プエラリアミリフィカに豊胸効果や美肌効果? | 海藻パック・タラソパックのアルガアイ

海藻パック・タラソパックのアルガアイ

タラソテラピーとは、海水や海藻・海泥などの海洋資源を利用した、効果的なスキンケア術です。フランス・ブルターニュの伝統に基づくアルガ・アイのタラソテラピー製品は、リゾートホテル様やエステサロン様での業務用の他、自宅用としても人気です。

 

弊社はアドバイザーである北廣美先生の監修のもと、フランスの海藻工業研究所(CEVA)に意見を求めながらタラソテラピー商品の開発を行っていますが、まずはいろんな方面からの情報収集を行います。私が一番重視しているのが、農学的な見地からの考察です。。

 

「あれれ?」と意外に思われるかもしれないですが、農学的な見地から健康・美容を探ってみると、いろんなことが見えてきます。たとえばここで、代表的な穀物でお話しすると、イネの成長を決定付ける重要なミネラルはケイ素で、大豆にはホウ素です。その昔干拓事業を行った直後の農地にはイネは育たず、まずは大豆が栽培されていました。イネは海塩には弱く、逆に大豆が海洋ミネラルであるホウ素を必要とするからです。前置きが長くなりましたが、これは弊社のノウハウでもあり、今回のお話のキーポイントです。

 

プエラリアミリフィカ、別名ガウクルアはマメ科の植物で、それを含有したサプリを飲むとバストアップ効果や美肌効果があり、更年期障害にも絶大な効果があるとの情報が、近年さかんに飛び交っています。女性には願ってもない、魔法のサプリというわけです。誤使用をしない限りは安全で、女性の美容や健康に寄与すると、私も思います。ですから私は、プエラリアミリフィカの悪口を言いたいわけではありません。できれば消費者のみなさんには、プエラリアミリフィカの背景を知っていただいた上で、楽しいサプリ生活を送っていただきたいのです。

 

このプエラリアミリフィカは、タイ北部の民間療法に使用されています。禁断の植物とも呼ばれ、更年期障害を起こした女性には特効薬とされています。が、誤使用による副作用もあるようです。とくに若い女性には、注意が必要のようです。じつはこの地域の土壌はホウ素が欠乏していて、とても大豆ができる地域ではありません。大豆だけでなく白菜などの他の農作物も育ちにくい、いわゆる『痩せた土地』です。当然ながらここの地域の住民の方々は、大豆を食する機会がきわめて少なくなります。このような重要な情報が一切知らされないまま、プエラリアミリフィカの効能のみがお化けのように巨大化して独り歩きしてしまうのが問題なのです。

 

大豆に含有されるビタミンE(γトコフェロール)には、生理痛やむくみにも有効であることが解明されつつあります。しかも大豆は日本では入手が簡単で安価であり、とても安全です。身近で安価なものには目もくれず、遠くの特殊なものを求めるのは、おかしいと思いませんか! あなたご自身やあなたのお子さん、そしてあなたのお友達がもしプエラリアミリフィカに興味がありそうでしたら、まずは「お豆さんを食べましょう!」と言って上げて下さい。もしその方が生理痛や月経不順、そして前更年期障害などに悩んでいたらなおさらです。イソフラボンに限らず大豆の構成成分は、女性を癒す効果絶大です。

 

もしプエラリアミリフィカを求めている方が既に大豆も食している方であれば、プエラリアミリフィカ特有の成分を期待しての挑戦も、よいかもしれません。しかし大豆を食することもなくプエラリアミリフィカを求めるのであれば、それは考えものと私は思います。プエラリアミリフィカに限らず他国で民間療法で使用されているもの(民間伝承食)については、その背景を理解しましょう。サプリの達人としての、必須条件ですよ!^^

 

ココログ内の関連記事

 

はてなブログ縮小版記事

 

公式サイト内のオリジナル記事

 

 


 
 
公式サイト内の人気記事集 肌トラブル編》
 

濃グリセリンとグリセリンの違い

 

パラベン vs フェノキシエタノール

 

ローズマリー葉エキスの安全性

 

1,2-ヘキサンジオールの安全性

 

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

 

グリチルリチン酸2Kはくすみの原因
 
グリチルリチン酸2Kでデコボコ肌に
 
エチルヘキサン酸セチルで額剥がれる
 
低分子ヒアルロン酸で顔カビの危険性
 
「アレルギーテスト済」の過信は禁物
 
石膏パック 不慣れな施術で低温火傷
 

 

  
【サブ公式サイト・ブログ等】
 
サブ公式サイト
 
メインブログ cocolog

 

FACEBOOK
 

INSTAGRAM

 
TWITTER