あらかぶのブログ

富谷のプロ家庭教師~A MARON 学習教室~公式ホームページはこちら

  • 06Jan
    • 今年の中学3年生

      おはようございます。あらかぶです。 今年のうちの中学3年生は、全体的には力としては昨年より少し低いかもしれませんが、勉強を非常によく頑張る生徒が多い気がします(あくまで全体的な傾向ですが・・・)。今、ここにきて「高校に行ったら、実はそれが一番大事なんじゃないかな」と考えています。 高校では教科が細分化し、今まで以上に勉強をしなければならなくなるのはわかり切ったことですが、部活などで今まで以上に時間を取られているにもかかわらず、今まで以上に勉強しなければならないということに直面します。そうした時に一番苦労するのが、試験前だけ徹夜で勉強して点数を取っていた生徒や何もせずにとれていた生徒で、この人たちがかなり苦しむことになります。また、勉強を「させられていた」生徒も苦しみます。 宮城の公立高校は一部を除いて丁寧懇切に一からすべてを教えてくれる学校ではありません。中には、何十ページも「自分でやっておくように」と言われて、試験の時だけに出てくることも、いくつかの高校の生徒から話を聞きます。言われる前に自分でやっておくことが当然のこととして考えられているのですね。 そうなると、自分の意思で中学の間に最低3~4時間程度は毎日勉強しても苦にならない精神状態を作っておく必要があります。そういう状態を定期考査や受験勉強で作り上げていくことがとても重要な気がいたします。 その点は今年のうちの受験生は成功している気がしています。あとは、合格を勝ち取ってよい高校生活を迎えられるように残りの少し頑張ってほしいですね。

      15
      テーマ:
  • 05Jan
    • それにしても難しい!

      こんにちは。あらかぶです。新年がはじまり、冬期講習も再開して生徒を見ていますが…。 今、一番勉強していて、安全圏ではないけれど高校に行ってもやっていけるだろうという生徒が中3の3人、高3ですかね。そのうち2人は「勉強する」という癖がしっかり身についているので、高校に行ってもその癖は崩れないと思います。あと一人はまだ癖というまではいきませんが、今、猛烈な形で追い上げていますね。3人とも中々頑張ってくれています。 ただ、問題なのはそれ以外の生徒ですね。うちは小学5年生から高校3年生までいますが、その中で受験生を除いて一番今成長していると感じるのは小学生の子です。もう少し中学生と高校生が負けずに頑張ってほしいですね。 小学生の生徒さんは始めたころには80分間の授業も全く集中できませんでした。でも今は、毎日21題の復習計算プリントと国語の文章題の読解プリントを欠かさずに頑張ってくれています。「苦手なことから集中して終わらせる」と言って、毎日頑張った結果、ここ数か月ですごく伸びてきたことを感じています。もちろん、まだまだの部分もありますが、手を抜かずに苦手なことを一生懸命できるところが立派ですね。 逆に、もっとできる力を持っているのに勿体ないなあと思う生徒さんも何人かいます。特に中学生は、高校受験を迎える前までに「高校に行っても大丈夫」と、今年の受験生くらいにまで精神的に成長してくれることを願いつつ、私自身もそうなるように精一杯努力していきたいと思います。 10人いれば、10人の異なるアプローチがある。心に火をつけるのはやっぱり難しい。でも、だからこそ楽しいし、生徒の可能性を信じて今年一年頑張ってきたいと思います。  

      2
      テーマ:
  • 04Jan
    • 国語講座開講します(訂正版)

      こんにちは。あらかぶです。本年もよろしくお願い申し上げます。 A MARON 学習教室では、2017年4月より新中学1年~新高校2年生を対象に「国語講座」を開講いたします。中学生には『論理エンジンOS1~5』『論理エンジン中学国語必須編』高校1年生にも中学生と同じ『論理エンジンOS1~5』と『論理エンジン高校国語必須編上・下』『大学入試必須編Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』、さらに市販のテキストを用いて古文・漢文にも対応してまいります。 名門会家庭教師センターで、一部の生徒(希望者のみ)には『論理エンジン』を用いて指導しておりますが、他のテキストを用いて指導するよりも中学生に対しては非常に良い成果が出ています。一文の構造から見てまいりますので、最初は簡単と感じるかもしれませんが、問題の読み方を変えていくには十分な練習量が確保されていて優れています。また、高校生にとっても特に理系の生徒さんにとってはやいうちに国語をできるようにしておくことは、3年生になって理系の受験科目を徹底するうえで必要なことと思われます。 どうぞ、ご希望の方はお問い合わせのページからご連絡をお願い申し上げます。実施曜日 原則:土曜日午前中・日曜日午後対象:新中学1年生~新高校2年生定員:各時間とも2名まで開始:2017年4月8日(土)~土曜日対象費用(1回80分あたり)➀7:30~8:50   新中学1年生(定員2名)3,500円(1名につき)➁9:00~10:20   新中学2年生(定員2名)3,500円(1名につき) ➂10:30~11:50   新中学3年生(定員2名)3,500円(1名につき)日曜日  ①14:00~16:00    新高校1年生(定員2名)    5,500円(1名につき)  ➁16:30~18:30    新高校2年生(定員2名)    5,500円(1名につき)*自宅の一室で行っている関係上、これ以上に定員を増やせないことをご了承ください。注意事項1.費用は、テキスト代(『論理エンジンOS1~OS5』、『誌上講義』の合計10冊)を含みます。その他のテキストは、別途実費(1冊1,500円前後)となります。2.その他、この講座のみをお申し込みの方は、別途諸経費(光熱費)1,000円を頂戴いたします。普段の授業を受けていらっしゃる方についてはすでに頂いていますので必要ございません。3.この国語講座は、原則、学校授業には対応しておりません。学校の定期考査の文章を扱うことはございませんのでご注意ください。4.土曜日午前ではなく、1人で通常の時間帯で『論理エンジン』を使用して指導する場合には、通常の指導料金(中学生3,500円・高校生4,000円)の他に別途『論理エンジン』の実費を頂戴いたします。2名同時指導ということで、上記の費用に押さえてございますので、どうぞご了承ください。5.この講座に関しては1対2まででの指導を行っていきますので、その点をどうぞご了承ください。なお、その時間帯に一人しかいなくても土曜日午前の時間帯の場合には費用は変わりませんのでご安心ください。お問い合わせは「富谷のプロ家庭教師吉田 A MARON 学習教室」まで。お問い合わせ欄から必要事項をご記入いただき、送信してください。

      2
      テーマ:
  • 01Jan
    • 新年のお慶びを申し上げます。

      新年のお慶びを申し上げます。この1年が皆様にとりまして素敵な1年となりますように!特に受験生の皆さんが志望校の合格を勝ち取ることができますように!今年もよろしくお願い申し上げます。

      1
      テーマ:
  • 24Dec
    • 科目同士のかかわりを見つけていこう

      こんばんは。あらかぶです。最近、私のもとに受講の問い合わせを含め、連絡をいただくことが増えています。ただ、現状では残念ながら時間の都合がつかず、お受けすることができない状態です。申し訳ありません。で、高校生の指導のお願いをよくいただくので話をお聞きすると、たいてい次のような方が多いです。①高校でナンバースクールやそれに準じるくらいの学校に行っている。➁しかし、成績がその学校で低く推移していて、何とかしてくれないか?➂英語・国語(古文・漢文)が分からない。出来ればお受けしてあげたいのも山々ですが、こういう生徒に共通して言えることの一つに、「実は現代文が一番わかっていない」という生徒が多いと感じます(もちろん、すべての生徒ではありませんが・・・)。たとえば、ある段落の中で一番言いたいことがどこかを理解できていない。けれど、「現代文はできるのですが・・・」というのですね。日本語の構造、さらにいえば言語の構造を理解できていないし、語彙力もすくないのですが、「分かっている」と思っている方が多いのです。だから、古文は現代文とは別の科目と思ってしまう。英語は全く別物と感じてしまう。共通していることはいっぱいあるのですが・・・。そういったところから復習を始めていくことが大切です。現代文、古文、漢文、英語、その他の教科・・・。たがいにかかわりあっている部分をしっかり考えながら学習をしてくださいね。

      3
      2
      テーマ:
  • 15Dec
    • ラストスパート

      こんばんは。あらかぶです。 中学3年生はここにきて何とかどの生徒も足りてきそうな感じになってきました。一人は1か月後に試験、一人は2月の前期試験、一人は最後の公立を目指して目下頑張っています。どの生徒も少しずつ手ごたえは見えてきたかなという感じですね。 さて2年生・・・。学力的には今の3年生よりも高い生徒が揃っています。負けん気も強くて頑張っています。この後期中間考査で一人は数学で90点台中盤を、もう一人は5教科で430点台まで上がってきました。ただ、ここから上がるには今のままでは足りません。自分に足りない部分を考えて、しっかりプランを立てて学習することが必要です。苦手なものほど・・・ね。それと、高校に行ってそこでも十分力を発揮できるような勉強の仕方を学ぶ必要があります。その下地を作っていくのがこの時期なので、今まで以上に頑張っていきましょう。 そして1年生・・・。全体的にのんびりしすぎです。私は能力はあると思っていますが、意識が他のことに行き過ぎている生徒がちらほら・・・。ここらで性根を相当入れないといけないような気がします。このままでは、春に合宿でもしなければいけないかなと思っています。でもこの1年生のいいところは、みんな一生懸命頑張れるものを持っているところです。その頑張れるものを精一杯行うためにも、勉強もおろそかにしないようにしていきましょう。

      3
      テーマ:
    • 後期中間はやはり難しい

      こんにちは。あらかぶです。 後期中間が終わり、中学1・2年生で特に面談を必要とするご家庭との面談を始めています。その中で一貫して出てくるのは、「勉強時間の少なさ」ですね。 家庭教師をやっていて歯がゆく感じてくるのはこの「勉強時間」の確保がなかなか難しいというところです。特に、試験前にはそれが顕著に出てきます。 私も反省を上げるとすると、次のことかなと思います。➀学校のワークは3週間前に終わらせておくこと。試験前に自分で徹底的に勉強ができる生徒ならば2週間前でもよいかもしれませんが、1週間に1度の指導しかないご家庭でははやめに終わらせておくことは必須だと痛感しました。              ↓そのためには、「日曜日」「祝日」「秋季休み」をつぶしていく必要がある。➁英単語や漢字などの得点源は毎回の宿題を通してあらかじめ範囲を練習させておくこと。試験前は問題演習系と解説・確認に時間を使いたいため、普段は暗記系に関しての宿題を徹底させる。➂来年度の授業形態に関して、変更を検討する。80分ではなくて、80分+自習+確認テスト⇨自習授業時に確認テスト2 のような感じにできればと思う。                ↓ 自習および確認テストを実施する人物を雇う(?!)など、少しずつ検討を行い、進めていきたいと思います。 富谷のプロ家庭教師吉田 A MARON 学習教室 公式ホームページhttp://amaron.info/             

      2
      テーマ:
  • 11Dec
    • 中1 Unit8/9 本文暗唱用カード完成  *一般公開用

      こんにちは。あらかぶです。本日は寒いですね。あらかぶは今日はうちでゆっくりしているのですが、ゆっくりしながら「音読カード」なるものができました。Unit8・9(NEW HORIZON 中1)ですが、表面が英語本文・新出単語(英語→日本語)・文法説明、裏面が日本語訳・新出単語(日本語→英語)・文法説明といったものです。 英語の本文には新出単語が出てくるところの色を赤色に変え、そこで日本語が思い浮かぶかの確認を行います。また、新出単語の欄は表面は日本語を赤で、裏面は英単語を赤色にしてあり、赤シートで隠せば何度でも単語練習に仕える工夫を行いました。これでPART1~PART3の本文に関しては一枚で確認することができます。 あとはこれに、教科書ガイドのCDなどで本文を一文ずつ聞いて発音してみることなどや、最終的には裏面の日本語訳を見て英語を話し(暗唱)、書く(暗写)する練習をしていく助けができればなと思います。

      4
      テーマ:
  • 04Dec
    • まずは直訳・それから意訳へ

       こんにちは。あらかぶです。 英語を教えているときに非常に困ることの一つに「意訳表現が多い」ということがあります。 もちろん、会話していることが前提なので「意訳」で理解しておけばいい場面もありますが、それが後になって非常に困るということを何度か経験しています。 極端なことを言えば Good morning. を「おはようございます。」を意訳することですね。「おはようございます」はわかるけれども、[good][morning]の意味を知らずに覚えているせいで、後になってそれぞれの単語と意味を覚えるといったことが起こっています。 なぜこれが問題なのかというと、例えば大学入試で出てくる英文がありますね。知らない単語もたくさん出てきます。知っている単語ももちろん出てきます。それらが出てきて初めて文を読む時に、基本となる単語の意味を知らない状態で意訳ができるかどうか・・・というと、答えはおそらくNO! ですね。 加えて、なぜ相手に対して[Good morning]というかを理解することが文化を理解するために大事なことなのですが、そこも抜きにして≪「おはようございます」と訳せ≫というのはあまりにも乱暴な気がします。 入試的な意味合いからも、文化学習の意味合いからも、まずは直訳、そして意訳を考えていかなければいけないような気がしています。

      2
      テーマ:
  • 30Nov
    • 学校ワークの功罪

       こんばんは。あらかぶです。 定期試験前になると、学校ワークについて「何とかならないものかな」と感じます。学校が生徒に買わせるワーク教材は、他に比べると非常に安価で助かる部分が多々あるのは承知していますが、あのワークを終わらせることに必死になる余り、それが「試験勉強」になっている生徒さんが多いということを感じます。 結局、頭を使って「つながり」を意識しながら覚えていくことをせずに、答えを覚えてしまう生徒が多くなっているんですね。 私は中学校までは京都府でしたが、その時には学校ワークなんてなかったですね。箇条書きになっているノートを見ながら、「○○は、こういうことで××につながって」なんていつも出来事と出来事の間の流れを思い浮かべながら歴史を覚えたり、空欄の一問一答式のノートを一冊自分で作って・・・なんてこともやっていた気がします。どうやれば上がるか試行錯誤しながらテスト勉強していましたね。時間的には学校ワークの問題演習よりはるかにかかった気もしますが、そうして作った内容ほど後々まで覚えていますね。 今と昔の勉強は違う・・・と言ってしまえばそれで終わりなのかもしれませんが、そのころに比べると明らかに「考える」というプロセスが抜けている気がします。「楽に」勉強できる反面、覚えが悪くなって結局身についていない生徒が増えているような気がしています。 そこをどう指導していくかが家庭教師としての本当の力量なのかもしれませんが・・・ね。

      3
      テーマ:
  • 29Nov
    • 英単語の覚え方① 覚えるのが苦手な人(主に中学生)用

       こんにちは。あらかぶです。 今日は、英語の単語を覚えるのが苦手な人用の英単語の覚え方を書いていきたいと思います。まず、「英単語を覚える」とはどのようなことかを知っておきましょう。 1.英単語の意味を知ること。 2.英単語の発音を知ること。 3.英単語のスペルを知ること。 4.英単語の使い方を知ること。 この4つになります。特に中学生で英単語を覚えるのが苦手な生徒さんは、3・4あたりが苦手だという意見が多いようです。 だからこそ、英単語はまずできることからやっていきます。➀英単語を左側に書き、意味を右側に書きます。9個くらいずつがいいかもしれません。②意味の部分を隠し、英単語を発音し、意味を言えるかを確認します。英単語だけを見て、意味がすべて言えるようになるまで繰り返し声に出して覚えます。 (例)「teacher(ティーチャー)」→「先生」、「many(メニ―)」→「多くの」・・・➂上から順に9個発音と意味を間違えずに3回くらい言えたら、下から逆に9個、発音と意味が言えるかどうか確認します。これは、順番で意味を覚えてしまう(何番目だから〇〇・・・など)ことを防いで、どのような順番でも言えるようになっているかをか確認するためです。これも3回くらい連続して9個を間違えないように言えればいいと思います。➃続いて、英単語を覚えに入ります。先ほど英単語と訳を書いたノートがあると思いますが、その右側に書いていきます。まずは一つの単語につき、3回くらい書きましょう。描く時は発音と意味を言いながら書いていきます。その際に注意することは、3つの単語について、3回ずつ書けたら、手を止めてください。➄ここが大事です。手を止めた後、3つの単語を小テストします。意味を見て、単語を書けるかを行ってください。3つならば、書ける人はかなり多いはずです。書けなかった人は、もう一度➃に戻りましょう。➅3つが書けた人は、次の3つの単語を➃の要領で覚えましょう。そして、3つ終わった時点で、また小テストをしてください。➆➅に合格した人は、この時点で最初からの6つが書けるかどうか確認しましょう。この時に、できれば上から順に6つ確認した後、下から順に6つ再度確認を行ってください。出来れば次に進みます。➇➆ができた人は、さらに次の3つの英単語を➃と同じやり方で書いていきましょう。終われば、英単語を3つテストしてください。➈➇で合格した人は、合計9つが発音と意味、スペルができるかどうか確認してみましょう。➆と同じ要領で上から順に9つテストをした後に、下から順に9つテストを行います。 *ここまで行えば、たいてい書けるようになっているはずです。本当は使い方まで行ければよいのですが、まだ苦手な人はまずはここまでやってみましょう。  これのポイントは、短時間ですが一度違うところを行った後に、戻って復習する部分です。同じものを繰り返し書いているだけでは、「反復」ではありません。「反復」とは、一度目を離して異なるものに目を向けた後、すぐに前にやったことに戻って確認をしてみることです。 また、単語3つずつにしたのは、一度に9個を覚えることは苦手な生徒にとっては負担に感じてしまうからです。3つだったら、覚えられるというかたちを繰り返すことで、意外と早く覚えられるという感覚が身につくと思います。 さらに、最初に発音と意味を行うのは、➀意味が分かれば本文はなんとなく理解できるということ。②声に出すとSPEAKINGやリスニングの技能も高まること。➂書くよりも数多く反復しやすいし、意味を覚えているという安心感をもって、単語のスペルの練習に集中できること が挙げられます。 苦手な人はぜひ試してみてください。英単語だけでなく、漢字などでも有効ですよ。ぜひアレンジして自分なりの覚え方を作ってほしいと思います。

      1
      テーマ:
  • 19Nov
    • 志望理由書

      こんばんは。あらかぶです。また、この季節がやってまいりました。志望理由書・・・。受験勉強の忙しい時期に「面倒くさい」と思う人もいるかもしれませんね。また、意外にこれが一番の難敵だったりもします。志望理由書のポイントは二つ。ひとつは、自分がその学校を希望する理由。そしてもうひとつは、自分が希望する学校から「この生徒を取りたい」と思わせられるか。ただ自分sが「ここに行きたいです」ではだめなのです。そこに行くために、どれだけ自分はその学校のことを知っているか。本当に行きたいのならば、いろいろ調べていて当然ですね。また、そこに行くためにどれだけの努力をしているのか。それも志望理由書で見えてきます。「あ、この子は名前に憧れているだけだな」とかね。志望理由書を何度も書きなおしをしながら、自分の気持ちをより強くしていくようにしてください。決して面倒がらずにね。

      6
      テーマ:
  • 17Nov
    • 数学:小問集合の徹底

      こんにちは。あらかぶです。中学3年生は一部の生徒は数学で「小問集合の徹底」を始めました。皆が解ける小問集合(おもに大問1)と考えがちですが、実は以外に間違う問題が多くあります。加えて、意外と配点率が高い。大問1は宮城県は全国の中で配点率は低いほうですが、それでも23~30%前後あります。出題数もすべて小問で計算すると25問中9問は小問集合なわけですね。他県では30~40%くらいのところもあります。で、当然感じることですが、大問は進むにしたがって問題文も長くなり、難しい(と感じる)問題も多くなってきます。で、やってしまうのが、そこで長い時間をかけてしまうこと・・・。ところが、そこに長い時間をかけるより小問を間違えずに解く方が点数が上がるということもよくあるのですね。特に何時も平均点前後の生徒はそうかもしれません。私はできない問題を解く練習をするなと言っているのではありません。まだ少しは時間がありますから。ただ、その練習をすると同時に、できる問題を確実に落とさないような練習をすることも並行してやっていくことが大事になります。特に、数学が苦手という生徒は、この大問1を徹底してやりこみましょう。

      2
      テーマ:
  • 10Nov
    • 今年度の中学3年生模擬試験(宮城ぜんけん模試・新みやぎ模試)の募集を開始いたしました。

      こんにちは。あらかぶです。今年度の残りの中3模擬試験(宮城ぜんけん模試・新みやぎ模試)の募集を開始いたしました。会場は、A MARON 学習教室(私の自宅の一室)となります。12月4日(日) 新みやぎ模試(11月22日募集締め切り)12月18日(日) 宮城ぜんけん模試(11月22日募集締め切り)1月8日(日) 新みやぎ模試(12月20日募集締め切り)1月22日(日) 宮城ぜんけん模試(1月12日募集締め切り)1月29日(日) 新みやぎ模試(1月17日募集締め切り)です。A MARON 学習教室の公式ホームページ(http://amaron.info/custom.html )をご覧いただき、要項をご確認の上、公式ホームページ内のお問い合わせよりご連絡ください。費用は、新みやぎ模試3,800円、宮城ぜんけん模試4,100円です。郵送をご希望の方は、別途140円を頂戴いたします。部屋が狭いので、定員は4名です。どうぞご検討のほど、お願い申し上げます。

      テーマ:
    • 受験校が決まってきました。

      おはようございます。あらかぶです。いよいよ受験校が決まってきました。公立のランクを上げようと考えている生徒。私立の推薦に決めた生徒。私立で一つ、確実な学校を受けて、公立でチャレンジを試みる生徒。と、それぞれですが、共通しているのは自分の意思をもって考えている子だということ。あとはそれに合うように今後のプランをしっかり練って取り組んでいくだけです。また、はやく決まった場合にはそれ以上に厳しい学習を課しますのでそのつもりでいてほしいと思います。特に英語と数学は中学の勉強を固めることもさることながら、受験以上に難しい高校の勉強を徹底して入れていきます。目標に向かって、突き進んでいこう!

      1
      テーマ:
  • 09Nov
    • 小学校:「掛け算」「割り算」の虫食い部分を求める式を作ることが苦手な人へ

      こんばんは。あらかぶです。今、小学生も時々教えていますが、結構苦手としているものの一つに虫食い算があります。□÷5=3  や、 □×8=40  などですね。もちろんこれくらいの問題であればわかるのですが、351.96÷□=50.28などになると、どう計算して良いのか迷う子がいます。もし迷った時には、次のことをしてみましょう。➀割られる数を分母に書く。②割る数を分子の左側に書く。➂答えを分子の右側に書く。➀と②の関係は「割り算」です。➀と➂の関係も割り算です。②と➂の関係(横並び)は掛け算です。こうやって考えると、式が簡単に作れます。よく「みはじ(道のり・速さ・時間)を書いた円の関係と同じですね。これができると、様々な計算も迷わず式が作れます。ぜひやってみましょう。

      1
      テーマ:
    • 強気!

      こんばんは。あらかぶです。他の方も書いておられますが、第1回志願者予備調査の倍率が発表されました。で、その結果は他の方が書いていらっしゃるのであえて言う必要はないですが、この予備調査の結果を受けて、それぞれどう考えるか・・・ですね。うちでは今年の中学3年生は3人・・・三者三様です。ただ、これまで指導した生徒たちの(今の中3の先輩のこと)様子で言うと、受験校の難易度のランクを上げようとする生徒の方が良い結果が生まれていますね。もちろん早めに対策を練った方がいいですし、私も時には反対することもあるかもしれませんが、その場合にも「見返してやる!」という思いで頑張ってくれたらなと思います。

      テーマ:
  • 04Nov
    • 過去問の解き方

      こんにちは。あらかぶです。今日は、過去問の解き方について話したいと思います。大きく分けると2つあると思います。ひとつは、その年度の問題をまるまる解くやり方。これは、時間をはかって一つにかける時間決めて行うと効果的です。ただ、このやり方だと一つ一つの問題にどのような設問が出ているのかがぼやけてしまうことおあります。そこで、同じカテゴリーの問題ばかりを何年も行うやり方を並行して行うことも必要です。たとえば、文法問題であれば文法問題ばかりを押さえて、その学校ではどのようなことを聞かれているかを確認する。例えば、長文問題では長文問題ばかりを解いて、その学校では長文でどのようなことを聞かれているかを確認する。こうして文法であれば特にその学校が好きな分野、好きな出題の仕方を体にしみこませるのと同時に、特に出題されているところなどをその後、徹底的に学習をするのです。そうしたことと、時間配分を考えた一通りすべてを行うやり方を身につけていくことが大事なのだと思います。ぜひ試してみてください。

      3
      テーマ:
  • 03Nov
    • 英語の授業の一風景

      こんにちは。あらかぶです。今、中学1年生のある生徒には教科書と学校のワークを中心に学習しています。今度課題になる一般動詞の3人称単数現在が終わりました。一問一問、正解した問題も間違えた問題も必ず「理由」を聞くようにしています。私:「これはどうしてwantなの?」生徒:「えっと、want(ほしい)と思っている人がMy sister and brotherで、この片方だけならばIでもYouでも複数でもない3人称単数になるからwantsなんですが、ここでは2人が『ほしい』と思っているので、複数になって、元の形に戻りました。」などというやり取りを毎回やっています。理由が言えなければ、たとえ答えがあっていても意味がないですからね。(   ) he a basketball player?☝理解していない生徒だと、一般動詞の3人称単数を習っているときには必ずDoesを入れます。いや、まだDoesならいい方かもしれません。Doとしてしまう子もいます。同じように会話で理解しているか聞いていきます。私:「これはどうしてIsなの?」生徒:「最初は主語のheが3人称単数で、疑問文なのでDoesと思ったのですが、後ろを見ると一般動詞がありませんでした。なのでここはbe動詞の疑問文の形(主語と動詞の語順をひっくり返す)のが正解だと思い、Isにして、訳してみたら訳が普通にできたので、Isを書きました。」とてもくどいですが、これの繰り返しです。問題を解いて、○付けだけにならないように、プロセスをしっかり確認しながらやっていくと、時間はかかりますが必ず伸びてきます。ある生徒の英語の授業の1例でした。

      2
      テーマ:

プロフィール

あらかぶ

性別:
男性
自己紹介:
富谷のプロ家庭教師あらかぶです。よろしく。

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス