五月の御朱印

テーマ:

 

五月の御朱印は

菖蒲、鯉のぼり、菅原道真公(天神さん)

 





菅原道真公は

平安時代末期の著名な学者。


学問や書道の神として

広く親しまれるようになりました。


五月の端午の節句に

道真公人形を飾る習慣が始まります。


道真公にあやかって

文武両道の逞しい

男の子に育ってほしい・・

という親の願いが

この風習を生み出したのでしょうねー。



毎回、印鑑のデザインを渡して


ほぼイメージ通りに

仕上げてくださる


いつも印鑑を作ってくれる

氏子の山田さん、ほんとーに

ありがとうございます😊


この手彫りの暖かさが

皆さんにご好評いただいてて


次の月を楽しみに

してくださいます。


彫刻の神さんありがとう✨



私はこれを渡すだけ笑い泣き

得意分野を生かしましょー(笑)