着衣着火の恐怖

テーマ:
しつこくてすみません。

やはり、昨日のことを
(料理中に突然、洋服の袖に火がついた)

考えれば考えるほど、

恐ろしくなり。




冬になると、寒がりの自分は

起毛製品や毛布のような室内着で生活することが多いので

一歩間違えば本当に火だるまだったのだと思いました。





コメントありがとうございますm(__)m


知りませんでした。

本当に、服が違っていたら私もこうなっていたかもしれないなと、縮みあがりました。











私は、普段、割烹着を着るのですが


確認したところ、持っている4枚とも、耐炎ではありませんでした。


頂いた大切な割烹着もあるので、
引き続き使うために
防炎素材の腕カバーを購入しました。




ついでに防炎素材の割烹着も購入しました。





そして各部屋に置けるよう  
スプレータイプの消火器を購入しました。
(コンセントなどからの出火もある)



キッチンには、天ぷら鍋に投げるだけの消火剤と大きめの消火器を購入しました。







私は「大人を呼ぶ」「警察に連絡」「消防に連絡」

そんなことばかり子どもたちに教えていましたが

一番大切な、自分でできることを教えていなかったなあと反省。






消火器が届いたら、一緒に使い方を確認しようと思います。





すべてが当たり前のことすぎて

私の至らなさは、恥ずかしいことだとは思ったのですが

自分の油断によって考えさせられた今回のことが

皆さんを危険から少しでも遠ざけてくれるといいと思い書きました。










ちなみに参考になった
国民生活センターの着衣着火の記事








それから、昨日のメニューは本当にアンバランスでしたね(笑)



コメントも頂いていました。




賞味期限が昨日までのアジを焼いたのを忘れ

週末に作り置きをしたカレーを解凍してしまったので(再冷凍はしたくなかった)

なんとしても両方出さないと気がすまなかったのです笑い泣き




そういう細かい事情と

私の無知も相まって

あまり美しくないごはんもありますが

懲りずにまた載せます笑い泣き







では、長々と失礼しましたm(__)m










-----------------------------------------------------------
 
 

●須藤暁子著 最新刊 

集英社  なりたい母ちゃんにゃなれないが

PHP研究所 のびのび子育て 毎月コラムを書いています。

 

 

須藤暁子著   KADOKAWA 発売中 両立どころの騒ぎじゃない
須藤暁子著   KADOKAWA 発売中 男の子ママの悩みをぶっとばす言葉
 
 
 
●穴から髪を出せる「たんこぶ帽」発売中
 
たんこぶ帽のインスタグラムは
 
むぎわら キャップ
 

ブレードダウン ブラック