アフリカで働く社長のブログ。金鉱山開発権を所有。

アフリカで働く社長のブログ。金鉱山開発権を所有。

金の投資で、ケニアで3000万騙され、
「アフリカで取られたものは、アフリカで取り返す」
精神で、主に東アフリカ(ケニア・タンザニア等)を開拓しています。

 
 
 

~~~~~~~~~~~~

読む前にぽちっと押してください!

 応援お願いします☆ 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ; 社長ブログランキング

~~~~~~~~~~~~

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みんなで所有「金鉱山」

公式LINEはこちらから登録してください!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

じゃんぼ じゃんぼー



どうもーーー
アフリカ社長です!!



これまで、

金の精錬方法として、

以下の方法を採用しておりました。




1、アマルガム法


水銀が金を吸収する特性を生かした古代から採用されている方法。

 


特徴:

 

低コスト、低生産量、低リカバリー(50%)、低処理能力(1日数トン)

 



 

 

 


2、VATリーチング


シアン化(青酸カリを使用)された水溶液が金を溶かす特性を生かした方法。

 


特徴:

 

小~中投資コスト(最低数万ドル以上)、高リカバリー(80~95%しかし、鉱石の状態にもよる)、中処理能力(2週間で50トン+)



上記の2つとは別に、

最先端の手法として、

VATリーチングの派生形としてCIP方式があります。
 

 

 




3、CIP


VATリーチングの派生形。更に効率、リカバリーの究極を追求した最も最適な方法。


 

特徴:

 

高額投資(100万ドル以上)、高リカバリー(99.9%)、高処理能力(1時間5トン+)、高ランニングコスト(電気代、薬品代、優秀な技術者など)
 






もちろん、

CIPを導入したいのですが、

お金がねぇぇぇぇ、、、
 

 

 

そして、

そのような機材を入れても、

技術的に追いつかないような・・・



そこで、

今回はこれらの方法とは別に

新たな概念の方法を取り入れることにします。




4、コンセントレーター(Consentrator)


訳すと濃縮器とでも言うのでしょうか。。。


金は他の物質に比べて、比重が非常に重く、その特性を利用し、遠心分離機のようなもので70~100マイクロン(0.1mm~0.07mm)以下に粉砕された鉱石を金と他のものを分離される方法です。

 


特徴:

 

中規模投資(10万ドル~)中リカバリー(70%)、中ランニングコスト(薬品不要、電気代、技術者のみ)、高処理能力(1時間2.5トン+
 

 

 

↑これが高速回転し、下の方に比重の思い金が下に溜まります。

 

 

 

 

↑レイアウト。

 

 

 

 

↑揺らして含有量の高い砂だけを取り出す装置

 

 

 

↑鉱石を0.1から0.07mmまで粉砕するミル。




そして、ようやく!!!

 

 


ジンバブエ🇿🇼や南ア🇿🇦から、

このコンセントレーター設備の一式が届き始めましたーーーー!!!

 

 


早速、

それらを導入するための準備

今週から開始しましたーーーー!!!



これで、

スモールスケールマイナーから脱出出来る!!!!



そして、

これらの機械をオペレーションする技術者も発見!!!!

 


早速、

ワタクソと合意し、

西アフリカのガーナ🇬🇭から、

現在の仕事を引っぺがして

こちらに召集に成功!!!!



年末年始も忙しくなりそうです。。。😅😅😅



 

アサンテサナー😄😄😄
ありがとうございましたー😄😄😄

 

 

~~~~~~~~~~~~
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
アフリカ社長はブログランキングに参加しました! 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
; 社長ブログランキング

 

一日1クリックでいいので

応援よろしくお願いします!

 

~~~~~~~~~~~~