王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:

てゆか「人権擁護法」やばすぎ。

人権というのはこうやって守るもんじゃないでしょうが…!
しかし「美しい日本」は「疑わしき」を「糾弾」して抹殺する世の中らしいよ。
http://jp.youtube.com/watch?v=sKjmpCYSA7I
http://jp.youtube.com/watch?v=kmOe2iQfm5I

てゆーか3月15日法案可決ってまずいですよね。
こんな法律通したら・・・簡単に言えば、民主主義国の終わりですよ。

某宗教団体とかが描いている世の中が近づいてきたんでしょうか。
どうにかできないんですかねえ。

(伝え聞いた内容なので真偽はご自身で確認してください)

というかふつうにBlog書くのも大変になるね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
LavalSousLaNeige.jpg
何の気はなしにGoogle Earthを開いたら
「雪のLaval」写真を発見。

雪が降るようなことはめったにないのに、どうしたんだろう?

ほかにもここ数年の冬のイルミネーション写真とか揃ってたりして、
なんか目から涙が出そうになった。

フランスの暮らし、なつかしい。
自転車で毎日わたっていた橋、風景、人々。

当たり前になりつつあった生活が、
いまでは遠い日の出来事になりつつある。

小さい町だけに、思い出も凝縮されているのだろう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
久々の休暇でやることと言えばアトリエの掃除。
3年前に日本を発つ前の頃の書類はガンガンScanSnapでPDF化しているのだけれど、肝心の紙の山は大きくなるばかり。

どうでもいい領収書の山、手書きのイラスト、学生の提出したレポート、掲載された雑誌(ファミ通とか...)、それから一番激しいのが、論文まわり。
執筆校正作業のときにはアイディアを印刷して書き込んでいく事が多いので、必然的に紙の山ができる。しかも未完・未実装の手書きアイディアなどはいつ見てもそこそこに魅力的だったりするので捨てるにはばかる。
今回は勢いに任せてそういったスケッチも全部電子化して葬った。しかし『葬った』とはいえ、常にスキャナの下のダストボックスには積もっていくわけで。

フランスだったら迷わず共同ゴミ箱に捨てた。これはゴミ回収車直結なのでプライバシーの問題もセキュリティの問題も低い。そもそも日本語で書いた書類なんて悪用されようがないし。
しかし日本は違う。透明ゴミ袋と共同ゴミ捨て場は『私はこんなに消費しました』、『こんなことに興味があります』と大声で言って回っているようなもの。なので捨てづらい紙はどんどん溜まっていく...。簡易なシュレッダーもあるんだけど、紙の方が多すぎて、壊れたし。

そんなわけで思い立って、溜まりに溜まった重要書類の山を、自家焼却することに。せっかくだから焼き芋も焼いてしまえ。思い立ったら素早い。犬小屋をどかして広さを作って、そこにブロックで焼却炉を構築、バケツに水をくんで準備完了。ライターがないので炭をガスコンロで焼いて種火を作って、周りをほうきではいて、枯れた芝を集めて、ストーブから拝借した数滴の灯油で点火完了。

いやー。良く燃えるなあ。

掲載雑誌、採点済み学生のレポート、博士論文中間バージョン、領収書、どれもこれも完全燃焼を確認しながら処分できるのが嬉しい。火をコントロールしないと勢いよく燃えすぎて、機密書類が飛んでいってしまうし、この時期は乾燥しているから、火の粉が周囲の枯れ葉に燃え移ったりしたら大変。結構集中力を使うが、いい感じの風が、ゴンゴンと地と汗と涙の結晶を、熱エネルギーと炭素に変換してくれる。
紙の束はねじるといい感じの炭になる。後半は炭焼き職人よろしく、風をコントロールしながら、燃え残りの論文を焼き、洗ってホイルに包んだサツマイモやらジャガイモを焼いていく。

この作業はけっこう精神的にリフレッシュできる。
論文の火葬というか。


できあがった炭の山。元の紙の10分の1ぐらいの体積。
そしておいしい焼き芋ができましたとさ!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
明日開催ですねえ。
フランス行っている間に始まったのでその存在すら知らなかったのですが、終点はお台場、東京ビッグサイトではないですか。

そういえば最近走ってる人とか多いなあと思いました。
天気も良さそうだし、出走する人は是非、がんばって!
終わってから大江戸温泉とかいくひとも多いそうですよ。
うちもお客さんたくさん来るかしら。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はオフだというのに
家で思いっきり事務作業とか論文執筆とかして
なんか疲れることばかりだったので、
無意味に東京往復した電車の中でビートルズの歌詞を勝手訳してた。

☆「勝手訳」とは「王様」のように意訳・曲調優先で母国語で歌う/親しむための翻訳なので、ハードなつっこみをしないように。

----

"Your mother should know"
"君の母さんは知ってる"


やあみんな立って歌って踊ろぜ
君の母さんが産まれる前に流行ってた歌をさ
まあでも産まれたのはかなーり昔だけどね
君の母さんは知ってる
母さんは知ってないと


もっかい歌お
ほらみんな立って歌って踊ろぜ
君の母さんが産まれる前に流行ってた歌をさ
まあでも産まれたのはすげぇ昔だけどね
君の母さんは知ってる
母さんは知ってないと



(間奏)



盛り上げて僕に歌を歌って
君の母さんが産まれる前のヒットをさ
まあでも産まれたのはすげぇ昔だけどね
君の母さんは知ってる
君の母さんは知ってないと
君の母さんは知ってる
君の母さんは知ってないと


もっかい歌おう
だぁだだだだだだだだ
だぁだだだだだだだだだだ

君の母さんが産まれたのはずっとずっと前だけどねぇ
君の母さんは知ってる
君の母さんは知ってないと
君の母さんは知ってる
君の母さんは知ってるはずさ
君の母さんは知ってる
君の母さんは知ってるはずさ


----
訳してみて、
「もっと母さんみたいに歌ってくれ」by吉田戦車。
でもいいかと思った。

だれかレスくれたら他の曲の勝手訳も公開しようかと思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。