• 23 Sep
    • 最終回

      世界の境界みつけ旅Vol.60こんにちは!サポートスタッフのタカです!突然のお知らせなのですが今回で松山あきとら土地家屋調査士のホームページで書かせて頂いていた世界一周ブログ「世界の境界みつけ旅」を最終回とさせて頂く事になりました僕の世界一周旅が終わり、日本に帰国する事になった訳ではないのですが、諸事情によりブログを閉鎖する事になりました今回で60回目の更新です約半年間に渡って、ブログを書かせて頂きました読んで頂いた読者の方には感謝しようがありません本当にありがとうございました今回は最後に更新をしたジョージアから現在までのハイライトとこれからの予定についてを書いて締めとさせて頂きますジョージアでは絶景を見てジブリ天空の城ラピュタ、シータの故郷とされる村へ行きあまりの飲みっぷりから人間世界遺産と旅人の間で噂されるスリコと飲みバーで出会ったジョージア人と騒ぎカミーノの準備を兼ねてスペイン・バルセロナへスペインバルを食べ歩き、飲み歩き全てが圧倒的だったガウディ作の教会未完の名作・サクラダファミリアそして、カミーノの後はボロボロになった身体を癒すためにポルトガルへ綺麗で静かな港町夜景魚介に肉に食道楽ユーラシア大陸の最西端・ロカ岬そして現在はさらに飛んでアイスランドにいますその次はエジプトからアフリカ大陸に入り、大陸を縦断さらに南米・中米に飛び最後は日本残りの6ヶ月はこんな予定です正直僕の旅はこれからが一気に難易度が上がって面白くなりそうだったので、皆様にお届けできないのは残念ですが、気を引き締めて全力で旅を続けようと思います!皆様今迄おつきあいくださり本当にありがとうございました

      51
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 日本人旅人に大人気、でも知られてない国

      世界の境界みつけ旅Vol.59サポートスタッフのタカです!イランからアルメニアそして次の国はジョージアです!予想以上にアルメニアが楽しかったので良かったのですが本当はアルメニアはすっとばして、イランからこのジョージアへ飛行機で飛ぼうと考えていました!そのぐらい楽しみにしていた国です!でもこのジョージアもご存知ない方が多いと思います以前はグルジアという名前で現在はジョージアと呼ばれています。現在の地図上で確認するとジョージアという名前を見つける事が出来ると思いますが、古いものですとグルジアと書かれているかもしれませんネット上でもチケットとかを探す時はジョージアと表示されたり、グルジアと表示されたりと少しややこしいですどちらにしても日本にいると全く聞く事の無い名前だと思うのですが、実際に行った旅人の評判がすこぶる良いんです僕もオススメされて是非行ってみたいと思っていましたまず拠点となる町はトビリシです!旧市街が綺麗で観光名所となっています!旧市街は古い町並みと近代的な建物がミックスされていますこちらの建物は近代的な感じでジョージア国旗模様にライトアップされていますロープウェイに乗れるんですけど、まさかの片道50円笑安過ぎです!普通日本だったら1000円とか2000円ぐらいしますよね!ロープウエイは丘の上と繋がっていて、上からじゃトビリシの町並みを見ることができます大きな像が建てられていたり夜景がとても綺麗です!ここまではとても良かったんですけどね・・・少しというか大分大きなトラブル発生僕が行った時期は夏で、たまにスコールみたいに土砂降りの雨が降る事があったんですが、まさかロープウエイで上についた後スコールに巻き込まれます!屋根とかがある場所なんてなくて、観光客が下りのロープウェイ乗り場になだれ込みます土砂降りの雨の中、人がもみくちゃになって、乗り場に並んでるだけでも大変だったのですがなんか痛いのが飛んできましたよあられですね笑家族連れとかも沢山いたのですが、子供達は大泣きですやっとのことでロープウェイに乗れて、カメラとかも少し濡れてしまったのですが、壊れなくて良かったですこの日の天気は少し異常だった様で、翌日街に出てみるとあまりの水流で石畳が剥がれてしまって大変な事になっていました!テレビ局が取材に来る程だったみたいです笑

      14
      テーマ:
  • 21 Sep
    • アルメニア観光

      世界の境界みつけ旅Vol. 58パレブ ゼス!いつもありがとうございます!サポートスタッフのタカです!アルメニアは宿で出会ったポーランド人カップルと観光する事に!名前は彼氏がボリス、彼女がオランです!この二人はとにかく酒が好きみたいで、出会った日も昼から50度以上の酒をペットボトルに入れて回し飲みしていたぐらいです笑酒が好きという事で酒に関連する場所へ行く事に!このアルメニアはコニャックが有名らしく、コニャック工場の見学が出来ます!見学というかコニャックの試飲だけが目的の様なものです笑結構遠いし、大分暑い中歩きました!そして、到着!中々雰囲気の良い場所です!入って見学をしたいと伝えると・・・事前予約が必要だそうです・・・お酒が飲めなくてテンションだだ下がりですとりあえず、受付にあったコニャックだけでも写真に収めることにコニャックの試飲を断念して、帰っている間、芝生の上で回るスプリンクラーを発見!ボリス「暑いから水浴びしよう!」オラン「いいね!水浴びしよう!」という事でスプリンクラーで水浴びをする事に笑最初スプリンクラーで水浴びしようって言い出した時は正直正気なのかと思いましたが、やってみるとめちゃくちゃ楽しいです!服はびちょびちょになるし、この後ご飯を食べに行くのに、後先何も考えてないけれど、まぁ楽しいので善しです!実はこの二人は僕と出会う前日に婚約していたんです!最高のタイミングで出会えて、楽しかったです!アルメニアではイランで満足出来なかったごはんも美味しかったですし観光もちゃんとしました!石をくり抜いて作られた世界遺産の教会!正直遠い割にはそれほどだったのですが、楽しみにしていたのは観光ではありません!この教会は行きはバスで行けるのに、何故か帰りはバスがないんです笑ここで人生初のヒッチハイクにトライします!アルメニア人は優しいと有名でヒッチハイクも比較的やりやすいそうです!いざ道に出て、親指を立てます!車が来ましたスルー!13台目ぐらいですね、止まってくれました!止まってくれた時は感動でした!この人達です!本当に感謝です!ヒッチハイク、はまりそうです!

      9
      テーマ:
  • 20 Sep
    • 新しい国には美人いっぱい

      世界の境界みつけ旅Vol.57バレヴ ゼス!(アルメニア語でこんにちは!)サポートスタッフのタカです!アルメニアに到着した訳ですが、中東の国はイランのみで、アルメニアからはコーカサス地方と呼ばれる地域になります!この地方も日本人にとっては馴染みの無い地方だと思います本当は次に予定していた国が楽しみだったので、正直アルメニアには興味を持っていなかったのですが、アタリでした!人も料理も自然も町並みも善し!人なのですが、イランに続きアルメニア人も優しいです!すぐに助けてくれます!でもアルメニア人について特筆すべき点は女性について!世界には美人が多いとされている国は多くありますが、アルメニアは世界一美人が多いと言われる国です笑半信半疑な所もあったのですが、行ってみて納得!美人の多いこと多いこと綺麗!というか顔ちっさ過ぎっ!スタイル良い!足の長さが異常で、もう身体の半分が足です笑僕が撮れたアルメニア女性はこの一枚のみで、伝われば良いのですがアルメニアの観光名所の一つは間違いなく女性です笑ご飯はロシア料理に似ているモノが多いのですがアルメニアのオリジナル料理はザリガニです!僕はアルメニアではザリガニ食べれなかったのですが、実はザリガニ美味しいんです!オーストラリアの田舎でもザリガニは食べられてて、良く自分でザリガニを池で取っては食べてました笑ザリガニは川や池で生きているので臭みがあると想像されるかもしれませんが、オーストラリアのザリガニは臭みがなかったですし、アルメニアのも臭くないそうです!機会があれば是非!つまみに最高です!物価が安くて美味しい!イランはご飯が少し残念でしたので、美味しいご飯を食べれた時は嬉しかったです!ビールを飲めたのが一番嬉しかったかもしれませんが笑アルメニアは現在ユーロには加盟していないのですが、流石にヨーロッパが近づいてきた事もあってお洒落でした!アルメニアの首都のエレバンは丘に作られた町で少し歩けば綺麗な景色が見えますし、夜の町も綺麗!コーカサス偏スタートです!

      11
      2
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 秘境に辿り着けなかったお話

      世界の境界みつけ旅Vol.56サラーム!サポートスタッフのタカです!お世話になったエスファハーンのマサウッドの家、次の目的地はサルアガセイエッド!結果から説明させて頂きますと怒濤の移動となり、目的地にはたどりつけませんでした笑サルアガセイエッドとはイランの秘境の村で、イラン人にとっても良く分からない場所らしく、マサウッドに聞いてもイラン人とは別の人種が住んでいるとの事マサウッドのお父さんに話したら、家族皆で僕に着いてくるみたいな話になりかけますどんだけ良い人達なんでしょう笑バス4本を乗り継いでたどり着けるサルアガセイエッド、最後のバス乗り継ぎの町でバスは無いと言われます笑理由を聞いたらイラン人「金曜日だから」僕「はい?」もし「日曜日だから」だったら理解できますが、この時は「金曜日だから」の意味がわかりませんでした後日わかったのですが、イスラム教にとっては金曜日がお祈りの日で大切な日だったんですねその時はバスが無い事が信じられなくて、話をしていると、何故か警察が登場警察署まで連行されました笑この町も大分秘境だったみたいで、いきなり現れた旅行者の相手をする為に呼ばれた様でした警察に聞いてもやはり今日はバスが無いらしいサルアガセイエッドへ行くには、タクシーをチャーターするか、宿に泊まって明日行くかのどちらかとりあえず宿に連れてってくれたのですが、値段を聞いたらかなり高いですだったらと思い、タクシーのチャーター料を聞いたらもっと高いです笑悩んでいると自称王族を名乗るおじさんが現れ、色々英語で仲介してくれたのですが、最終的に言われた言葉には驚愕しました自称王族「もっと良い状況になったら来い!」僕「もっと良い状況って何ですか?」自称王族「金持ちになった状況だ!」僕「・・・」もうこうなったら野宿でもして、明日の朝まで待とうかと思ったのですが、警察が離してくれません致し方がないので、次の町に行く事にしたのですが次の町でのカウチサーフィンホストと連絡を取った所、都合が悪くなってしまって、泊めてもらう事が出来ないそう・・・なんか自分の中で何かが吹っ切れて、次の国に行くに決めました!この時点でマサウッドの家を出発してから19時間移動、深夜にバス停に到着した為、バス停で野宿、次の日一番のバスで次の国!国境越えのチケットを買った段階で残金0最後は空腹との戦いです笑夜を越え深夜の国境を越え野生になってる実を食べ(これがめちゃくちゃ美味しい笑)54時間ぶっ続け移動の末たどり着いたのがアルメニア!着いた瞬間ビール!イランは禁酒だったし、空腹もあって最高の一杯となりました!

      13
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 世界の半分

      世界の境界みつけ旅Vol. 55サラーム!サポートスタッフのタカです!次の町はエスファハーン!イランではカウチサーフィンを使って旅してきてたのですが、まだ個人家庭の家に泊まれていなかったので、探していた所、遂に個人家庭の家をみつけました!僕のホストになってくれたのは彼、マサウッドです!僕も個人宅へのカウチサーフィンが初めてでしたが、マサウッドもカウチサーフィンのホストになるのが初めてでした毎度の事なのですが、こういう時に一番最初に気になるのが、相手が「ゲイ」かどうかです。別にセクシャル・マイノリティの友達もいますし、それ自体は大丈夫なのですが、流石に迫られた場合が困ってしまいます家に泊めてもらうわけですし、そういう場合が無い訳ではないんですよねというかカウチサーフィンについて言えば、そういう問題は頻発してるようです笑マサウッドがプロフィールの欄に「家族も一緒だよ」とか書いててくれたら疑わなかったんですけどねまぁ家に着いた時に家族とともに迎えてくれた時はとてつもなく安心しました笑こちら左がお父さん、僕は目つむってますけど気にしないでくださいというかめっちゃ豪邸でした!翌日マサウッドが観光へ連れてってくれる事に!このエスファハーンの町、何が有名かというと「世界の半分」がそこにあったと言われるエマーム広場があります!16世紀末、当時の繁栄は「エスファハーンは世界の半分」と賞賛されていたからだそうです!という事で早速エマーム広場へ行った所、広場の入り口についたらマサウッドが目をつむる様に言ってきますそして手をつないで先導しますやっぱりゲイなのではないかと疑問に思いましたが、到着して、目を開けると写真では伝わりづらいかもしれませんが、絶景!庭園が綺麗に整備されていて馬車等も走っています外も綺麗でしたが内部も圧巻!こちらのドームの中心のマサウッドが立っている場所ここで音を立てると7回音が反響します!しかもこの中心でした音が聞こえないんです!エスファハーンは流石世界の半分と言われてただけあって町全体が美しい!工芸品のクオリティも素晴らしい普段はお土産とかには目もくれないのですが、流石に欲しいと思ってしまいますこの橋も外観だけでも綺麗なのに、下にも潜れて、見てみるとなんとも不思議な空間人々の憩いの場にもなっていますロウソク模様が沢山隠れているのですが、わかるでしょうか?笑エスファハーンはとても美しく、2泊のみでは到底たりませんでした!また戻ってきたいです!マサウッドありがとう!

      6
      2
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 奇跡のモスク

      世界の境界みつけ旅Vol.54サラーム!サポートスタッフのタカです!カミーノが終わって、今回からまた途中で中断していたイラン旅の様子を書かせて頂きます!シラーズの宿、ステンドグラス付きの寝室で寝て起きると晴れ晴れした気持ちで朝を迎える事が出来ました笑とりあえずイラン人の優しさやホスピタリティには感動させられるのですが、イラン人に会う為だけに、面倒くさいイランビザを取得して、イランにまできたわけではありません!イランにもどうしても行ってみたい場所があったのです!それはピンクモスクという礼拝堂です!正式名称はマスジェデ・ナスィーロル・モスク!でも観光者にはピンクモスクやらローズモスクという名で通っていて、奇跡のモスクとされるモスクです!僕はお寺・境界、モスクが好きなのですが、その中でもイスラム教の建築物が今の所、特にお気に入りです!このピンクモスクはイスラム教のモスクでその中でも楽しみにしていた場所朝一番が特に良いとの事で、モスクが開く時間に向かいました!これがピンクモスクです!とてつもない綺麗さでした!この礼拝堂の窓はステンドグラスになっていて、朝日が差し込む時間にのみ、こんな風に幻想的な光が部屋を照らします!静かな礼拝堂の中で長い間差し込む光を見ていました!一時間以上は座って見入っていました!ピンクモスクに入り込む光の量は季節によって大きくかわり、実は僕が行った夏の時期は一番しょぼい時期なんですそれでも感動したのですが、一番すごいとされる冬の時期はこんな具合になってしまうそうです!もう素敵すぎて意味がわかりません!もし冬の時期にイランに来れる機会があったなら、間違いなくまたピンクモスクに戻ってきたいです!今滞在しているシラーズという町にはもう一つシャーチェラーグ霊廟という名所があり、行ってきました!なんなのでしょう!?こちらも美し過ぎます!壁一面に小さな鏡が一つ一つ埋め込まれていて、光が反射して、それはもう綺麗です!しかもここの入場料は無料で、無料なのにも関わらずボランティアのガイドまでついて説明してくれるのです!説明し終わったら、僕が見終わるまでまっていてくれて、終わった後はお茶に招待してくれました!やっぱりイランは好きな国です!

      12
      2
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 僕のカミーノの終わり

      世界の境界みつけ旅Vol.53オラー!!サポートスタッフのタカです!カミーノ最後の日正直朝起きても最後の日って実感とかは湧いてませんでしたこの日で歩き始めて31日目、これまで歩いて来た30日の日々と全く同じ様に歩き始めましたこの日は珍しく朝から霧がでていました31日間歩いて、雨の日は2日、霧の日は2日、それ以外は全部晴れ!最終日に霧でしたが、正直全く気にしてませんでしたただ歩いてゴールであるサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指すそれだけしか考えてませんでした というかかなり疲れ果てていたので、早く解放させて欲しかったというか笑サンティアゴと書かれた、石の像!ゴールが近付いてきたみたいです!自然と歩くスピードが上がっていって、この時は時速5.5キロ以上で歩いてました遂にサンティアゴ・デ・コンポステーラの入り口に到着!僕たち巡礼者の目的地はヤコブの遺骸がある大聖堂!綺麗なサンティアゴの町並みを通り過ぎます幸運な事に丁度大分晴れ間も出始めました到着外装が修理中でしたが、気にせず立ち惚けましたいざ教会の中へ綺麗でしたさて、カミーノには明確なゴールというものが存在します町についた時でもなく、証明書をもらった時でもありません!教会にある聖ヤコブ像に抱きついた時ですこちらが聖ヤコブ像この像の後ろに回り込んで抱きつきます!回り込むためには別の入り口から入る必要があるのですが長蛇の列笑800キロ歩いて来た、足が棒みたいになってる人間にはキツイです!でも並びます!僕のカミーノを終わらすために・・・写真撮影禁止なので、抱きついた写真はないのですが31日間色々ありました!絶景の中を歩き仲間と歩き雲の上を歩き橋を歩き畑を歩き朝も夜も昼も晴れでも雨でも霧でも歩いた・・・そんな僕のカミーノ終わりましたカミーノは終わりましたが、まだ大事な事があります・・・勝利の美酒笑あまり知られていないのですが、カミーノを達成した巡礼者にのみ、五つ星ホテルで先着10名にのみただでご飯が振る舞われるんです!勿論客としてではなく、賄い飯を分けてもらえるんですが、タダなので文句なんてありません!しかもワイン付き!みんなで飲んで騒いで!カミーノ歩いて良かった〜笑カミーノの後、現在はポルトガルに滞在しているのですが、次回からのブログは元々のイランへ戻ります!僕のカミーノにおつきあいくださりありがとうございました!

      11
      2
      テーマ:
  • 08 Sep
    • 戦友ならぬ歩友

      世界の境界みつけ旅Vol.52オラー!!サポートスタッフのタカです!カミーノを歩いている間、僕は基本的に一人で歩いて、宿で皆と合流するタイプなのですが、仲良くなったスペイン人と一緒に歩く事になりました!彼等です左からディエゴ、セルシオ、ホルセ!一人だと、全てを自分のペースで歩けるし、考え事もはかどる、ゆっくりのんびり出来るのでとても好きなのですが皆と歩くのもとても楽しくて面白いです!オススメのスペイン料理を聞いたら、レストランへ連れていってくれました!基本的に僕は一人の時はかなり節約するタイプなので、実はまだ全然スペイン料理食べていませんでしたでも友達と一緒の時は散財します!クリームコロッケ!子羊の足の丸焼き美味いです!ディエゴの家が道から少し離れた場所にあり、ディエゴの家を今日の宿にと誘ってくれました。カミーノを始めてから今の所一度も道から外れた事が無いのですが、ありがたく受け入れる事に!アルベルゲ以外に泊まるのも久しぶり!でもディエゴの家にもホタテ貝のマークがあったし、アルベルゲという事で問題ないでしょう笑というか豪邸でした笑お洒落な内装大きい庭普通に庭とかあってボート遊びできます笑半端じゃなく快適!ローマ時代のモザイクがあるそうで、連れて行ってくれる事に車で笑感激です!車早い!僕たちが一日30キロとかを8時間とかかけて歩くのに、車だと20分とか・・・正直明日からまた歩けるか不安になります笑夜は満天の星を見てまた次の日も歩いて牛と遊んでまたレストランで食べて歩いてでも彼等は一週間程の休みの間だけカミーノを歩いていただけなので、彼等ともお別れです彼等と一緒にカミーノを歩いた日々は楽しかったです!実は昨日、このカミーノのゴールであるサンティアゴ・デ・コンポステーラ到着しました!ただただ感無量!次回カミーノ編最終回です!

      13
      テーマ:
  • 05 Sep
    • やられました!!

      世界の境界みつけ旅Vol.51!オラー!!サポートスタッフのタカです!やられました!おそらくダニです!宿に着いて部屋を見た時から窓は一つしかないし、風通しも悪そうだったので、少しやばいかなとは思っていたのですが、悪い予感的中でしたとりあえず2日でおさまりましたが、2日間は全身痒かったです、歩いては掻いて、歩きながら掻いて笑まぁ南京虫ではなかったようなので、良かったですカミーノの道中にある宿は虫がいる宿が多いらしいのです虫が多い理由は定かではありませんが、僕の推測では、カミーノは一本道なので、一人が荷物やら服に虫を持っていると、その人が泊まる宿・ベットに虫をばらまきながら歩くことになりますその次に泊まる人の荷物は虫に感染され、また虫をばらまく巡礼者の出来上がり笑この負の連鎖によって、道中の宿から虫を失くすことが難しいのではないかと思います。カミーノの最中に巡礼者が泊まる宿はアルベルゲと言います巡礼者専用の宿で巡礼者以外は泊まれませんアルベルゲには私営と公営の宿があるのですが、基本的には格安で泊まる事が出来ます大体一泊5ユーロから10ユーロぐらいです設備はピンキリで安いから悪い、高いから良いって訳ではありません基本的には一泊5〜10ユーロなのですが、アルベルゲにはたまに特別な価格形態の宿があります寄付制(スペイン語でDONATIVO)値段は決まってなくて、宿泊者それぞれの寄付によって運営される非営利の宿日本人の僕にとって、寄付っていう文化はあまり馴染みがないモノだったのですが、寄付制の宿が一番好きです宿で働いてる人はボランティアでやってくれていて、優しく、ホスピタリティが高いです!建物は使われなくなった建物を再利用してたりする事もあるので、古かったりしますが、中は綺麗だったり、とても風情があったりと面白いです!教会が運営してたりすると、夜に特別なミサやお祈りの時間を設けてたりします夜の教会に入れたりするので、貴重な経験です!夜の教会って本当に静かで、シーンとしていて神秘的ですそれぞれ寄付制のアルベルゲは個性があって楽しいです!皆で料理して、晩ご飯を食べたり皆でミーティングしたり晩ご飯の後に皆で演奏会したりアルベルゲ、虫さえいなければ最高なんですけどね笑

      15
      テーマ:
  • 02 Sep
    • カミーノ食料調達術

      世界の境界みつけ旅Vol.50オラー!!いつもありがとうございます!サポートスタッフのタカです!牛追い祭りの次の日も当然歩きます!カミーノを歩いている間は休みの日なんてものはありません笑歩いていると美しい景色に出会えますが、美味しい食べ物にも出会えます!一緒に歩いていたカミーノ仲間に教えてもらったのですが、この野生のベリーが美味しい!名前はちょっと分からないのですが、黒くなってるのが食べごろで甘かったり酸っぱかったり美味しいです!でもこの実の枝にはトゲが沢山あってかなり鋭利!狭い道の両側にこの実の植物が植わってる事があるのですが、間違えて突っ込むと大惨事です笑これに味をしめて、野生の実を色々試してみる事に笑このブルーベリーみたいのは美味しそうなのですが、苦く吐き出しましたこの実は柔らかく甘い!でも出会える確率が低い!これも美味しくありませんでした!スペインはワインが名産で、ぶどう畑がたくさん!ワイン用のぶどうって美味しくないのかと勝手に思い込んでいたのですが、そこそこ美味しいんですねオリーブも名産でオリーブ畑も広がっています!オーストラリアに住んでた時にオリーブ畑で7ヶ月間働いていたので、久々のオリーブ畑に感動です!ちなみにこんなオーストラリアのオリーブ畑ではこんな家に住んでいました笑オリーブ畑を見てると色々思い出し懐かしいですオリーブの木を見つけて実がなっていたとしても食べない事をオススメします精製されてないオリーブはとんでもなく不味いので笑畑繋がりで、ずっと見たくて見る事が出来たものを紹介します!ひまわり畑!一面のひまわり畑をずっと見たかったんです!旬の時期は7月初旬あたりらしいのですが、まだまだ綺麗でしたタネを取るとこんな風に模様を作る事が出来るんですねカミーノを歩きながら皆こんな遊びをしています笑

      9
      テーマ:
  • 31 Aug
    • スペインの祭り

      世界の境界みつけ旅Vol.49オラー!サポートスタッフのタカです!流石は人間の身体、毎日歩いていると慣れるものですね笑マメも治り、筋肉疲労も回復傾向、毎日順調です!ワインの蛇口は残念でしたが、残念な事も起こるし、予期せぬ良い事も起こるものですね!今日も朝からズンズン歩きます!トンネルを越え草原を歩きそうして辿り着いたのは、エステーヤという町そこそこ大きい町だと聞いていたので元々楽しみにしていたのですが、着いてみてビックリ!今日はお祭りだそうです!スペインにはいくつか有名なお祭りがあります!一番有名なのがこの二つ!町の中でトマトを投げ合う祭り「トマティーナ」町の中で牛を走らせる祭り、「牛追い祭り」両方とも参加するつもりはなかったので、調べたりしていなかったのですが、この日のエステーヤで開かれるお祭りがなんと牛追い祭り!しかも最終日だそうです!参加しない手はありません!町はお祭りムード一色祭り衣装は赤と白の服!昼間っからそこら中でお酒を飲んだり演奏する人達いよいよ牛が走り出す瞬間が近付いて来て、人が道にあつまりだします!僕も良い感じの所を見つけてその時を待ちます!「バーン!!!」大砲なのかなんなのか凄まじい爆発音で牛が放たれました!もう一瞬の出来事でした少しでも良い写真を撮りたかったので、実は僕の身体は柵から少しはみ出ていました半端じゃない恐怖でした笑結果全然良い写真撮れてません笑もし、こっちに軌道修正して突っ込んでこられてたらやられてましたね牛が通り過ぎて行った後も心臓バクバクでした!恐ろしいお祭りです、牛追い祭り笑

      11
      テーマ:
  • 25 Aug
    • 夢の蛇口

      世界の境界みつけ旅Vol.48オラー!いつもありがとうございます!サポートスタッフのタカです!日に日に疲れが貯まって辛くなっていきますさらにマメも出来始めて、一日の終盤では足を引きづりながら歩く状態になります完全に修行ですね笑4日目から一日のプランを変更して起床時間は5時、5時30分から歩き出すことにしました!歩き始める時間を早めた理由は、スペインの暑さ!それはもうめちゃくちゃ暑いんです!乾燥してますし、気温は問題ではないんですが、日差しが殺人的なまでの強さなんですこんな雲一つない青空ですからね空が青過ぎて、直ぐ先には宇宙が広がってると思わせますなので、歩く始めるのをまだ太陽が出る前、暑くなる前に始めることにしました真っ暗だから道を間違える事とかのリスクはあるのですが、5時30分ぐらいだとまだ満天の星なんですまだ誰も周りに歩いてない中、星を見ながら歩くのは最高です!星を見終わったら、次に待っているのは朝日遠く方からだんだん赤くなりはじめて日の出この一連の流れを見たらやみつきで早起きをやめられません笑一日に大体4〜5個ぐらいの村やら町を通り過ぎるのですが、どれも本当に素敵で全ての村に一泊づつしたいと思うぐらいですそれぞれの村に歴史などもあり、面白いです例えばこのシラウキという村は流れ星がたどり着いた先に作った村なのでそうですこじんまりとしているけど、小さな丘にある可愛い村でしたスペインで楽しみにしていた所が一つありました!Vino Fountationと呼ばれる場所意味はワインの泉実際あるものは蛇口なんですけど、蛇口からワインが出るんです笑しかもタダで!これです!二つの蛇口があるのですが右の蛇口からは水が左の蛇口からはワインが!めちゃくちゃ楽しみにしていたので、いざ試飲蛇口をひねります・・・出ない笑えーとどうやら朝早過ぎたみたいです・・・待つべきか先へ進めべきか折角早起きしたのにここは泣く泣く断念皆さん!僕は飲めませんでしたが、スペインには夢の蛇口がありますよ!

      11
      テーマ:
  • 21 Aug
    • カミーノの合言葉

      世界の境界みつけ旅Vol.47オラー!!サポートスタッフのタカです!朝6時、周りのゴソゴソする音で起きた訳ですが、最初に思ったことは足と肩、痛い重いそれでも14日の今考えると、まだまだこの時は序の口ですね笑一日に歩く距離は25〜30キロ程なのですが、色んな道があるものですすすきみたいのが沢山生えてる道炭坑の横を通る道小さなでもお洒落な村一日少なくとも7時間は歩くので、直ぐ飽きてしまうのではないかと心配していたのですが、不思議なことに全然飽きないんですねカミーノには合言葉の様な言葉があります「Buen Camino」一日歩いていると何度も聞く言葉です意味はBuen → 良いCamino → カミーノ「良いカミーノを!」という意味になります!Buen Caminoと言われたら「Gracias, Buen Camino!」Graciasはありがとうって意味です!って返します!一人でずっと歩いていて、誰かとすれ違った時に少しでも会話できると、気分転換になって、少し足が痛い事とかも忘れる事ができます3日目この日は朝からテンションが上がってました!なぜならカミーノの道中で最初の大きい町、パンプローナにたどり着くからです!正直ひもじい食生活をしていたので、いち早く到着し、スーパーマーケットに駆け込み、食材を買い、たらふく食べたい笑そんな事ばかり考え、痛い足を前へと進ませ続けます全行程800キロもの道のり、基本的は迷う事はまず無いと思いますなぜなら沢山の印があるからこんな印が道に埋め込まれてたり標識があったり誰が書いてくれたのか、道の上にある黄色い矢印は全てゴールのサンティアゴへ通じる道を示してますこれのお陰で迷う事なく僕たち巡礼者は先に進めるわけです城壁があるパンプローナに着き、たらふく食べて、また出発!当初そんなつもりは無かったのですが、3日目が今の所一番長く歩いた日になりました当初の目的地に着いた時に何故かもう一つ先の村まで行こうと思い立ってしまったんですよね笑草原を抜けて、丘を越えて山を越えますこの山が風車のある山で、風がすっごく気持ち良かった頂上では強過ぎて普通に立ってられない程でしたが笑山越えて下った先が次の村なのですが、流石にこたえましたでもこの日も歩き切りました34キロ!!今日はゆっくり静かに休みたいなと思っていた所宿に着いてみたら何故か宿泊者が3人のみ綺麗で快適な宿で何にも邪魔されることなく、爆睡することが出来ました笑サンティアゴまで697キロ!

      10
      テーマ:
  • 17 Aug
    • 初日にして最大の難関越え

      世界の境界みつけ旅Vol.46ボンジョールノ!いつもありがとうございます!サポートスタッフのタカです!リアルタイムはカミーノ10日目で、大体合計で250キロを完歩しました!カミーノ一日目カミーノの朝は早いですカミーノ序盤の頃は朝5時半とか6時頃から巡礼者が起き始めゴソゴソと荷物整理をし始めますスペインの夏の日の出は遅いようで、6時頃は暗く、6時40分頃に日の出ですなので起きた時は真っ暗ですし、朝暗い段階から歩き始めます初日、6時に起きて軽く朝食を済まし出発歩いていると明るくなってきて日の出です!初日の行程は28キロでピレネー山脈というのを越えます!というかこの初日のピレネー山脈というのが、全行程で一番キツイ日なのだそうです笑筋肉など出来上がってない初日が一番の難所とは・・・少し登れば直ぐそこには大自然が広がっていました!めちゃくちゃ綺麗です!動物も多くみる事ができます出発地はフランスなのですが、初日でフランスともおさらばで、スペイン入りです!ユーロは国越えが自由なので、国境ゲートとかもパスポートにスタンプとかもありません!気がついたら国を越えているという感じになりますこのカミーノの目的地はサンティアゴ・デ・コンポステーラという町です!写真の赤い線を全て歩き通します!サンティアゴ・デ・コンポステーラには何があるのかと言いますと、キリスト教の聖人ヤコブの墓があり、そこがゴールです!現在キリスト教というとキリストやマリア様が有名かと思いますが、ヤコブもかつてはもっと有名だったそうで、サンティアゴ・デ・コンポステーラはローマとエルサレムに並ぶキリスト教三大巡礼地とされているそうです年間20万人以上が巡礼に参加するそうで、しかも今は夏のハイジーズン!多くの人が巡礼中です!初日で筋肉が疲れてないという事もあって、それほど難しくなく今日の宿に到着!隣に教会が併設されていて、夜にミサをやるという事で初めてミサに参加させて頂きました!巡礼中沢山の新しい事を体験できそうです!翌日は激しい筋肉痛と共に目覚めます笑

      10
      テーマ:
  • 14 Aug
    • いきなりスペイン!新たな挑戦!

      世界の境界みつけ旅Vol. 45オラー!!(スペイン語のこんにちは)サポートスタッフのタカです!いきなりスペインに飛びます!申し訳ありません笑前回までイランでの旅をブログに書かせて頂いたのですが、一ヶ月程イラン旅を離れリアルタイムのスペインの内容に移行させて頂きたいと思います!理由は現在スペインでカミーノという道に挑んでいるからです!この道はただの道ではなく、道自体が世界遺産!しかも800キロの道を一ヶ月で歩き通すというものです笑カミーノ・デ・サンティアゴとかスペイン巡礼とかって呼ばれてます日本でいう四国のお遍路みたいな感じです!お遍路が仏教の巡礼に対し、カミーノはキリスト教の巡礼です実は2ヶ月前ぐらいまで、このカミーノの存在すら知らなかったですし、僕はキリスト教でもありませんでもカミーノを歩いた人に会い、オススメされたのをきっかけに知りました正直良くわからなかったし、キリスト教じゃなきゃ歩いては駄目なんじゃないかと思ったのですが、現在カミーノを歩く過半数以上はキリスト教でなければ、他宗教・無宗教の人らしいですしかも僕の旅のタイミングにも合わせられる!だったら何が必要なのかとか色々と良く分からなかったのですが、「やろう!」と決めた一番の理由は分からないからこそやるいざカミーノ始まりの町へ!飛行機やバスを乗り継いでたどり着く始まりの町はサンジャンピエドポールというフランスの町なんです!到着して直ぐにカミーノの事務所へ!ここでは登録とクレデンシャルと呼ばれる巡礼手帳をもらいます!このクレデンシャルには行った先々の教会や宿等でこのように毎日無料のスタンプを押して巡礼の証明とするのですちなみに今日はカミーノ7日目です!そしてもう一つの必須アイテムホタテ貝笑巡礼者はこのホタテ貝をバッグに結びつけて歩きます!巡礼者の証!昔はこのホタテ貝をお皿代わりにしてご飯を恵んでもらっていたそうです!必要な物を全て揃え、明日に向けてゆっくりしようと思ったのですが、このサンジャンピエドポールの町が既に素敵です笑大分歩いて疲れます笑人形とかもあって昔の巡礼者はこんな感じだったのでしょうか宿に戻り明日に備え寝ようと試みるのですがイビキ笑僕のカミーノが始まります!

      10
      2
      テーマ:
  • 11 Aug
    • イラン人の優しさ異常です

      世界の境界みつけ旅Vol.44サラーム!いつもありがとうございます!サポートスタッフのタカです!イランに入り、人生で初めてカウチサーフィンを試した結果、ホステルに無料で泊まらせてもらったのですが、チェックアウトの時にしれっと料金請求されるんじゃないかとヒヤヒヤしていたのですが、チェックアウトの時も一切請求される事なく笑顔で見送ってくれました!本当に驚きで感謝なのですが、ホステルの運営はやっていけてるのかどうかの方が心配になってしまいます笑次の町にバスで移動です!イランのバスは値段が安い割にクオリティが高いと評判でシートはこんな感じで豪華だし、水は飲み放題、お菓子とかもついてきます!特にバス等での移動の時、普段はあまり寝る事ができないのですが、イランのバスは心地よく寝る事ができました!そして着いた町はシラーズです!この町でもカウチサーフィンで宿を探しました!その結果見つかった場所はまたホステルでした笑でも今回は無料ではなく、割引料金で泊めてくれるとの事でしたネットとかで事前情報を得ようと思い調べてみても情報は得られずやはり行ってみるしかないという事で行ってみました!地図上の地点まで行ってみて、宿を探すが、同じ名前の場所をみつけられません!歩いている人に訪ねてみた所、教えてもらった場所がここ外観がこれなのですが、完全に騙されたと思いました笑正直何度も違う宿に変えようかと思ったのですが、考えても仕方ないので、インターフォンを押して中に入る事にそしたら中は楽園が広がってました!共有スペースも綺麗!寝室はステンドグラスがある部屋!スタッフの人もめちゃくちゃ優しい!町を歩いていてもイラン人はおかしい程優しいです!道を歩いていたら、バイクのお兄ちゃんが止まって、何処に向かってるのか聞かれて、答えたら、そのままバイクに乗せてってくれますご飯を食べる所を探してたら、店につれてってくれて、注文までしてくれる!この子は道ばたで体重計ビジネスをする少年フレンドリーに話しかけてくれて、仲良くなったプロテイン屋さんこのお店の周りには何故かプロテイン屋さんがたくさん立っているのですが、話を聞いてみると全部違法ドラッグの売人のお店らしいです笑やはり事前に聞いてた通り、イラン人は優しいです!

      7
      テーマ:
  • 07 Aug
    • 日本にいると悪者になってしまう国?

      世界の境界みつけ旅Vol.43サポートスタッフのタカです!サラーム!!長らく挨拶がロシア語のズドラーストヴィチェでしたが、今回からペルシャ語のサラームです!感動した地獄の門でしたが、トルクメニスタンはもう終わりです笑トルクメニスタンでの滞在は地獄の門で野宿一泊のみで、次の国はイラン!トルクメニスタンも謎でしたが、イランも謎です!アメリカと仲が悪い国イスラム教の国核を保有してる国怪しい人が住んでるんじゃないのか?というかテロは大丈夫なのか?こんな感じで日本からのイメージだと、情報が悪めの印象が強いと思うのですが旅人から聞いていた話だとイランはとてもいい国!なんといっても人が優しいそうです!でもイランへいくかどうかは大分悩みました理由はアメリカです日本人はアメリカへは基本ビザ無しで入国出来るのですが、イランやその他のアメリカと問題を抱えている国に入国した場合、ビザを取得しなければならないんですそのビザの取得がとてもめんどくさい!申請、書類、面接までもあるそうです費用も170ドルぐらいかかるみたいそれでもイランに行ってみたかった行ってきました!イランでは是非やってみたかった事がありました!それはカウチサーフィン!カウチサーフィンとは旅人等が現地の人の家に無料で泊めてもらって異文化交流をするというサービスです!カウチサーフィンのサイトで登録してから出来るのですが、はじめたばかりの時は評価が貯まってないので、受けいれてもらうのが難しかったりしますでもイランでは簡単という事で早速試した所、とんでもない量のメッセージが笑カウチサーフィンを最初に試そうとした場所はヤズドという町なのですが、なんとホステルのマネージャーからオファーがあり、宿の部屋に無料で泊まらせてくれるというのです!いかにイラン人のホスピタリティがすごいといっても、ホステルに無料で泊めてくれるのはビジネス的に大丈夫なのか不安になりますもしくはゲイなのではないかとか、色々心配していたのですが、考えていても始まらないので、とりあえず行ってみる事に!結果めちゃくちゃ良かったです笑早朝に着いたにも関わらず、快く受け入れてくれて、朝ご飯をごちそうしてくれました!今回受け入れてくれたマネージャーのアリさんは忙しい人であまり話す事はできませんでしたが、宿の感じもとても良くて、これからのイラン旅楽しくなりそうです!

      13
      2
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 世界の果て?地獄?

      世界の境界みつけ旅Vol.42ズドラーストヴィチェ!サポートスタッフのタカです!次の国はトルクメニスタン!トルクメニスタンについてご存知な方はおられるでしょうか?おそらく知らない方がほとんどだと思いますかくいう僕も知らなかったです、もう既に行った身であるにも関わらず未だによく分かってません笑何故なのかというと、トルクメニスタンは中央アジアの北朝鮮とも称される独裁国家なんです!当然の如く入国にはビザが必要なんですけど、このビザも特殊で、基本的にはツーリストビザは取得出来なくて、トランジットビザという滞在可能日数5日間という意味の分からない短さです笑この5日しか滞在出来ないビザの為に何度キルギスで大使館に行かされたことか・・・そうだとしてもトルクメニスタンには行きたかったんです!地獄の門という場所に行きたいために!でも秘境にあるので、めちゃくちゃ移動しました!ウズベキスタンを出国し、トルクメニスタン入国!移動する事10時間程地獄の門へ行くために、一番近いチャイハネと呼ばれるスタイルの喫茶店が並ぶ村?みたいな場所に到着です!車をチャーターしますジープをチャーターしたはずだったんですけどね実際はこの車でした笑彼等にとってのジープとはトヨタのセダンだそうですここから地獄の門までの道は完全に砂漠みたいな感じなので、不安がよぎります・・・はい、案の定タイヤを砂にもってかれました笑客であるはずの僕らが押しますしかも砂漠を爆走したあげく、何かにぶつけてフレームがゆがみます笑もう、どうなってるんでしょうか色々トラブルはありましたが、地獄の門に到着!これが地獄の門です!これはなんなのかというと昔天然ガスを発掘していたのですが、工事現場で陥没事故が起こってしまって、このガスクレーターができてしまったそうですその事故によってガスが吹き出てしまって、止める手段がありませんでしたさらにそのガスが有毒だったんです被害をとめる為にガスに火をつけ、燃え続けるガスクレーターが出来上がりましたそれが地獄の門と呼ばれ、観光地となったわけですもう圧倒的でした!近付くと熱風にゴウゴウとなる音!綺麗というか、とにかくすごい場所でした!この日はこの地獄の門のそばで野宿そして朝日!ここもずっと来たかった場所のひとつだったので、これて大満足でした!

      12
      テーマ:
  • 01 Aug
    • ゲームの世界の町!

      世界の境界みつけ旅 Vol.41ズドラーストヴィチェ!いつもありがとうございます!サポートスタッフのタカです!個人的にかなり楽しかったウズベキスタンでの旅も最後の街です!城塞の街、名前はヒヴァ!まるでRPGでドラクエの中に入ったみたいに感じる場所です!このマップとか正にRPGみたいです!城壁の中の街には人もすんでいて、家の壁は土壁柱や扉とかは木ふらっと入った家は木の彫刻屋でした快く受け入れてくれて色々とみせてくれます!塔に登れるとの事なので、登ってみることに余裕かなと思っていたら、階段は凄く狭い上に急!上についてみるとこの景色です!ウズベキスタン人の観光客等もいて、写真撮影会ですというか頂上もめちゃくちゃ狭いので、撮影会とかやってる場合じゃないんですけどね笑近くに観覧車があったので、上から良い景色が見れると思いのって見ると、やはりめちゃくちゃ良い景色!城壁に囲まれた街を一望できます!街全体、何処をみても名所みたいな場所で、でっかい塔夜は夜でカラフルにライトアップされ幻想的です!次の国はトルクメニスタンなのですが、ウズベキスタンは大満足な国でした!人は優しいし、建物は綺麗、食べ物も美味しい!また来れる機会があるなら是非また来たい国です!ウズベキスタンは良い国なのですが、いくつか特徴があるので、紹介したいと思います!ウズベキスタンの特徴1闇両替!ウズベキスタンにはATMが無いので、事前にドル等を準備してから入国して、ドルからウズベキスタンの通貨・スムに両替する必要があります!でも銀行が決めている公定レートの他に闇マーケットでの闇両替が出来るんです笑ウズベキスタンは経済が破綻しかけてるみたいで、いつウズベキスタンのお金が紙切れになるか分からないみたいなので、ウズベキスタンの人はドルを手元に置いておきたいのです!公定レートと闇レートの違い、何と2倍!僕は勿論闇両替しました笑特徴2ウズベキスタン・スムウズベキスタンの通貨は上で書いた通りスムというのですが、最高額の紙幣は5000でその下は1000です!闇両替で1ドルは6000スムぐらいなのですが、闇両替をするとたまに全て1000スム札でしかお金をくれない時があります!そうするとですね、100ドル札一枚を両替しただけで、60万スム札束はこんな具合いになります笑特徴3メロンウズベキスタンはメロンがめちゃくちゃ美味しいです!それはもう一日1玉ぐらい食べていました!しかも激安です!日本だったら数千円はくだらないであろうメロンが100円ぐらいから手に入ります!水分補給で水の代わりにメロンを食べる感覚です笑もっともっと特徴はあるのですが、ボクにとっての3大特徴はこんな感じです!ウズベキスタンオススメです!

      12
      テーマ: