またまた久しぶりの更新です。。。💧

 

 

 

そして、

 

久しぶりの指導の現場でした❕

 

 

 

 

そう、

 

昨日は

 

知多なでしこサッカースクールの

 

交流会(※他団体様との練習試合)でした。

 

 

 

 

会場は、

 

半田陸上競技場。

 

 

 

 

天然芝❕❕

 

 

 

 

 

 

こんなところ(☚もちろん「素晴らしい」という意味)で

 

サッカーができるなんて・・・

 

子どもたちは

 

『幸せ者』

 

ですよ!!!

 

 

 

 

で、

 

これが

 

解っているのか

 

解っていないのか

 

・・・

 

子どもは解ってはいません。

 

 

 

最初は。

 

 

 

そう、

 

昨日も

 

私は低学年を担当していましたが、

 

なんか最初はぐだぐだでしたね。。。💦

 

(-_-;)

 

 

 

なんやかんや

 

不平不満(?)のようなことを言いながら・・・・・・

 

思いっきりサッカーをやっている子は、

 

ごく一握りだった

 

ような気がします。。。

 

( 一一)

 

 

 

でもそれが、

 

2時間程度時間を共に過ごしていますと、

 

変わってくるんですよね!

 

\(◎o◎)/!

 

 

 

こうしてみようよ

 

あーしてみようよ

 

・・・

 

そこいいね!

 

・・・・・・・

 

まだまだできるよ!

 

etc.

 

なんて言葉をかけながら

 

時間を過ごしていると

 

変わってくるんです❕

 

 

 

さっきまであまり走らなった子が、

 

全力ダッシュをしたり

 

さっきまでボールに近づけなかった子が、

 

団子の中に自ら突入していったり

 

 

・・・

 

大きな変化が出てきました。

 

 

 

 

ところでこれは、

 

何でしょうか❓❔❓

 

 

 

指導がいいから?

 

((+_+))

 

 

 

そうではありません。

 

 

 

もちろん、

 

私も一生懸命子どもたちに

 

語りかけました。(心に迫りました)

 

 

 

でも・・・

 

それを受ける側が

 

素直でなければ全く変化は出ないのです❕

 

 

 

これは、

 

何年現場に入っても感じる事実

 

です。

 

 

 

子どもではなく逆に、

 

大人相手に同じような働き掛けを行うと、

 

全く響かないことも多々ありました。。。

 

(´-∀-`;)

 

 

 

それはなぜでしょうか❓

 

 

 

もうお分かりですよね。

 

 

 

それは、

 

子どもは素直だから。

 

 

 

だから、

 

変われるのです。

 

 

 

 

一方大人は❔

 

 

 

 

変われない訳ではないのですが、

 

なかなか変われません。

 

 

 

しかし、

 

大人の中でも

 

素直(純粋)な心を持った方は、

 

変わっていきます。

 

 

 

 

ただ一般的に、

 

大人は

 

自身にどっぷり何かがまとわりついています。。。

 

 

 

例えば、、、

 

自負心

 

固定概念

 

将又、

 

偏見

 

など。

 

 

 

それが災いして、

 

「こんなことやりたくない」

 

「こんなことやっていても上手くなれるわけがない」

 

なんてことを平気で

 

口に出したり、

 

態度に出したり・・・。

 

 

 

それで

 

とても損をしている方、

 

たくさんいらっしゃいます。(☚これまでの経験上)

 

 

 

 

でも、

 

昨日の子どもたちは違っていました。

 

 

 

全員一人一人に尋ねた訳ではありませんが、

 

解散時は

 

 

満足そうな顔をしていました。

 

 

 

 

子どもは、

 

やはり素晴らしい!

 

だからこそ、

 

子どもを大事に育てなければいけない!!

 

と、

 

改めて思いました。