あっと言う間に

 

春休みが終わり、

 

新年度が始まりました。

 

 

 

長女は
 
中2に・・・

 
 
次女は
 
小5に・・・
 
 
それぞれ
 
進級しました。
 
 
 
🌸
 
 
 
本当に早いですね。
 
 
 
しかし、
 
人間が歳をとること、、、
 
“それ”自体は、
 
何も難しいことではありません。
 
 
 
勝手に(自然に)
 
歳はとっていきます。。。
 
 
 
そして一方ですが、
 
歳を重ねれば、
 
それに比例する力量(人間力)を
 
自然に手に入れていくものでしょうか❓
 
と言えば
 
・・・
 
いえ、
 
そうではありません!
 
 
 
 
 
具体的に
 
何を体験し、
 
そしてそこで
 
何を考え、気づいたか
 
が、大切なこと
 
です。
 
 
 
私はこれまで
 
習い事(☜この言葉自体は好きではないのですが…)
 
先生を長年務めてきました。
 
 
 
そこで痛感した(残念な)ことなのですが、
 
それをやらせておけば
 
自ずと成長する
 
という大人たちの安易な考え
 
です。
 
 
 
 
残念ながら、
 
そんな都合よく簡単に
 
人間というものは
 
勝手に成長していくことは
 
ありません。
 
 
 
「やってみせ
 
 言って聞かせ
 
 褒めてやらねば
 
 人は動かじ」
 
・・・
 
連合艦隊司令長官、山本五十六氏の有名な言葉があります。
 
 
 
つまりは、
 
大人(先輩)が想いを持って
 
子ども(後輩)に関わることの重要性
 
を説いた言葉です。
 
 
 
 
子どもたちは
 
私にとっても
 
これからの社会にとっても
 
“希望”です。
 
 
 
 
だから、
 
今年度も想いを持って育てていこう
 
と思います。
 
 
 
 
繰り返しますが、
 
この子たちは
 
希望なのです。