光村図書の国語の教科書は、さすが光村と思わせる内容です。

勉強すると、力がつきます。

 

中2の『クマゼミ増加の原因を探る』は、最近の出題傾向に沿った文章です。

図表がふんだんに取り入れられているので、生徒は図表を理解しなければなりません。

さらには文章と図表の関係にも理解が必要です。

また、仮説と検証という作業を繰り返すので、科学的に読む力も求められます。

 

毎年、この『クマゼミ』の問題は、塾でも生徒が苦労して解いています。

『クマゼミ』は、中2の最初の試験の範囲に入ります。

そのため、今日は戸坂中学校・東原中学校・安佐中学校の2年生に『クマゼミ』の解説授業を行います。

しっかり勉強して下さいね。

 

4年債の算数で、わり算の筆算を習います。

ここは、苦手な子が出てくるところです。

あまりのある、わり算の筆算は、すらすらできるようにしっかり練習しましょう。

(今日、塾でわり算の筆算を勉強している様子です。きれいに筆算が書けていますね)

 

わり算の筆算は、たても横も、数字をきれいにそろえて書きましょう。

たてのラインがそろわないと、計算まちがいしやすくなります。

 

特にこれから習う、2けたの数で割る筆算のあまりありの問題は、4年生にとって難しい問題です。商の見当をつけるのが難しい問題にあたっても、ちがう商をたてて考える粘り強さが必要です。

 

4年生の算数は、レベルが上がる上に、量が多いので大変です。

がんばって、勉強しましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

春休み勉強マラソンの期間が終了しました。

結果発表です。

1位は370ページ。

2位は344ページ。

3位は304ページ

わずかな差で、4位が302ページです。

5位は202ページ。

 

1位・2位は、新中3の生徒です。

3・4・5位は、新中2の生徒です。

 

みんな頑張りましたね。

次の学年の予習もしているので、前期中間試験の時、役に立ちますよ。