アトランタでの展示会を済ませ

ヨーロッパへ移動しているときのこと

 

飲み物とおつまみのピーナッツを食べていたら

ちょっとせき込んでしまった。

 

その時に後ろに座っている人たちから

 

「中国人?」

 

ってちょっと強めに声をかけられた。

 

始めは意味が分からなかったけど

ああ、コロナウィルスね。

と意味が分かったので

 

「日本人だよーん」と答えると

 

「ああ、ごめんね。酔っぱらいのたわごとだから」

 

みたいな感じで笑いが起こった。

 

みんな気にしているんだよね。

ちょっとびっくりというか。

 

黄色人種は見分けがつかないから

そりゃあ、中国人と思うわね。

 

でも人種差別とかの過剰反応って

こういうことで生まれるんだな?とも思った。

 

白色人種が黄色人種を見て

中国でのコロナウィルスの発生を見て

不安に思うのは理解できるしね。

 

私自身は気にしなかったけど

騒ぎ立てる人はいるだろうね。

 

でも過剰反応っていっぱいあると思う。

知識が足りないからだろうと思う。

 

アトランタの展示会場でアンディにあったのだけど

アンディは

「日本ではインフルエンザで毎年何人死んでるの?」

と聞いてきた。

アメリカでは8万人が死ぬそうだ。

 

考えてみれば日本においても

予防接種をしている人が結構な人数いるにもかかわらず

蔓延するし、高齢者は亡くなっていると思う。

 

この病気がどのような広がりを見せるのかわからないが

今のところは慌てず、騒がずでいいと思います。

 

もうね、テレビの報道を見ていると

エボラ出血熱レベルで病気になったら死んじゃうみたいな反応だから。

 

インフルエンザと同じくらいと思っておけばいいんじゃないでしょうか?

 

そしてインフルエンザの予防接種をしていない人は

コロナをそんなに恐れる必要はないと思います。

 

だってインフルエンザは怖くはないのでしょう?

まあ、罹ったとしても3,4日熱が出るくらい?の感覚なのでしょう?

多分コロナもそんな感じなのではないでしょうか?

 

皆さん普通に過ごしましょう。

そして身近で発生があるまでは

マスクの買い占めもしなくていいと思いますよ。

新年会って結構回数多いよね。

アミューズです。こんにちは。

忘年会と新年会、どっちかでいいよね。

 

さて、大阪を中心とした卵の販売会社さんの集まり

関西鶏卵流通協議会の新年会に行って参りました。

 

会長の挨拶

 

と、つつがなく進んできて

全農の課長さんの話の際に

色々な実験が行われました。

 

今年の卵の値段はいくらになるのか?とか

 

卵を一日いくつ食べているか?とか。

 

その中でショックだったのが

意外とみんな卵を食べていない。

 

まあ、業界の人間ですから

卵のコレステロールなんて言う昭和の話を

信じているものは皆無だと思うのですが

それなのに一日1個も食べていない人がいる。

 

まあ、アレルギーもあるからね。

 

という話ではなく、

世の中美味しいものがあふれていて

卵を積極的に食べないと

一日1個ですら難しいということになりました。

 

特に朝ご飯を食べなければ

卵を食べるチャンスは一気に減ります。

お昼にラーメン食べて、トッピングに卵入れるとか。

別の努力が必要になります。

 

何が言いたいかというと

たまごニコニコ大作戦と

一日2個食べようとキャンペーンをやってきましたが

それより

 

朝ご飯を食べようキャンペーンをやったほうがいいのかな?と

 

和食なら、我らが卵かけごはんがあるし

洋食、パンなら目玉焼き。

どっちに転んでも卵食べるでしょ?

 

今年の目標は朝ご飯だな。

 

 

今年もアトランタに行って参りました。

アミューズです。こんにちは。

もう、アトランタでオリンピックを思い出す人は

30代以上なのでしょうか?

 

こちとらロサンゼルスでもオリンピックだというのに。

 

今年は東京でオリンピックなのですね。

アトランタは展示会の会場近くに

記念公園がありますので

訪れるたびに、ここでオリンピックがあったんだよね

と思いだします。

 

今年はケージメーカーが展示が少ない年なので

全体的にはさみしい年なのですが

それにしても人が少ない。

 

昨年の低卵価を思えば

日本人が少ないのはまあ、しょうがないにして

全体的に少ない。

 

話を聞けば、どこのブースも

「今年は少ないねぇ」

の声ばかり。

 

ここで思いつくのはアメリカの低卵価

そういえば、アメリカも昨年は低卵価だったんだね。

 

そして中国のコロナヴィルス

経済成長著しい中国人が

海外に出れないとなればそりゃあ参加人数減るよね。

 

日本にいては海外の動きを知ることはそんなにないけど

こうして中国人の参加が減り

そのせいでアメリカの展示会の盛り上がりが

欠けるという事実に直面すると

世界の経済ってもはやアメリカではなくて

中国で動いているんだな?と感じます。

 

さて、全体の雰囲気でいえば

これと言って新しい発見はありませんでした。

 

ただ、アメリカ式ケージフリーと

ヨーロッパ式ケージフリーでは違いが出てきています。

どちらかと言えば、アメリカの方が厳しいです。

ヨーロッパ基準でOKならこっちの方が絶対にいいです。

 

厳しいというかコストが高くつきそう。

どうせやるならレベル高くやろうぜという

アメリカ人特有の無駄なやる気が

誰が得するのだろう?という疑問につながりそうです。

 

まあ、低卵価ですからね。

折角ならコスト上げて

高く売れたらいいねってことなのでしょう。

 

卵の値段が上がったら、短期的には

売り上げは増えるだろうけど

卵の消費量が減るだけだと、なぜわからないのだろうか?

 

日本がそうならないのが一番いいとは思います。