アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪



土、日、祝日ペタ返し、コメント返しをお休みさせていただきます。





YouTubeで視聴アマデウス就寝前の音楽POPS10選JAZZ10選

ヘッドフォン アヒルのワルツ(アフラックCM曲)、7番までフルコーラスMVクウェ、クウェ、クウェ、クワッ、クワッ、クワッ♪




アマデウスが独断と偏見で選んだ究極のモーツアルト16選

すべてのジャンルでアンサンブルを味わう
$アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪







アマデウスの記事をジャンル別に読めるように目次を作りました
宝石ブルー音楽-邦楽ロック・ポップス  洋楽ロック・ポップス  

       ジャズ・フュージョン  ジャズ  クラシック   民族音楽   純邦楽


宝石赤アート-絵画  ファッション・アクセサリー  ファッション・時計  ファッション・全般  

        フラワーアレンジメント  インテリア 映画・洋画


宝石緑スポーツ-テニス  スケート  バレーボール   ◆その他--- ブログ  ブログルポ  スウィーツ


                  *各ジャンル別の投稿記事件数は、サイドバーのブログテーマ一覧に表示



                                    三重県立美術館愛知県美術館



最新の記事はこの下↓

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

道明寺ここあⅡ:Catch The Moment

道明寺ここあ第二弾は前回と同じLisaさんの曲のカバーです。

 

実は私はテレビを見なくなって10年以上になります。

地デジ化した時テレビをなくしました。

理由はテレビなんて見てる暇があまり作れない。

って、それは単なる言い訳でして、一番の大きな理由は

表のニュースなんて見る価値なしと思ったから。

 

民主党政権時代に超絶ドル安円高(70円代前半)になりました。

このとき某報道番組のメインキャスターがゲストコメンテーターに質問。

「政府はドルを買い支えることはできないのでしょうか?」

帰ってきた答えが

「それは大きなプールに一杯のコーヒーをいれるようなもの

 買い支えなんて不可能です。」

ゲストコメンテーターである専門家は

真実を語ることは許されなかったのでしょう。

 

テレビをなくして5年ほどたったころ

たまには見たいなと思うようになりました。

そこで見つけた動画サイトGYAOを見てたら

昔懐かしいものから新しいものまでアニメが豊富に、しかも無料。

そこからアニメオタクへの道へと。

 

私の三大アニメは

1:とある科学のレールガン(超電磁砲)

2:ソードアートオンライン(SAO)

3:fate

 

SAO劇場版をレンタルでかりてきて見ました。

エンディングで流れてきた曲に一目ぼれ

歌っている歌手を見たらLisa。

 

そんな一目ぼれした曲を

ここあさんがうたっているではありませんか。

RisingHopeと同様、

オリジナルと優劣つけがたいほど気に入っています。

 

では二人のロックスピリッツをお聞きください。

 

道明寺ここあ Catch The Moment

 

Lisa Catch The Moment (short version)

 

Lisa Catch The Moment (full vesion)

 

 

 

 

道明寺ここあⅠ:Risig Hope

最近よく聞く(見る)YouTuberで気になる人を紹介します。

勿論チャンネル登録もしています。登録名は「ここあMusic」。

いろんな人の曲をカバーしています。

 

そんな中からぜひお勧めしたいものを3つ紹介します。

 

まずは第一弾。

Lisaさんの「Rising Hope」。

人気アニメ「魔法科高校の劣等生」のOPです。

 

Lisaさんはロック系の曲が多い中

ベスト3に挙げたい強烈なロックだよ。

 

では言ってみようか。

 

Here We Go !

 

Rising Hope 道明寺ここあversion

 

Rising Hope Lisa (syort version)

 

そしてRising Hopeのカバーできになったもう一人

Rising Hope 富士葵version

緊急告知 崇尾青見 作品紹介動画完成 ~拡散の始まり~

昨年はブログで3人の色彩画家と、ひとりの七宝色彩アーティストを紹介させてもらいました。

その中の一人、崇尾青見さんの作品を紹介する動画が完成したそうです。

YouTubeにアップされたそうですので、早速こちらのブログにもアップしたいと思います。


絵の具の世界では赤色と青色を混ぜると、とてつもなく濃い紫になります。

赤と青がお互い混ざり合うことで、共に光を失うのです。

ここに光を取り戻すには同量以上の白色絵の具が必要となります。


しかし光の世界では、赤色と青色が混ざれば、光溢れる紫が誕生するわけです。

このことをしっかり頭に置いた上で、崇尾青見さんの作品をご鑑賞ください。

光の世界を描く崇尾青見の天上の美

因みに光の世界を描く崇尾青見さん、青見と書いてきよみと読みます。

崇尾青見さんの作品を紹介した昨年の記事は
こちらベル展覧会 崇尾青見(Takao Kiyomi)1:赤~時空を越えた歴史ロマンⅠ~」です。

ウエブデザイナーの講習でFLASHを使用して、崇尾青見さんの作品を私が動かしたもあります。
一番上が崇尾青見さんの作品、二番目が如月愛さん、一番下が私の他愛もない作品
ベル崇尾青見さん&如月愛さん&自作をFLASH動画はこちら




絵画にしても、音楽にしても、日本人はオレンジ色を表現するのが苦手?

先日はイーグルスのホテル・カリフォルニア、ライブバージョンを記事にアップしました。

私は音楽を聴く場合、その楽曲を支配している「色」について考えます。

もちろんすべての楽曲がひとつまたはふたつ位の色で支配されているとは限りません。

色んなものが混ざり合い複雑に交差していて、楽曲の持つ色を決めることができない場合がほとんど。


でも中にはあるでしょう。この楽曲ならば絶対この色って言える場合がたまにあるものです。


ではイーグルスのホテル・カリフォルニア、何色だと思いますか。

私は絶対オレンジ色の夕日色だと思います。(赤でないところがミソ)


それでもう一曲、
オレンジ色の夕日を見ることができるラテンナンバーを記事にアップしようと思います。

Kaoma - Lambada


ところで日本人ってのは赤とか青とか緑などの原色を表現するのは得意だけど

黄色とかオレンジ色なんてのは苦手なのではないでしょうか。

黄色はまだいいです、とかくオレンジ色となると赤と混同しやすいのでは。

そういえばこのブログの読者様のひとりにオレンジ色を得意とし多用する画家さんんが

いらっしゃいました。でも彼のブログをずっと読ませて貰って思ったのです。

彼の感性は日本人離れしている、それどころかとてもイタリア的だと。


ではここでカオマのランバダを日本人がカバーするとどうなるのか。

オレンジ色が薄らいで赤が強くなってしまっているように思いませんか。

カバーしたのは石井明美、楽曲はオレンジ色でも彼女の赤が強すぎて

オレンジ色から遠ざかっていくように思いませんか。


彼女の演奏だけを聴いていたならば、十分オレンジ色を感じることができますが

オリジナルを聴いた後に聴くと、どうしても赤を強く感じてしまうのは私だけでしょうか?


因みに私もオレンジ色を扱うのが下手な、典型的な日本人です。


ではここで石井明美のランバダを聴いてみてください。

AKEMI ISHII LAMBADA - ランバダ・石井明美 1990


オレンジ色を表現するのに
何が足りなかったのでしょうか、
やっぱり光・・・それとも黄色かな?

P.S

おくればせながら、みなさま

あけましておめでとうございます

Eagles : Hotel California live 2004

イーグルスのホテル・カリフォルニア

誰しも一度はブログに演奏をアップしたい曲


ドン・ヘンリーの渋いヴォーカルとドラムス

ツインギターの美しいハーモニー
ギターギター

ジャズ・フュージョンの領域を圧巻させるギターソロ

30年以上熟成された演奏が

大きな交響曲となり人々を飲み込んで行きます

トランペットソロの後に始まるホテル・カリフォルニア

今夜は皆さんも酔いしれてください♪


Eagles - Hotel California live -2004 -HQ 投稿者 -AMBRASE
この記事は0123さんの昨年の記事をきっかけに書いております♪
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>