夏の終わりに思う事 | 鯉のホネ折り損

鯉のホネ折り損

講談師 神田阿久鯉のブログです

なんやかんやで今年の夏も終わるようです。

2019年は変化の年でした。
“でした”にしたのは、

「もうこれ以上は結構ですよー
キャパいっぱいいっぱいでーす🏳白旗ふりふり」

という思いを込めて。


あと3ヶ月、まだ何か起こりそう…
怖いよぅ(>人<;)南無南無



癒されたくて、つるの熱、再燃🔥ボッ

声好きだー

ブログ、過去に遡って読みまくり。

「ファンクラブ、入ろうか…」


良い出会いも1つ。

塩原太助の御子孫が、身体メンテナンスの主治医になりました。
先生、宜しくお願い申し上げます。
再び自転車に乗れる位に、治りますよう。
ついでにお腹がちょっと凹みますよう。
上記のお願いがクリアしたら、純米酒で御礼致します。