猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』

猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』

やっと明るい未来を語る政治家が総理大臣になりました。しかし、闘いはまだまだこれから。子や孫が希望を持てる国になることを願うおやじのブログです。


人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 

一部の界隈が「日本は終わりだ。安倍の失政だ」などと騒いでいる。
米国など諸外国に比べて中国からの入国規制開始が遅く、しかも未だに中国全土を対象にしていないからもう手遅れだというのだ。

特に、中国全土からの入国禁止にはこだわっているようで、門田隆将氏はいまからでも遅くないから安倍総理は踏み切るべきだと主張している。
手遅れで日本は終わりだけど、今からでも遅くないらしい。

たしかに、アメリカと比べればわが国の入国規制は緩い。

日本が2月13日から「過去14日以内に湖北省または浙江省に滞在していた全ての外国人の方は日本への入国が禁止」としたのに対し、米国は2月2日より、「過去2週間日以内に中国を旅行した全ての外国人を対象に、入国を禁止」としている。

他にもオーストラリア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、北朝鮮などかなりの国で同様の厳しい措置を取っている。

一方、お隣の韓国は日本と大差ない対応だし、インド、カナダも同様だ。ドイツ、フランス、イギリスなどは検疫強化だけで入国規制はしていない。イタリアはいくら調べてもどうしているのか分からない。おそらく、特に何もしていないのだろう。

(参考)
Trip.comグループ、新型コロナウイルス感染症拡大による渡航制限のある国と地域に関する情報提供 2020年2月19日
https://jp.trip.com/newsroom/trip-com-update-on-novel-coronavirus-country-region-entry-restrictions-jp-0203/?promo_referer=13_1067_2

このように見てくると、いわゆる主要国で中国全土からの入国禁止に踏み切った国はトランプ、プーチン、ドテェルテ、金正恩のような権限の強い指導者がいる国が目立つ。
ところが、門田隆将氏は次のように主張する。


https://twitter.com/KadotaRyusho/status/1228138706348806144

「主要国の多く」とは、一体どの国々を指しているのだろう。
G7ではアメリカとカナダだけ、G20でも特段の入国規制をしていない国のほうがずっと多い

 

ところが、彼の手にかかるとこうなるのだ。
ジャーナリストとして氏を評価してきたが、ここにきて記事が売れてなんぼのトップ屋らしさが出てきたということか。

日本のように狂想曲が鳴り響いている国は、実はそんなに多くないようだ。

例えば、19日現在12名の感染者が確認されているフランスの場合。
下記サイトの記事によると。

【新型コロナウイルス:速報】フランスの現状と渡仏に関して
https://tabizine.jp/2020/02/15/323562/

コロナウイルスに感染者が出たことが大きく報道されたり、一部の小学校が休校となったりしたが、特段の入国規制はしていないという。また、中国とのフライトでは3月15日まで欠航となっているものの、中国系の航空会社はフランス~中国間の直行便を現在も運航しているそうだ。
 

つまり、いまも中国から相当な人数が入国している。

また、この国では病気の予防としてマスクをする習慣がなく、マスクをしていると病気に罹った本人と捉えられるらしい。これは私の感想だが、アジア人が差別されたという話も、実はこの感覚の違いが誤解を招いたのではないか。

それはともかく、何度も人口が半減するようなペストの大流行を経験したヨーロッパの人たちと、島国で生きてきた日本人では、伝染病に対する考え方や対処法もずいぶん違うようだ。
また、ドイツもフランスと似たような対応だ。

【新型コロナウイルス】ドイツでの現状を現地から発信 2020/02/17 00:36
https://note.com/yukofrankfurt/n/nc39892b4dde1#H6Keq

そもそも、時系列から考えてもウイルスはすでに世界中に拡がっている。
それを踏まえたうえで、いかに感染拡大を抑えるかが大切なのだ。

わが国で確認されている感染者数はクルーズ船乗客分を除いてもメリカの3倍くらいある。しかし、この新型ウイルスに感染しているかどうかは、特別の検査をしないと分からない。
つまり、検査対象の範囲の設定次第で発見される感染者数は変わるのだ。

米当局は2月14日に「インフルエンザに似た症状が確認された患者に対し、新型コロナウイルス検査を開始する」と発表した。それまでは意図的に検査していなかったから限られた感染者しか見つかっていなかったのだ。

門田氏の言うように他国より早く、しかも中国全土を対象に入国規制をしたことで、「米国にウイルスは入っていない」ことになっていた。ということは、いまも猛威を振るっているインフルエンザと区別がついていなかったのではないか。

ブログ友の「空き地」さんは、門田氏らがいまだに「中国全土からの入国拒否」にこだわる理由について、ツイッターで次のように喝破している。


https://twitter.com/akichi_3kan4on/status/1229883105298677761

いま、「アンチ中国」はビジネスになるのだ。
月刊Hanadaの花田編集長が4月号でコロナウイルス騒ぎをどう取り上げ、彼らのどんな言説を掲載するのか実に興味深い。

ところで、コロナウイルス狂想曲はブログ主の実生活にも影響を与え始めている。
市の公共施設での行事や集まりを中止または延期するになり、それを利用している仲間との月に何度かの集まりも当分できないことになったのだ。

過剰反応のような気もするが決まったことは仕方がない。ここしばらくの政府や自治体の対応が感染拡大を左右すると考え、我慢するしかない。
それに、ここまで生活への影響が大きくなると、景気への影響も避けられないだろう。

消費増税の影響もあり、当面はかなりの落ち込みも懸念されるが、なーに、ここでいったん沈み込んでおいて、暖かくなったらオリンピックに向けてまた盛り上げていけばいいのだ。
そうなるのを楽しみに、いまできることをやろうと思う。

人ゴミへの外出は極力避け、手洗いや咳エチケットを徹底する。
フランスとは違い、人前で咳き込んだりしたら睨まれそうだし、花粉も飛び出しているからマスクはできるだけした方がいい。

散歩などで運動不足にならないように心がけ、食事をしっかりとる。
そして、テレビやネットから流れてくるコロナウイルス狂想曲は精神衛生上よくないから横目で見るくらいにして、しばらくはご無沙汰していた読書を楽しみたい。

暖かい春はすぐそこに来ている。

(以上)
 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 

「味方を後ろから撃つ」と言えば、まず石破茂氏の名前が浮かぶ。
他には野田聖子、小泉進次郎、村上誠一郎各氏の名前も思い浮かぶが、よく考えると、彼らの安倍政権攻撃を「味方を後ろから撃つ」と表現するのはちょっと違う。

そもそも、彼らは安倍総理の味方ではないからだ。

発展途上の進次郎君はとりあえず横に置いておくとしても、他の各氏は政治姿勢も言動も特定野党にいてもおかしくない。
むしろ「敵を前から、あるいは横から撃つ」と言ったほうがぴったりくる。

「味方を後ろから撃つ」が怖いのは味方だと思っている人物が攻撃してくるからだ。
敵だと分かっていればそれなりの対処ができるが、裏切りや不意打ちは精神的にもきつい

第一次安倍内閣当時、安倍総理は親しい阿比留記者に次のようにこぼしたことがある。

『左派からの攻撃は当たり前だから平気だが、本来は同じ方向を向いている保守系からの攻撃には「ちょっとこたえるね」
(阿比留さんのフェイスブック 2013年6月17日 より)
https://www.facebook.com/rui.abiru/posts/585308458180476

安倍総理は本来は盟友の中川昭一氏と共に自民党の中でも少数派に属するほどの保守派だ。
上記フェイスブックにもあるように、親中派や加藤紘一、河野洋平両氏のようなリベラル左翼が長く主流を占めてきた自民党の中では跳ね返り者扱いされていた。

そこから、小泉政権、自身の政権の成果と挫折、その後の臥薪嘗胆時期を経るなかで仲間を増やし、同時に様々な異論や問題点を飲み込みながら再度政権を握ったのである。

 

 

谷垣、石破、二階といった、考え方のかなり違う人たちを幹事長に据えたのもその一つの表れだ。

しかし、いまも、第一次政権の時と同様に、そういう政治の現実を無視して、安倍総理が自分の思うように動かないと激しく非難する人達がいる。
中には安倍政権打倒まで叫ぶ人たちもいるのである。

そして、そういう人達の支持を集め、煽っているのが百田尚樹、有本香、石平、門田隆将といった人たちのグループだ。

阿比留さんは上記のフェイスブックの中で、そういう人達について次のように述べている。

『当時、私が思っていたのは、安倍政権をたたく保守派は、そもそもこれまでの経緯を理解しているのかという疑問でした。

 
だって、自社さ政権を持ち出すまでもなく、近年の自民党はずっと、親中派や加藤紘一、河野洋平両氏のようなリベラル左翼が主流だったわけです。そんな中で、安倍氏や故中川昭一氏らは、党内の異端・少数派から少しずつ同志を増やし、さまざまな異論や問題点を飲み込みながら、とうとう理念的少数派として政権を獲ったわけです。

 
それをね全部自分たちの思うようには動かないとか、政治の現実も何も考えずに正しいことを言えば全部受け入れられる的な、子供のような視点で批判してきた人を、私は実はいまだに許していません。』
(同上)

この当時は、第一次政権時に一部の保守派の不興をかった靖国参拝や憲法改正などへの対応に加え、TPPや消費増税、さらにはアベノミクスまで批判の対象になっていた。せっかく再びチャンスが巡ってきたのに、一部の保守派は政権発足間もない時期にまたまた後ろから撃ったのである。

そんな連中を阿比留さんは「子供のような視点で批判してきた人」と呼び、いまだに許せないと言っているのである。
特に、「だって」や「それをね」という言葉に、やり切れない強い怒りが込められているように思う。

もちろん、これが書かれたのは2013年だから百田氏らを指しているのではない。
しかし、彼らはいま現実に、「子供のような視点で批判する人」と「それを扇動する人」の両方を演じることで安倍総理を後ろから激しく攻撃している

百田氏が「子どものような視点」で攻撃し、有本氏が一部の事実を元にそれを補完する。
すると、百田氏の無茶苦茶な言説に根拠があるように見えてくる。
石平氏や門田隆将氏は時に応じて両方を使い分けているというのが私の感想だ。

煽ったり、たしなめたり、援護したりのチームプレーで発信力が高くなっているのである。
そして、それに乗せられる「子どものような視点」の人たちも結構いるから、ツイートには”いいね”がたくさん付く。

彼らの多くはこれまで何度も安倍総理にインタビューしたり対談をしているし、中には会食までしている人もいる。百田氏と石平氏などは安倍総理の総裁選への再出馬を強く後押しした「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人でもある。

安倍晋三総理大臣を求める民間人有志による緊急声明(H24.9.5)
http://test2.unitedscene.jp/abe/opinion.html

同上発起人一覧
http://test2.unitedscene.jp/abe/menber.html

あれからずいぶん年月が過ぎ、たが、この人たちの日本の将来を憂える強い気持ちが時期尚早だと躊躇していた安倍晋三氏の気持ちを強く動かした。
まさに、安倍総理と同じ方向を向いていたはずの人たちなのだ。
 

それをね、今度は足を引っ張り、後ろから撃ち、「子どものような視点の人たち」を煽ってネット世論をかき回し左派を喜ばせているのである。

もっとも、安倍総理はこれほど好き放題言われても、よほどのことがなければ排除したりしないだろう。

彼は「法の支配による秩序」を広げるためなら、中国とでもロシアとでも関係改善を進める現実主義の政治家なのである。

連中が、それも十分わかったうえで言いたい放題だから余計に腹が立つ。
だから、本棚から彼らの著作を引っ張りだして、全て資源ごみに出してやった。
もう一度読みたい本は皆無だし、書棚はスッキリするし、何より気分がいい。

同じように思っておられる方は是非お試しを。
そして、気持ちを取り直して安倍総理を支えましょう

(以上)
 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ
 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 

国内初の死亡者が出たことでコロナウイルス狂想曲のボリュームがさらに上がっている。
マスコミは活気づき、米国がいち早く中国からの渡航者を入国禁止にしたことなどを引き合いに「アベの初動対応ガー!」とやっている連中もボルテージを上げている。

しかし、中国人観光客を乗せた屋形船の従業員が感染したのは1月15日だから、ウイルスはそれよりずっと前に日本国内に持ち込まれていた可能性が高い。
普通の風邪だと思っていたら、知らないうちに治っていたケースもありそうだ。

発生国すら把握していないのに、この段階で日本政府が先回りして手を打てるはずがない。

すでに国内に入っているのなら、今後の重点は感染者が増えた場合に対応できる医療体制の確保や発症した場合に重篤化させない治療法の確立などに移る。加藤厚労相も「国内感染の可能性十分踏まえ疫学的調査する」と言っているから、すでに動き出しているのだろう。

私たちは、インフルエンザや風邪の予防と同じく、手洗いなどをきちんと行い、普段通りにバランスのいい食事や適度な運動で病気に負けない体力を維持することを心がければいい。

狂想曲に踊らされて不安を感じたりパニックに陥いる必要はないのだ。

さて、またまた安倍総理のちょっとしたつぶやきが大げさに取り上げられ、国会審議に影響を与えている。一方的に罵詈雑言を浴びせて席に戻ろうとする関西生コン女史に、安倍総理は「意味のない質問だよ」と声を掛けた。

答弁を求めない質問は質問とは言えない。だから、それは正論だ。
しかし、このやり取りが決して正しく報じられないことは総理も十分わかっていたはずだ。
それでも、思わず言ってしまったのである。

憲法改正の国民投票の議論では論破していたのだから、最後の罵詈雑言は笑って聞き流せなかったのかと思うが、反論できないもどかしさもあって我慢できなかったのだろう。総理を怒らせたりイライラさせて何か言うのを待ち構えている彼女がそれを聞き逃すはずがなかった。

辻元氏が何を言っても、私たちなら「おまいう」と言える。「関西生コン」とか「外国人献金」とか魔法の言葉もある。しかし、総理大臣の立場でそんなことは言えないのだ。
言いたいことが言えないつらさはご本人にしか分からない。

安倍総理のつぶやきが問題視されることは多い。
報道では野党連中や生コン女史自身が激しくヤジっているのはなかったことになり、速記が聞き取れないないようなつぶやきが国会審議を止めるのだ。

昨年11月の衆院予算委員会で加計学園問題を取り上げ、文科省が公表したという文書を振りかざす立憲の今井議員に「あなたが(文書を)作ったんじゃないの」とつぶやいた。たまたま、野党のヤジが止まっていて静かだったから周りにはっきり聞こえて問題視された。

昭和28年の「バカヤロー解散」のきっかけになった吉田首相の「バカヤロー」も大声で言ったわけではなく、つぶやいた声をマイクが拾ってしまったからだ。
もっとも、この時の質問者は生コン女史のような罵詈雑言を浴びせたりしていない。

このとき質問に立っていたのは、後に民社党(民主党とは大違いの反共中道政党)の設立に参加し、後に委員長を務めた西村栄一議員だ。
冷静に、しかし執拗に質問する西村氏にいらついた吉田首相が「無礼なことを言うな!」とヤジり、西村氏が「何が無礼だ!」と言い返したのがきっかけだ。

吉田首相が発言を取り消し西村氏もそれを受け入れてその場は収まったが、鳩山一郎、三木武吉ら自民党非主流派が不信任案に賛成したことで解散に追い込まれた。
当時は小学生だったが、はっきりと覚えている(ウソw)

個人的には、安倍総理も「意味のない質問」などと正論を言うより、いっそ「バカヤロー!」とか「関西生コンはどうなった?」などと言ってほしかった。
そして、吉田首相のように追い込まれてではなく自分から解散を仕掛けてもらいたい。

しかし、それは安倍総理の流儀ではないし、何よりいまはコロナ対応があるから出来ない相談だ。コロナウイルスの対応で大変なのに国会は相変わらず桜まつりだ。解散戦略も見直さな変えればならなくなった。

そんな状況で「腐っている」などと一番言われたくない相手からそう言われて黙っていられなかったのだろう。

安倍総理はいい意味でも悪い意味でもまだまだ若い。

(以上)
 

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ