人見浩農園

人見浩農園

美味しい お米と味噌で 日本を元気に
那須御用邸近くの ホタルが生息する
水の綺麗な環境で お米と味噌を 作っています


契約してる近くの那須和牛畜産農家に
稲わらを譲り、その対価として
堆肥散布してもらいます。

堆肥の成分であり、稲の最重要成分のチッソは
空気に触れてるとガスとなり、逃げてしまいます。

チッソが逃げるのを防ぐ為、
散布直後の堆肥を水田土中に埋める事と
長い期間湛水状態で土中の酸素不足で減ってる有効菌に酸素を届けて増やすこと
さらに塊茎で繁殖する水田雑草を寒さと乾燥で死滅させることを目的に秋耕してます。

今年は台風や大雨で稲刈りは影響無かったですが
稲わらが水びたしになり乾かず、水田からの回収が遅れてしまいました。

昼飯もトラクター内で、作業遅れを挽回しようと
ゆうだい21に味噌を塗ったおにぎりを食べながら行ってます。

追伸
なんと作業をしてると
写真に写ってる雑木の林内に入り
山芋を掘りたいと言って来ました。
しかし丁重にお断りしました。

ゆうだい21 3kgの白米1袋で
那須町に3,500円の税収入になります。

これが那須町の教育や福祉にも役立られてると聞いてます。

私にとっても昨年私のお米に
ふるさと納税がキッカケで
ふるさと納税以外でも
リピーターになってくれる方も増えてます。

地方自治体や産業にとって
とても良い制度だと思います。
勿論デメリットもありますが

なるたけ多くの人が関心を持って成長、発展していくことを望んでます。


那須高原5箇所に水田が点在してますので5点です。

土壌分析専門機関に有料依頼します。
約1ヶ月かかり
人間と同じような明細と処方箋が郵送されてきます。

生物は必要栄養素項目の
最少成分に応じて摂取する事が分かってます。
例えば、ご存知の肥料成分の
チッソ リン カリ ですと
リンが必要量の半分しか土壌に無いと
チッソやカリが充分に存在しても
それぞれリンに合わせて半分しか吸収されないわけです。

水稲ですと
上記成分の他に必要な微量要素もいくつもあり
上記同様に不足すると全てに影響してしまい
収量は勿論食味も落ちてしまいます。

よって、土壌の健康診断は必須です。



認知症に効果のあるスーパービタミンEを
多く含むことで知られ、栄養素の宝庫の玄米。
ゆうだい21は、モチモチしてるので玄米もオススメ。
ゆうだい21オススメの玄米簡単炊飯は
2合の玄米を研いで3合に水を入れ
24時間後に炊けるようタイマー予約するだけ。


意外にもほとんどの水稲農家は、
水田土壌の健康診断は行ってません。
全国の水稲農家の1%もいないと思います。

知らないのが主な要因です。

人間の健康診断でも
わかる通り受診してみないと
わからない事ばかりです。

水田土壌も同じ事が言えます。

私は同時にお米の食味測定も実施し
水田土壌の健康診断の効果を実感してます。

美味しいお米になる第一歩です。





今朝 何気なく朝食を食べてたら

目に入りました。


英訳は間違いありませが、

なんとかなりませんか?


日本が世界に誇るものですよ!


農業ビジネス参入コーディネート
18日、26日に那須おんせん朝市で販売予定。(元の足湯駐車場)
http://www.nasuclub.co.jp/nasu-asaichi/


しかし、4月の低温被害に逢い収量が激減していてとても苦しんでいます。


残った梨の品質は上記の通り間違いありません。
本日にもまだ青い梨を私に試食に持ってきて頂き食べましたが、青いにも係らずとても甘い。熟した梨がこの後どのように甘くなるか楽しみです。


特に、この生産者は有機肥料にこだわっているため格別です。
また、お客さんとの会話がとても好きですので脱線してしまうことも。


この機会を逃すと後悔すると思います。