本日

テーマ:


本日、劇場公演中に起こったことについて皆様に結果報告を含めてご説明いたします。


まず、本日の公演中に立ち見最前で応援されていた方が、後ろの方と接触をしてバランスを崩し、

椅子席最後列にいらした女性の方にぶつかってしまいました。


女性の方は突然のことに驚かれて、気分を悪くされた為、劇場スタッフが大事をとって病院にご案内

させていただきました。


診察の結果は、幸いにも大事には至らなかったのですが、運営側といたしましては、折角楽しみに

されていたであろう劇場公演が、このような結果になってしまったことに対して、二度と繰り返しては

ならないということは勿論、何か対策を考えないといけないと強く思いました。


以前、劇場ではチケット購入の為に徹夜で並ばれるお客様が増加し、近隣テナント様、地域への

ご配慮として公演の入場方法を 「チケット購入順」 から 「抽選制」 でのご入場に変更致しました。

この入場方法の変更に伴い、チケットを複数枚購入されるお客様が多数存在し、実際に発券した

枚数と、ご入場される人数に相当数の誤差が出るという状況となってしまいました。


また先日、お客様同士の身体のぶつかり合い等によるトラブル回避の為に、椅子席の最後列を撤去

したことにより、当初の販売枚数を300枚から275枚に変更し、実入場者数を240名に変更いたしました。

しかし、大事に至らなかったとはいえ、本日、実際に「一歩まちがえば・・・」という事故が起こってしまった為、チケットを入手することが困難になることは理解しておりますが、「安全」に「楽しく」公演をご覧に

なっていただく為に、再度、暫定的に公演チケットの販売枚数を250枚に変更することに決定いたしました。


今回の件につきましては、お客様のご入場数を減らさせていただくことが本当の解決方法では無く、

お客様一人ひとりが劇場内でのルールを尊守し、モラルに則って公演を楽しんでいただけることが

本当の解決方法だと思います。


以前のブログエントリーでも触れましたが、当劇場にはいろいろな方がいらっしゃいます。

「自分だけが楽しければ良い」という考え方ではなく、それぞれの人がお互いを尊重することが出来た時

が劇場の中に「一体感」をもたらすのではないでしょうか?そうなった時には、一人でも多くの方に最高

のステージをご覧いただくためにも、元の収容人数に戻したいと思います。


先日から、「制限速度」のブログエントリーでもお話させていただきましたが、皆様一人一人にもう一度

「AKB48劇場の存在理由」ということについて考えなおしていただきたいと思います。


「事故」というものは、「悪意」がないからこそ起きてしまうのです。


何かが起こってから「そんなつもりはなかった・・・」と思っても、遅いのです。


本日の件で、おそらく沢山の方が「もう劇場に通えなくなってしまうのか?」とご心配をされたかと思います。


メンバーが自分の目標に向かって一生懸命頑張っている。


そして、その夢を皆さんの応援が後押しをしている。


そんな、夢と希望の沢山つまった劇場を一緒に創り上げていくということの意味をもう一度考えて頂きた

いと思います。


メンバーが安心して夢を追いかけられる環境を私達と共に創って戴きたいと願っております。


何卒よろしくお願いいたします。