アルバトロス号オフィシャルブログ
  • 18Oct
    • 10月18日   久し振りのアルバ  の画像

      10月18日   久し振りのアルバ  

       このところ天候不順・HYCレース(乗艇者数が多く筆者は乗艇遠慮)などで、アルバには久し振りに来た。   昨日の雨が上がり、今日は曇りの予報だったが冠雪した富士山が姿を出す程の好天に恵まれた。  ただ、今日はアルバの若手が今週末の若大将カップレースにエントリーするためアルバ艇諸元(艇寸法、セールプランなど)を確認することであった。                     西空に冠雪した富士の姿が          レースに出る西さんと

  • 14Sep
    • 9月13日    涼しいセーリングの画像

      9月13日    涼しいセーリング

       ずーと30度を超える日々が続いていましたが、今日は朝から曇り一時霧雨と涼しい風が吹きました。アルバには6名が集まり、涼しいそよ風の中セーリングを楽しみました。     アルバに集まった6名    スピンランでトリムする西、島田両氏  スピンランでチラーを握る小田譲(左;堺、島田、西、小宮、小田)

  • 30Aug
    • 8月30日    猛暑日の葉山の画像

      8月30日    猛暑日の葉山

       8月末だと言うのに今日も猛暑日の予報。 8月に入り大した雨も降らず、神奈川南部は毎日30度を超える日々で、月後半は35度近辺の毎日。  今日も暑く、葉山沖にはクルーザー艇は少なく、デインギー艇群がそよ風に帆を張っていた。  アルバ艇内は35℃近くなり早々に艇を離れた。    快晴・猛暑の葉山沖       鷗とウミウが港外に集まっていた   アルバ艇内の気温・34.7度

  • 09Aug
    • 8月9日     強風の葉山沖の画像

      8月9日     強風の葉山沖

       夏空には珍しく南の強風が吹いた。 原因は東北地方に台風崩れの低気圧があったせいだと思う。風速10m/sの強風の中、スナイプのレースが開催され学生と社会人チームが出港して行った。アルバは強風で出港したくなかったが、若手の「リーフしてでも!」との意気込みにセールを出した。出港後風はやや落ちて、何とかリーフせずにセーリングした。 ただ、波が高く船酔い者も出た。      9:30時頃の風速       沖合はレース準備のスナイプ群    アルバも危ういスピンラン

  • 02Aug
    • 8月3日    梅雨明けの日曜日の画像

      8月3日    梅雨明けの日曜日

      昨日梅雨明け宣言が出された翌日の今日、やや雲もあったが真夏日。  葉山の沖合は大小のヨットが所狭しと走り回っていた。   新型コロナ感染対策を取りながら、アルバも5名が集まりセーリングを楽しんだ。  フライイング・ウィンドボードと云うのかセンターボードに浮揚ウィングを取り付けたボードが華麗に飛び回っているのに驚いた。   夏の葉山沖の姿に戻りました    アルバもセーリングを堪能     センターボード一枚で飛んでる! 

  • 26Jul
    • 7月26日    雨間の晴れの画像

      7月26日    雨間の晴れ

       葉山には大雨警報と雷注意報が出ていたが、窓から雨水が漏れているようなので確認の為アルバに行った。    今日は午前0時から約30mmの雨が降っており、漏れてきた雨水は海図台に落ち,中の書類が濡れていた。 10時頃は晴れて暑くなったが昼頃に豪雨に近い雨が降って、窓の薄い漏れ場所の確定が出来た。 パッキンが剥がれたのが原因だった。     右下の数値が雨量           10時頃の葉山沖         雨水漏れを修理して一杯

  • 24Jul
    • 7月24日    アルバのニス塗りの画像

      7月24日    アルバのニス塗り

       4連休の2日目、新型コロナ感染者数増大の影響で連休計画が崩れたメンバーでアルバのコーミング塗装を行った。    3月からのコロナ騒動でアルバメンバーによる整備の中でコーミングのニス塗作業が実施出来なかった。 今日は雨の中休みで4名が集まりサンダー掛けからニス塗りまで一気に仕上げた。    生まれて初めての作業       木戸さんも初めてかな?     1回目の塗装終了時に昼食

  • 18Jul
    • 7月18日    雨の葉山港の画像

      7月18日    雨の葉山港

       今日はHYC理事会出席の為アルバに寄った。  朝から雨脚が強く、傘をさしての乗艇でした。今週も風雨が強い日が多かった所為か、ドッグハウスに入る階段が濡れており、差し板とスライドハッチの隙間から吹き込んだ思われた。   他に艇内の異常がないことを確認した。     雨雲が空を覆ていた      ハッチから雨が吹きこまないよう     艇内を確認した筆者                              傘をさした

  • 12Jul
    • 7月12日    梅雨の合間のセーリングの画像

      7月12日    梅雨の合間のセーリング

       先週から強風と雨が続いた天気でしたが、今日は梅雨の晴れ間の好天に恵まれてアルバには7名が集まりました。 西の空にはボンヤリと富士が見えており、海上は昨日までの強風の残り波がありましたが、久しぶりの揺れに身体を揺さぶられ「海に出た!」との実感を得られました。     西の空に浮かぶ富士       全員マスク姿でセーリング    8月の女性レースに向けた準備

  • 21Jun
    • 6月21日    3か月振りのセーリングの画像

      6月21日    3か月振りのセーリング

       今日はセーリングの予定で集合したが、8:30時頃から10時頃まで激しい雨に襲われ、艇内で久し振りの再会に祝杯を挙げた。  その際小宮(弟)さんが葉山カンツリー倶楽部でホールインワンをしたとのことでその話でも賑わった。  雨が止んだ11時頃から葉山沖をセーリングし2月に張り替えたステーの状態など確認した。   小宮さんのホールインワン祝杯会      3か月ぶりのセーリング        3~5m/sの風を楽しんだ

  • 31May
    • 5月31日   アルバ:久しぶりの出港の画像

      5月31日   アルバ:久しぶりの出港

       緊急事態解除となった初めての日曜日、葉山港は子供たちのOPが練習会を開始した。葉山港のクルーザーにも人影が多くなり出港していく艇もあった。    アルバは堺、西、筆者の3名が集まり、エンジンオイルの交換を行った後、機走で2か月半ぶりに葉山港の外に出た。今日は風も弱く曇り空の下だったが、久しぶりの海面走行を楽しんだ。    葉山港から出港するOP艇     葉山港から出たアルバ       沖合にはクルーザー群も

  • 24May
    • 5月24日    久しぶりの好天の画像

      5月24日    久しぶりの好天

       ここ1週間は雨と寒さが戻り、夏とは思えない気温であったが、今日は夏空が広がった。葉山港から富士山が天辺のみを見せており、葉山港は静まり返っていた。   ただ、その中で数艇が整備を始めたようだ。    アルバはチラーと差し板のニス塗を行った。     写真中央に富士が見える      葉山新港は静かな姿       アルバのチラーと差し板

  • 17May
    • 5月17日    アルバの整備 の画像

      5月17日    アルバの整備 

       今日はこのところの強風が治まり、静かな海面が戻っていたが海面にはほとんど帆影が無い。アルバはニス塗を準備していたが、昨日の雨で塗装予定部分が濡れており延期とした。その代わりにスクリューシャフトの水密メカシールの状況確認とシリコングリースの注入を行った。                 スクリューシャフトの水密確認          一息つく筆者   中央の細い棒がシャフトで黒い部分が水密部 

  • 03May
    • 5月3日     ステイホーム週間の葉山港の画像

      5月3日     ステイホーム週間の葉山港

        GWがステイホーム週間と呼び名を変えて、外出自粛が求められている。  葉山港も人の姿が全く見られない状況であった。   アルバはチラー・差し板などの木部をニス塗する為、道具確認を行った。   サンドペーパーとニスの準備が必要であることを確認し今日の作業を終えた。    人影も無いデインギーヤード      富士山がボンヤリ見えた          ニス塗道具類

  • 19Apr
    • 4月19日    快晴の葉山沖の画像

      4月19日    快晴の葉山沖

       昨日の強風と雨が嘘のように晴れ上がり、絶好のセーリング日和であったが新型コロナウィルス感染による外出自粛の為葉山港の艇群にも人影が少なかった。 アルバは外出自粛からメンバーの来艇を行っておらず、筆者が2週間ぶりにエンジン運転を行った。   葉山港で唯一賑わっているのは、防災岸壁周辺の釣り人のみでした。    葉山港の南には大島が、   西の空には富士山が聳えていた  葉山港で唯一人出が見られる所

  • 05Apr
    • 4月5日    新型コロナウィルスによる外出自粛下の葉山港の画像

      4月5日    新型コロナウィルスによる外出自粛下の葉山港

       このところの関東近辺の感染者急増に伴う外出自粛が叫ばれている中、葉山港には人影も少なく皆さんが自粛に協力している様子が伺われました。また、葉山沖には帆影も少なく、港も学生たちが少なく静かな雰囲気でした。アルバは2週間に1回はエンジンを回してエンジン回りの配管に塩分がスケールにならないよう気を付けている。             帆影も見えない葉山沖        人影もない葉山新港

  • 20Mar
    • 3月20日    強風の葉山沖の画像

      3月20日    強風の葉山沖

       春の嵐と思われる強風が吹いた。  南西の風で暖かい空気が流れ込み20度近い気温となった。アルバは今週船底塗装を行ってもらい、4月からのレースに備えた。ただ、新型コロナウィルス感染の影響で、アルバメンバーには公共交通機関の利用を避けるよう要望しており、2,3月のセーリングはお休み状態です。    大荒れの海と富士山           葉山港の風速計         アルバ艇内で寛ぐ筆者

  • 01Mar
    • 3月1日    マストが立ったアルバの画像

      3月1日    マストが立ったアルバ

       今日やっとマストが立った。  今日はHYCの月例レースであったが、アルバはマスト整備が間に合わないことと、コロナウィルス対策として電車・バスを利用するクルーの不参加を通達したこともあり、レースを棄権した。   マストは立ったがこれからセーリングして微調整を行う必要がある。  ただ、コロナウィルス感染が治まらないとセーリングが難しそうだ。        マストが立ったアルバトロス

  • 23Feb
    • 2月23日     富士山の日の画像

      2月23日     富士山の日

       昨日は関東に春一番が吹き、今日も西寄りの強風が吹き荒れた。今日は日にちをもじって「富士山の日」と称されている。  強風の割には気温が高く富士山の姿はやや霞んでいた。   アルバはまだマストが立たず丸坊主のデッキで形が悪い。 今週末にはマストも立つようだ。   14m/s前後の西寄りの強風      白波の上に立つ富士山     マストが無いアルバのデッキ

  • 09Feb
    • 2月9日     ステーを交換するアルバの画像

      2月9日     ステーを交換するアルバ

       やっと真冬の気候になった関東は、冬晴れの好天ではあるが冷たい北風ピープーとなり葉山港には人影が少ない。    アルバはステー交換から12年目になり、安全を考慮して全ステーの交換を行っている。  アルバは進水から約21年目となるので、ステーのみで無くターンバックルなどステー取り付け周辺部品も交換を予定している。  葉山港から見た真冬の富士山     マストを外したアルバ        アルバのマスト(左側)