ホームページのリニューアルを機に
これまでのCDのダウンロード販売とストリーミング配信を開始しました。
Apple Music、Spotify、iTunes Store、LINE MUSIC、
amazon music、レコチョク等、数多くのサイトから聴いていただけます。

こちらからどうぞ。カワギシ ヒロ - TuneCore Japan

今回、4枚のアルバムをアップした。
4枚とも今の感性ミックスとマスタリングををやり直した。

仕上がりには満足している。


西アフリカのセネガルでコラに出会ったのを機に
長らく休止していた音楽活動を再開したのが40歳のとき、

それ以来、今日までひたすら走り続けてきた。
未知の楽器との格闘!?、創作、ライブ・・・

ライブ活動と共に7枚のソロアルバムをはじめ
ユニットアルバムや多数のコラボ作品を制作してきた。

これまで自分のアルバムをじっくりと聴き返すことは殆どなかった。
正直に言えば僕の中ではアルバムを完成させた時点でいつも終わっていた。

家内や友人からもよく言われることだが、
僕は音楽に限らず、作ることが大好きで
その後のケアが面倒くさいというか、とっても苦手なのだ。

冷蔵庫や収納庫には忘れ去られた料理や発酵食品、
様々な試作品、製作物がひっそりと鎮座している。

僕はなにかを作っていればご機嫌なのだ。

 

振り返るということは殆どしてこなかったと思う。

しかし、コロナ渦で時間ができた。
これまでのアルバムをリスナーとして
しっかり向かい合いたくなった。

制作している時とリリース直後はいつもアラばかりが気になり、クリティカルの塊だ。

「これではだめだ、もっと頑張らなくちゃ!次こそ!」

そう思ってやってきた。

これは向上心の表れではあるのだろうが、
その背後には根深い自己否定と無価値観が潜んでいることに最近気づいた。

時間が経ち、クールに聴いてみると以前の印象とはずいぶん違っていた。

 

“良い!”  とっても良いのだ!!!

どのアルバムもそれぞれとても充実している。
表したい方向性もしっかりしている。

曲も歌詞もサウンドも。

時の流れの中でも色褪せていないと僕は感じた。


「お前、なかなか頑張ってきたじゃない!よくやった!」
初めて自分を褒めたくなった。

やっと少しだけ自分を認められるようになったのかも。

これまでのアルバムをできるだけたくさんの人に聴いて欲しい。
そう心から思った。

だからダウンロードとストリーミング配信を開始しました。

「hi-to-ri」、「sa-la-sa-la」、「Var Rouda Mau Kaan」、「¿オゲンキデスカ?」
の4枚のアルバムすべてを今の感性と技術でリミックス、リマスタリングした。
僕の中では更に完成度が増したと思っている。
制作直後に思っていたやり残しや改良点もクリアできた。

コロナ渦は僕にとって、これまでの自分を見つめ直し、
新たな方向を見定める意義ある期間だと僕は思っている。
こんなことでもない限り、回っている日常の流れを止めることはなかなか難しい。

 

これで新しい活動へおもいっきり舵を切れる。

これまで僕の音楽を聴いてきてくださった方は勿論、
僕という存在をご存じない方も是非、聴いてみてください。

音源ダウンロードとストリーミング配信はこちらからどうぞ。
カワギシ ヒロ - TuneCore Japan
 

 

長い間クローズしていたホームページをリニューアルした。

ライブは昨年の一月を最後に一度もやっていない。
一年に一度、多い時は二度やっていたロングツアーももちろん無し!
それまで親しく交流していた人たちともメールやSNSでのやり取り程度で

お会いする機会もほとんどない。

多くの方々と同様、僕にとってもコロナの影響は大きい。
何かステージが変わってしまった感じがしているのは僕だけだろうか。

これは年齢的なこともあるかもしれない。

僕くらいの世代の中にはリタイアして一線から退き、
余生を楽しんでいる方も少なくないようだ。
僕の友人たちにもそうした現象は起きている。

気がついたら高齢者という枠内に入り込んでいる。

僕はといえば、リタイアからは程遠い。
一生現役と思って今日までやってきている。

ただし、音楽の泉が枯れたと思ったら、その時が辞める時。
すぐさまきれいさっぱり足を洗うつもりだ。

そのシグナルはきっと心境となって訪れるのじゃないかな。

今のところ、音楽でやりたいことはいっぱいあるし、
向上したいことも山ほどある。
創作意欲も健在だ。
やり切った感はまるでない。

ただ健康にはこれまで以上に気をつけなくちゃ。
身体を慈しみ大切にしていきたいと思っている。

いつまでも楽器を演奏していたいし、歌っていたいから。

ホームページのリニューアルは以前からの懸案事項でいつかやりたいと思っていたが、
やはり時間とエネルギーが要るのでこれまで中々出来ないでいた。

時間はたっぷりある。
新しい創作に入る前に
自分のこれまでの活動を振り返りながらホームページをリニューアルに着手。
以前から使っているホームページ制作ソフトは僕の知らぬ間にすっかりバージョンアップし、
一から使い方を覚えるのは骨が折れた。

ソフトもハードも進化のスピードがものすごい!

ホームページ、ブログ、SNS・・・どれも正直あまり得意な方ではないが、
この時期、直接交流することがなかなか難しい・・・

できることは何でもやろう!
積極的に活動を発信していきたいと今更ながら思っている。

ホームページ内でこれまでの制作作品の試聴もできます。歌詞もすべて載せました。

ライブではやってこなかった作品も是非聴いていただきたいです。
アルバム制作以外の活動についても紹介しています。

ただ、まだまだ途中です。

どんどん更新し、充実させていきたいと思っています。
どうぞ覗いてみてください。

お問い合わせペーからご意見、ご感想をいただければ嬉しいです。

リニューアルを機にこれまでのCDのダウンロード販売とストリーミング配信も開始しました。
四枚のCDをアップしました。
四枚とも今の感性でミックスとマスタリングををやり直しました。
以前よりも聴き応えのある仕上がりになったと思っています。
Apple Music、Spotify、iTunes Store、LINE MUSIC、amazon music、レコチョク等
数多くのサイトから聴いていただけます。
こちらもよろしくお願いします。

 

梅雨明け間近ですね!

暑さに気をつけ夏を楽しみましょう。

 

ホームページはこちらから

カワギシヒロ|アマホロミュージック (amahoro-music.com)

 

音源ダウンロードとストリーミング配信はこちらから

カワギシ ヒロ - TuneCore Japan


わのん夏至の音リトリート♪

✨陰陽が調和の夏至✨

大地に触れてリセットし,音と声で共に奏でる世界を体感

来月6/20、21の二日間、
小諸市にある農カフェわのんを会場にしてリトリートが行われます。

主催は天音ともさんです。

天音ともさん(ともちゃん)は十数年以来の友人で

現在は
アーティスト/自然農ファーマー/ナチュラルフードコーディネーター/プロデューサー/ヒプノセラピスト
として多彩な分野で活躍されていますが、
彼女にとってはすべてで一つ、

それぞれは愛と美を創造するアートの各側面なのだと僕は思っています。

三年前から音楽活動も本格的に再開し、デュエットアルバムをリリースしています。
僕のCD“sa-lsa-sa-la”にも歌で参加してくれています。

今回のリトリートは大地と音を通してありのままのあなたと出会い、
忘れていたイノチの静けさと輝きに気づいていくことが目的です。

 

僕はKYOKANワークというトーンチャイムを使った響き合いのワークと

三昧琴を響かせての瞑想ワークで参加します。

一日目は


堀江博幸さんリードによるフィールドワーク、森の瞑想、

KYOKANワーク、

温泉での寛ぎの後、農カフェわのんでの身体もココロも魂も喜ぶ夕食タイム、

夕食後は三昧琴を響かせながら全員で瞑想タイム。

二日目は


ともちゃんのソルフェジオ音叉とヴォイスのリードによるチャクラ瞑想、

畑での自然農野菜収穫をした後、全員で調理し、いただくブランチ・タイム、

午後は再びKYOKANワークで更なる深みへ、

ワーク終了後シェアリングした後、
ともちゃんより参加者全員一人一人にリーディング。


充実した濃い二日間になると思います。

七名限定です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

それぞれのワークも映像でご覧になれます。

ご興味のある方、参加をご希望の方はこちらからどうぞ。

 

https://form.run/@kominka-vegecafe-1620275802