梅雨が明けてから
連日暑~い😵

☀️が出てくれると気分は⤴︎︎︎︎︎ですが
暑すぎるのも困りものです

私が住んでいる埼玉は
蒸し暑いところです💦

保育園での戸外活動
プール遊び
etc.....

最近の夏の気候は
半端なく猛暑のため
暑さ指数
戸外活動の可否を決めています

暑さ指数(WBGT)とは
Wet-Bulb Globe Temperature

アメリカ・サウスカロライナ州
パリスアイランドの海兵隊新兵訓練所で
熱中症のリスクを事前に判断するために
開発されたそうです
パリスアイランドは湿度が高い上に
海兵隊の訓練は厳しく
訓練中は服装や装備にも厳しい制約があったために
熱中症になりやすかったことが
暑さ指数(WBGT)の提案につながったとのことです

黒球温度
湿球温度
乾球温度
をもとに算出するのですが…

いちいちそれぞれを測定して…計算して…
など到底無理!

そこで
便利な測定器があります✨😁
画像はお借りしました(*ᴗ͈ˬᴗ͈)

このくらいの暑さなら大丈夫そうだよね!?
…という個人的な基準ではなく

機械は正確で正直ですからね😅
一目瞭然です!

熱中症予防運動指針の数値をもとに
決めました

『暑いからプールに入れてあげたいのに…』
という個人的な意見で
大切な園児たちを
危険にさらすことはできません!

錯覚しがちですが…
水に入っているから
水を浴びているから
熱中症にはならないと思っていませんか!?

汗をかいていても
その汗が蒸発しないと
体内の熱を逃すことができません

水中では蒸発することができないので
プール活動中も熱中症は十分に起こりえます

保育園でのプール活動の基準が
監視者を設けるなど厳しくなりましたが
更に近年の気候を考慮し
安全に楽しく活動を行っていきます♪

さて…
今日も猛暑の予報です☀️





nao♪


先週は流行していた手足口病も
だいぶ落ち着いてきましたが
まだちらほら…


『今日受診したら手足口病だと言われましたが
お医者さんから
熱が下がったら登園していいですよ
と言われました』

…という報告のお電話が保護者の方からあります

熱は上がったり下がったりしますし
お熱が下がってから発疹が出たり
これから喉の水疱が破れて
飲食が辛くなることがあるので
その辺も様子を見てから登園してくださいね

とお伝えしていますが…

でも大丈夫です!
お医者さんも熱が下がったらいいって言っていましたし
もう熱下がったし ご飯も食べられているので
明日登園します!

ん~😶
少なくとももう一日お休みして様子見てください
…と言いたい…けど…仕方がない…

で 次の日…
昨日の夕方から再び熱が上がり
ご飯もひとくち ふたくちしか食べられなくて…
今日もお休みします…😥』
と連絡がありました

そして
その後3日間お休みとなってしまいました



お医者さまの一言が
その子の回復を左右します
保育園での蔓延にも左右します
保護者のお仕事の都合にも大きく影響します

もし
あと一日はお休みしてくださいね
と医師から言われていたら…

保護者の方も
明日のお仕事の都合をつけたり
誰かに預かってもらう手立てを考えられたり
できたのに…

子どもがお休みとなれば
急な予定変更となります

症状が出たり治まったりしてすぐの頃は
しっかりと経過観察をすることが大事です!

合併症にも気をつけないと!

子どもは大人を小さくしたのではありません

ましてや
保育園での生活は集団生活です

元気そうに見えても
感染症にかかった後は
体はダメージを受けています

大人以上にしっかりと
症状が治まってからせめて一日経ってから
登園していただきたいと思います

症状が落ち着いてからも
ウイルスは2~4週間は便から排出され続けます

しっかりと手洗いを行い
家庭内感染にも気をつけましょう!





nao♪


感染症
保育園では
週明けは要注意⚠️

前の週ポツリポツリだった手足口病も
先週明けには
バーっと罹患児が増えました

朝からお休みの電話対応や
受診をするにあたっての電話相談
登園している児の疑わしい症状判断で
バタバタでした💦

1歳児クラスで流行中

手足口病
ヘルパンギーナ

他のクラスでは
アデノウイルス感染症
溶連菌感染症
が数名

我が家の末っ子『ルーク』です♪

1歳児クラスの担任から
『うちのクラスで流行ってしまって
責任感じてしまいます…
クラスとして何をしたら良いでしょうか!?』
そんな風に思ってくれて
相談しにきてくれて
保育園看護師としての私は
とてもとても嬉しかったです♪

大丈夫!
普段からきちんと対応は出来ているので
責任を感じる必要はありませんよ

そもそも
月齢の低いクラスでは
園児同士の密着度や接触度が高いので
予防といっても難しいものがあります

基本的には
手洗い
お部屋の掃除(消毒)と換気
もちろんタオル等は共有しない
玩具等の消毒

玩具は消毒しやすいものを
こまめに入れ替えることも必要ですね

あとは
疑わしい症状を早目に見つけて
早目の受診を促す

そして
特効薬はないため
しっかりと休養し
体調体力が回復してから
登園していただきます

お医者さまからの登園許可がおりても
園生活が可能かどうかは別の話
…だったりします

疑わしい症状で
お迎えの連絡をしお迎えに来ていただいた時や
発熱等で欠席のご連絡をいただいた時に

『受診結果のご報告をお願いします』
とお伝えしています

結果報告のお電話をくださった時に
今後の登園基準のお話をさせていただきます

そうすると
皆さん再受診の結果のお知らせもくださいます

園として登園可能かどうか
確認してくださいます

本当にありがたいことです!

いざ登園してみて
やはりお給食食べられませんでした…
とか
医師の指示で
お熱だけで解熱したからと登園してきたけど
何か様子がおかしいなぁ…
園で視診したら喉の奥にプツプツ
とか
皮膚の状態が良くなく
水疱を掻き壊してしまっていたり…

申し訳ありませんが
そんな時にはお迎えです

でも前もって説明してあるので
トラブルなく対応してくださいます

無理をすれば
振り返してかえって長引く結果になります

まだまだ小さな子どもたちなので
医師が『あと1日お家で様子を見てください』
と言ってくだされば…
と正直思ったりしています

保育士さんたちは
子どもたちの体調のチェックを
一生懸命に行ってくれています

とっても助かっています!

お子さんをお預かりする現場は
本当に大変なのです…



さて
3連休明け
みんな元気に登園してくれますように♪






nao♪


私の勤務がフルタイムになって
『看護師さんが居てくれるから安心♡』
と保育士さんたちは言ってくれますが…

『それ私!?😳』
『それも私!?😳』

頼りにしてくれるのは有難いけれど
オールお任せはご勘弁願います


あくまでも私は看護師としての観点からです

例えば①
怪我をしたら症状に関しての説明や処置についての
お伝えはします

でも
怪我をしてしまった状況や経緯の説明は
その場にいた保育士さんからお願いします



例えば②
お熱が出てしまったとき
担任は他の子どもたちの保育があり
現場を離れることは望ましくありませんので
お迎えの連絡は私がします
お迎えまでの間は私が診ています
お迎えに来てくださったときに
お預かりしている間の症状や状態のお伝え
疾患に関することは
私がお伝えしています

でも
お迎えに来ていただいた際に
お熱に気付くまでのお子さんの様子や状況は
担任が直接お伝えしてください

私が全ての情報を持っていて
保護者の方にお伝えできたとしても
担任は担任として
お迎えに来てくださった保護者の方に
お顔を見て言葉を交わし
お子さんを送り出してください

とっても大切なことだと思います!

情報を全て伝えてあるんだから
看護師さんから伝えてもらえばいいんですけど


…そういうことではないと思います






保育園看護師
nao♪

7年前…
〇〇くんは年少児(3歳児クラス)でした

アトピー性皮膚炎で
全身がただれ
保育園でも痒みとの闘いでした

ステロイドを使用しないで治したい…
とのお考えでしたので
何度も何度もお母さまと面談をし
情報を共有し
保育園での対応を話し合いました

気分的なことでも
痒みのスイッチが入ってしまい
自分では止められず
泣きながら
血が出るまで掻いてしまいます

濡れタオルで冷やしたり
抱っこして言葉をかけてなだめたり…
軟膏をつけたり
包帯で覆ったり…

毎日毎日 痒みと戦っていました

小学校へ行ったら
保育園でのように対応してあげることはできません

少しでも肌の調子が良くなるように…
自分のことは自分ではできるように…
と一緒に保湿剤を塗りながら…
年長児になってからは
自分で全身に
保湿剤を塗ることができるようになりました

そんな保育園での3年間が過ぎ
卒園 ✿

とてもとても寂しかったです
小学校へ行って
痒みは大丈夫かなぁ!?
辛い思いをしていないかなぁ!?
正直 心配で仕方がありませんでした

卒園した年には
運動会と夏祭り
保育園に遊びに来てくれました

久々に会う〇〇くんの
落ち着いている肌の状態と
元気そうな姿に
安心と嬉しさが込み上げてきました

お母さまからは なんとか頑張っている
とお聞きし安心しました

その後は
なかなか会う機会もなく…


金曜日
園児が遊具で怪我をしてしまいました

保育園から
皮膚科へ受診しに行きました

薬局で薬を待っていると…

『〇〇さ~ん』

・・・ん!?😳
知っている名前

薬を受け取っている方の後ろ姿は
やはり〇〇くんのお母さまに似ています

でも
待合室の椅子に座って
下を向いて本を読んでいる男の子は
…🤔
〇〇くん!?
いやいや違うよね!?

ん…🤔
…😳
やっぱり…〇〇くんだぁ!
😆😆😆

5年生になった〇〇くん
すっかりお兄さんになっちゃって
スラッと背も伸び
敬語でお話してくれます

私のことを覚えていてくれて♡
まだ肌はただれているものの
元気そうで素直に成長している姿に
涙がこぼれそうになりました

まだ定期的に受診をしているとのことで
これから登校するんです…と

nao先生まだ保育園にいるんですか!?
中学生になったら
授業で保育園に行くので
それまで保育園で働いててください♪

…と言ってくれて
とっても嬉しかったです♪


♬♬♬


まさか
こんなタイミングで
再会できるなんて✨

素晴らしい偶然をありがとうございます❤︎*。



お仕事をしていると
色々なことがありますが
こんな嬉しいことが起こると
頑張ってきてよかった♪
また頑張ろう!
という気持ちになります♡

さて
今日は歯科検診です♪
頑張ります٩(ˊᗜˋ*)و





nao♪