子ども専用車両

テーマ:

冬休みが終わって、そろそろ1カ月。

朝の通勤電車に制服姿を見るようになった。
 
終電サラリーマンを凌駕する、いつもの爆睡小学生も元気に(?)通学中だ。
朝早くから、大人たちに混ざって、でっかいランドセルにでっかいサブカバンを膝に載せて(江戸時代の拷問かと、思わず突っ込みそうだ)、えらいもんだ。
 
そうして また反対側に視線を移すと、サバンナの中の生まれたてのガゼルのような、おぼつかない足取りの子どもらが、のんびり草を食むように たむろっている。
それにしたってまあ、見るからにか弱そうだ。などと ぼんやり眺めていたら、
「当列車の最後尾は、女性専用車両と、、、」とのアナウンスが聞こえてきた。
 
この時、『ん』って、なった。
 
 
『女性専用とは、か弱き女性たちを守るために設けられた車両。ならなんで、あの見るからに、か弱そうな子どもらのための専用車両がないんだ?。』
と、思ってしまった。
 
なんか、早朝から閃いてしまったわ。
朝から冴えてるわ。
 
あ、いやいや待てよ。んな、見るからか弱そうな子どもばっかりを集めて1つの車両に押し込めてしまったら、子どもたちが危険にさらされた時、一体誰が守るんだ?って話しだ。
 
あー、いやいや。さっきから女も子どもも、『か弱きものたち』って決めつけてるけど、それって、めっちゃ差別じゃないのか?。
 
女だって、子どもだって、別に か弱いだけの生き物じゃない。
束になったら 結構強かったりもするかも知れない。
 
そうそう、サバンナでライオンを食い尽くす、ありんこみたいに。。。。
もしくは、知恵と頓智で越後屋をやっつける、一休さんみたいに。。。
 
 
 
ある日の朝の子ども専用車両。
手に刃物を持った暴漢が、子ども専用車両の一番前のドアから乗り込んだ。
 
なぜ、一番前のドアかと云うと、子ども専用車両は、列車の最後尾で、後ろから二両目以前は、大人専用車両で、連結部のドアを開けて、大人専用車両に子どもたちが逃げ込んだら、元も子もないからである。
 
やい!!!静かにしろ!。(←この暴漢の目的がイマイチ意味不明だが。)
サバンナのガゼルの群れの中に、チーターかハイエナが突然現れたかのように、阿鼻叫喚の子ども専用車両。
そうしているうちに、如何にもか弱そうな一年生のおかっぱ頭の女子が、暴漢に捕まる。
 
そこに、眼鏡を掛けた三つ編みの小4か小5の女子が、暴漢の前に立ちはだかり、叫ぶ。
『やめなさいよ!。妹を放しなさい!!。』
 
その姿に勇気を得た男子小6たちも、一斉に叫ぶ。
『こら!放しやがれ!』
一瞬にして車内は、騒然。
 
が、しかし一向に攻撃性を緩めない暴漢。
そんな中、妹を捉えられたお姉ちゃんがもう一度叫ぶ。
 
『さあ、みんな。いっせいのせい!で、ランドセルに吊り下げたマスコットを、引っこ抜くのよ。』
 
 
『それ!。いっせいのせい!!』
 
 
子ども専用車両中で、けたたましい防犯ブザーの警報音が響き渡る。
一瞬怯んだ暴漢の隙をついて、背後から大きな影が襲い掛かる。
 
子ども専用車両のブザーの音を聞きつけた顔面阿部寛が、大人専用車両の後ろのドアを開け、子ども専用車両に侵入し、暴漢を取り押さえたのだ。
 
と、子どもの機転と、団結力で、危機的状況を回避するということも、ないこともないな。
 
 
いや、でも、やっぱり、子どもたちだけ集めるのは、ちょっと心許ないかもな。
 
 
あ、じゃあ女性と子どもをいっしょにして、女性・こども(子ども・女性)専用車両も、イイかも知れないな。
 
また、朝から閃いたわ。
またしても、朝から冴えまくりやわ。
 
 
前に、10kgの荷物をバギーに入れて、歩道橋の階段を登ったら、バギーを途中で落としてしまった女子大生が、赤ん坊を乗せたバギーは、歩道橋を最後までバギーを抱えて渡り切ることが出来たって云うのを、テレビで見たことがある。
その女子大生曰く、「赤ちゃんを落したらいけないと思ったら、自然に力が出た」そうだ。
 
 
そういった例から見ても、女性ってのは、ここ一番で、抜群の母性を発揮するものだ。
子どもが危険な目に遭おうものなら、全力で助けるんじゃなかろうか。
 
 
ある日の朝の女性・こども(子ども・女性)専用車両。
手に刃物を持った暴漢が、女性・こども(子ども・女性)専用車両の、一番前のドアから乗り込んだ。
 
なぜ、一番前のドアかと云うと、女性・こども(子ども・女性)専用車両は、列車の最後尾で、後ろから二両目以前は、大人専用車両で、連結部のドアを。。。以下説明は省略する。
 
やい!!!静かにしろ!。(←この暴漢の目的がイマイチ意味不明だが。)
サバンナのガゼルの群れの中に、チーターかハイエナが突然現れたかのように、阿鼻叫喚の女性・こども(子ども・女性)専用車両。。。
そうしているうちに、如何にもか弱そうな一年生のおかっぱ頭の女子が、暴漢に捕まる。
 
そこで、メイク途中だったアラサーOLが、暴漢の前に 立ちはだかり叫ぶ。
 
『ちょっとアンタ!ええ加減にしいや!。アンタがその子ォ引っ張ったせいで、あたしの眉毛、ギューンってなったやない!。怒ってないのに、めっちゃ怒ってるみたいに、ギューンって、ギューーーンって、なってるやない。
 
そうして、怒りで更に眉毛を吊り上げたアラサーOLが、もう一度叫んだ。
 
『しょうもないことしてんと、その子ォ こっちに返しィ!。』
 
と同時に、おかっぱ頭の腕を思いっきり引っ張り(おかっぱ頭の腕、ぎゅーーーーんなってるし)、見事人質奪還に成功。
 
 
母性<眉毛ギューンの腹立ち性
 
 
 
 
顔面阿部寛、出番なし。
 
 
と言うことも、ないことも無いと思。
 
 
 
まだまだ、いろんな方面からの検証が必要だ。
 
早晩、子ども専用車両の設置が叶ったなら、このアタシの記録もかなり貢献したと思ってもらえたら、ひっそりと嬉しい。