我々の生命より、もっと前の数十億年前から地球に住んでいる細菌類ウイルスと勝負をしても、安易に勝てるものではありません。

 我々が非力かというとそうではありません。我々にはそれらに対抗できる免疫系も備わっているのです。

 

新型コロナウイルスが人間が作り出したものでしたら話は別ですが・・・。

 

以下は、一年以上前に投稿したものですが、なんとなく理解していただける人も増えてきたような気がしていますので、再度、掲載させていただきます。

 

「新型コロナウイルス・パンデミック(Pandemic)と世界中で大騒ぎになっているけど、決してPan(全て)ではなくて、COVID-19でも8割の人は感染しても症状も出ずに、抗体まで出来ているんです。

 要は風邪(インフルエンザを含む)を良くひく人も居れば、全く風邪を引かない人も居るのと同じようなことなんですが、この差って何だと思いますか?

 

 皆さんご存知のように、簡潔にいうと“免疫力の差”ってことですよね!

 

 確かに、発症してしまったときには副作用のない良く効く薬(多分イベルメクチン!?)があるとあり難いのは勿論だけど、今後も変異する相手に対して”ワクチン!ワクチン!”と叫びながら、このようないたちごっこを繰り返しつつ、人類破滅の道をまっしぐらに突き進むことになるのかも・・・!? もう直ぐ近くまできしまったような気もしますが。

 でも、生き残れるヒトとそうでない人が区別されてくると思います。数十億年前から住み着いているウイルスや細菌に戦いを仕掛けるのでなく、相手を知った上で共存することを考える方が大切なんです!

 

 で、2月18日の投稿ではとりあえずの新型コロナウイルスの対処の仕方をお話しましたので、今回は私達の体に備わっている免疫力の保ち方についてのお話をします。

 

 まず、“免疫力を上げる!”のではなく、“何が免疫力を低下させているのか?”を知ることが大切です。低下させる原因を取り除けば、自動的に自分本来の免疫力が保てるという訳。

 

 多くの人が「酸化ストレス・炎症体質」である事や、「ストレスの過剰蓄積状態」である事や、「ミトコンドリア活性」を生かしきれてないことなどがりますので、順次、そのポイントについてのお話をします。

 

 「酸化ストレス・炎症体質」とは、常に活性酸素が発生しやすく、炎症(発赤、発熱、腫れ、痛み)を起こしやすいor起こしている状態を言います。

 

 原因は諸々ありますが、特に精製加工植物油(サラダ油やマーガリンンなど)に含まれるトランス脂肪酸、環境汚染物質(ダイオキシン類、有機水銀など)、食品添加物(リン酸、亜硝酸塩など)の摂取及び腸内環境の劣悪化がおもな原因であり、肥満(内臓脂肪過多)や歯槽膿漏なども免疫異常を起こす原因になります。

 

 要は、これら全ては生活習慣病の発症要因の根源をなすものであり、免疫低下サイトカインストーム(新型コロナで急速に悪化する主要因)の原因でもある。

 

 ということで、「酸化ストレス・炎症体質」を改善する(正確には、本来の自分に戻る)には、①市販のサラダ油やマーガリン/ショートニングを使った食品を極力摂らないこと

②ダイオキシン類や有機水銀を多く含む食品をとりすぎないこと。

③極力、コンビに食等は摂らず、努めて素材から料理したものを取る

④内臓脂肪を適正範囲に維持する

⑤口腔・歯周を清潔に保つ

⑥腸内環境を健全な状態に維持する

 

本来、胸腺が劣化していない若い人たちが、特別な病気に罹患していないかぎり、新型コロナに感染し重篤化するなどは考えにくいことですが、上記のような原因等によっても、常に細菌やウイルスの危険にされされる人たちが多くなっているということが出来るでしょう。

 

ストレスの過剰蓄積状態」は、ホルモンの分泌胸腺の劣化自律神経の乱れサイトカインストームに非常に深く関わっています。

 

①ホルモン分泌への影響

 ストレスがかかると、脳下垂体から副腎皮質刺激ホルモが分泌させ、これがT細胞(ウイルス攻撃隊)の機能を抑制する。同時に、プロクラチンも放出されてT細胞、B細胞(抗体)、NK細胞(自然免疫)の機能を抑制する。

 また、このホルモンはは副腎皮質ホルモンを分泌させ、結果、リンパ球減少、胸腺萎縮、脾臓のNK細胞機能の抑制など免疫を抑制する。

②胸腺の劣化

 交感神経は副腎髄質に達しており、ストレスがかかると、アドレナリンやエンケファリンを放出する。アドレナリンは免疫を増強する方向に働くが、胸腺は萎縮される。髄質からエンケファリンが分泌され、抗体産生の機能を低下させる。

③自律神経(交感神経)が免疫系に直接影響

 脾臓に自律神経が接触していることが最近発見された。T細胞やB細胞の発育、活性化に影響している可能性があると報告されている。

血液検査、白血球項目で、顆粒球(好中球など)が多く、リンパ球が少ない人は新型コロナウイルスにも感染しやすいということです。

④神経系から放出される生理活性物質がサイトカインバランスを乱す

 ストレスが加わると神経系から諸々のサイトカインなど無秩序に放出され、その適正バランスが壊れてしまうことになる。

 バランスを整えるには日光浴が一番です。でも、紫外線が最も強くなる時期ですので当たりすぎは気をつけて。一方、COVID-19も紫外線で活性が低下することが報告されてます。

 

ストレスの緩和については、各自によい方法をお持ちならそれを忘れずに、そうでなければ「脳内セロトニンと末梢セロトニン」の項を参照ください。(2017/4/12~15,3/6.2/27.2/25,2/24に記載)。

 

ミトコンドリア活性」のポイントは、ミトコンドリアに“充分な酸素を届けること”とエネルギー代謝に関わる“ビタミン・ミネラルなど全栄養素が充足されていること”が必要不可欠ということです。両方が満たされていないと、免疫力はガタガタに低下していきます。

 

長くなりましたので、この項の説明とまとめは近日中に・・・。

 

 

 前回の講座は糖尿病の話でした。体質改善のポイントはにはインスリンの分泌能が大切ということ。

 ところで、インスリンの分泌には、皆さんご存知の

①ブドウ糖の刺激(血糖値の上昇)に応じて迅速に引き起こされ、約10分間持続する第1相と、

 日本では医療関係者の方にも殆ど知られていない

②アミノ酸(タンパク質)などの刺激により、糖とは無関係に引き起こされる持続的で遅い分泌が2~3、時間でピークに達する第2相とがあります。

 

 日本人にとっての糖尿病の体質改善で一番に欠落しているのが、この第2相に関する話が全く出てこないこと。勿論、第1相もある程度重要だけど、第2相を意識しない限り一生薬とお付き合いということになります。

 

 第2相では、インスリン分泌を促すものとしてタンパク質、アルギニンおよびロイシンandイソロイシン)が良く知られているが、副交感神経(アセチルコリン)、スルホニル尿素、コレシストキニンや胃腸由来のインクレチンの影響なども知られています。

 

 また、インスリン分泌は交感神経(ノルアドレナリン)で強く阻害され、ストレス時の血糖の上昇に繋がる(αアドレナリン受容体が実質的に支配)。 

 タンパク質(アミノ酸)がインスリン分泌を促すことを知らない医療関係者(特に栄養士)が多過ぎる!

 

 インスリン分泌能を改善するには、「膵臓を常にフル稼働状態にしないこと(第1相を溜める)」意識が大事! ということなんです。  

 

この講座、前回で終わりましたが、拙者「糖尿病」にも記述されていますので興味のある方は参照ください。

 

 次回は、あたふたしないなめの「新型コロナウイルス対策」についての話をします。

 

 マスコミを中心に世の中に氾濫する思惑的な情報に正しい解析の仕方から、どういう体の状態が感染しやすく、重症化しやすいか、また免疫の高め方(正確には、本来の自分に備わった免疫能への戻し方)などを学びます。 

 

Zoom講座申し込み方法:下記未病アカデミー入室後

 

 

最下段、「イベント・セミナー情報」10月3日「新型コロナ」の欄よりお申し込みください

 

 

 

 

 

 

 

 

 ”ワクチンを打つリスク、打たないリスク!”と、専門家といわれる人達が解説していますが、前回述べたように何を根拠に話しているのかよく分からないことが多いように思います。

 

 本来は、前回指摘したように、ワクチン接種をした2万人の中のコロナに感染しなかった19923人ワクチンを接種しなくて感染しなかった人19150人に生じた疾患等の比較データがあってフェアーなリスク評価ができると思いますが、それは不可能ですので、ここでは数少ない事実をみてみることにします。

 

1、ファイザー製ワクチンについて

 ファイザー製ワクチンについては、その成分が公表されています。

 主成分:①トジナメラン(ワクチンの有効成分/RNA)

 添加物:ALC-0315(脂質の一種)、③ALC-0159(PEG/界面活性剤)、④DSPC(脂質ナノ粒子の一つ)、⑤コレステロール、その他:ショ糖、塩化ナトリウム、塩化カリウム、リン酸水素名取海の二水和物、リン酸二水素カリウム

 

*主成分の①トジナメランは日本を含む多くの国々で現在治験中であり、前述の通り公表されることはないので、全くリスクを判断することは出来ません。危惧されることは後述します。

 

*添加剤の中では、②ALC-0315、③ALC-0159、④DSPCアレルギー性反応急性毒性を引き起こす有害物質であることが既に知られています。特に多くの方が副反応といわれている発熱や腫れ、痛みなどさまざまな炎症はこれらの添加剤によるものが殆どだと思います。

 勿論、主成分トジナメランの影響もあるとは思います。

 

よく質問に、副反応が殆どなかったから免疫効果がないか?逆に凄く副反応が出たから免疫がバッチリ強化されてるか?がありますが、いずれも添加物の影響と考えるのが妥当です。直接的な免疫効果との関係はありません

 

 しかし、アジュバントという物質は主成分の働きを強化するために免疫系を撹乱する役割ですので、免疫が強い人、例えば男性よりも女性(女性ホルモンX染色体の関係)高齢者より若年層(高齢化に伴う免疫力の低下)に強く副反応は影響をうけます。

 

 主成分に対する免疫効果はやはり免疫力が高いほうが有利と考えられるが、実際にはワクチンの赤血球や細胞へのくっ付き方の影響を強く受けます。要は主成分が赤血球に乗って全身に運ばれ、細胞内へ上手く取り込まれるかということです。このくっ付き方によって免疫効果の差がでるようです。かなり研究がなされ現在の添加物処方になったようですが、体の酸化ストレス・炎症状態状況年齢(高齢者や小児はくっ付きにくい)にも影響を受けるようです

 

 いずれにしても、厚生労働省データ(5月16日まで)によると、激しいアナフィラキシー反応を起こした146人のうち135人が女性であったとしていて、その原因はALC-0159PEG/コリンエチレングリコール)の影響としている。そのためPEGPEGに似たポリソルベートにアレルギー反応を起こした人は新型コロナワクチンを接種しないほうが良いと警告しています。ノルウエーや米国でもPEGによるアナフィラキシーや血小板減少症の死亡報告がされています。

 

 このように有害である事は分かっている添加剤ですが、これら3種物質にコレステロールを加え、主成分のキャリアーアジュバンド(抗原強化剤/抗原の作用を強める)の役割を果たすナノ粒子(リポソーム/カプセル様)にトジナメランを閉じ込め体細胞に取り込ませることにしたようです。

 

 細胞に取り込まれたmRNAは細胞内で1回合成すると仕事が終わり数分~10時間で分解されるので、そうならないようにワクチンは作られています。

 

 早いと抗体は2ヶ月で半分、3ヶ月でほぼなくなるり3ヶ月ごとにワクチンを打つ必要性がでてきますが、これも人によって大きく異なることになります。2回目接種後一週間もたたないのに抗体の活性を失う人や、半年は維持される人もいるかもしれません。

 ただし、もし抗体が半永久的に残るということは大変なことで当然の結果として自己免疫疾患の原因となり膠原病関節リュウマチで悩み続けることになります

 

2、アストラゼネカ:(ウイルスベクター/運びや)成分は公表されていないので全く考えようがありませんが、AAV随伴ウイルス(エンベロープを持た安全なウイルス)に新型コロナDNAをとり込み私達の細胞DNAを変異させ方法で作られています。

 

 新型コロナのDNAを作製することが必要ですが、このとき意図する変異部位を精密にコントロールする必要があるのですが、実際にはそんなに容易なことではありません

 

がんにはがんに関する遺伝子の部位があり、ここにはがんの促進と抑制の遺伝子部位が近接しています。コロナワクチンの操作によりこの近辺に変異が起きる危惧もあり、現在犬を使った検証が続けられている状況です。

 

がんの場合、随分先に判断されるようになりますが、がん以外にも様々な部位に影響の可能性があるような治験中のワクチンを接種していることも認識しておく必要があるのではないでしょうか?

 

 いずれにしても、風邪にも、インフルエンザにも、新型コロナウイルスにも。感染しない免疫体質を構築していることが重要なように思います。