販売以来ご好評いただいていましたヘルメットケースがリニューアルされて

復活しました!!

 

厚めのパッドを使用し、移動時の傷や衝撃からヘルメットを保護します。ケースの内側にはメッシュポケットがついて無線機のコードなど収納できます。

フルフェイスやジェットヘルメットに対応するため2サイズご用意しました。

特にバイザー付きヘルメットを使用している方にお薦めです。

カラーバリエーションも豊富で、持ち手部分もついて持ち運び便利

ヘルメットケースとしてだけでなくちょっとした小物入れとしてもお使いいただけます。

 

Lサイズ(フルフェースタイプ用)

カラー:ブラック、ネイビー、ブルー、イエロー(パーム)

価格:¥3,800税別 

     

 

  

フルフェイスヘルメットすっぽり入ります。

 

ヘルメットと一緒にバリオや無線機も一緒に収納

内側の生地を明るくすることにより

小物なども一目で確認出来ます。

メッシュポケット コードなどを無くさない様に保管できます。

持ち手 5カ所

 

Sサイズ(LOOPなどジェットタイプヘルメット用)

カラー:上段左からブラック、レッド、ネイビー、

      フリー、イエロー(パーム)、ホワイト/イエロー(アスペン)

価格:¥3,600税別

  

   

 

バイザー付きヘルメットも傷から保護します。

メッシュポケット

 

※限定カラーでの生産の為、なくなり次第販売終了となります。

 

お求めはお早めに!!
 

 JPAのナショナルリーグ、チャレンジリーグは秋のシーズンの初戦を、白鷹クラブ会長の「高く遠くへ飛べる白鷹山」との開会宣言で開催。

 台風18号が日本列島を縦断したため天候が危ぶまれる中の大会でしたが、両リーグともかろうじて1本のタスクが成立。

 渋めのコンディションでゴールが遠かったタスクでしたが、ナショナルリーグはBoomerang11の扇澤選手が、チャレンジリーグはExplorerの西川選手がゴールを決め開会宣言通り、白鷹山の高いポテンシャルを感じさせる大会となりました。

 西川選手はチャレンジリーグ戦初優勝で、後半戦の活躍が期待されます。

 ナショナルリーグはBoomerangが表彰台を独占し、そのパフォーマンスの高さを示す大会となりました。

 大会を運営していただいた、JMBトントンとんびパラグライダースクールの皆様、ありがとうございました。

 

 

GIN Helmet発売!

テーマ:

GIN GLIDERSから新しくヘルメットが発売になりました。

 

パラグライダーのために開発されたヘルメットです。

ヘルメットはABSシェルと内部のEPSショックアブソーバーで構成されています。

また、快適な冷感ライニングをヘルメット内部に使用しています。

オプションの取りはずし可能なチンガードも用意されています。

 

サイズ XS(54cm),S(56cm),M(58cm),L(60cm),XL(62cm)

カラー レッド、ブラック、グレー、ホワイト

 

値段 本体¥18,000 チンガード(オプション) ¥8,000

 

- 認証: CE EN966 (Freeflight standard)

 

9月30日、10月1日 長野県白馬バレーを会場に開催決定したチャレンジハイク&フライに、REDBULL X-ALPSの常連 トマココネアが初来日し、パイロットと一緒に日本のフライトを楽しんでくれることになりました。

栂池パラグライダースクールと小谷パラグライダースクールの協力で白馬バレーの素晴らしいロケーションの中、自分の足で登ってフライトを楽しめます。

参加はしなくても、参加選手の応援、もしくは、トマココネアに会いに来ませんか。

30日の懇親会はどなたでも参加Ok(参加費用いただきます)

 

皆様のお越しをお待ちしております。

(大会詳細は、ニュースとスケジュールにアップします)

 

この夏一番のコンディションに恵まれ、グランボレリージョナルはトップグループでレースを引っ張るキークルーのマツケン選手をナショナルリーガーが追いかける展開でスタート。

しかしながら、やはりグライダー性能でboomerang11の正木選手が逃げ切りそうな終盤でしたが、この日Mentor5で出場した小林宙選手が、最後の周回でスパートをかけトップゴールを決めました。

その後も、エキスパートコースの方々を含め、ゴール者続出で天候に恵まれなかったこの夏の鬱憤を解消する最高の1日を過ごせました。

招待いただいたグランボレ様、素晴らしいタスクを組んでいただいた岩村イントラ、レースを引っ張ってくれた小林選手、マツケン選手、ありがとうございました。

2月15日(水曜日)晴天の空でグッドコンディション。
久しぶりに展望台テイクオフから恵子イントラとイエティー4でテイクオフ。
立山エリアは今年の初フライト達成。
これから春にかけて、風もよくなり雪の上でのパラグライダーが楽しめます。
ぜひ、足を運んでみてください。
 
 
 
 
 

XCTRACER発売開始

テーマ:

XCTRACERの取り扱いを開始しました。

シンプルで完璧なバリオメーターとして売り出されています。

バリオは2種類         

 

XCTRACER 定価¥38,000(税別)

XC Tracerはパラグライダーパイロットのための、実績と信頼性のあるフライト用計器です。多くのパイロットが競技や長距離のXCフライトに使用しています。リフト/シンクをタイムラグなしに教えてくれるので、従来のバリオよりも容易にサーマルのコアを見つけることができます。XC Tracerは、IGCロガーとして使用することもできます。作成されるファイルはFAIの公式競技で使用できます。

 

リチウムポリマー電池を内蔵しており、満充電で14時間以上動作することができます。充電は付属のマイクロUSBでおこないます。

Bluetooth Low Energy BLE 4.0モジュールを内蔵しているので、携帯電話やタブレット、電子書籍リーダーに必要なBLEストリングは、XC TracerのConfigurationファイルの中で設定されます。

XC Tracerには、もちろんバリオメーターの上昇・下降をビープ音で知らせる機能も付いています。さらに、www.xctracer.com→Manual→Tone Simulatorを使って、バリオサウンドのトーンを自由に設定することができます。

 

XCTRACER MINI 定価¥22,000(税別)

XC Tracer Miniは、太陽電池で駆動するアコースティック・バリオメーターです。

リフト/シンクをタイムラグなしに教えてくれるので、従来のバリオよりも容易にサーマルのコアを見つけることができます。

 

XC Tracer Miniの太陽電池は、動作に必要な電力の3倍の発電量があります(太陽光が垂直に入射している場合)。余ったエネルギーは内蔵リチウムポリマー電池に充電されます。満充電状態ならば、太陽の光がなくてもバリオメーターが8~12時間(音量による)動作します。