アムール赤木


★Publication

■ジェ ームス西田「僕のにゃ~ c/w心の扉(Twilight Ver.)」





ナイスミュージックNM-1003 \1,000(税別)




2015/02/18リリース。

赤木は「心の扉(Twilight Ver.)」の編曲とプリプロダクションを担当しています。

---------------------------------------

■三宅奈緒子 mini album「花蝶風月」





オフィス星野705-220


2014/10/1リリース。

赤木は「いつか風になる日」の編曲を担当しています。

---------------------------------------

■三宅奈緒子「CO・CO・ROの旅 」

株式会社オフィス星野 

エクスプロージョンレコーズ (Disc No.4805-705) \1,000(税込み)





赤木はc/w「栞ーしおりー」のプロダクションを担当してます。

---------------------------------------

■立石おじさんが語るぼっけぇおもしれぇ岡山の民話 

第1巻「わらい話」1800円(税込) 

第2巻「こわい話」1800円(税込)  


2006年から2009年までFM岡山で放送された「民話の散歩道」~「ぼっけえおもしれえ岡山の民話」という民話シリーズの番組の中からピックアップ収録。赤木はサウンド・トラックで参加しています。

お問い合わせ:テレビせとうちクリエイト

http://www.tsccreate.co.jp/


--------------------------------------

■CDブックおかやまの民話 ISBN978-4-86069-187-5 C0839

著者  立石憲利

語り   立石憲利 森田恵子

定価  1890円(本体1800円+税)


2006年から2009年までFM岡山で放送された「民話の散歩道」~「ぼっけえおもしれえ岡山の民話」という民話シリーズの番組の中からピックアップ収録。赤木はサウンド・トラックで参加しています。

発行・お問い合わせ 吉備人出版 

http://www.kibito.co.jp/


=====================================

アムール赤木へのお問い合わせ

amourakagi@gmail.com

旧ブログ

http://ameblo.jp/artisinc/




あぁ、暇だなぁ。

いくつか仕事がキャンセルになり、ほんとに暇で気分もサガリ気味。

 

肉でも食ってちょっと元気をもらおうかと、ランチタイムのピークを過ぎた昼サガリに訪れたのは、なんと「めんどくサガリ屋」というお店。

 

あれですかね?酔った勢いでふざけて言ったシャレをそのまんま店名にしたとか。

あるいはちょっとくすっと笑ってくださいと媚びうったとか(笑)

まぁインパクトの強さも狙ったような感もありますね。

でもワタクシ、決して嫌いではありません。

 

駐車場にクルマを置いてお店に入ると、左側に食券の券売機。

レジをポチポチ打つのがめんどくさくて券売機を置いた訳ではないでしょう。経費削減の一つの方法ですよね。

 

実のところワタクシ、券売機が苦手なのです。

特に最近はたいていの券売機がタッチパネルになっていて、しかも店ごとの券売機の画面レイアウトが違ってるので、初訪の場合はちょっとオロオロしてしまうのです。

さらにいくつかあるセットメニューを選ぶなんてなかなか至難の技だと(笑)

 

その点、この店のメニュー構成はシンプルなので、比較的簡単に食券を買うことができました。

後ろにお客さんが待っていなかったことも幸いしましたね。

 

チョイスしたのはたぶんこの店のスタンダードなメニューでしょう、サガリ定食。

 

さてサガリとは横隔膜だそうです。

ハラミも横隔膜ですが、ちょっとだけ場所が違うそうです。

 

待つこと数分、運ばれてきました。

 

ご飯のお替わりできますだったかな?

 

 

脂が少ないのか、あっさりした味わいで美味しかった。

サガリは6切れ。ちょっと物足りない感じですね。

次来るときは1.5倍の定食にしてみようか。あと丼もあって、実物を見てないので確定はできませんが、意外にコスパがいいんじゃないかと。こっちもいずれ要チェック。

ハラミとの食べ比べもしてみたいとか、いろいろ夢は広がる。

 

さて、券売機が苦手なもう一つの理由があります。

それは食べ終わってお店を出るとき。

黙ってすっと出ればいいんだろうけど、やっぱりお店の人からの「ありがとうございましたぁ」の声を背中に浴びたいもの。

 

ここ、フロアに店員さん、いないんです。

来客時と配膳のときだけ、厨房のほうから笑顔で登場、ボワっと。的な感じなんですね。

 

タイミングを狙ってみました。

 

奥のテーブルのお客さんに配膳されていきます。

テーブルに料理が置かれました。

「ごゆっくりどうぞ」的なセリフ。

 

今ですね。

 

椅子から立ち上がり、一言。

「ご馳走様ぁ」

 

 

 

 

「「ありがとうございましたぁ」

 

やった、いただきました。

これで気分もアガリ気味。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに暇な時でも一瞬くらいは忙しい時もあるものだ、という意。

 

いや、深い意味はありません。「忙中閑あり」をもじっただけです。

 

なるべく人混みの中には出ないほうがいいのかなぁと思い、わりとのんびり過ごしてます。

とはいえ、たまにはお出かけしなきゃいけないこともあります。

先月の後半には昨年のクリスマス・イブに行ったサックス奏者、赤田晃一さんとのセッションを再び、倉敷の鷲羽山にあるホテル「WASHU BLUE RESORT風籠(かさご)」で楽しみました。

https://kasago.jp/

 

 

 

今回は一般的にお馴染みなジャズ・ナンバーを中心に演奏しました。

ふと気づいたのですが、このイベント、宿泊されてるお客様向けのものではありますが、外から訪れた人も普通に聴くことができます。無料で。

まぁ無料というのもあれなので、ドリンクの1杯でも頼んでいただければホテルの方も喜んでくれるでしょう。興味のあるかたはお出かけください。

 

スケジュールが公開されてます。

https://kasago.jp/topics.php#128

 

僕はまた3月か4月かということになりそうです。

 

さて、ジャズも演ってますが、ブルースというジャンルもだんだん面白くなってきました。

「自宅から最も近いライブハウス」と我が家だけで言われてる岡山市南区のライブハウスでは月1回ブルースのセッション・ナイトも行われています。

すっかり真っ暗になった田んぼの中をクルマで突っ走って参加してるわけです。リアシートにはROLAND  VR-09B。

 

限定でちょっとだけ公開。

https://www.youtube.com/watch?v=rExWIz9cy2Q&feature=youtu.be

 

では、また。

 

 

12月1日(日曜日)

この時期高齢、いや恒例の

「Country de Chiristmas」

会場は倉敷労働会館。

年に1回カントリー・ミュージックのファンが集まるイベント。僕自身は2回目かな?

去年は入院中につき、参加することができなかったのが悔やまれるくらいの楽しいイベントです。

 

 

 

カントリー・ダンス・チームの皆さんもほとんど踊りっぱなし。

 

 

 

壁際に寝返りうって、いやいや壁に向かって踊ってるわけじゃなくて、このあとターンしてこちらに向いてくれるんですよ。

 

にわかカントリー・ミュージシャンの僕はこんな感じでいつもと変わらず…ですかね(笑)

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

その1週間後の12月8日(日曜日)は倉敷のフラワー・バーというところで、この日が命日のジョン・レノンをキーワードにしたライヴでした。

 

 

 

狭いながらも楽しい我が家的な雰囲気で大盛況でした。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

12月24日火曜日

クリスマス・イヴの夜は、倉敷市児島にあるホテル「WASHU BLUE RESORT 風籠(かさご)」というホテルでのライヴ。

旧名の「鷲羽山ハイランドホテル」のほうが僕らには馴染みがありますが、すっかりお洒落なホテルに変身しています。

https://kasago.jp/

 

 

 

アグレッシブなサックス・プレーヤーの赤田晃一さんとのデュオで、当然クリスマス・ソングを楽しく演奏しました。

 

 

赤田さんをホストとしていろんなミュージシャンとのセッションをこのホテルではちょくちょく開催されてるようです。僕もまた来月にお世話になります。

 

https://twitter.com/akadax_nensyo

 

 

テラスに出ればライトアップされた瀬戸大橋。いい雰囲気ですね。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

さてラストは12月27日金曜日。

岡山市南区にあるライブ・カフェ「ペペの家」で、毎月第4金曜日の夜、行われてるジャズ・セッション・ナイトに参加。

http://pepe-house.sinkyu.com/

 

決めごとの緩いセッションは実に楽しいですね。ずぼらな僕には合ってるんでしょう。

 

 

この店を覗くようになって間もなく1年。古い知人と再会したり、新しく知り合った人との交流が始まったりと、充実した1年になったかも。

 

また来年もいい歳こいていい年にしたいと思いますよ。

では皆様、よいお年を。