先回の記事・・・

 

 

 

 

 

 

妻に

 

「この記事どう?」

 

と聞きました(尋ねました)。

 

 

 

 

すると

 

・・・

 

「私には解るけど

 

 解らない人もいるかもね」

 

Σ(゚д゚lll)

 

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

 

 

 

せっかく気合を入れて書いたのに。。。

 

(T_T)

 

 

💧

 

 

 

 

でも

 

実は

 

自身も解っているんです。。。

 

(´・ω`・)エッ?

 

 

 

 

「なんで

 

 ゴミの分別と

 

 サッカーがくっついちゃうの?」

 

ということを

 

多くの方が疑問に思う

 

のではないかということ。。。

 

 

 

 

 

でも

 

“そこ”

 

重要なところであり、

 

逆に“そこ”の部分

 

きちんと伝える人がいない

 

から

 

子どもたちは

 

「ただただ面白いからサッカーをやるだけー」

 

 

「内申点UPのためには部活をした方がいいから、

 まあサッカー部にでも入ろうかなぁ~」

 

とかになってしまうのではないかな

 

と、思うわけです。。。

 

 

 

 

しかし、

 

それではもったいないのです❕

 

 

 

 

サッカー(☜サッカーではないことも同じだと思うのですが)

 

に向き合っていると

 

その難しさ

 

 

奥深さ

 

 

必ず出くわします。

 

 

 

 

でも

 

適当に

 

何となくやっていたりすると

 

“このこと”

 

に出会うこともないのです。

 

 

 

 

では、

 

もう一度

 

“このこと”(※先の“そこ”と同じ言葉が入ります)

 

とは、何でしょうか?

 

 

 

 

サッカーに

 

きちんと向き合っていれば

 

解ります。

 

 

 

 

では、

 

そのサッカーとは❓

 

(・・?

 

 

 

「サッカーは難しい」

 

・・・

 

まず、手でボールを扱えない

 

さらに

 

自身も止まってのプレーが(ほぼ)できない

 

そして、

 

相手は極限まで接近してくる(身体をぶつけてくる)

 

そしてそして、

 

ゲームの時間が長い。。。

 

(他には、チームスポーツという側面もあり…)

 

 

 

 

つくづく

 

「難しいスポーツだ」

 

ということが解ります。

 

 

 

 

でも

 

「なぜか楽しい」

 

のです。

 

 

 

 

そこが

 

サッカーの魅力の部分なのだ

 

と思います。

 

 

 

 

で、(👆先の)

 

私の問いに妻が答えた

 

「私だったら」

 

と言った部分は、

 

正に“そこ”に気づいたから出た言葉

 

だったのです。

 

 

 

 

 

私の妻も

 

最初はサッカーをやったことがなく、

 

興味関心すらあまりありませんでした。

(私と出会った頃は)

 

 

 

 

でも、

 

今や

 

サッカーを観ること

 

だけに留まらず、

 

自らボールに触れる回数も増え、

 

いろいろ解ってきたのです。

 

 

 

 

そして、

 

その彼女が

 

最近言いました。

(妻は現在、スポーツとはまた違う、難しい仕事をしています)

 

 

 

 

今回は、

 

その妻と私との

 

最近あったやりとり(たわいもない会話の内容)で

 

〆ます。

 

 

 

 

妻:「サッカーをやっていてよかった!」

 

私:「どうして?」

 

妻:「もし、サッカーをやっていなかったら、多分いろいろなことを投げ出していたと思うから」

 

 

・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

 

やはり、

 

サッカーは

 

技術や勝敗以外の

 

たくさんのことも

 

教えてくれるのです。