選択で悩んでいる人

テーマ:

ご質問に、白ヘビポーチ現金を入れるといい、

といいますが、印鑑や通帳は?

とありましたが、

もちろんお金に関すること何でもOKですが、

白ヘビは一番効力発揮は現金を入れておくことです。

なぜか減らずに全体的に増えたります。

これはよく皆さんもおっしゃっています。不思議よね。

 

さて、最近ブログを書こうとここをあけると

一年前の記事はこれです、

というのが出るようになりました。

 

今日は読んでみました。

 

なにかの選択で悩んでいる方いますか?

選択により、

雲泥の差になるような気がする自分の未来。

そんな大きな選択もあれば、

日々の小さな選択もありますが、

それらの選択肢と自分との関係。

 

それより、この方その後どうしたかな~

どちらの男性を選べばいいか年収と外見

 

この記事読みかえして、

田中角栄イイゾと思ったり。

さて京都公演チケットも予約開始いたします。

「The Garden Of The Sun」

11月22日夜の部 7時半開演

11月23日昼の部 午後2時半開演

指定席4000円

(当日券4500円)

場所:京都府立文化芸術会館

 

日にち・枚数明記でメールでご予約ください。

お求めはこちらAIMまで。

aimproject@gol.com

 

50代~目標はどこにおくか

テーマ:
9月のセミナーは満席となっております。
今日はジョグジャの街なみ光景の写真で↓
オランダ統治の影響で少し西欧風なんですよ。
 
ここの@メッセージを読むのは、
私の楽しみのひとつでして、
皆さんの色んなつぶやきや、
要望や質問など読ませていただいています。
 
今夜はこんな文が目につきました。
自分には何もとりえがなくて、
これでいいのかと考えることもしばしばです。
(中略)とりたてて目標もなく、
毎日を過ごすこともありでしょうか?
 
私時々思うのですが、
いくつになっても、
自己投資も惜しみなく、
目標に向かって進み、
好きなことをやり遂げるひとがいます。
そのチャレンジは素晴らしいと思います。
 
しかし私たちの目標は、
何かをやり遂げることでもないですし、
何かをやらなければいけないわけでもない。
 
人生短いのですから、
好きなことをしましょうと、
そう言われても、
好きなことが浮かばない。
そういうひともいるでしょう。
豊かに生きるには、
お金も物質も大事、
しかしそれよりも
心を充実させましょう
そういわれても、
どうしたらいいものか、
忙しさで追われて終わってしまう日々。
 
つまりですね、
色んな文章に、
揺れる自分がいることが危ない。
 
自分らしくしか、
自分は生きられないものです。
何をやるとか、
どんな目標があるとか、
もうそんな次元ではなくてですね、
魅力ある人間になる。
 
この目標にもっていって欲しいです。
 
そこに目標をもっていくと、
やることも見えてきます。
とりあえず知識もつけておくか、とか
少しは綺麗にしておくか、とか
ひとには優しくしよう、とか
魅力ある人間像というか、
そういうものに自分を合わせていく。
 
何かをやりたいという欲以上に、
そこに意識を向ける余裕があるといいですね。
そのほうがずっとエレガントでスマートかと思います。
 
皆さん魅力的なひとになりましょう。
空は広い
 
関連記事
 
 

生きがいはいくつまで通用するか

テーマ:

@メッセージありがとうございます。

よくわかりました。

皆さんそれぞれ大変ですよね。

 

介護という世界も、

徐々にコツがつかめたり、

任せながら覚えていく。

そうやって体制を作っていくのでしょう。

それでもすべてを手放したくなる瞬間はたくさんあるでしょう。

 

不安やイライラなどでは語れない、

複雑な心境も経験するものですよね。

昨日敬老の日の催しで、

私の両親のいる施設では、

100歳以上のひとが10名以上いるんです。

それに両親含め90代も大勢です。

 

区長たちのお祝いの祝辞の中に、

生きがいのあるひとは、

やはり元気で長生きです。

生きがいを持って,

この先も元気に暮らしていってください

というような祝辞挨拶がありました。

 

100歳も過ぎると、

生きがいとかそういうのとは、

少し違うような気もします。

 

肉体的に強いと長生きしますね。

心臓が強いのもそうですしね。

ほとんど寝たきりでも、

105歳という方もいますから。

 

生きがいがあるかと言われたら、

皆さんどうですか?

私たち年代でさえ、

答えにあやふやなときはあります。

 

好きなことはなんでしょう。

何をしたいですか?

 

そういうことも考えられなくなるのが、

昨日までの@メッセージの、

書き込まれた世界なのでしょう。

しかしそれでも前に進む。

その先には何があるか。

その答えも歳とともに変わるものですね。

 

この日は各家族で、

用意された場所で食事をするのですが、

お祝い膳の豪華なこと。

幸いこの施設は、

食事の美味しいのも有名でして、

父もいつも喜んで食べています。

津軽三味線が演奏されたり、

午後は四重奏があったりと、

賑やかな一日でした。

 

母は今月で91歳なのですが、

今日の時点では卒寿のお祝いとなっているので、

着させる洋服を用意しないとで、

焦って購入して届けたりと、

先日の公演の帰国から、

ここまで急いで流れ込んできた感があり、

少し落ち着きたい気分です。

さて京都公演のチケット予約も、

今週開始の予定です。お待ちください。

11月22日の夜、23日の昼の2回公演となります。

究極のものでしょうね

昨日の記事から

多くの@メッセージへの書き込みがありました。

 

介護している立場の方や、

介護職に就いている方、

経験からの書き込み文もありました。

 

介護がはじまり、

生活が滅茶苦茶になったひともいますし、

仕事をやめる、身体を壊すひともいます。

国が、自宅介護を応援する、

その本当のその理由はどうしてかというのも、

行政に就いている方から私も聞いています。

 

愛という名においてすべてを乗り越えることも、

かなり不可能なことだとも解っています。

介護は、誰でも経験したことのないことを、

数々直面しなければいけないものだからですね。

 

それらも前提として、

どうすれば穏やかに微笑んで、

最期を迎えられるかと、

そこを考えていきたいと思っています。

 

長生きはいいことですが、

そのままの性格で長生きすると思ったら、

少し違うのが困惑する原因でしょう。

これは皆さん意外に知らない部分なようです。

以前セミナーやツアーに参加なさった方たち、

あるときから、

しばらく音信がなくなる。

 

久しぶりの連絡がきますと

大体皆さんこんな感じなのです。

 

いづみさーん久しぶりです。

実は親が入院したりで大変だったんです。

 

またあるケースは、

 

いよいよ介護がはじまりまして。

施設を探してまだ落ち着かないんです。

 

50代頃からは大体そういう年頃ですかね。

そして女子ですから、

独身でしたらなおのこと、

結婚して嫁いでいようとも、

兄や弟がいようとも、

やはり頼られるのは私たち「娘」のようです。

親が病気になる、入院する、手術する、

それだけでも私たち子供の生活は、

変化を余儀なくされますね。

 

ましてや介護の世界にはいれば、

自分の夢以上に、

望むのはその現実の変化かもしれません。

 

義理の両親や、

ご主人の世話の方もいるでしょう。

 

その分野のRed商品、

見えない力でそこを守るというのを、

実はここ1年ほどずっと考えております。

寿命は決めてくると、

言われています。

 

そこをどうこうするというのではなく、

私が考えているのは、

本人のためだけのことではなく、

一番近くにいる家族たち、つまり、

私たちの心を強くし安定した状態で、

彼らの人生終盤の時間を、

あなたも親もできるだけ幸せに過ごせるように。

親自身・本人には、

準備ができていないうちの死、

突然の天災による痛みなど、

合わせないようにしたいという

神に守ってもらいたい気持ちからです。

 

もちろんこれらは、

神の領域ということと、

あなたが見る現実は、

あなたの中のものと

同じ周波数の現実がみえる。

という基本持論は変わりません。

80~90代の方々に、

接することも多い日々の中、

この1年そんなことをいつも、

頭のどこかで考えているのです。

 

このブログお読みの方も

同じ立場のかたは、

多くいらっしゃるかと思います。

安心した毎日でいられるように応援したいと思います。

 

今日は敬老の日。

両親のところにはお祝いのために、

区長が来たり、コンサートがあったり。

朝から私も行きます。

 

神さま、究極の願いごと

テーマ:

だいぶ前ですが、

知り合いのお母さんが亡くなりました。

決して仲の良かった両親ではないのです。

 

父親の暴力で母親は本当に苦しんだ

家族は半分崩壊していた。

といいます。

 

歳もとり最期近くになって、その父親は、

時々母親の頭をなでる。

その母親は病に伏しながらも、

「お母さん幸せよ」

と彼女に何度も言ったそうです。

 

そしてお母さんが亡くなるとき、お父さんは、

「おかあさんありがとう、ありがとう」

と大きな声で言い続けたといいます。

 

それを見ていて涙が止まらなかったと。

あるひとは、

お父さんが亡くなるとき、

みんなが集まった。

子供たちを手招きしてなにか言いたそうだった。

みんなが近づくと、

「お母さんを頼んだよ!」

と最後の声を振り絞って旅だったと。

 

その両親も特に仲がよかったわけでもない。

子の立場ではわからない世界がありますね。

 

私の両親も、

子からみれば母は苦労したかもしれません。

父の我儘、もともと強い性格ですし、

色事などの不祥事もかつてはあったような。

 

どんな夫婦も、

実際に離婚までいかなくても、

一歩手前まではいったこともあるでしょう。

配偶者は同居相手と、

割り切っている夫婦も数知れないでしょう。

先ほどの友人たちの両親も同じようでした。

 

お金があれば離婚していた。

だから手に職をつけなさいね。

 

と、かつて言われた娘たちもいるでしょう。

それを見聞きして鵜呑みにしてしまいますが、

真実はどうなのでしょう。

 

喧嘩したり、すれ違いながらも、

離婚せずに晩年までなんとなくいた夫婦。

もう最期は近いと、

自覚しはじめたふたりは、

本当の夫婦の関係に、

なっていくような気もします。

 

それは80歳かもしれない。

しかしその時間が与えられて、

それでこの人生を本当に終了していけたら、

それは幸せなのではないかと思います。

夫婦の縁を全うしたのではないでしょうか。

 

心理におけるストレス分野では、

人間の最も影響する心の痛み一番は、

配偶者の死といわれています。

親や子の死よりも実は大きく占めています。

 

私の母が3年前に入院したとき、

実家で整理しはじめた私に、

こう言いました。

タンスの中***に袋があるの。

それはしまっておいて。

へそくりかと思いますよね。

 

そうではなく、手紙。

結婚前に父が母にあてた手紙の束でした。

すごい量の手紙がすべて取ってありました。

もちろん読まずにそれは今の施設の、

タンスの中にそっと置いてあります。

 

97と91のふたりは、

お互いに顔を合わせると、

微笑みあいます。

 

最近では、

母も父も少しわからなくなった、

と呟くときがあります。

記憶違いなどもよくあります。

 

そんなときでさえも、

顔を見るとふたりは、

何もしゃべらなくとも

「あ・・」と微笑みあう。

 

時々父は、

「おかあさん、ありがとう、

あなたのお陰で97まで元気に生きられたよ」

あとはなにもしゃべらずに、

ふたり微笑みあっている。

私にとって、

その姿は幸せとか平和とかではなく、

せつない光景なのです。

 

すべてのものは移り変わる。

いつかは別れなければいけない。

人間はひとりで、

死んでいかなければいけない。

 

このやるせないような、

気持ちの置きどころはどこだろう。

 

神さま、このふたりを

もうなにがあっても悲しませないでいて欲しい。

どちらかが先に行っても、

もうひとりにそれを乗り越えるだけの、

強い力を与えてあげて欲しい。

 

そんなことを夕刻の

施設からの帰り道に考えたりします。

夫婦について考える瞬間でもあります。

明日17日敬老の日ですね。

3次元は一度きりのものです

テーマ:

@メッセージをご覧の方は、

なに?と思ったでしょうが、

昨夜E女史よりメールがきました。

 

この文句を途切れることなく語り、

12名ほどに送るといいと、

ジャワの新年記念日にやるような

そんな仲間内風習ですが、

運と幸せを引き寄せる行為です。

日本語に訳しましたが

元々はカトリックの皆さんなので、

神のところはジーザスでした。

今日は先日の公演のこと

The Garden Of The Sun

ひとことで言うと、

この作品は太陽神のお話なのでした。

 

 

 

 

舞台は皆さん言うのが、

実際に見るのと、

ビデオなどで見るのでは、

迫力その他かなりの違いがあります。

 

そこを拾ったのがベルナスでして、

3次元の立体で見るのと、

2次元の平面でみるのは、

感情レベルに変化がおきます。

 

ですから、

良いもの3次元で体感して見る

悪いもの2次元に引き離して見る

そこをベルナスは応用しているのです。

ここはこうしてみよう、などと

毎日詳細を調整します。

 

そして終了

そのあとにすぐ打ち上げなのですが、

 

緊張感が取れてやっと笑い合うダンサーたち。

別れを惜しんで抱き合ったりしていますが、

この光景は見ていてとても微笑ましいです。

そんな光景を見ているビモ氏たち↑

この光景を見ると「やってよかった」と思ったりするのです。

今回セットのために奔走してくれたマダムM。

マダムMをご存知な方は、

前ブログからお読みの方かと思いますが、

以前からセミナーやツアーにと、

いつも参加してくださっていました。

 

そのマダムは、

日本代表する舞台美術会社の方でして、

今回セット美術をお手伝いしてくださいました。

現地の皆に指導しながら作っていただいたセット。

11月には京都でもマダムにお会いになれます(?)

 

大勢の方が関わらないとできない公演ですが、

映画などと違って、

終わるとそれまででしてね、

その場で解体して何も残らないものです。

 

なのに何故そんなにお金かけて、

長い時間かけて労力かけてやるの?

と昔から私はよく聞かれました。

答えは歳と共に変わってきましたが、

やはり好きだからでしょう。

そして保管して何度も見れる映画ではなく、

それがリアルな本番のみの潔い部分です。

 

3次元のリアルを、

見れるひとだけが見て、

見ない人は見ない。

一度きりですから、というその姿勢、かな。

 

セミナーなどの映像や録音を残さないのも、

この感じが似ているからかもしれません。

 

残すのはなんのため?

そう考えると、

残さないほうが自然な気がします。

 

楽しい週末お過ごしください。

 

関連記事

@メッセージとは

 

 

本日は最強の日です

テーマ:

今日13日は、

非常に開運にも良い特別な日です。

天赦日一粒万倍日大安も重なり、

珍しくこんなにも重なる良日も珍しいです。

この天赦という日は、

一年にほんの数日しかなく、

神が天に昇りすべての罪を赦す日。

 

なにかをはじめたり、引っ越しや結婚など、

大きく動くときにも使います。

宝くじの購入などにも使われますので、

売り場には書いてあることでしょう。

 

11日は、

ジャワの1年に一度のスロウという日。

海岸なども多くのひとです。

なんとなく集まっていたり、

瞑想しながら0時を迎えます。

クリスという存在の入っている短剣などは、

この日に花を使って浄化の儀式をします。

 

このような日はどこでもありますが、

運気を変えたり、運アップしたいときには、

このような日を意識してみるといいです。

 

今日の最強の強運日を使って、

皆さんなにをしますか?

今日したことは、

大きな成果につながるでしょう。

一粒万倍日でもありますので。

そして何かを躊躇しているかたは、

一歩を踏み出すきっかけにしてください。

きっと宇宙も応援してくれることでしょう。

Redの商品ですが、

新しいものが待機していながら、

アップできていないので、

すぐにやりたいと思います。

Menuが閉じていたら準備中と思ってください。

 

ボロブの黄色いモデルバッグは、

先週から順次発送しております。

あと少しで全員の皆さまへお届けできます。

今週~来週にはすべてお送りできますので、

ご予約の皆さまお待ちください。

 

9月ベルナスセミナー

今年の残りを丁寧に作り上げていきたいと思います。

9月27日木曜
午後部 2:00-4:00(満席)
夜の部  19:00-21:00(残少し)
予約制 定員にて締め切ります。
参加費3500円 南青山にて。
aimproject@gol.com

無事終了して

テーマ:
昨夜の公演は、
無事に終わりました。
お陰さまで大好評でした。
京都の公演は、
是非日本人の皆さまにも、
観ていただきたいです。
昨夜終了後打ち上げしまして、
ビモダンスシアターのダンサーは、
そのまま夜行便で、次の公演のために、
カリマンタン島へいきました。
私もすぐ支度して帰国へ、
ジョグジャカルタの空港で
飛行機待ち中です。
遅れてます。

また明日。

公演当日に

テーマ:
今日は本番です。
昔から公演前はいつも、
成功しますようにと、
祈っていたものです。

こちらでは楽屋で皆でやるのは、
円陣組むのですが、
よく見るような、
決起の趣きではなく、
それぞれの神に祈りましょうと、
とても静かな瞬間を作ります。

それぞれのという意味は、
宗教が色々ですのでね。

今回自分も、
成功しますように、
という強い思いを、
抱いていないのに気づいています。

それはこの公演が成功すると、
確信しているということではなく、
なんかもっと違う感覚で、
行程を見てきて、
そして見終わるのを、
すでに認識してるような気がします。

事故なく無事にやらせて下さいと、
そんなことをなにかに向かって、
ずっと話しかけているような、
今までとは違った感覚でいます。

昨夜はリハが終わってから
E女史に会場来てもらい、
オイルで祈りをしてもらいました。

舞台には魔物がいると、
日本でも業界の人は、
皆知っていることですが、
これは多分本当でして、
どの舞台にも、
住んでいるものがいます。

今夜7時半からの開演です。
日本は夜9時半かな。
覚えている方がもしいらしたら、
成功を遠くから見守っていて下さい。
この日まで全員が、
本気で頑張って来ました。

私もこれから会場に入ります。
では。
今回のチケット。

最後のリハーサル

テーマ:
このように朝は晴れですが、
時々雨が降るようです。
ホールの中にいるので実は
あまり天気がわかりません。
今日は最後のリハとなります。

帰りにスーパー寄るくらいで、
自由な時間がないので、
なかなかちゃんと記事も書けないのですが、
たくさんの皆さんが、
アクセスしてくださってるようで、
ありがとうございます。

スーパーで見つけた楽しい一枚。
お菓子😃