アート心ときめく美術鑑賞のすすめ

アート心ときめく美術鑑賞のすすめ

オススメ美術展や美術館をもっと!楽しむためのアートなランチ会やイベントを開催しています。

こんにちは。

 

 

阿川 千晶です。

 

 

親子でアートセッション

この夏もリピーターの親子さまにご参加いただきました。

 

早速ですがご感想を頂戴しておりますので、

ご紹介いたしますね。

 

中学生になられバレエと美術部で活躍中のお嬢様とお母さま

 

何が決め手となり、参加しようと思いましたか?

以前、お願いした時の内容の濃さと対象年齢に合わせた表現に感動して。

 

アートセッションでどんな気づきがありましたか?

 

絵の塗り方によって色々変わるのがわかった。

自分でもやってみようと思った。

 

知り合いや友人にオススメしたい点があれば教えてください。

 

美術に全く触れてこなかった人にこそ、一度受講をオススメです。

とても身近なものになります。画家の人生と歴史を知ると

また違う見方もできて面白いです。

 

 

 

アートセッション中は一方通行の授業にならないように

こちら側からも質問させていただくのですが、

 

「モネの絵のエネルギーが

現代アート作品と似ている」

 

という発言には私もドキりとしました。

 

今回、お嬢さまの一番のお気に入り作品はこちら

《アヴェルの門》1886 クロード・モネ

 

 

現代アート作品の中では

根岸 芳彦さんの《91-3-8 》

迷い込むような色彩の世界に惹かれたとのことです。

 

 

今年はバレエでは

コンクール出場、コンテ部門入賞おめでとうございます!

 

モネの表現とバレエ✨

アートセッション中に新しいつながりの発見!もあったようで

お母様からのご報告も、大変うれしく思います。

 

 

 

続いての親子でアートセッション

参加者さまのご紹介です。

 

小学3年生のお嬢様とお母さま(書道家の遠藤郁子さま)

 

小学一年生の時からルノワール、アルチンボルド展と

ご参加いただき、今年で3回目のご参加です。

 

 

 

お母様の影響でしょう。

お嬢様は既に漢字を沢山ご存知で、大人もびっくりするほどです。

 

小さいうちから慣れ親しむ環境って

ほんと大事ですね!

 

 

書道家のお母様からご了承いただき

ご感想アンケート、そのままをご紹介させていただきます。

 

流れるようなうつくしい文字と、

モネの切り口で眺める現代アート作品もまた

美の共通点があると思うと、

 

 

アートって枠を超えて

本当に興味深く、幾重にも楽しめるフィールドだと

いうことがわかります。

 

 

そんなことを1:1でお話しできるのも

アートセッションならではの特徴でしょうか。

 

お嬢様が選んだモネベスト1はこちら

クロード・モネ《睡蓮》1906

 

つぼみのピンクのスイレンが

可愛らしい作品です。

 

 

映り込んだ水面を覗き込んでいると

なんとも涼やかな気持ちになれますね。

 

 

 

今年もご参加いただきましてありがとうございました。

 

マダム京子先生作 モネのカクテル3部作

 

 

プレゼントのモネのクッキーも

カクテルの中にモネ色があるように、

 

「あ、これモネっぽい」

「あ、これアートっぽい」と思うのは

 

別にキャンバスの中だけじゃなくっていいんです。

 

 

美術館の外にも鑑賞の楽しみを見つけられると、

ますます美術鑑賞が楽しくなります!

 

横浜美術館前尾スイレンまた咲いていました♪

 

次は大人のアートセッションでお会いしましょう!

 

詳細&お申し込みはこちら

 

 

 

 

 

アートでつながるご縁に感謝して

 

 

アートナビゲーター

阿川 千晶

 

 

おはようございます。

 

阿川 千晶です。

 

お盆休みで都内は街中がガランとしていて心地よいです。

 

静かになってみると

いつもは気がつかないことに気づかされますね。

 

ところで、この世に全く同じ視野は

存在しないと言われています。

 

 

 

同じ街を歩いていても、

 

他人とは違う視野で見つめているとしたら、

 

それは私たちがオリジナルに切り取った

視野の中で、見たいものを見ているにすぎません。

 

 

こちらは昨年のアルチンボルド展

アートセッションにご参加されたお嬢さま。

 

 

毎年、ご参加いただいておりますが、

その前の年はルノワール展でした。

 

 

写真の掲載はご了解を得ています。

 

 

インプットしてきたことを真剣に

ご自分の言葉やコラージュで書かれています。

 

 

大人の私の方が気づかされることがあり、ハッとします。

 

 

同じ絵を見ているようで、

捉え方、感じ方の「違い」が出ることは個性です。

 

不正解とか正解で区切りをつける

受験勉強とは違います。

 

 

それらを表現できるということが、

これからの時代は、とても大事なことです。

 

 

 

お母様のご指導もあるのでしょう。

 

今年はまた一段とご成長された様子が楽しみです。

 

 

親子でアートセッション

 

美術鑑賞の楽しみは色々ですが、

 

本当に楽しむということは

その場限りの60分という時間ではなく、

 

 

将来へも続く、濃い時間であり、

親子さまの絆も育まれる、唯一無二の時間です。

 

 

アートセッションはプライベート制ですので

個人々のお付き合いを大切にしています。

 

 

〜アートでつながるご縁に感謝して〜

 

 

アートナビゲーター

 

阿川 千晶

 

 

 

 

こんにちは。

 

阿川 千晶です。

 

モネ展アートセッション、特別価格は

7月30日で終了しましたが、

通常コースでもお申し込みを頂きまして、ありがとうございます。

 

リピータさまとのプライベートアートセッション、

濃い時間をご一緒できますことを、楽しみにしております。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

モネ展アートセッションのプレゼント用として、

オーダーしたモネの3種のカクテルが、届きました!

 

作ってくださったのはマダム京子先生

 

京子さんのインスタグラムから流れてきた

カクテルのクッキーに一目惚れ💕

 

もう、この世界観だわ〜✨と思ってオリジナルのデザイン

お任せでオーダーいたしました。

 

 

モネの世界感をアイシングクッキーのカクテルの中に

封じ込めているだなんて、

素敵すぎて!すぐに食べれないかもしれません。

 

優しいモネの色彩に再現。

 

絵画の余韻とともに、

しばらく鑑賞していたくなりますね。

 

モネの最晩年に描かれた《バラの小道》

カクテルの中にもグラデーションが!

 

小さなカクテルを飲んだら

モネのバラの庭へトリップしてしまいそう^^

 

《ヴェトゥイユのモネの庭》

今回の展示会には来日していないですが、

真夏のひまわりの庭に、モネの子供が佇む姿。

 

夏休みにぴったりのテーマです。

 

2014年にAKI先生と私、京子さん

3人で初めてコラボレーションした時もモネが登場しましたね。


 

 

 

ロンドンの霧に魅せられたモネの

《霧の中の太陽》

カクテルの中に沈む夕日、いつまでも眺めていたくなりませんか?

 

 

手のひらサイズのモネの3部作💕

お子様の喜ばれるお顔が今から浮かぶようです。

 

 

マダム京子先生、何度見てもうっとりな作品です。

お忙しい中の制作をありがとうございました!

 

写真は全て京子先生からお借りしています。

 

 

仕事休みの平日、午前中にモネ展へ行ったら

美術館前のスイレンが咲いていました。

 

強い射るような光は、眩しすぎるので、

モネっぽい光に近づけたくて、フィルターをかけてみましたリボン

 

 

 

 

いよいよ今週末からスタートのアートセッション

今までにない、斬新なモネ展で

お目にかかれるのを楽しみにしています!

 

 

 

 

アートでつながるご縁に感謝して

 

 

阿川 千晶