New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 27日の「すごい生き方」イベントにきてくれた人たちから、いろいろ感想をもらった。
 処凛ちゃんも「本当にAKIRAさんに出てもらってよかったです!!!」と喜んでくれたし、月乃さんも「また共演しましょう」とノリノリだ。
 横浜ライブのスタッフ・マサキも「編集して本にしたら売れるんじゃないかな……。」とコメントしてくれた。
 鬱病のKさんは、「この間のAKIRAさんの歌感動しました。ライブであんなに泣いたのは初めてです。家に帰ってすぐCDを聴きましたがやはり泣きました。」とメールしてくれた。
 物販に手伝いをしてくれたおブタさんさんは「月曜日のイベントが、時間の経つほどに、もっともっと味わい深くなって、もっともっと宝物に思えてくる。一生忘れられないし、一生に影響を与える力を持った時間だった。色んな人の人生を覗けて、色々な常識にしばられない価値観や
素敵な感性を感じた。」とブログに書いている。
 インドの村で偶然「アヤワスカ!」を読んだMANABUくんもかけつけてくれ、はじめは濃いメンバーと会場の雰囲気にヘコんでいたが、「僕はあまり感じた事がない『生きづらい』という事に対してちょっと考えさせられた事は、僕の人生のプロセスとしては良かったのかもしれない。」とミクシ日記に書いている。しかもうれしいことを言ってくれるではないの。
「そー思えたのは、アキラさんの歌のお陰というのはデカイ。正直、アキラさんの弾き語りに強いVIBESを感じた。あの歌でネガティブな空気がポジティブに変わっていくのを感じた。」
 そーなんだよね、ただのネガティブ自慢に終わらず、ネガ力をそのままポジに変換する装置が必要なんだ。それこそが「創作という魔法」なんだろうな。
 魔法と言えば、もとリスカのつっちぃに5年ぶりくらいに再会した。
「どう、最近切ってる?」オレが楽屋で訊く。
「切ってませんよー。今は幸せな結婚生活を送ってま~す」
 つっちぃは手首をまくって、時間とともに薄れていく無数の傷跡を見せてくれた。
「それもいつかこうなるよ」
 オレは腕を肩までめくってかすかに残る20年まえの注射痕を見せた。
「しかしよくやめられたねえ」
「アキラさんのおかげですよ」
「えっ、オレなにかやったっけ?」
「ほんとにおぼえてないんですかー」
「ううむ、昨日のこともおぼえてないのに5年まえのことはなあ」
「あのね、アメリカインディアンのサンダンスって儀式でイーグルの爪を胸にさしてロープでぶら下がるって話をしてくれたじゃないですか。苦行の歴史は大昔から世界中にあって、リストカッターはそれを現代によみがえらせた勇者だって」
「むむむ、すごい独断とこじつけ……いや、いい話だなあ」
「それからわたしの傷跡をぎゅっと握ってお祈りしてくれたんです。ミタクオヤシン、あたしとつながるすべてのものにって。それからあたしは手首が切りたくてどうしようもなくなると、ミタクオヤシン、ミタクオヤシンって唱えて、がまんしたんです。それで何年もつづいた自傷癖から立ち直れたんです」
 おおーそんないいことオレしてたっけ? つっちぃを落胆させないためにおぼえていたフリをしていたが、やっぱり忘れてました。
 楽屋には大槻ケンヂさんもいて、ハーミニカをとりにきたついでにした数分の会話である。
 これまた忘れていたのだが、名曲「リストカッター」のモデルはつっちぃだったのだ。つっちぃといろいろ話したリスカの心境を歌にしたんだよな。この曲をきっかけに声なき声をつぎつぎに歌にしていき、たぐいまれなONSENSの楽曲がある。
 オレのおまじないでつっちぃのリスカが治り、つっちぃからオレは歌をつくらしてもらった。「リストカッター」を聴いて自殺を思いとどまったり、リスカをやめた人もいる。
 不思議な巡り合わせだなあ。「祈りプロジェクト」もそうだけど、一方通行の癒しはありえないのね。
 マキちゃんから、素敵なメールがきた。あんまりうれしいのでちょっと抜粋させてね。

毎日、どーやって、AKIRAさんにお礼しよーって、考えてました。
どー考えても、何を差し上げても、釣り合わない。
菓子折りってレベルじゃないし、手料理もここじゃ、作って差し上げられない。(立ってられないから作れないけど)
手編みのセーター?彼女じゃあるまいし。。。
何か手作りの物? イヤー粗大ゴミしか作れない。
今日、やっと結論に達しました。
「物」じゃ、返しきれない。「物」じゃないんだ。
祈りプロジェクト、多くの相乗効果を発揮しています。
とにかく、 AKIRAさんの影響力はすごくて、無限大です。
そして、そのAKIRAさんの影響下で、私の所にいろいろな「エネルギー」が集まって来ている。
これらを「形」しようと思います。 これほど価値のある、メール達、世に出さなくてはいけないと思うのです。
私一人が頂くには大き過ぎる、愛 を頂いています。
これをもったまま、あの世にはいけません。
そして、これほど、私に愛が集まって来ているのは、神様が私に目をかけてくれたらからだ、と思います。
そして、それは神様がAKIRAさんを愛しているから、私にも目が向いたのだと、感じるのです。
よーわかりませんが、病人のカンです。確信を持って
GOD MUST LOVE YOU!

 いやいや、マキちゃんにもつっちぃにも感謝したいのはこっちよ。
 やっぱ鏡なのねえ。こっちが悪意をもつと悪意が返ってくるし、感謝すると感謝が返ってくる。ううむ、すべては循環しておるのう。
 つっちぃへの恩返しに当時はまだできていなかった「ミタクオヤシン」を急きょ歌うことにした。

「ミタクオヤシン」
※ラコタ族の言葉で「私とつながるすべてのものへ」

この世界が滅んでも
声からして歌うから
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

あなたが花をながめるとき
花もあなたを見つめている
あなたが鳥の歌を聴くと
鳥もあなたに耳を澄ます

ミタクオヤシン
すべてのつながるものへ
ひとつひとつの命が
そっと寄りそい合う

この世界が滅んでも
声からして歌うから
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

なんど傷ついたって
どんな馬鹿にされたって
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

あなたが風にふかれるとき
風もあなたを感じている
あなたが木々にふれるとき
木々もあなたにキスをかえす

ミタクオヤシン
すべてのつながるものへ
ひとりひとりの祈りが
今ひとつになる

この世界が滅んでも
声からして歌うから
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

なんど裏切られても
どんなことを言われても
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

あなたが友をいじめるとき
友もあなたを恐れている
あなたが火をもてあそぶとき
火もまたあなたに燃えうつる

ミタクオヤシン
すべてのつながるものへ
一粒一粒の涙が
いつか時を変える

この世界が滅んでも
声からして歌うから
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

なんど倒されてでも
どんなかっこわるくても
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

あなたが星を見あげるとき
星もあなたにささやいている
あなたがぼくに微笑むとき
ぼくもあなたに笑いかえす

ミタクオヤシン
すべてのつながるものへ 
7つの世代を越えて
夢を伝えていこう

この世界が滅んでも
声からして歌うから
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから

なんど涙流しても
どんな孤独の中でも
ひとりぼっちじゃないと
君のために歌うから
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AKIRAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。