ラブレクラウトのキャベツには抗がん作用や免疫力を高める、イソチオシアネートという成分が含まれています(ワサビや大根などの辛み成分と同じものです)ビックリマーク


ですので、風邪やインフルエンザにもプラスの作用があるのですが、ここではラブレ菌の絶大なる効果をご説明いたしますチョキ


腸内に生息している植物性乳酸菌の一種であるラブレ菌は腸管表面にあるパイエル板というところに集結しているリンパ球を刺激します。この刺激によりリンパ球はインターフェロンーαという物質を放出しますチョキ


このインターフェロンーαはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化する働きがあります。このNK細胞はがん細胞はもちろんのこと、ウイルスも撃退してしまうということなのです合格


では、ラブレ乳酸飲料を飲めばいいのだぁ~ビックリマークとなりそうですが、乳酸飲料ではそうたやすく生きたままで腸内には届きませんしょぼん


ところが、ラブレクラウトにはキャベツ(食物繊維など)に住み着いたラブレ菌が生息していて、大型旅客船に乗ったように大腸までも届けてもらえるのですラブラブ!

ラブレクラウトを食べ続けていると、腸内はラブレ菌を始めとする善玉菌が優勢な腸内環境になりますグッド!


結果、NK細胞は活性化され、風邪やインフルエンザには罹りにくくなるというわけ合格


健康塾でまじめにラブレクラウトをとり続けている方々が風邪をひかなくなった理由が分かったのではないでしょうか!?


ところで、風邪ウイルスはいくら抗体ができても、すぐに姿を変えてしまいますので、ここはT細胞でなくNK細胞に頑張ってもらうしかいい方法はないのです叫び


風邪引きさんが増える季節、是非、ラブレクラウトでこの冬も快調(快腸)にお過ごしください音譜音譜音譜