Love Love, Kiss Kiss

Love Love, Kiss Kiss

旧おかべぇのブログ。四国・松山在住の元フリーライターが綴る現在×過去×未来。
テーマは音楽、沖縄、カリフォルニア、愛媛、クルマ、グルメ、98年式YAMAHA SR400…。

 

今日はお昼前から友人H君と今治方面へ、スクーターでツーリング。
走り出しはやや寒かったものの、いい感じの暖かさになってきました。
空の蒼がきれいですね。

 

▲行き先は今治と言えばここでしょの「久留米ラーメン光屋」さん。

今回はネギっをトッピングしたせいか、気持ち、スープが薄いような。

ま、美味しいことにはかわりないんですけどね。

期間限定のつけ麺にありつけなかったH君も「今まで一番ウマい」と大絶賛していました。

 

▲帰りはまだ紅葉には早いかなと思い、峠越えの国道317号ではなく海沿いの国道196号でまったり。
ところが菊間町のトンネルを過ぎた途端、バイクのエンジンがいきなりストップ。
焼き付いているわけでもなく、ガソリンも少しは残っているのでガス欠でもないと。
これは電気系だと判断して、はじめてJAFに連絡。
オペレーターの女性は「今日は混んでて2時間待ちになります」申し訳なさそうに言っていましたが、自宅までは20数キロ。
お願いするしかありませんね。
 
▲バイク専用のローダーを搭載したトラックが来ました。
これ考えた人、ホント、スゴいですね。

 

▲あっという間に積み込み完了。

隊員さんは手馴れた手つきで固定ベルトを取り付けています。

 

▲今日は各地でバイクのトラブルが多かったそうで、レッカー依頼は僕で6件目だとか。

隊員さんは「ほとんど走りっぱなしです」と言っていましたが、その言葉からは仕事のやりがいを感じました。

幸いなことにJAFに入っているので、超過料金は思ったよりも安く済みました。

JAFのサポートは会員のドライバー or ライダーに適用されるので、バイク・オンリーの方でも入っておいて損はないです。

もしも会員でなかったから、いくらかかったことやら。

なお、友人H君はトラックがクルマで到着するまで付き合ってくれたので、次回、ごちそうしなきゃ。

なにはともあれ、無事帰宅できたのでヨシとします。

先週の話。

久万高原町で人生初の熱気球。

土日のみの運行で、料金は一人2,500円と、スタッフさんの手間暇を考えれば申し訳ないくらいの金額です。

愛媛県のイメージアップキャラクター『みきゃん』というのもポイント高し。

難点は受付が朝7時からということですが、今後もそのスケジュールで進めていくそうです。


↓予約サイト


 

間近で見ると迫力満点。

 

動力はプロパンガスを燃料とするバーナーからの炎で、フル乗船だと時折追い炊き(?)しながら、ゆっくりと上昇します。

 

僕たちはとある事情により貸し切り状態。

あっという間に上昇していきます。

もっといろいろ撮るつもりだったのですが、緊張していたようです(笑)。

 

手馴れた感じの女性操縦士さんによると、熱気球の免許を取得されている方は全国で1,400人くらいとのこと。

佐賀県では毎年、大規模なイベントが開催されているそうです。

 

熱気球の乗り心地はというと…熱気球以外の何物でもないという感じでした。

地に足着いてないというか。当たり前ですけど(笑)。

 

その後は下道で高知のひろめ市場に行き、やっぱりこれっきゃないとカツオ丼。

到着したのは11時くらいでしたが、ほぼ満席でしたね。

日曜市や商店街周辺を散策してみましたが、地元・愛媛よりも個性的な店が多いですね。

次回は屋台の餃子にもチャレンジしたいところです。

 

↓熱気球の動画です

 

 

 

天野月さんのブログで平岩英子さんが昨年亡くなっていたことを知る。

会話してる時のリアクションが印象的な、アーティストとしても女性としても素敵な人だった。

 

タイトルがイメージよりもはるかにとっつきやすく、音楽を通して世界を旅する彼女の歌声には永遠のたおやかさがある。

 

再び脚光を浴びることを切に願う。

 

故人の冥福をお祈りいたします。