こんにちは。小沼よしえです。
 

 

 

最近刺すような寒さに、
体調の管理は万全でしょうか?
雪は降らなくても、からっ風なので、
冷たさが身に染みて来ちゃいます。



風が冷たくても、寒くても、
心は温めようね!
ということで、心の話を
していこうと思います。



実は私、
風の谷のナウシカが大好きで、
それこそ好き過ぎて、
セリフを覚えちゃってるくらい。



えー、ひくー ゲッソリ

 

 

 

と引かれながらも、
子ども達は違うアニメのセリフを
まるまる覚えていたりする、、
似た者親子ですね!

 

 

 

そこで、出てくる腐海。

なぜ腐海が生まれたのか。

蟲達が何のために存在するのか。

 

 

 

話せば長くなるので、

ここら辺でやめておいて。

気になる方は、ぜひ見てみてください!

そして、一緒に語らいましょう〜

 

 

 

ということで、

風邪をひいたら、

まず皆さんは何をしますか?

 

 

 

お母さんやってると、

無理をしちゃいますよね

 

“家族のため”

 

と。

 

 

 

では、お子さんが風邪をひいたら?

 

 

 

すぐさま病院に行く、など、

されるかもしれません。

 

 

 

先生にお薬出してもらったし、

これで大丈夫!

と安心するかも?ですが、

 

 

 

これで終わりではないんですよね。

病院に行って薬をもらう、は、

対症療法でしかないのです。

 

 

 

確かに、

「病院に行けた」

「薬を処方してもらえた」

ことに、安堵が芽生えると思います。

 

 

 

だけど、

 

 

 

本来風邪とは?

風邪を治すこととは?

 

 

 

と考えると、

病院に行くこと、

薬を内服すること、

が、解決策ではないんですね。

 

 

 

 

また、心の病気が多く見受けられます。

時代と共に増えてもいる。

こんなに便利になった社会なのに、

逆行して心を病む人が増えている。

 

 

 

もうどうしていいかわかんない!

ということで、

心の専門病院に行き、

お薬を処方してもらって安心する。

 

 

 

 

風邪薬も、心の薬も、

一時的には作用したように感じるかも?

なのですが、

 

 

 

それだけだと、

ぶり返す症状と内服薬に

長くお付き合いすることに

なりえるんですね。

 

 

 

 

 

 

家族には元気でいて欲しい、

と願いながら、

不調時に対する一時的な

対症療法で賄おうとする。

 

 

 

身体への風邪症状。

心の風邪。

 

 

 

心と身体は密接な繋がりがあるので、

一時しのぎの対症療法は、

短期的に見れば改善は見られても、

長期的には、長く病院とお付き合い

することとなります。

 

 

 

特に心の病では、

当初病院にかかるにいたった症状から、

もはや副作用が症状の悪化と見られ、

さらなる薬の増量になることも

なきしにもあらずなんですね。

 

 

 

どこを望むか?

それにより、今選ぶものが変わってくるけど、

 

 

 

根本的に解決したいのであれば、

内側からくる心のあり方を

変えていく必要があります。

 

 

 

子どもが風邪をひき、

病院に連れていく親御さんに

「しょうがないから」という言葉が

時々聞かれます。

 

 

 

さらには、

薬で症状を抑えてまでも、

都合のために子どもに無理をさせ

予定を強行突破する強者のいる。

 

 

 

そこだけ切り取ると、

なんて人なの!

と思っちゃうけど、

そうしてしまう背景も存在するわけで。

 

 

 

仕事を休めないことだったり、

忙しいことだったり。

「しょうがない」をそのままで、

何かを切り詰め限界の中でやりくりして。

 

 

 

そうなると、何もかもがごっちゃで、

何を優先して何を抑えるのかも、

考えられなくなってくる。

そして、それに付随する問題も浮上。

 

 

 

まさしく悪循環となってしまうんですね。

 

 

 

うずまきうずまきうずまき

 

 

 

 

先を見通した場合、

 

 

 

 

そんな目先のことだけでいいの?

心を置き去りにしてない?

 

 

 

と思うんです。

 

 

 

それがしわ寄せとなり、

子どもが学校生活で問題を抱えたり、

夫婦のしなくてもいい喧嘩が増えたり。

風邪をひきやすくなったり、

怒りっぽくなったり。

 

 

 

安らげるはずの家庭が、

もはやストレスフルな場になることも。

心の荒れは、生活の荒れにも繋がります。

 

 

 

どんなに部屋を綺麗にしていてしても、

子ども達に沢山の物を与えても、

そして、自分が沢山のものを手に入れても、

 

 

 

心が満たせてない状態では、

荒んでくるですね。

 

 

 

そもそも、心が「空」だから、

欲しがるようになるとも言うのですが。

 

 

 

 

心が満たされず、

色んなものを取り入れ、身につけ、

気づけば本当の心がわからなくなる。

 

 

 

でも、存在はしてるんです、

深く深く奥底に。

 

 

 

 

腐海はそんなキレイな森を

守ってるんですね。

 

 

 

知らず知らずのうちに

瘴気を吐いていませんか?

瘴気を吐かせていませんか?

 

 

 

誰もが本来持っている、

心のキレイな部分。

焼き払うでも奪い合うことでもなく、

見つけること。

 

 

 

まずは心を整えること。

 

 

 

ずっと捜し求めている心の平穏は、

自分の中にあるのです^ ^

それを広げて、暖かい家庭作りを。