【巡礼ねえさんぽ_φ(・_・ 幼い頃にお参りしていた高塚不動尊さんへ^^】 | Rのブログ・あなたの世界をいきること

Rのブログ・あなたの世界をいきること

今まで生きてきて、無駄なことなんてひとつとしてない
あなたがいて、わたしがある
世界があって、わたしがある

そんなシンプルな道を生きたい、って思います。

何年かかけて知り得た様々な学びを
ゆっくりと言葉にしていけたらいいな

こんばんは!




@Ricoです。




まだまだ続く、

関東三十六不動巡礼巡り🔥




今回はこちら⬇️

高塚不動尊さん


正式名称は、

妙高山 大聖院だいしょういん






まぁまぁ、実家が近いので

帰省がてらうかがってまいりましたよ🙏






で、





ビックリその①



親に聞いたら、

大聖院の場所を知っていた‼️

(いままで、お参りしたなんて

 聞いたことなかったやん💧)



→安房神社⛩の記憶しかないもんね。。。


『【帰省ねえさんぽ②安房神社さん→白き鳥居が眩しいね^^】』こんばんは!@Ricoです。さて、お盆タイミングってコトで帰省がてらのねえさんぽ👣してして、お参りにやってきたのが、こちら⬇️じゃん❗️安房神社さん✨官幣大…リンクameblo.jp





さらに、


ビックリその②


幼い頃にすでに不動尊にお参りしていた‼️

(親の記憶に鮮明に残っていたぞ😲




さらに、さらに


ビックリその③


お参りした日はいつやったか聞いたら

1月28日

→もちろん、初不動のご縁日なんやけど

 さらに後から調べてみたら、高塚不動尊さんの

 例祭の日やったよ‼️


(縁日好きは遺伝なんかいな🤣




てなワケで、



🚗アーンド👣


で向かいますよ^^





テクテク👣


テクテク👣






のどか過ぎる風景やね^^





前不動さま🔥とお地蔵さま🙏





ズンズン進んでいくと、


おおっ😲


見えてきたよ‼️




右手をみると。。。


むむむ🤔
奥の院登山口



え💧💧💧

これ、登ってしまうヤツかいな😆





ま、まずは

本堂にお参りですね🙏





入ってすぐところに




宝篋印塔





さらに、お隣りには

観音菩薩さま





テクテク👣

テクテク👣





外からお参りさせていただきます🙏



ご本堂





いやぁ。。。


中でお参りできるかなぁ❓と思いつつ
お唱えさせていただいてから、



御朱印を授かろうと、

ピンポーーーン🔘



(事前にお電話してあったので、
 すぐにご対応いただけました🙏)



で、

いろいろとお話しをうかがい、
中に入らせていただくことができ
ご本尊、不動明王さまへ🔥
手を合わせます🙏




本堂のなかには、

文化財に指定されている

麒麟と龍と波



素晴らしい勢いがあります🙏





ゆっくりお参りしてから、

この本堂の裏手に
昔、奥の院にお祀りされていた
不動明王さまがおりてお祀りされている、と
うかがいまして、



おっ😲
登拝しなくても、
お参りできますぞ‼️



と、裏手にまわらせていただきますよ^^




テクテク👣

テクテク👣







こちらの階段をあがっていきますー‼️




テクテクテクっ👣👣👣





到着です^^


⬇️ こちらの彫刻も美しや✨✨✨



小さな善行が大きな幸福の基



左奥には、

秋葉権現さま



ありがたく、一礼🙏




して、

先ほど、ご説明いただいたように

赤の扉をオープンして
中でお参りさせていただきます。



オープン🚪✨


じゃん‼️



寺紋と彫刻のコラボ




御詠歌






して、

まわりには
ご由緒の絵巻がたくさんあります🙏



第一回から第十八回まで❗️
→もちろん、全部読みましたよ^^







で、




またまたビックリしたのが、

以前の不動巡礼のときに記した
あの良弁さまが創建に関わっている
というコト‼️





(目黄不動さま⬇️)



(夷隅不動尊さん⬇️)





(ご縁起⬇️)

不動尊の開基は奈良時代に東大寺の創建などに尽した
華厳宗(けごんしゅう)の「良弁僧正(ろうべんそうじょう)」
といわれています。
良弁は母の菩提を弔うため諸国修業の旅に出掛け、
途中安房の国の当地にお堂を設け、修業の日々を過ごしました。
ある時大海龍王の擁護で魔障(ましょう)から逃れる事が
できたため、不動明王の尊像を彫刻し堂内に祀りました。
この像が本尊の「大聖不動明王」です。

その後この像は一時行方不明になりましたが、
嘉応元年(1169)、近くの浜で発見され地元民の協力で
高塚山山頂にお堂を建立し安置することができました。
また麓の大聖院の開山は長尾庄(ながおのしょう)の
庄官であった「法月坊」です。
山麓に庵を設け不動明王の再来を祈ったことが、
大聖院の始まりとなりました。遠州秋葉(静岡県)出身の
法月坊は、秋葉権現が不動明王の化身であるという
老僧の教えに従い山頂に秋葉権現をお祀りしました。
そこに塚を築いて祀ったことから高塚山と称するように
なったといいます。







このご縁起を拝読してから
いよいよお参りです🙏🙏🙏






この地域ならではの
護摩木がありますね。





ゆっくりと
あらためてお参りに来させていただけたこと。


幼い頃にお参りしてから
何十年かぶりにお参りして、

お不動さまに覚えていただけていたら
うれしいなぁ^^






階段の中腹からの景色が眩しかったよね✨✨✨






てなワケで、


期待の880メートルの登拝はせずに
ミッションコンプリート🔥




(奥の院までの地図はこちら⬇️)








御朱印







して、

千葉エリア巡礼ねえさんぽ👣


高塚不動尊さん





これにて👏






では。





いつも、ありがとう^^






@Rico 




幸せは自分のために

世界が平和であるために