燧灘あきらのブログ

燧灘あきらのブログ

新居浜市から30分で行けるポイントでの釣行記です。小船ですので安全第一です。

強烈寒波襲来!・・・ありがたいことに直前の釣行です。

 

満潮が11時。土曜日だし明日も休みなので昼からも少し粘るつもりでご無沙汰ポイントへ出かけてみる計画。

 

相変わらずのお手製チョクリ(15m10本針)ですが今回は針をライト落とし込みに使う平打ち針にしてみました。少し目立つかな?程度のことではあります(笑)

 

第1ポイントでは反応はイマイチだけど当たりはまずまず。

 

連掛け狙いがうまくいく事もあればそのままリリースとなることも(涙)

9時半ころにはこんな感じ

11時の満潮が近づいたので前回の想像外ポイントへ移動してみるとリリースサイズも含めて何匹か釣れた。もう少しタイミングを選べば面白い事になるのかも。ベイトが海苔の時期だけだろうか?

 

満潮で帰るには少し早いので次のポイントへ移動。

船がかなり出ているので顔見知りに聞くとあまり芳しくはないらしい。

 

過去の実績ポイントを何か所か回ってみるもベイトの反応は皆無。時期の問題なのかそれとも??

 

引き潮が動き始めたもののベタ底反応ばかりで当たりもなし。

近くで臨検が始まりハイパワーのエンジン音で踏ん切りがつき納竿です(笑)

リリースを含めて15~6匹。大きなサイズは居ませんがおいしいサイズという事で(笑)

次回も鯛サビキ!

 

 

I船長よりです。

 

フグの事はサッパリ分かりませんが全部で43匹だそうですので良く釣れてるのではないかと思います。四国中央市の沖合です。

 

詳細は2月の「今日は釣り吉」をご覧ください(^^)

 

トラフグも

見ただけでもおいしそう

情熱ですね。

雨が降る中に出撃するのは・・それしかありません。

 

嫁は修行はどうするの?と聞いてきますが風がとか・・潮が・・などと言葉を濁し朝寝です(笑)

 

で、E船長は鯛ラバでは不利な状況でもやってきました。見習いたいものです。

 

「犯罪者と釣り人は現場へ戻る」と言われるが自分の場合もその通りの行動を。

2日前に釣れたポイントへ直行して鯛サビキを開始・・・・が、釣りあるある。魚影はほぼなし。あってもほとんどベタ底。

 

それでも朝の時合らしく当たりはあるがなかなか渋い。どうにか3匹取り込めたがそれから約3時間は放浪の旅。船も少ない。

今年の干支がバンバン出現してきたので帰ろうかと思いながら鯛ラバを巻きながら流していると中層までの怪しい反応を発見。

 

鯛ラバに何度か当たりがあるので急いで鯛サビキに持ち変えるとなんといきなり4連。

2連も

満潮前のお食事タイムにうまくはまったようだ。それも全く想像外のポイント。

 

強い風に流されながら2連を処理していると大きな音でディーゼル艇がポイントの上を高速で通過(涙)・・そんな場所です。誰も想像していません。

船が集まっているポイントにどうしても目が行ってしまいがちですがこんな事もあります。

 

とりあえず今日はセーフ(笑)

 

約一か月ぶりの出撃です。鯛サビキ(お手製チョクリ15m)を使います。

朝から潮が動くのは分かっていましたがうれしいことに一投目から当たりです。

なかなか上がってこない重々しい当たりはトリプル!

活性が高いようなので連狙いで1匹釣れても揚げません。ダブルやトリプルも。

45cmまでの型ぞろい。ベイトは海苔ですね。

9時頃には生け簀が混雑。

ヤズもいます。ロッドが海面へ突っ込みます。

これもトリプル。腕が・・ヤバい・・・

昼前の満潮で絞めたグループ

プラス、生け簀グループで納竿!

久しぶりの釣行は十分満足できました(笑)

 

次回も鯛サビキです!

 

開けましておめでとうございます。いつも拙いブログを見て頂き感謝いたします。

 

今年も釣果よりも安全第一で釣りを続けたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。


ところで、天候は相変わらず(涙)。暇なので今年の釣行予定を動画にしてみました。冒頭の「2004年大島東」はサバを狙っての釣行です。あの頃とはすっかり変わりましたが今できることをやるしかないですね。内容はここ1、2年の釣果による今年の予定です。

 

Windowsのおまけソフトなのでたいしたことはできません。また1分という制限もあるので2本にしてみました。

 

何かのヒントにでもなればうれしいですウインク

 

引きこもりの釣り人より

 
 

 

 

今日も沖は風です・・

 

なんと12月9日から出港できていません。天候の良い時に出港した僚船からは羨ましいお話が聞けるのですが・・・

 

釣りの事ぐらいしかネタの無いブログです。どうしたものかと考えていると10月のライト落とし込み釣行の動画がありました。

 

近くにいたI船長の奥様が撮影したものです。小船の高齢者がへっぴり腰でやりとりしています爆  笑

 

右腕の不調をカバーするために買った右巻きのベイトリールを使っています。やはり慣れない左腕ではうまくやり取りができません、その後は結局左巻きに戻してだましだましやってます。新しいリールはどうなるんでしょうね・・

 

 

タックル(ご紹介するほどのものではありませんが字数稼ぎですニコニコ

ロッド:ダイワ 瀬戸内タイサビキ

仕掛け:自作2m6本針、ハリミツ ベイト針

リール:シマノ バルケッタ150DHHG

ベイト:ゼンゴ(アオコ)

釣果:ハマチ1・ヤズ2・アコウ2

 

さて、今年もつたないブログにお付き合い頂きありがとうございました。次回の予定は未定ですが😢とりあえず鯛サビキです。

 

それでは皆様、コロナに気を付けて良いお年をお迎えください!

 

 
 

リベンジ釣行です。仕掛けはお手製チョクリ+市販のチョクリ。

最初のポイントは30cmクラスが1匹のみ。

次のポイントではありがたや2投目に海底から3mほどで50cm近いのがヒット!!

 

続いてのゴツイ当たりは針を2本伸ばしてハリスを1本切ってサヨウナラ・・・・まだまだ青物が回遊しています。

 

当たりが途切れたところで再び最初のポイントへ。

 

ヤズと鯛の珍しい組み合わせも。

 

お昼の満潮まで

場所によってはヤズがバンバン当たっているようです。

 

引きに入って少し追加して納竿です。

 

今回は手乗り鯛はいませんでした(笑)

次回も鯛狙いです!

 


予報では気温が真冬!昨日から山は真白です。でも・・・行きます(笑)

前回ポイントへ到着するも魚影はあっても活性は無し。全く当たりもなし(涙1)

 

ポイントを移動するも手乗り鯛だけ(涙2)

 

魚影が海底に集まっているようなので鯛ラバをやろうとするも仕掛けを入れたボックスを忘れた!(涙3)

 

ラストポイントには船団ができているがすでに時合は終わりつつありそろそろ帰ろうかとする頃に怪しい反応!

チョクリを投入するといきなりゴツイ当たり!巻いても巻いてもドラグが働くが上がってこない。そのうちプチン、またプチン・・上がってきたヤズを確保するとその下から道糸がプッツン。どうやら4~5匹のヤズがヒットした様子。気を取り直して急ぎ仕掛けをセットして投入すると・・速攻で当たり!が・・再びゴツイ当たりに道糸からバッサリ(涙4)

 

ギブアップ&潮止まりにて納竿!

 

今日のベイトは2センチほどの小魚。魚探にはボンヤリとした反応がでます。

 

次回も鯛狙いで頑張ります!