2011日本青少年訪中代表団

テーマ:
相沢礼子のオフィシャルブログ-110913_175346.jpg

今日から中国に行ってきます!
北京、長沙、シンセンを訪れる予定です。



日中青少年交流事業の趣旨と経緯


2007年末の日中首脳会談において、日中両国政府はら日中平和友好条約締結30周年である2008年を節目として、2008年から4年間4000名規模の青少年の相互訪問を実施する日中青少年交流事業を行うことに合意しました。
これは、同世代の青少年との交流や、分野ごとの多面的な視察、交流プログラムを通じ、日中両国の長期的な関係発展の基礎となる国民相互間の信頼関係を醸成することを目的としています。
さらに2009年末には、学術、メディア等の700名の交流拡大が決定され、現在は約6000名規模で相互訪問が行われています。2010年度は、日本側は2200名の中国の高校生と1700名規模の各分野の青年及び大学生を招待し、中国側も同様に日本の高校生及び各分野の青年を1809名規模で招待しました。
なお、本事業は『21世紀東アジア青少年大交流計画』の一環として行われています。



今回、日中青少年交流事業として、中国政府の招待により派遣される
『2011日本青少年訪中代表団第一陣』は各分野の 社会人青年(行政・国会議員、友好団体、経済、地方交流、ポップカルチャー、ミス日本、メディア、教育関係者、環境・省エネ、文化)により構成されます。全体で約500名。
(事業概要より)



わたしは今回、ミス日本として参加させて頂きます。

日本と中国の懸け橋になれるように一生懸命頑張ってきます。


震災のとき、中国の方々にたくさん助けて頂いたので、お礼も伝えてこれたらと思っております。



o(^-^)o



帰国したら報告しますね(^_-)-☆



皆さんも体にはくれぐれも気をつけ下さいねp(^^)q



それでは行ってきますp(^^)q