれど、チーズの味は殆どしなくて残念。
前菜の四種盛りはどれも美味しかった。
メインのお魚はブリとホタテのムース、表面がカリっとこんがり美味しかったでーす。
そして、野菜が散らされてて見た目もゴージャス。
お肉はジビエが始まっていたので鹿肉の赤ワインソースをチョイス。
ツレの方のお肉には、頼み忘れちゃってたのだけれど
ちょっと包丁を入れて小口にカットしてくれていてありがたかったラブ
 
デザートプレートに文字入れのサービスするって言われてたので
どんな風かなと思っていたら、予想に反して漢字だった!
フレンチのお店なのに漢字かぁと、意表を突かれたビックリマーク
 
ごちそうさまでした。
あぢー!こんなに暑い日にやらなくても。。。だったのですが。。。
思い立ったのでやってみた。
🌹フェスで買ってきたポット苗を6号ロングに植え替えて管理してきたのを
リッチェルの10号に植え替え〜!



今までの鉢から出してみて、びっしり根が回っているのを期待してたら
シェエラザードがイマイチでがっかりショボーン
オデュッセイアはもうバッチリなぐらい根が回っていて、にまにまニヤリ

しばらくメネデールをやって様子見かなぁ。


シェエラザードハダニが付いて、下の方の葉が黄色くなってる〜。


南信に行くという事で、スモモを送ってくれるという連絡が私の留守中にあった由
しかも、以前送ってくれたあの貴陽らしいというのでわくわくしながら待ってました〜🎵。
届きました〜、巨大なスモモ〜ラブ


やはり今年はどこもそうらしいのですが、この暑さで果物がどこもサイズが小さめ。
でも、買わずに待っていた甲斐がありました(笑)。
びっくりするぐらい、甘くて美味しかった〜!
いつもありがとうございます。これからも楽しみにしています(笑)。

ツレは脳出血で倒れたわけですが、今ってネットがあるから便利よね

ものすごい勢いで調べまくり(治療のガイドラインまで読んだよ)

平均三ヶ月程度の入院ということが分かり、こりゃ長くかかるんだなと覚悟した。

 

もちろんお金Yenもドーンと出ていくんだなと。

 

MDソーシャルワーカーさんに言われる前に高額療養費制度の利用や

保険金(下りるんだったら)の請求やら

思いつくことは何でもしなくっちゃと、これまたネットをガンガン調べまくる。

基本、助成やらお金にかかわってくるもんは、申請主義なので

こちらから動かないとなーんもしてくれない。

 

運び込まれた病院にはメディカル・シーシャルワーカーという肩書の方がいらっしゃり

色々とアドバイスをしてくれ

どれも事前に調べて分かってることだったけれど、有難かった。

ことに、限度額適用認定証の申請は当月も含めて申請して下さいというアドバイスは

本当に有難かった。

早速、健保のサイトから申請方法を探し、書類をダウンロードし

不明な点は電話して問合せて無事取得。

当月も含めてとソーシャルワーカーさんに言われた時は、半月だけど?と思ったんだけれど

ところがどっこい高額な検査をバンバンしてるわけで恐ろしい金額になってたわ。

最初の支払いの時までに取得できて助かったし

マジ『限度額適用認定証』ラブラブラブでした。

 

麻痺についても色々調べていたので、早い段階で障害者手帳の申請も

射程に入れておかないとって覚悟ができてました。

まあ、同じように障害年金についても情報網に引っかかってきたわけなんだけれど

仕事に戻れなかったらと思っていて

正直ほとんど気にしてなかった。

 

復職できて体も慣れてホッとしている時は、仕事に戻れたし年金については

考えなくてもいいかと思ってた。

ツレとも話し合って、そっちはいいかって事になってた。

今になって考えるようになったのは、実は給与が出ていても

受給できるってことがわかったからというのと

この病って、リハビリもだけれど、健側の体に大きな負担がかかるので

そっちのメンテナンスも必要になっちゃうのだよね。

なので、貰えるものは全部貰っておこうという方向へチェンジ!

そんなわけで詳しく調べ始めたら、自力って結構面倒くさいってことが判明。

自力で書類を作るのは別にどうでもいいんだけれど、特に診断書作成のコツというか

キモの部分がよくわからんのだよね。

コケるとちと面倒なことになるってことも書かれていたしで

ツレにも事情を話して、ここはお金かかってもいいからプロに頼もうってことで一致。

 

あちこちサイトを検討して、とりあえずどこかにコレコレこんな状態でと

問合わせをしてみることに。

直ぐにだいたいこのあたりの級に該当するんでは?

(ほぼこちらが思っていたのと同等だった)の返事があったものの

忙しかったのと、そこにお任せしていいのかなっていうので躊躇してまして

一週間ぐらい放置しちゃったよ。

 

やっと重い腰を上げて社労士さんに会ってみることして、結局はお願いすることにしました。

で、今通院している病院へ、障害年金受給申請するので診断書を作って欲しいので

どうしたらいいのかって電話をしてみた。

必要書類をもって窓口に来てくれってことだったので、行ってみたら病院側の話が

電話したときとは異なって二転三転

こっちは初めてだから、診断書を作るにあたっての病院の言い分が正しいのか

そうでないのかの判断が全くできない。

計測してもらわないとダメなんじゃないの?という内容の診断書なのに、

カルテから拾うから不要とか言い出すし

社労士さんに確認の電話入れたけど、只今出られませんという留守電になってしまい

困っちゃう。

とりあえず状況説明をメールで入れといた。

 

対応してくれた受付のおねえちゃんは何だかプリプリお怒りモードで感じ悪いし

郵送にしてもらうことにしてお金を支払う段で

やっぱり気になるので、支払いの対応をしてくれた別の受付嬢にもう一度聞いてみた。

その頃に社労士さんから電話が来たので、支払いは保留にして状況を話してみたら

絶対に計測はしてもらうようにという指示

社労士さんにお願いしている旨を伝えて計測をしてもらうようにとの指示なのでと

食い下がって計測をしてもらうようお願いして

こちらの希望日を伝えてとしてたら、そうなると支払金額が違ってくるからと

その日の支払いは流れて次回に。

 

社労士さんにお願いしていなかったら、言われるがままのしょーもない診断書が

出来上がっていたんだろうなぁ。

 

 

8月に入り、脳卒中で倒れたツレが退院してから1年ちょいが過ぎた。

 

ずっとどこかいいところがあればと探していた整体というかカイロというか鍼灸院というか

要は片麻痺による体の歪みや凝りをほぐしてくれるトコロ。

片麻痺のことを分かってくれているとこじゃないと、あれこれ不安なのです。

そして、こういった情報を扱っている場所がないので、自力で探すしかないんですよねぇ。

で、鍼と整体をしてもらってきたようです。

ほぼ一時間、¥6,500のコース

 

ものすごく体が軽くなったというわけではないようですが、調子は悪くないしいいかもだそう。

ま、少し長い目で見てかないと分からないんだろうな。

 

ツレは片麻痺になって、装具と最初は杖を使ってなんとか自力で歩行移動までこぎつけ

今年の春頃から、少し歩行の様子が安定してきたかなというので杖無しで動き回る訓練を始めました。

それは来る梅雨に向けての布石、傘をさすのに使える手をあけておきたいというもの。

かろうじて杖なしでも歩行移動できるようになっていますが、結構あぶなっかしい。

これは見ていて、杖があるとき以上に危なっかしいけれど

頭は今の体の状態を以前より認識ているのだろうなと感じています。

自分から先に立ち止まってやり過ごしたり、色々上手になってきているように感じてます。

歩行速度はまただいぶ遅くなってしまったけれど、そんなことはどうでもいいのだ。

 

なんとか梅雨もやり過ごせたわけですが、もう杖の生活には戻りたくない模様。

最近以前よりアシスト力の落ちる装具に変えたので、またしばらく杖の生活にもどしては?

と言ったところ、すごい勢いで否定されました。

自由度がだいぶ違うから。

手すり等につかまるときに、杖を気にしなくていいし、何かあったとき健側の手をすぐぱっと伸ばせる

そういう意味で安心できるということらしいです。

言われてみれば、確かにそう。

 

そして、退院した頃よりもだいぶ体に違いも出てきているようです。

退院直後には感じることがほとんどなかった痙縮という症状に悩まされていたりします。

最近、TVで治療のCMとかもありますが、これによって体が動きにくい等の問題があったりします。

 

 

脳卒中が3大死ではなくなったということは、こうした片麻痺を抱えた患者数は増えている訳だけど

健康保険でリハビリを受けられる上限はどんどん短くなってきており

リハビリは介護保険でという方向になってきているので困っていたりします。

病に侵されるのは、圧倒的に高齢者ということ関係していることもあるんだろうけれど

まだまだ若手とされるツレのような現役世代や40歳より下での発症だとなかなか大変。

40歳以上になると介護保険料を収めている関係から、介護保険の恩恵を受けられるが、その下は。。。

介護保険が使えると、住宅の改変、例えば手すりをつけたりスロープを設置したりに

助成が受けられる。

 

幸い棲家は公団ということもあり、内部は車椅子でも移動ができるようにと通路やドアの幅が広めだし

バリアフリーな上に、玄関、風呂、トイレには手すりが設置されているしで、初めて見た時は驚いた。

そんなこともあってトイレがやがら広めなんだよねぇ(笑)。

防犯上ちょっと嫌だなと思っていた1階生活も、ヤメラレナイ。

 

介護保険でもリハビリは受けられいますが、こちらが望むようなものは一切なしで

そういう意味で保険制度のハザマに落ちてしまうわけなのです。

現役世代としては、もっともっと機能改善できればとか色々望むことは多いのよね。

でも、概ね6ヶ月で機能回復はプラトーに達するというエビデンスの壁は高いのだ。

 

なわけで、介護保険の利用を申請したはいいけれど、我が家としては使う余地全くなしでして。

訪問マッサージとかは受けられたのでしょうが、ちと継続したいリハビリとの関係で。。。

 

体の状態のことに関しては本人が一番良くわかるのだろうと思い、基本本人にお任せ。

記録、モニターマニアなツレなので、あれこれ自分で運動メニューを作って日々記録している模様。

こうした運動メニューの内容や、今自分がしているメニューがいいのか悪いのかという

専門家のジャッジが欲しいよねと日頃話してます。

 

私の基本姿勢は、本人にできることは手伝わない。

ちょこちょこと多少私が先回りしてやっていることもありますが、ほぼ自分でやってもらう

それが訓練にもなっているから。

工夫して自分でやってみてから、手伝ってと言うようにって感じで、かなりスパルタなのかも。

時間がかかっても自分でやるほうがいいので、私としては以前の生活とそんなに大きな違いはない

そんな風に感じていますが、日々トライ・アンド・エラーですにゃ。

 

玄関先においておいたヒューケラが食害にあった。
今まであったことないのに。


ここまひどくなる前は、芋虫がいるのかと思ってました。
探しても姿は見えず、周りに糞もないからふしぎに思ってたら
数日後、犯人判明!

最初の写真にも写っているけど、メタリックグリーンに輝くコガネムシ。


こうも酷く食べられちゃうなんて思わずに、放置しておいたらあんな事に。
一応、弾き飛ばしておいたけど、また来ちゃうかも。
パトロール強化しなきゃ。
玄関に来るってことは、ベランダにもゲッソリ
卵なんか産み付けられちゃったら、バラが駄目になっちゃうよ〜えーん

今年も青梅が店頭に並ぶ季節がやってきた!

 
梅酒は作る作業が面白かったんだけど、私はあまり飲まない人
そんな訳で、ツレがせっせと消費する訳なのですが、ブランデーで漬けたのが減らない!!
聞くと、ウィスキーとかブランデーはあまり好きじゃないという返事が。。。
 
そんななか友人から
「梅がたくさん手に入ったから色々やってみるんだ〜」
というのを聞いて、ついつい気持ちがムクリ!
梅を買ってきちゃいました。
赤い色のついたちょっと小梅タイプ、タグの表示は小梅とか書かれていない。
重さがわからなかったから、野菜を追加してるおじさんに聞くと
「1kgで、パープルクイーンだよ」
と教えてくれた。
 
ネットでさがしてきたレシピ通りに、洗って水分フキフキヘタを取り
冷凍庫で一度凍らせてから同量の氷砂糖で漬け込む。
 
 
 
これが2日目の様子、赤い色が溶け出てきれい。
 
 
4日ほどでこんな感じにウメがシワシワしてきてます。
 
 
ついでに試飲!ほんのりピンク色。
 
 
適度な酸味が美味し〜!
あ、発酵防止にクエン酸を中さじ3杯ほど投下してた。
それでも、とんでも無く酸っぱくは感じないのだねぇ。
 
20日の日曜日にいつものメンバーと
これまたいつもの「駅からハイキング」に参加してきました〜。 
前日まで30℃近い気温と湿気でどうなることかと思っていたら
その日だけドカンと気温と湿度が下がり、とても気持ちのいい日になりました。

寒川歴史散歩は、どうやら春の定番の「駅から散歩」コースのようで
もう何度も開催されているみたい!人気なんですねぇ〜。

寒川までくるともう海も近いんですねぇ、場所の確認で地図見て知ったわ。
なんせ、寒川?そこどこ?な状態でして。。。(^_^;)
見ると、車のナンバーは湘南ナンバー!!
日曜なのに閑散とした駅前のロータリーを抜けて観光案内所へ行き、地図と缶バッジをもらい
ハイキングスタート!
道端にはトゲトゲの鬼アザミが咲いてました。


途中見つけた怪しい自販機、思わず写真撮ってしまった(笑)。
始めて見たわ〜。


自販機を通り過ぎるとお花が植えられてる畑が見えてきました。
走り抜けてくのは相模線。



鉄橋と鉄道と富士山!
だいぶ雲に覆われてしまってきてますが、この日は富士がよく見えた日。
いつも見かける富士より近い気がする。


畑の先には官衙の跡やお寺の伽藍跡、今は影も形もなくただ畑が広がるばかり。
かつては大きな集落があったんだなぁという気持ちを馳せるのみ。



案内の地図には、こんな小さな祠も記載があります。


やはり、古くから開けた土地にはお寺やお社も多い。
この辺りは鎌倉時代の武将の館もあったりもします。








梶原景時の屋敷跡、な〜んも残ってない。
昔は土塁のあとなどが畑の向こうに、無造作に残っていたりしたんでしょうね。
古い写真を見て納得。


お昼時間が近いのもあって、和菓子屋に吸い込まれる私達。
私は味噌餡の柏餅♥!


途中、小学校の裏庭にブラシの木発見!


続く

GWの後半に、久しぶりに神代植物公園へ行ってきました。

お目当ては、この時期ですからもちろんバラ園。
ツレを連れ出す意味もあり、週末は積極的にお出かけ〜🎵。
入園料や入館料の割引等もあり助かります。
 
今回は正門から入ると、ボランティアさんのブースがあり、色々な種が展示されてて面白かった。
大きなテーブルの上にビッシリ!!
 

 
 
面白くてついつい長居してしまった(笑)。
そのままバラ園の方に向かうと途中にシャクナゲとカルミアが咲いてました。
 
 
シャクナゲのアップ写真、つぶつぶ感が毒々しけれど色合いが素敵。
 
 
 
カルミアも軽く背丈を超える高さに、びっしり花をつけていて見事でした。
カルミアの花は開いた状態より、蕾の時の金平糖のような形がかわいいのよね。
 
 
バラ園の近くには芍薬が植えられてますが、もう終盤。
 
 
 
そして、バラ園。
温室に近い場所には平たい棚が作られ、つるバラが咲き誇ってます。
 
 
 
 
 
 
奥の方は、ブッシュや木立性のバラ。
 
イベントスペースの横のスタンド、ここのバラ🌹ソフトクリームが楽しみの一つ爆笑
今年も食べましたよ〜。
いいお天気で、かなり暑かったのでひんやりソフトクリームはとっても美味しかった。
ツレはでかけた先でアイスクリームを食べるのが大好きなのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一画にはコンテスト用のバラが植えられているスパースがあります。
番号だけの表示なので、名前も何もわかりません。
 
バラ園を歩き回るときは、帽子や日傘は必須だなぁ。
課税が吹くと爽やかで、とっても気持のいい日でした。
 
前回きたときは改装中で閉館していた温室がオープンしてたので見に行ってきました。
母の日のプレゼントを探してい見つけちゃったまだ新しい品種のクレマチス大河
珍しい花色と好みの八重咲きということで一目惚れ、ついついお迎えしちゃいました(笑)。

ついでに実家の父への父の日のプレゼントにもいいなと思い
苗と鉢を持ち込んで4月の頭ころ植え付けてきました。

ぐんぐん蔓が伸びて、蕾がたくさん上がってきました。
今年の花は諦めていたのに凄い!


そして開き出しまた〜。



八重は、じわじわ開いていくのだ〜!!







気づいたら、一番外側の花弁が落ちてトゲトゲだけの花になってた(笑)。


どんどん蕾が開き始めてまーす。