ichliebeadvegeのブログ

ichliebeadvegeのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

  先日の小学生の英会話授業の話から。
  「英語で、難しいって何て言うの?」―「ディフィカルトdifficultだよ」―「えっ、デフィトゥル?」―「いや、ディフィカルトだよ」―「ディフィコル?」―「難しいよな、まあそんな感じかな」。
  そもそも新しい音、聞きなれない音を聞くことは困難なことである。日本語でもそうだ。日本人同士でも聞きなれない人名を聞いたときには思わず聞き返すことがあるのだから、すぐに通じない英語があるのも当然だろう。
  よく知られたことだが、「ミシン」というのは英語の「 sewing ソーイングmachineマシーン」の「マシーン」の部分が「ミシン」に聞こえたことからきている。発音記号では[məʃ i:n] だが「məマ」のところがあいまいな母音「ə」のために「ミ」に聞こえてしまったのだった。「ə」は大きな口は開けずに、「アウエ」が混ざったような音になる。
  これも同じ原因に由来するもう一つの有名な話だが、日本に入ってきたばかりの明治時代からつい最近まで、小麦粉のことを「メリケン粉」とも呼んでいた。これは「 american アメリカン powderパウダー」のことだが、「アメリカン」の「ア」がやはりあいまいな母音「ə」で弱い発音のために、この「ア」は当時の日本人が聞き逃し、「カ」も弱いあいまい母音をもつために「ケ」に聞こえたのである。発音記号では[ əmerikən ]のように書かれる。
  以前、ネイティブと話して実験したことがある。会話の流れでアメリカの独立戦争の話になった。そのとき私はワザと「ア」を落とし、「メリケンヒストリー」と発音してみた。結果は見事に合格。ある程度はラフでよいということだ。ただし、アクセントのあるところは強く発音する必要がある。「アメリカン」の「メ」は強く大きく長めにどうぞ。
  たとえ「difficult 」を「ディフィコル」や「ディフィコー」と発音したからといっ
て、通じないことはないだろう。「people」だって「ピーポー」で十分に意は伝わる。もちろんネイティブの発音になるべく近づくよう努力することは必要だ、と教師の立場で付け加えておくが。
  日本人が外国語を受け入れる際に、日本語に無い音の受け取り方で苦労したと思われるもののもう一つが「ŋング」の音だろう。受容の歴史を感じさせる。「 ping-pong 」や「Hong Kong 」は「ピンポン」「ホンコン」として受け入れられた。「ŋング」の音が海外にあるなどとは知らなかった時代のことだろう。この発音で慣れてしまったので、今更「ピングポング」「ホングコング」と呼ぼうということにはならない。
  反対に「 King Kong 」は「キングコング」でないと違和感がある。「キンコン」ではない。これは外国語における「ŋング」という発音が日本で認知された後のことだからだろう。
  話は跳ぶが、小学生の歴史の授業でのこと。縄文人が弥生人と出会ったという話しになったときの小学生のすばらしい疑問。「縄文人はどんな言葉で話していたのかなぁ?」。これに応えられる人はいないだろうが、実はそれを探っている学者がいる。崎山理(サキヤマオサム)という言語学者だ。どこかの本で縄文人のある言葉を再現していたのだが見失って、今その文章を探しているところだ。  古代も現代も人と人との出会いは難しくもあり楽しくもあり。外国語を覚えると出会いのチャンスが増え、楽しさ倍増であることは間違いない。それと同時に聞きなれない言葉の問題にぶつかっていたであろう。縄文人と弥生人は言葉の違いをどう乗り越えたのであろうか。外国語学習の参考になりそうだ。

テーマ:
    「アイヌ人は琉球人に近い」ということ
 十月三十一日付の「朝日新聞」の記事を読んで驚いた。
「DNA鑑定で、アイヌ人は琉球人に近く、本州、九州などでは縄文人と大陸から来た弥生人との混血が進んだ」ことが分かったというものだ。すでに人類学や考古学の研究では何十年も前から、日本の南端と北端で生活していた古代人には類似点が多いこと、九州や本州では大陸的なものがあることが報告されている。だから私は、「今さら何を」と思った次第である。分野の違う研究者同士の横のつながりさえもっと緊密になれば、もっとスピーディーな対応ができたであろうに。
もちろんDNA鑑定には困難もあるかもしれない。古代人のDNAと現代人のDNAが比較できれば話ははやいのだろうが、研究のためとはいえDNA鑑定を進んで受け入れたくない現代人もいるかもしれない。その上、日本の場合には古代人のDNA鑑定は難しいらしい。日本は火山国で土壌が酸性のためにDNA鑑定に必要なサンプルが残っていないそうだ。人骨すら保存されにくい。この点で、火山の噴火がほとんどなく、石灰質土壌であるヨーロッパなどとは違うらしい。
 人種とか遺伝、進化について語ることになるが、そういうと何か差別とつながると考える人もいるかもしれない。その点は大らかに話を進めるためにあらかじめ言うと、人類は黒人(二グロイド)・白人(コーカソイド)・黄人(モンゴロイド)を問わずすべて同種でホモ・サピエンスに属している。人類種は、見かけの違いはあってもただの一種類しかないことを確認しておきたい。ダニなどは「ダニ」と呼ばれる仲間には何種類もいるそうだから、ダニと比べても人間は単純で、人種差別の余地などないはずだが。
 人類学者によれば、私たちの属しているモンゴロイドは二種類に分かれる※。古モンゴロイドと新モンゴロイドだ。元々はシベリア、モンゴル、中国などに住んでいたと思われるモンゴロイドの人たちが日本にやってきて住み着いた。縄文時代以前の話である。その後、地球が寒冷期を迎える。極寒の地であるシベリアやモンゴルに残っていたモンゴロイドは寒冷化に耐えて生き延びるために、遺伝子上の変化を遂げた。この寒冷適応を受けた人たちが新モンゴロイドと呼ばれる。この変化は小進化と呼ばれることもある。これに対して早々と日本に来た人たちを含む比較的暖かい地方に住んでいた人たちは寒冷適応を受けなかった。この人たちが古モンゴロイドと呼ばれる。この寒冷適応があるかないかでDNA上に違いがあり、それが今回の鑑定で検出されたということになる。
古モンゴロイドの特徴は、顔の凹凸が大きく丸顔で、二重まぶた、体毛が濃いなどが挙げられる。これに対して寒冷適応を受けた新モンゴロイドは、面長で鼻が低く平らな顔、一重まぶた、ひげや体毛が少ないなどとなる。では寒冷適応はなぜ起こったのだろうか。一言でいえば、凍傷を防ぐためということになる。外気にさらされる顔に凹凸があれば凍傷になりやすいので鼻を低くし平らにする、寒さから眼球を守るために目の周りの脂肪を厚くするので一重まぶたになる。体毛も、人間の体毛程度ではどんなに濃くても防寒にはならないらしい。むしろ、体毛やひげに水蒸気が付いて氷になり、凍傷を引き起こしやすくなる。そこでひげや体毛も薄くなる。シベリアのベルホヤンスクなどは今でも氷点下70度を記録するようだ。地球の寒冷期にはどこまで下がったのだろう。ついでに言うと、寒冷地では外気に触れる部分を減らすために外に露出する手足は短く、逆に体温を保持するために胴体は長くなったそうだ。
ところで古モンゴロイドの人たちは縄文人に対応すると考えてよいだろう。初めは日本列島の全域に住んでいたと思われる。これに対して新モンゴロイド人は弥生人とも呼べるだろう。稲作と新しい文化を持って大陸から渡ってきた弥生人と、先住民であった縄文人の出会いとはどんなものであったのだろう。この点の詳しい話は置くとして、弥生人と縄文人との間で争いになったかもしれない。縄文人の一部は南と北に押し出されることもあっただろう。このため日本の南端と北端で、似たDNAが検出されることになったのだろう。また縄文人と弥生人との間に支配と従属の関係があったかもしれない。ある場面では友好的な関係もできた可能性もある。この結果いずれにしても縄文人と弥生人の混血が起こり、九州から本州の大部分では大陸からの人たちの遺伝子が濃く出ているのだろう。
自分の観察だが、私は間違えなく縄文人と弥生人の混血である。ひげが濃い、顔の凹凸が大きい、二重まぶたは縄文の遺伝子、体毛が薄い、残念ながら胴長・短足、これらは弥生の系統といえる。日本人のほとんどは、どちらの傾向が強いかは別にして、縄文人と弥生人の混血であろう。
※埴原(はにはら)和郎(かずお) 『日本人はどこから来たか』 小学館創造選書  など
       自然人類学者の埴原和郎は、骨や歯の研究を通して古代人の研究を行ってきた。 素人にも分かりやすくたくさんの本を著わしている。

テーマ:
             ―――いじめる側の問題点―――
 以前いじめについて書いてからかなりの時間が経ってしまった。個性の尊重や自覚がいじめの解決のベースになると今でも考えている。個性と大げさなことを言わなくても、「あいつはあいつ、自分は自分」とお互いに適当な距離がとれれば大きな問題にはならないはずだと思う。
学校を含む大人の対応としては、『5体不満足』の乙武洋匡があるテレビ番組で明快に語っていた。「いじめはいつでもどこにでもあること。いじめが起こったことが学校にとって不名誉なことではなく、いじめに適切に対処したことが学校の名誉になると考えるべきだ。」
つたない経験であるが、私の家の近所に心障学級を持つ中学がある。私の母校でもある。そこの障害児の一人が健常の中学生数名にからかわれたり蹴られたりという「いじめ」が起きた。事態が発覚するとその中学はすぐに全校集会(朝礼)を開き、起こった出来事や問題点を全校に伝え、生徒がどう考えるかを提起した。「ひどーい」という多数の生徒の声。その後、各クラスでも話し合いが持たれたそうである。この日を境にそのいじめは止むことになった。いじめた生徒については全く表には出さないで済んだそうだ。教師、学校が隠そうとすることがいじめの温床になることは、大津などの出来事を見ても明らかだろう。
しかし、いじめはどこにもあるし、またいつ起こるかはからない。最近、ひところほど新聞で話題になっていないとしても無くなったわけではない。いじめようとする人間がいるところにいじめは起こる。この「いじめようという意識」の根に何があるのかについて考えておく必要はある。私は、いじめを断罪するだけで事足りるというものでもないし、いじめに加わる生徒もひょっとしたら被害者かもしれないと考えている。
「いじめ」を定義することは簡単なことではないが、現在の学校で起こっている問題から浮かび上がるいじめとは、まず一人で誰かをいじめることはないようだ。複数の人間で一人をターゲットにする。一人では何もできないみじめな集団と言えよう。グループを作ってのいじめは、他の生徒に対する防御態勢になるのだろう。「チクったら次はお前だ」という脅しにもなる。教師や大人にバレそうになると、多人数による口裏合わせができる。また近頃のいじめは、いじめられる側のプライドを巧みに利用している。いじめられている生徒からは「チクられることが無い」という確信を持って行われているようだ。いじめられる子が、自分一人で解決しようとするだろうとか、いじめられていることを周りの人間には知られたくないなどという感情を持つ、などを計算に入れる悪賢さを持っている。だから「やめろよ」の一言を発せない遠慮がちで優しい生徒が狙われやすい。 
まず、いじめには首謀格がいるように思う。そして、何人かの取り巻き、「付和雷同型」の生徒が群がっている。この集団に集まる生徒たちの致命的な症状を仮に「イマジネーションの欠如」と呼んでおく。
朝日新聞に載った小6女子の文章がある。「いじめている君へ」というタイトルで次のように書かれている。「君、想像したことがある?」、「想像してください。君があざ笑った子がはじめて立った日、はじめて歩いた日、うれしくて泣いたり笑ったりした人たちの姿を。君がキモいウザいと思った人を、世界中の誰よりも、自分の命にかえても、愛している人たちのことを。」(8月17日タレント春名風花  いじめについての連載シリーズで、「いじめられている君へ」、「いじめを見ている君へ」、などと共に、単行本になるそうだ。)
小学生がこのような文章を書くことへの衝撃もあり思わず切り抜いてしまったのだが、もっといえば傷つけられた生徒の人格、粉々にされたプライドに対する想いなどはいじめ集団は持ち合わせてはいないだろう。作家の村上春樹は、「イマジネーションを欠いた人間(子供ではなく大人だが)」のことを彼の幾つかの著作の中で断罪している。 (つづく)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス